« vbausbio.dllがUSB-IO2.0に対応 | トップページ | ほんと、木星食、どこで見よう »

2012年7月 3日 (火)

2012年6月の変光星観測月報

6月もめっちゃクチャに悪天候でした。台風も来たしすごかったです。お陰様で月食も金星の日面通過も見れませんでした。

2012年6月は400件の測光を行って、そのうち日変研に報告したのは337測光です。(VSOLJ-OBSへの投稿は307件)

4夜 / 16星 / 337測光でした。絶望的な少なさです。

201207031 201207032 201207033

夜数のグラフを見ると右下がりのトレンドに見えます。関東が晴れにくくなっているのかも知れません。

毎年6月が最低日数になっていて昨年はたったの2夜でした。

昨年12月以降、測光数は減少し続けています。観測装置を増やす努力を続けないともっと下がってしまいそうです。

特に先月はデジカメ測光はZEROでした。撮影はしていますが雲ばかりでした。6cmのDSI Proはぜんぜん軌道に乗らないです。これも悪天候の影響です。

DSI Proは32bit real FITSなんですが、撮影画像を使ってflatを作るプログラムが完成しましたので7月には測光結果が良くなって欲しいです。ともかく早く評価をしたいです。これも天気次第です。

先月は自動観測のprogram starを変えたので、それを補うためにデジカメによる食変光星の連続測光を計画しましたが

ぜーーんぶ、雨か曇りで実施できませんでした。今月も計画だけはしたいです。

関連して、デジカメ測光でBVに変換するプログラムを作成し公開したので

デジカメによる連続撮影が出来たらBVで測光する事にチャレンジしたいです。

また、やり方をまとめて日本変光星研究会の会誌「変光星」に投稿したいとも思っています。今月は無理かな~。

ラップトップPCの方だけUbuntuを12.04にバージョンを上げました。とっても使いにくいです。でも徐々に慣れてきました。好きになれないのが困りものです。

Ubuntu用のIRAFセットアップCDイメージが見つかり簡単にインストール出来ましたのでSEXTRACTORも含めてLinuxを使った測光もやってみよう。

6月はイベントが多くて忙しかったです。

最初に東海大にて変光星勉強会、次に岡山理科大にて変光星観測者会議がありました。

これらの準備に時間が掛かるのです。

変光星勉強会は時間切れで終わってしまい(教室が取れれば)今月に変光星勉強会take2を行います。

東海・工学院が参加していましたがtake2では明治も加わって3校になりそうです。

最後に、7月にステラナビゲータの9.20が六千円で販売されます。
http://www.astroarts.co.jp/news/2012/06/28stlnav20/index-j.shtml

安いし、最新にしたいし、これ買おう!

で、今月の木星食は、どこで見よう。。

|

« vbausbio.dllがUSB-IO2.0に対応 | トップページ | ほんと、木星食、どこで見よう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012年6月の変光星観測月報:

« vbausbio.dllがUSB-IO2.0に対応 | トップページ | ほんと、木星食、どこで見よう »