« 昨日のV822 Aql | トップページ | 8月のデジカメ食変光星観測計画 »

2012年7月31日 (火)

ST-402を6cm屈につけた

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/st-4026cm-08ae.html
これの続きです。

201208011 201208012

左は10cm反にCV-04を付けてIc bandで撮影したもの、右は6cm屈にST-402を付けてB bnadで撮影したものです。

CV-04は90秒、ST-402は300秒の積分です。

このB bnadの写り方はDSI Proの時と変わらない気がします。

って事はDSI Proのchipと変わらないの?感度とか.

ともかく、Bはダメだ

続き:

で、ST-402をV filterに替えました。

曇り空でしたがCV-04 Ic bandとST-402 V bandの比較観測をしました。

V822_aql_20120729ic V822_aql_20120729v

左はCV-04 Ic band、右はST-402 V band

CV-04は10cm反射で90秒露出、ST-402は6cm屈折で180秒

予報では20.9時が極小です。

ひじょーに天気が悪かったです。21時までは雲が広がっていました。

結果、21時前と後で様子が違っています。

晴れていればハッキリしたと思いますが、ST-402の方がスキャッタの少ない良い結果に見えます。

Vで行けるのかも。

V822_aql_20120729ic_pic V822_aql_20120729v_pic

測光した画像で、左がIc、右がVです。

Vの方のFlat画像は、まだまだ検討不足です。

天気が悪いとIcの方はこんな風に全体がシェーディング気味で写り測光値も良くないです。

|

« 昨日のV822 Aql | トップページ | 8月のデジカメ食変光星観測計画 »

コメント

6cmの方はもうちょっとピントを合わせたほうが測光精度が出るのではないでしょうか。

投稿: Mhh | 2012年7月31日 (火) 14時36分

http://www.ccd.com/ascent_a285.html
によるとICX285ALの420nmでの量子効率は50%強なので、KAF-402MEと同じくらいかむしろ良いのでは無いでしょうか?
まぁ、DSI proは、CCD未公表+ICX285ALも公式には相対感度しか公表していないのですが。

投稿: meineko | 2012年7月31日 (火) 15時20分

一応、ピントは慎重に合わせましたが、明るい星が団子になってしまいます。
DSI Proがそんなに感度が高いとは、と、今回の撮影比較で何となく感じていました。
ともかく、Vで行こうと思っています。
もっと、ピントを追い込んで、どうにか軌道に乗れそうです。

投稿: Nga | 2012年7月31日 (火) 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ST-402を6cm屈につけた:

« 昨日のV822 Aql | トップページ | 8月のデジカメ食変光星観測計画 »