« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月31日 (木)

2012年、変光星観測者会議、交通

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/2012-1e92.html
これの続きです。

鉄道の切符を買いました。

16860円

新幹線は「のぞみ17号 6号車」で11:55岡山着です。

ホテルの予約もしてあるし
http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-9b9d.html

行って、泊まる。までは、これで良し

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月30日 (水)

ジョルテ、消し方、わからない

予定を書き込んで、あとから削除しようとしましたが

消し方がわからんのでした。

それで、消し方は

201205301

例えば、10日のテストを削除するには

赤丸の「10 テスト」をタップして

下に赤枠のように2013年06月10日が出たら、それをタップします。

201205302

こんなウインドウが出るので消したい「テスト」をタップします。

201205303

これが出たら、もう削除できますね.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月29日 (火)

本日、V1010 Ophが極小

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/lib-6896.html
ここで挙げた食変光星の極小があります。

5/29の24.9時がV1010 Ophの極小予報時刻です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月28日 (月)

昨夜も曇り

昨日は日の出から日没まで快晴でした。

5月18日に晴れて以来、10日ぶりに変光星観測をしました。が、

日没後に雲が沸いてきて

結局、日の出直前の今朝4時まで曇ってました。

ひどい天気です。

3台のCCDカメラと1台のデジカメを一晩中動かしていましたが

画像は全部捨てる事になるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホームページ更新

天文ソフトのダウンロードに「小数点3桁等級計算」を載せました。
http://eclipsingbinary.web.fc2.com/dload-1.html

ステラナビゲータを使って天体情報を表示させ

それを使ってB,V,R等級を算出します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月27日 (日)

今月の太陽

まだ、今月は何日かありますが平日は撮影出来ないので今日で締めかな。

201205sun_mid

そんなに大きな黒点ではありませんでしたが、最近は黒点が無いので、やや賑やかな太陽面でした。

しかし、やっぱり、日食のドシャブリは残念でした。

不思議なことに、日食以降、朝から昼まで晴れて、昼から翌朝まで曇る日が続いています。

夜が晴れないので変光星観測がぜんぜん出来ません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年、変光星観測者会議

6/23-24に岡山理科大にて2012年変光星観測者会議が開催されます。
http://nhk.mirahouse.jp/campaign/conference_2012_2.html

今回、私は2件の発表をする事で申し込みました。

2012_vs_conf1 2012_vs_conf2

とりあえず、発表用のパワポが出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月26日 (土)

本日、ES Libが極小

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/lib-6896.html
ここで挙げた食変光星の極小があります。

5/26の23.1時がES Libの極小予報時刻です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さて、次のBigイベントは

金環日食は滝のような雨でしたね! v(^_^)

近々のBigイベントは晴れて欲しいです。

★Lunar Eclipse

6月4日(月)の満月は月食です。

Lunar_eclipse_20120604

これは20時半の様子です。

ベランダから完璧に見える位置です。

これより東でも南でもダメです。

私にとっては最も良い条件です。

2011年12月の月食は天気が良くなかったのですが月食が始めると少し晴れ始めましたが

ベランダからは真上過ぎて見るのも苦労しました。写真は300mmレンズを手持ちで撮りました。

でも、今回は三脚が使えるぞ!

※これも雨だったりして

http://www.astroarts.co.jp/special/20120604lunar_eclipse/index-j.shtml

★Venus overlapping the Sun

6月6日(水)は金星の日面通過です。

でも、日食同様に最後までは見れません。

8時のバスで仕事に出るとして

日面通過の様子を調べると

Venus_overlapping_the_sun_20120606

7:10から接触が始まって、上の絵は7:30です。

この当たりまで自宅近くで観察して

太陽用オペラグラスを持って出社してお昼にもう一度観察してみよう。

※これも雨か...もしかして

http://www.astroarts.co.jp/special/20120606transit_venus/index-j.shtml
http://naojcamp.nao.ac.jp/phenomena/20120606-venus-tr/location/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月25日 (金)

7等より明るい食変光星

わけあってGCVSから抽出しました。

「bright_eclipsing_binary_star.txt」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日、δLibが極小

5/25の20.7時がδLibの極小予報時刻です。

Delta_lib_20120525

これは19時の南東の空です。

遅くとも19時位から観測を始める必要があり、まだ空も明るいので、blogでの予報はこれが最後にします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月のベランダから観測出来るデジカメ用食変光星予報

そろそろ5月が終わってしまいます。

この5月で今までにデジカメで観測できた食変光星はδLibが一回だけでした。

しかも、その一回は

極小前は光害の影響で酷い結果でした。よって、増光部分だけの観測になってしまいました。

その他の星は全部が雨か曇りで観測は出来ませんでした。まったく酷い天気です。

そこで、6月もチャレンジ月間を継続してみる事にしました。

6月の自宅ベランダから撮影出来る明るい食変光星で南中までに極小が有る物を探しました。(南中すると隣の建物で隠れてしまう)

 6/04 26.5時極小 V505 Sgr ,22.0H撮影開始 極小まで
 6/10 24.4時極小 V505 Sgr ,21.5H撮影開始 好条件
 6/13 23.8時極小 RS   Sgr ,21.0H撮影開始 良条件
 6/23 24.7時極小 V505 Sgr ,21.0H撮影開始 良条件
 6/29 22.7時極小 V505 Sgr ,22.5H撮影開始 増光のみ
 6/30 21.6時極小 RS   Sgr ,20.0H撮影開始 増光のみ

6/10夜と6/23夜は不在で、条件の良いものだけを残すと

 6/13(水) 23.8時極小 RS Sgr

なんと、この1夜だけ!

※きっと、これも雨なんだろうな~

Rs_sgr_135mm V505_sgr_135mm

これはEOS Kiss dijitalに135mmレンズを付けた時の画角です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月24日 (木)

まったく、ひどい天気だ

5月で(かろうじて)晴れた夜は

5,6,7日 と 16,18日 の五日間だけ

ちゃんと晴れたの二晩だけ。

なので、極小観測が出来たのはたったの3件。

日食の日は朝から雨だったのに

日食以降は明け方が晴れる日が続いています。これも、午後から曇りで夜は星なんか見えません。

なんだこれは!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5/21 金環日食

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/521-e946.html
これの続きです。

撮影した54枚の画像をチェックしたら

金環食の物が1枚だけありました。

20120521073404


これ以上、綺麗には処理できない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月の食変光星予報

2012年6月の食変光星予報

変光範囲が1等以上で10等より明るい星を予報しました。
高度は東京での高度です。

★ 6月の予報 ★

星名                  日   時刻    高度  食継続時間
AQLKO                 14   27.1      51  8.9
AQLKO                 17   23.8      62  8.9
AQLKO                 20   20.6      30  8.9

AURTT                  1   19.3      10

CASRZ                  1   29.5      42  4.9
CASRZ                  5   19.6      17  4.9
CASRZ                  6   24.3      19  4.9
CASRZ                  7   29.0      41  4.9
CASRZ                 11   19.0      17  4.9
CASRZ                 12   23.7      19  4.9
CASRZ                 13   28.4      40  4.9
CASRZ                 17   18.4      18  4.9
CASRZ                 18   23.1      18  4.9
CASRZ                 19   27.8      39  4.9
CASRZ                 24   22.6      18  4.9
CASRZ                 25   27.2      38  4.9
CASRZ                 30   22.0      17  4.9

CASTV                  6   26.1      38  7.8
CASTV                  8   21.6      10  7.8
CASTV                 15   27.6      54  7.8
CASTV                 17   23.1      22  7.8
CASTV                 24   29.1      65  7.8
CASTV                 26   24.6      37  7.8
CASTV                 28   20.1      10  7.8

CEPEK                  6   24.8      45  6.4
CEPEK                 15   21.4      31  6.4
CEPEK                 28   28.1      54  6.4

CEPU                   3   23.5      30  9.0
CEPU                   8   23.1      30  9.0
CEPU                  13   22.8      30  9.0
CEPU                  18   22.5      30  9.0
CEPU                  23   22.1      30  9.0
CEPU                  28   21.8      30  9.0

CEPZZ                  1   27.2      51  6.2
CEPZZ                 12   20.2      19  6.2
CEPZZ                 14   23.6      36  6.2
CEPZZ                 16   27.0      54  6.2
CEPZZ                 27   20.1      23  6.2
CEPZZ                 29   23.4      41  6.2

CRBU                   7   19.4      59 11.6
CRBU                  24   25.7      29 11.6

CVNRS                 10   23.9      38 12.7
CVNRS                 15   19.1      87 12.7

CYGV0393               9   20.5      23 29.4

DRAAI                  4   21.2      58  5.2
DRAAI                  5   26.0      60  5.2
DRAAI                 10   21.1      60  5.2
DRAAI                 11   25.8      58  5.2
DRAAI                 16   20.9      62  5.2
DRAAI                 17   25.7      55  5.2
DRAAI                 22   20.8      64  5.2
DRAAI                 23   25.6      53  5.2
DRAAI                 28   20.6      66  5.2
DRAAI                 29   25.4      51  5.2

LACCM                  5   22.6      23  4.2
LACCM                  8   27.6      76  4.2
LACCM                 13   23.2      34  4.2
LACCM                 16   28.2      80  4.2
LACCM                 21   23.8      45  4.2
LACCM                 24   28.8      72  4.2
LACCM                 29   24.3      56  4.2

LIBdelta               1   20.2      39 12.8
LIBdelta               8   19.8      39 12.8
LIBdelta              15   19.4      39 12.8
LIBdelta              22   18.9      39 12.8
LIBdelta              29   18.5      40 12.8

LYRbeta                3   21.4      37
LYRbeta               16   20.0      31
LYRbeta               29   18.6      25

PEGAW                 27   23.5      41 25.5

PERIZ                  4   24.1      11 10.6
PERIZ                 15   25.6      28 10.6
PERIZ                 26   27.1      47 10.6

PERbeta                5   29.4      39  9.6
PERbeta               28   28.0      39  9.6

SCTRZ                  4   21.7      22 62.0
SCTRZ                 19   26.3      36 62.0

SGEU                   6   27.6      63 13.8
SGEU                  13   21.9      39 13.8
SGEU                  23   25.3      73 13.8
SGEU                  30   19.6      24 13.8

SGRRS                 13   23.8      19  9.9
SGRRS                 25   25.7      14  9.9
SGRRS                 30   21.6      16  9.9

SGRV0505               4   26.5      39  5.7
SGRV0505              10   24.4      33  5.7
SGRV0505              11   28.8      27  5.7
SGRV0505              16   22.4      19  5.7
SGRV0505              17   26.8      37  5.7
SGRV0505              23   24.7      38  5.7
SGRV0505              24   29.1      16  5.7
SGRV0505              29   22.7      29  5.7
SGRV0505              30   27.1      31  5.7

UMATX                  2   24.6      16  8.8

UMIW                   2   28.0      36  9.4
UMIW                   4   20.8      38  9.4
UMIW                   9   23.3      39  9.4
UMIW                  14   25.8      37  9.4
UMIW                  16   18.6      37  9.4
UMIW                  19   28.3      35  9.4
UMIW                  21   21.1      39  9.4
UMIW                  26   23.6      38  9.4

VULRS                  4   24.8      68 15.0
VULRS                 13   23.7      63 15.0
VULRS                 22   22.6      57 15.0

VULZ                   2   29.8      44 10.6
VULZ                   7   27.6      66 10.6
VULZ                  12   25.4      79 10.6
VULZ                  17   23.3      62 10.6
VULZ                  22   21.1      40 10.6
VULZ                  27   18.9      18 10.6
VULZ                  29   29.9      21 10.6

name                 period     RA      RD   Type    mag
AQLKO                2.8640   18h47m  +10゚45  EA  08.3-09.5
AURTT                1.3327   05h09m  +39゚35  EA  08.4-09.5
CASRZ                1.1952   02h48m  +69゚38  EA  06.2-07.7
CASTV                1.8125   00h19m  +59゚08  EA  07.2-08.2
CEPEK                4.4277   21h41m  +69゚41  EA  08.0-09.3
CEPU                 2.4930   01h02m  +81゚52  EA  06.8-09.2
CEPZZ                2.1417   22h45m  +68゚07  EA  08.6-09.6
CRBU                 3.4522   15h18m  +31゚38  EA  07.7-08.8
CVNRS                4.7977   13h10m  +35゚56  EA  07.9-09.1
CYGV0393             13.633   19h58m  +43゚17  EA  09.0-10.0
DRAAI                1.1988   16h56m  +52゚41  EA  07.1-08.1
LACCM                1.6046   22h00m  +44゚33  EA  08.2-09.2
LIBdelta             2.3273   15h00m  -08゚31  EA  04.9-05.9
LYRbeta              12.941   18h50m  +33゚21  EB  03.3-04.4
PEGAW                10.622   21h52m  +24゚00  EA  07.4-08.6
PERIZ                3.6876   01h32m  +54゚01  EA  07.8-09.0
PERbeta              2.8673   03h08m  +40゚57  EA  02.1-03.4
SCTRZ                15.190   18h26m  -09゚12  EA  07.3-08.8
SGEU                 3.3806   19h18m  +19゚36  EA  06.5-09.3
SGRRS                2.4156   18h17m  -34゚06  EA  06.0-07.0
SGRV0505             1.1828   19h53m  -14゚36  EA  06.5-07.5
UMATX                3.0632   10h45m  +45゚33  EA  07.1-08.8
UMIW                 1.7011   16h08m  +86゚11  EA  08.5-09.6
VULRS                4.4776   19h17m  +22゚26  EA  06.8-07.8
VULZ                 2.4549   19h21m  +25゚34  EA  07.3-08.9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語発音サイト

なやむ。 ROTSEって何て読むの?

そこで、探したら

英語を入力すると発音してくれるサイトがありました。

http://stepup.yahoo.co.jp/english/listening/

ロッツ

だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月23日 (水)

フェイスブックのプロフィール写真を変更するには

2

フェイスブックは謎だらけ。直観で操作出来ないのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日食、光電測光

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-ecb6-2.html
これ続きです。

急きょ用意した温度計測の方は失敗でした。前々から準備していないと結局は失敗してしまいます。

で、太陽電池の発電量変化の方は

20120521se1

20120521se2

20120521se3
このような自由研究みたいな物になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月22日 (火)

5/21 金環日食

茅ケ崎は酷い天気でした。

食が始まるまでは滝のようなドシャブリで、食に入ってから小雨になるものの

雨は降り続いていました。

金環食の時間になっても雨でしたが

カメラを持って外へ出ました。

それでも、雲が薄くなった瞬間に明るいリングが見えました!

それが月と太陽である事は分かっていても

とても不思議な物です。

空にあんなものが有るのか!と奇妙でした。

20120521solareclipse

でも、晴れなくてガッカリです。写真をたくさん撮りましたが

ちゃんと写っていたのは、この一枚です。

2009年の時の雨の降る中で撮影しましたが

今回もそうでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日、V505 Sgrが極小

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/lib-6896.html
ここで挙げた食変光星の極小があります。

5/22の26.2時がV505 Sgrの極小予報時刻です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月21日 (月)

2012/5/18 δLib測光観測報告

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/2012518-lib-dbc.html
これの続きです。

昨日紹介した光度曲線はEOS Kissに50mmレンズを付けて赤道儀でガイドして撮影した方の光度曲線です。

これ以外に、もう一台のEOS Kissに28mmレンズを付けて固定撮影もしていました。

20120518_delta_lib_28mm

これが重ねた光度曲線です。

固定撮影の方は標準星を使って測光しています。その影響で若干ですが明るめに測光されました。

どちらも、一枚の画像を測光した値を使ってグラフにしてあります。

固定の方は(焦点が短い事もあって)バラツキが大きですね。±0.1ってところでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日、金環日食があります

って、言わなくても、日本中の人が知っています。

が、あえて

ここで紹介した日食が本日あります。
http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/2012-486d.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月20日 (日)

2012/5/18 δLib測光観測報告

5/18は終夜快晴でした。

デジタルカメラでδLibの測光観測をしました。

Delta_lib_201205181 Delta_lib_201205182

左が観測用のチャートで、右は撮影したG画像です。

Delta_lib_201205183 Delta_lib_201205184

測光結果です。左がG画像の測光結果で、右はB画像の測光結果です。Rはうまく測れませんでした。

Delta_lib_201205185

これはGとBの測光結果を重ねたものです。

21時以前と以降で様子が違うのが分かります。

Delta_lib_201205186

これはヒッパルコスの光度曲線です。これではわからないと思いますが、この系は部分食です。

極小予報は21.1時でしたので、21時より前の測光結果が怪しいです。

Delta_lib_201205187

これが全部の画像です。

Capture_00021.CRWが21時ちょうどの撮影です。それ以前の空が明るいのがわかります。

きっと、空の影響で変な歪が出てしまったのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Bバンド測光に変えてみた

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-05a6.html
これの続きです。

6cm屈折にMeade DSI Proを付けてV bandで測光する件は

二か月かかって”ダメでした”と言う結論になりました。

そこで、フィルターをBに変えてみた。

Gr_vir_b_ic_20120518

どうですか!

かれこれ、それっぽくなっています。

Bの方が1等暗かったので、その分を加算して重ねてあります。

0.1等級まではばらついてはいないようです。

露出は300秒。

次は600秒を試そうか。でも、測光バラツキが減っても、時間分解能が減っては、どっちが極小時刻を正しく測れるのでしょう。

イケないのは空冷なので熱雑音が正しく除去出来ない所にありそうです。

今度は慎重にダークフレームを取得して、同じ300秒でためそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月19日 (土)

2012年、変光星観測者会議、交通

まず、どのバスに乗るか!

岡電バス
JR岡山駅西口22番乗り場から
47系統、岡山大学(島津キャンパス)経由 岡山理科大行き(所要20分)

 初日(土曜日)
  12:07
  12:35
  12:55(ギリギリ)
  13:17(遅刻)

 二日目(日曜日)
  8:05(早過ぎ)
  8:30
  8:50
  9:20(遅刻)

「okayama_bus.pdf」をダウンロード

初日。お昼をJR岡山駅周辺で取るとして
12:35のバスに乗るには

この電車だな

●茅ケ崎
|  7:42 or 7:47 or 7:53発
|    JR東海道本線
|  8:21着
○横浜
|  8:24発
|    JR京浜東北線
|  8:28着
○東神奈川
|  8:34発
|    JR横浜線
|  8:42着
○新横浜
|  8:49発
|    のぞみ17号[博多行]
|  11:55着
■岡山

ってことは、家近くのバス停からバスに乗る時間は

茅ヶ崎コミュニティーバス中海岸南湖循環市立病院線で
 7:25 市立病院発
に乗る

岡山駅で慌てないようにお昼をどこで食べるか決めておくと、場所は「さんすて岡山」にして、お店は「旬すけ」か「さぼてん」にしよう。
http://sun-ste.com/okayama/

※JR切符、30日前から購入可

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日、ES Libが極小

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/lib-6896.html
ここで挙げた食変光星の極小があります。

5/19の21.6時がES Libの極小予報時刻です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月18日 (金)

もうダメだ

6cm屈折にmeade DSI proを付けてV bandで測光する計画を進めていますが

あきらめよう.と思ってきました。

Gr_vor_20120516_ic

これが10cm反射にCV-04を付けてIc bandで測光したGR Virです。

Gr_vor_20120516_v

これが、DSI ProのGR Virです。

もう嫌になって来ました。

色を替えよう.

Rcは20cmにSV-04LE付けてやってます。

ので B って事になります。が、

思うに、今まで一度もBで測光をした事が無いです。

って事は、何が起こるか知るためにもやってみる必要がありますね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日、δLibが極小

5/18の21.1時がδLibの極小予報時刻です。

Delta_lib_20120518

これは20時の南東の空です。極小時刻が少しづつ早くなっています。これ位の空の明るさならば観測できると思われますが、本当にこれが最後のチャンスかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月17日 (木)

DSI ProのFlat

昨夜、ちょっと晴れたので6cmに付けたDSI Proのフラット画像を取得しました。

日没時の薄明フラットです。

20120517_light

この画像にFlat補正したら、

20120517_flat

このようになりました。

まずまず、かな。

※CCDは望遠鏡に付けっぱなしです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日、DL Virが極小

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/lib-6896.html
ここで挙げた食変光星の極小があります。

5/17の20.2時がDL Virの極小予報時刻です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月16日 (水)

日食、光電測光

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-ecb6-1.html

これの続き。

もう一台、データーロガーを用意できました。

ので、熱電対を付けて気温の変化も記録してみます。

さて、お天気はどんなでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

脚立

20120516

日食は近所のコンビニの駐車場で見ようと思ってます。

東の低い所が良く見えて良いポイントです。

きっと人が集まると思います。集まっていなくて、私が見ていればドンドン人だかりが出来ると思う。

人は集まると、どんどん前に行く

結局、何にも見なくなる。

そこで、脚立を持って行く事にします。

この脚立はベランダでの天体観測に使っています。望遠鏡の視位置が高くて必需品です。

おきっぱなしで汚れていますが、それは良しとして

運ぶには足を閉じないといけないのですが、ぜんぜん動きません。

CRC556のジュワ―っとかけて少しづつ力をかけたら"動きました"。

これで良し!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月15日 (火)

どっちの天気予報が当たるんですか?

20120515_se1

こっちと、

20120515_se2

こっち

週間予報は横浜の予報です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EOS Kissで撮影した画像のバックアップをしていない

EOS Kissで撮影した天体写真(主に変光星画像)が123Gになっています。

これを1TのUSB HDDに入れていますが

これ以外に保存(バックアップ)をしていません。

以前にPCを捨てた際にHDDは取ってあるので

それをバックアップ用のドライブにする事にしました。

で、組み込もうとすると

SATAのデータの方はさせるのに電源がささりません。

201205151

コネクタを150円で買って

201205152

接続しました。Dドライブが出来た。

フォーマットに凄く時間が掛かりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月14日 (月)

2012/5/13 DL Vir観測

5/13はDL Virの極小でした。
http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/dl-vir-fe59.html

EOS Kiss digitalにf=50mmを付けてインターバル撮影しました。

Dl_vir_20120513

f=50mmが失敗でした。

変光星が微かにしか写っていない!

計画表ではf=135mmって書いたのに、f=50mmで撮影してしまった。(;ω;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Eudora Pro ver2.3Jを使ってますが

メールソフトなのですが1995年のものです。

最近、UTF-8でメールを送る人が増えていて

文字化けだらけです。平博関連のメールほぼ全部が読めない。

また、HTMLメールの人もいて、これまたハラホロヒレハレです。

逆に言うと、全部テキストで扱うのでウイルスの攻撃には強い。

あと、テキストファイルに保存されるのでメールをコピーして他のPCで見るのも容易です。

が、そろそろoutlookにしようかな~

なんて思ってます。

文字化けも大丈夫だし、pstファイルをコピーすれば他のPCでも読めるし

他のメールからアドレスをコピーするのも簡単だし

どうしようかな~。

メールソフトを変えるとしばらく前のメールを見たりするのが面倒になったりしそうで悩みます。

あっ!

EudoraはLinuxのWineでも動くんです。これは重要だ!

Outlookは無理だろうなー

| | コメント (6) | トラックバック (0)

本日、U Ophが極小

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/lib-6896.html
ここで挙げた食変光星の極小があります。

5/14の25.3時がU Ophの極小予報時刻です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月13日 (日)

FLVプレイヤー

久しぶりに動かしたら

最新版があります

っていうので更新したら

FLVが再生できなくなった。

正確には最初の数秒しか再生しない

古いFLVプレイヤーを取ってあったので再インストールした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日、DL Virが極小

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/lib-6896.html
ここで挙げた食変光星の極小があります。

5/13の21.5時がDL Virの極小予報時刻です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月12日 (土)

32bit real FITSのフラット

201205121

とりあえず、プログラム作成中。

変光星を撮影した画像、最大250枚をを読み込んで規格化して

メジアンかアベレージの画像を作ります。

下のはメジアン

201205122

ダークがちゃんと引けてないのですが、それはそれとして

画像は作れます。

が、保存が分からない。読み方は分かりますが、保存がわからない。

201205123

読む時は、この通りに読んで

書く時も、この通りなんですが、

指数はいくつにすりゃーいいの?とかわからんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月11日 (金)

光害地ではV bandは無理か?

Py_vir_20120507

基本的に天気が悪すぎて作業が進んでいない

6cm屈折にMeade DSI proを付けてV bandで測光する計画です

従来からやっている10cmにMutoh CV-04を付けてIc bandで測光したものと重ねたグラフを作りました。

当初よりは改善されて来ましたが、まだまだ嘘っぽい測定結果です。

まだ、あきらめてはいませんが、やっぱり、光害地でV等級の観測は無理なのか?

しかし、もうちょっと晴れて欲しい。観測結果を見て観測方法に手を加え、次の観測をする.

と言ったループがゆっくりゆっくりしか回らなくて

二か月たっても結果が出ない。

本当は天気のせいでは無くて、光害のせいなのだが

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日は一晩中晴れていましたが訳があって変光星観測はしませんでした。

固定のインターバル撮影だけしかやってません。

寂しいので、月を撮影

20120511moon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日、δLibが極小

5/11の21.6時がδLibの極小予報時刻です。

Delta_lib_20120511

これは20時の南東の空です。おそらく、今シーズン最後の良好な観測が出来るチャンスです。これ以降は薄明中の観測になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日、ES Libが極小

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/lib-6896.html
ここで挙げた食変光星の極小があります。

5/11の22.9時がES Libの極小予報時刻です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月10日 (木)

んーー、ダメだ

Lu_vir_20120506_i Lu_vir_20120506_v

5/6にLU Virを測光した結果です。

V band測光の方は、まだまだ、ぜんぜんダメです。

Ic bandは90秒積分、V bandの方は120秒積分ですが

120秒じゃ足らないみたいです。

いっきに300秒まで上げてみようか

でも、ガイドが不安

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 9日 (水)

最近はTwitter

Vz_lib_20120505_ic

最近はグラフを作ってもTwitterに書き込んで終わるパターンが多いです。

Blogの方が後で調べられるので、本当は良いのですが

<続き>

Vz_lib_201205052

光度曲線が出来たので、こちらにも

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日、U Ophが極小

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/lib-6896.html
ここで挙げた食変光星の極小があります。

5/9の24.6時がU Ophの極小予報時刻です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 8日 (火)

Flat補正をbatchでやる

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/flatbatch-6fc-1.html
これだけではないですが、一応、これの続き

20120508

わたしはステライメージを使って、IohさんのENTERに重しを乗せる方式をやる事にします。

まず、撮影の方ですが

CCDSoftにDSIのDriverを入れた場合、Windows XPでは問題なく動きましたが、Windows2000やWindows7では1秒以上の露出で必ずエラーになります。

数台のPCで試しました。USBのハードに違いがあり、その分類をするとOK/NGに偏りがあってハード依存性の可能性もあります。

CCDSoftでは508x488pixcelで撮影されますが、Envisageで撮影すると508x488と648x488の2種類になります。でもdarkの撮影は648x488になります。

EnvisageもCCDSoftも撮影しながらdark減算は可能です。

よってflat補正を観測後に行う事になります。

CCDSoftで648x488のflat補正をしようとするとエラーになります。

残るはマカリかステライメージを使うバッチですが

どちらも終了時に表示されている画像を保存するか聞いてきます。

ステライメージは保存する必要があるので、ひたすらENTERを押し続けます。

逆にマカリは保存が終わっており、補正前の元画像を残すならばNOを選ぶ必要があり単にENTERだけでは済まないです。これが面倒なので

わたしはステライメージを使って、IohさんのENTERに重しを乗せる方式をやる事にしました。

他にマカリでは、なぜか、時々、648x488の画像が正しく処理されない現象もあります。

これまでで色んな人から助言を頂きました。皆さん、それぞれが自分の環境に併せて選んだ手法を採用されていて、最も良い方法など無い事も分かりました。

私はどちらかと言うと、同じMeade製品を使っているIohさんの方法が導入しやすいのだなと感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 7日 (月)

>やっぱり撮像からCCDSoftを使えば丸く納まるかな

の件で

PenIIのFMV-6300NA2をクリーンインストールして、もういちど、CCDSoftでDSI Proを使ってみました。

散々時間が掛かってやっとWin2000 SP4まで入れて

CCDSoftを実行してみたら

やっぱり、1秒以上の露出でエラーになりました。

試しにWin7 starterのPCでも試しましたが

これも、1秒以上の露出でエラーになりました。

今までに問題なく使えたのはWinXPだけです。

XPのライセンスに余分が無いので買っておこうかな~。直に買えなくなるし

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日食、光電測光

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-ecb6.html
これの続きです。

太陽電池を袋から出して

インターバルを1分にしました。

20120506_solar_power

感度が上がって十分って感じです。

望遠鏡を片付けている時刻に電圧のバラツキ(低下)が見えています。

5/21は食中はもっと減光するでしょうか?

出勤しなければならないので午前9時までに測定は終了する予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 6日 (日)

平塚市博物館、こどもフェスタ

今日は平塚市博物館の「こどもフェスタ」です。
http://www.hirahaku.jp/news/kodomofesta/kodomofesta2012.html

ボランティアでお手伝いに行ってきます。

みんなも遊びに来てね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日食、光電測光

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/post-ecb6.html
これの続きです。

5/5の日の出でテストしました。

20120506

前の晩から10分毎に太陽電池の電圧記録してました。

ベランダの隅に設置して太陽電池は左の(減光用)袋の中です。

20120505solar_power

これが結果で非常に弱い電圧です。減光させすぎました。袋から出すと10倍以上の電圧が出ます。

日中の直射日光で飽和してしまったので減光させたのですが、そんな心配は不要でした。

あと、周囲を人が歩くだけで散乱光の様子が変わって値がふらつきます。

測定間隔を短くしてメジアンを通るような処理をする必要があると思われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 5日 (土)

2012/5/4 δLib観測

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/lib-ee5a.html
これの続きです。

昨夜は夜半前は酷い天気でした。

が、δLibの写真撮影をしました。

20120504_dlib1 20120504_dlib2 20120504_dlib3

しかも、月がおっきいです。

20cmをのっける赤道儀にEOS Kissを付けてf=50mmで連続撮影しました。

USBケーブルが短くて赤道儀の横にPCをおきました。ちょっと危ないので改善が必要でした。

まだ、測光していませんが

20120504_dlib4

かなり絶望的です。

10分間隔じゃ枚数が少なかったかな.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Flat補正をbatchでやる

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/flatbatch-6fc1.html
これに関連して

IMAKOさんにマカリでやる方法を教わりました。

また、ここに方法をまとめてくれました。
http://blog.goo.ne.jp/imako009/e/476d75142811f96a3dc1d27b6afd6c4c

と言う事で、以下はおんなじ説明なのですが、



例によって、撮影しながらダーク減算してますのでフラット補正だけバッチ処理します。

201205051

マカリもステライメージと同様にフラット処理したいライトフレームをぜんぶ開きます。

201205052

「データ一次処理」の「バッチ(共通バイアス..)」を選択します。

201205053

フラット画像と保存先を設定したらOKボタンを押します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 4日 (金)

δLib以外の極小予報

来月の某勉強会で使う教材用にδLibの減光してゆく様子をデジカメで撮影したいのですが

いっこうに晴れません。4/13からですよ!。しかも、GWは記録的大雨ってのもありました。

そこで、δLib以外のObjectも探してみました。

S_object_201205

これが、明るくて変光範囲が大きい食変光星で自宅ベランダから見えるものです。

以下は5月の極小予報です。以外に少ないです。

星名       日      時刻    高度    食継続時間
LIBdelta          4      22      38    12.8
OPHU              4    23.8      42     6.4
OPHU              9    24.6      51     6.4
LIBdelta         11    21.6      38    12.8
LIBES            11    22.9      40
VIRDL            13    21.5      35     4.4
OPHU             14    25.3      55     6.4
VIRDL            17    20.2      30     4.4
LIBdelta         18    21.1      38    12.8
LIBES            19    21.6      36
SGRV0505         22    26.2      36     5.7
LIBdelta         25    20.7      39    12.8
LIBES            26    23.1      40
OPHV1010         29    24.9      36

name                 period     RA      RD   Type    mag
LIBdelta             2.3273   15h00m  -08゚31  EA  04.9-05.9
LIBES                0.8830   15h16m  -13゚02  EB  07.1-07.6
OPHU                 1.6773   17h16m  +01゚12  EA  05.8-06.6
OPHV1010             0.6614   16h49m  -15゚40  EB  06.1-07.0
SGRV0505             1.1828   19h53m  -14゚36  EA  06.5-07.5
VIRDL                1.3154   13h52m  -18゚42  EA  07.0-07.5

Aavso_chart_dl_vir Aavso_chart_es_lib Aavso_chart_u_oph Aavso_chart_v1010_oph Aavso_chart_v505_sgr

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日、δLibが極小

5/4の22.0時がδLibの極小予報時刻です。

Delta_lib_20120504

これは21時の南東の空です。大きな月が居ます。

Del_lib_chart

これはCANON EOS Kiss digitalに50mmレンズを付けてβLibを中心に撮影した時の構図です。カメラを東西に合わせればこのImageが得られます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 3日 (木)

変光星観測者会議、ホテル予約

6/23-24の変光星観測者会議の件です。
http://nhk.mirahouse.jp/campaign/conference_2012.html

そろそろ第二報が出そうです。締め切りは5/24です。

ホテルを予約しました。

Map_okayama2

バス乗り場が岡山駅西口なので西口のホテルを探します。

Map_okayama1

駅に近いのは「東横イン 岡山駅西口広場」です。

でも、混雑していて既に5000円の部屋は無くなっています。5980円?だったかな、次に安いのは、それもあと一部屋です。

Map_okayama3

駅から3分歩いた所に「東横イン 岡山駅西口右」があり、ここは5000円の部屋が空いてました。

ので、ここを予約しました!

しかし、二か月近く先なのに混んでます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月の観測月報

201205031 201205032 201205033

2012年4月の観測数は、7夜 / 31星 / 1246測光でした。かなり少ないです。

最後に観測をしたのは4/15です。

でも、これは自動観測で夜間にちょっとだけ晴れ間が出来て星が写っていただけで連続測光は4/12が最後です。それ以降、夜は曇りか雨でした。5月に入ってもかわりません。

日中の太陽撮影は4/1,7,8,15,29の5枚しかありません。これでも上旬しか晴れていないのがわかります。このまま日食もダメなのだろうか?

あんまりにも晴れなくて、6cm屈折にDSI proでV band測光すると言う、たったそれだけの事が出来ないでいます。

この計画は3/28に立ち上げました。実に足かけ2か月になっても一回も食変光星の極小観測が出来ないです。

R Leoはなんだか分かんないまま減光に転じてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 2日 (水)

カメラアダプターが見つかった

ガラクタを整理していたらカメラアダプターが見つかった。

20120502_adpt

これで、20cmSC(F10)にEOS Kiss digitalが付けられる

どんな風に写るのだろう.

Sta M104 M5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホームページ更新しました

ライブカメラのページにSOHOの太陽画像を貼り付けました。一分毎に更新します。
http://homepage3.nifty.com/nga_star/live_camera.htm

地味にやっている太陽撮影の4月分追加しました。
http://eclipsingbinary.web.fc2.com/sun_2012.html

イリジウムフレアの予報を載せました。
http://eclipsingbinary.web.fc2.com/iridium.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 1日 (火)

Flat補正をbatchでやる

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/dsi-3054-4.html
ここでFlat filedが撮れたので補正に使ってみました。

ちょっと前にCCDSoftでDarkとFlatがバッチ処理できることを教わったので

CCDSoftを使う事にしました。

PCの都合で撮像ソフトはEnvisageです。この場合、撮影しながらDark減算をしてくれるのでDarkを引きながら撮影しました。

撮影が終わった翌日、CCDSoftでImage>Reduce>Image Reduction...とやって実行してみると

201205011

めでたく、このようになります。ヽ(´▽`)/

あきらめて、ステライメージでやります。

201205012

これが以前に撮ったFlat画像。Envisageでdarkを引きながらコンポジット撮影。

201205013

これが今回撮影したイメージで、しつこいですが撮影中にダーク減算済みです。

201205014

これがFlat補正した画像です。上部の暗い帯状の横線からして過補正気味ですがゴミは除去出来ています。

むしろ、ダーク減算の失敗の方が目立ちます。

それは、それとして

一枚づつ手作業ではタマランです。

ステライメージでバッチ作業させるには

201205015

こうして

201205016

対象ファイルリストにライトフレーム名を入れるのですが

「ファイルから追加」を使うと

201205017

こんな風に一つ一つ選んで「開く」をやらないといけないのです。200枚あれば200回も

これは使えない!。

「対象ファイルリスト」にドロップする事も出来ない。

じゃーどうするの?

それは、全部、開けば良いのです。

201205018

このようにライトフレームをガバッと選んでステライメージにドロップします。

するとドロップした画像が全部読み込まれて開かれます。

200枚開くと時間が掛かります。でも、仕方が無いです。

201205019

こんどは、「対象ファイルリスト」に開いたファイル名がリストされていますので、一気にフラット補正が出来ます。これは早いです。

ただ、保存が一気に出来ません。ステライメージを終了させると、開いている画像の保存をするか聞いてきますので「はい」にして実数32ビットで保存します。

開いている画像の数だけこの作業をしますので200回とかです。

でも、Enterキーを押すだけですから多少は我慢できるか

追伸:

やっぱり撮像からCCDSoftを使えば丸く納まるかな

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »