« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月31日 (土)

2012年変光星観測者会議のお知らせ 第1報

変光星観測者会議は、変光星観測者の親睦と情報交換を目的とした集まりです。変光星に興味のある方なら、どなたでも参加出来ます。今年は、以下の要領での開催を計画しています。みなさんの参加をお待ちしています。

日時:2011年6月23日(土) 13:30-17:00, 6月24日(日)  9:30-12:30

場所:岡山理科大学

参加費:500円

プログラム:講演、研究発表、情報交換

6/23日終了後、岡山市内で懇親会を企画しています。(会費5000円程度)

見学:24日終了後、希望者のみで、倉敷市の倉敷天文台他の見学を予定しています。故本田実氏さんの新星パトロール写真のネガや仕事部屋なども見られる機会です。

連絡先:e-mail skiyotax@gmail.com 清田誠一郎

発表の申し込みはは、5/25(金)までにお願いします。

(2011年変光星観測者会議申し込み)

----------- キリトリ ----------

お名前

ご住所

e-mail

参加のご予定
 6月23日(土) 午後
 6月23日(土) 懇親会
 6月24日(日)  午前
 6月24日(日)  倉敷天文台見学

研究発表
 する・しない

研究発表の題名

発表希望時間

研究発表の希望日
 土曜のみ
 日曜のみ
 どちらでもよい

簡単な発表内容の説明

参加者名簿について
 住所を載せてよい
  はい・いいえ
 e-mail addressを載せてよい
  はい・いいえ

会議でやって欲しいこと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自動導入の座標を補正するツール、のプログラム

ガイド用のDSIにも観測をしてもらう
http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/dsi-3054-1.html

これと

自動導入の座標を補正するツール、のプログラム
http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-f225-4.html

これの

続きです。

Meade DSI ProのFitsは32bitRealです。

作成したプログラムで32bitRealが測光出来ることを確認しました。

DSI Proと言うかMeade Envisageで撮影すると撮影後のオペレーションがややこしい

1.ファイル名を「日時分秒.FIT」に変更する

2.Fitsヘッダーの時刻を撮影開始時刻に書き換える

3.Dark,Flat処理

 今の所、撮影時にDark減算し
 Flat補正はしない予定

4.そして、新たに作ったプログラムで測光する

測光ソフト 「pcp.zip」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月30日 (金)

ガイド用のDSIにも観測をしてもらう

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/dsi-3054.html
これの続きです。

このDSIも自動観測中も撮影をしていますから

撮影画像を測光する事になります。

測光は、下記で作ったプログラムを使うと効率が良いです。

自動導入の座標を補正するツール、のプログラム
http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-f225-3.html

このプログラムの動作時の画面は、

20120330_pcp1

こうなってます。

CV-04で撮影した画像のファイル名が「日時分秒.FIT」となっているので
ログファイルに記録されている導入時刻を使って

何時何分から何時何分までが「xx座oo星」と分かります。

20120330_pcp2

これがログファイルの中身。

20120330_pcp3

これがCV-04で撮影したFitsファイルフォルダーの中身。

では、DSI Proはどうなるの?と言うと

DSI Proの撮影は MeadeのEnvisageを使いました。

20120330_pcp4

この様なファイル名になります。(例えばの話し)

違うファイル名でも保存できますが「日時分秒.FIT」には出来ないです。

そこで、「日時分秒.FIT」にリネームするプログラムを作りました。

Fitsヘッダーを見て、UTをJSTに変換してファイル名を作ります。

20120330_pcp5

このようになります。

「ren2time.zip」をダウンロード

月代りの処理をしていません。面倒なので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自動導入の座標を補正するツール、のプログラム

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-f225-3.html
これの続きです。

ここで実装した測光ルーチンにバグがありました!

こーりゃーイカン

測光の時のSkyの座標が原点の値でした。

測光結果がバラツクので妙だと思っていて FitsPhoto と測光結果を比較したら微妙に違っていたので調査したら

バグがありました。

プログラムは修正したものの

今までの再測光やら再報告など頭の中がゴチャゴチャです。

「pcp.zip」をダウンロード

確認作業の中でFitPhotoの方も僅かにSKyがズレるバグがあって、

こちらは測光結果への影響は無い物の早く修正版を作りたいし

併せて、頭の中はパニックです。

FitsPhoto 5.00を5.01にUpdate

 Ver5.00からの変更点
 1.サークル測光時のSky位置ズレを修正

「fitsphot_5.01.lzh」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月29日 (木)

カメラ屋さんも日食ガイドがあります

近所のカメラのキタムラも日食コーナーが出来てました。

主に日食グラスが置いてありますが

201203291

ケンコーのガイドブックなども置いてあって持って帰って来ました。

201203292

なかなか立派な内容で参考になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月28日 (水)

ガイド用のDSIにも観測をしてもらう

201203281

この6cm屈折の方にはMeade DSI Proが付いています。

これは赤道儀がGTの時はAutoGuideに使っていました。

ところが、SP赤道儀にしてから極軸がピタリと合わせられるようになり

単に恒星時駆動させるだけで良くなりました。

それ以降、DSI Proは遊んでいたので

V filterを付けました。

10cmにはIc filterを付けたMutoh CV-04を付けますので、

VとIcを同時測光出来ることになります。思惑では。

心配は、

201203282

こんな接続になっていて

このCeleron/466MHzのPCになってからAutoGuideをしていないので

CV-04で連続撮影しながら、さらにDSIも連続撮影なんてできるのか?

です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月27日 (火)

デジカメの測光観測した変光星の光度曲線

ベランダで一眼デジカメを固定して30秒露出を5分インターバルで

子午線と赤道が交差する所を撮影しています。

CANON EOS Kiss digital, f=28mm, ISO800です。

測光対象は下記です。

AQLeta
AQLsigma
CETBU
CETomicron
CETxi
ERImu
HYAtau1
LEOTX
LIBdelta
NSV02556
ORIdelta
ORIeta
ORImu
ORIpsi2
TAUxi
VIRepsilon

AQLeta,CETomicron,VIRepsilonは脈動で、CETBUはRS type、他は「食」です。

2012年3月23日までのデータを使って光度曲線を作りました。(ミラは作ってないです)

Eta_aql_20120324 Sigma_aql_20120324 Bu_cet_20120324 Xi_cet_20120324 Mu_eri_20120324 Tau1_hya_20120324 Tx_leo_20120324 Delta_lib_20120324 Nsv02556_20120324 Delta_ori_20120324 Eta_ori_20120324 Mu_ori_20120324 Psi2_ori_20120324 Xi_tau_20120324 Epsilon_vir_20120324

明るくて変光範囲が大きくないと綺麗な光度曲線が描けないのでしょうけれど、

このまま継続して観測を続けます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月26日 (月)

金星と木星の間に細い月が

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-356d.html
これの続きです。

今日は金星・月・木星が並びます。

20120326

3つの天体を一度に見るには双眼鏡では広がりすぎていて同一視野は無理そうです。オペラグラスが良さそうです。

一番良いのは肉眼なのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月25日 (日)

太陽観察用オペラグラス

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-c036.html
これの続きです。

これで太陽を見ていて眩しくは無いのですが

目が心配なので口径を絞る事にしました。

201203251

直径1cmのダイアフラムを画用紙で作って

201203252

黒く塗って、こんな風に嵌め込みました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年3月24日 (土)

Home Page更新

galleryに神奈川県平塚市の関谷さんが撮影した「火星」の写真を載せました。

http://eclipsingbinary.web.fc2.com/gallery.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自動導入の座標を補正するツール、のプログラム

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-f225-2.html
これの続きです。

いや~、今週は自分しか恩恵の無いプログラムを作り続けました。

測光機能を実装したおかげで

2夜 / 17星 / 223測光

を、

小一時間程度で測光が出来ました。

今までなら半日は掛かっていた。

完全なstd形式を吐き出さないので、それをメモ帳でeditするのに時間が掛かった。

でも、バラついているデータの評価にはCとVの機械等級を見て判断するので

仕方が無いな.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月23日 (金)

自動導入の座標を補正するツール、のプログラム

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-f225-1.html
これの続きです。

測光機能を実装しました。だいぶ様子が変わりました。

201203231

先日までと同じで、最初は「観測ログ・fitsのフォルダ・アディショナルファイル」を指定します。

ラジオボタン「位置/測光」の所を「測光」にします。

画像を開くのは先日までと同じでログを見て、どれかをクリックすると

該当するfitsファイルの一覧が作成されて、測光したい画像をクリックします。

201203232

比較星・変光星にマウスを移動させて右クリックします。

201203233

Photometryボタンを押すとこのように測光します。

201203234

結果は、この例ではoutput.txtに追記され上のようになります。

完全なstd形式では無く、機械等級(に近い物)も出力されます。

測光結果の真偽を評価する際に使う目的です。

星名、比較星等級はcsv形式のファイルを用意すればNextボタンで選択出来ます。該当が無い場合は手入力になります。

201203235

あらかじめ変光星・比較星にマークを入れた星図作って画像ファイルで保存しておけばプレビューする事でいちいち比較星を探す面倒も無くなります。

今までは比較星のTycho名だけリストで持っていて測光のたびに探してました。

このプログラムによって、きっと大幅に測光の効率も向上するでしょう。

プログラムはこれ
「pcp.zip」をダウンロード

※同じ事をしてみたい人は

http://eclipsingbinary.web.fc2.com/dload-1.html

ここにある「39-2.スカイセンサー2000PC 自動観測支援 Ver1.00」で望遠鏡を制御するとログファイルが出来ます。

また、このプログラムが行なう自動導入の順番はアディショナルファイルに従います。実際にはその中で南中の早い順で導入して南中すると次の星に向かいます。

CCDの撮影は、まったく独立したプログラムを使って単にインターバル撮影をさせます。どこを向いているかは無関係で、ともかく撮影を続けさせます。なので望遠鏡が動いている最中の撮影画像も出来てしまいますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月22日 (木)

いとかわカレー

二つ買いました。ヽ(´▽`)/

Itokawa1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自動導入の座標を補正するツール、のプログラム

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-f225.html
これの続きです。

201203221

画像が表示されたら、こんな風にマウスでクリックします。

緑のクロスが赤のクロスの場所に撮影されるようにカタログを修正してくれます。

201203222

上が元のカタログで下が修正されたカタログです。

まだ、まだ、マンマシンがメチャクチャですが実使用は出来るようになりました。

測光機能は未実装です。これも早々に進めたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月21日 (水)

自動導入の座標を補正するツール、のプログラム

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/2012312-b0cf.html
ここで話しましたが

自動観測の導入ズレを星毎に補正した座標に書き換える事で対応しています。

その補正作業に時間が掛かりズレた状態で一晩中撮影しいる状態が続いています。

結局、半分しか測光出来る画像がなっかたりしています。

急いで補正作業をすれば良いのですが、それだと今までと同じの繰り返しで

結局、時間が無くて無駄な観測が続いてしまいます。

そこで、補正作業を助けるツール(プログラム)を作成中です。

これは、わたし以外に必要とする人はいないでしょう。

201203211

画像フォルダー・観測ログファイル・座標を記述したファイルを指定します。

下の表はログファイルから抽出した星のリストです。

201203212

その星リスト中の星名をクリックすると撮影した画像ファイルのリストが出来ます。

201203213

画像リスト中のファイル名をクリックすると画像が表示されます。

ここで、何がどの辺に写って欲しいかをマウスクリックなど使って指定すれば

「座標を記述したファイル」が書き換えられるようにします。ここは、まだ出来ていません。

このプログラム、

いずれは、この状態で測光してSTD形式を作成する機能を付加しようと思っています。

しかし、汎用性が全く無い。

スカイセンサーとCCDなどのインターバル撮影してFITSを作るカメラを組み合わせれば同じことが出来ます。

いつかマニアルを作ろうか.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月20日 (火)

2012/3/14,15 食変光星観測

201203201_2

3/14に観測した ASAS095556+0215.5 です。観測の期間が空きすぎですね。でも、光度変化の様子が分かります。

201203202_2

こちらも3/14の観測で、Y Sexを観測しました。観測は副極小です。ちょっと歪んでしまいました。

201203203_2  201203204_2

3/15に10cmで測光したEZ Hyaです。3/12に極小が観測出来なかったので追観測しましたが今回も極小は観測できませんでした。

201203205_2

3/15に20cmで測光したRc bandのAI Sexです。前回と同じ位相でした。マヌケでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月19日 (月)

DELLのDisplayの電源ラッチ

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/delldisplay-f94.html
これの続きです。

電源ラッチではありませんでした。

故障でした。

でも、しばらく放置すると直ったりもします。

201203191

ディスプレイはW1900という名称です。今度は放置しても復帰しません。完全に壊れました。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/1129/dell.htm

201203192

で、リアカバーを開けて電源基板を見ることにしました。

電源基板はテスターを置いた場所にネジ止めされていました。

それをひっくり返して半田面が見えるように置きました。画面中央の縦に長い緑色の基板です。

201203193

赤丸の部分の半田がクラックしています。

この部品はラインフィルタートランスで足は4本ありますが、ここだけがクラックしています。

元々、ここだけ半田が少なかったようで、長年の使用で行っちゃったみたいです。

部品自体も温度が高くなりますので通電したりオフしたりで膨張収縮で足に力が掛かった現象です。よくある不良症状です。

201203194

とりあえず、半田をやり直して復旧させました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月17日 (土)

DELLのDisplayの電源ラッチ

昨日もあったのですが、

このディスプレー、電源が入らない事が良くあります。

私はスイッチ付のテーブルタップから電源を供給していて、使わないときはスイッチをオフにしています。

それで、テーブルタップのスイッチを入れて、ディスプレーの電源ボタンを押しても電源が入らない事が

ときどき、あります。

もーーダメか?捨てるか!と何度思った事か。

どうやら、ディスプレー内部の電源がラッチして停止している様です。

こういう時は電源を抜き差ししても簡単には復帰しません。

テーブルタップのスイッチをオフにして(要は電源を抜いて)一分とか経ってから

電源を入れれば立ち上がります。

私は某メーカーで回路設計をしていますが、設計の段階でこういう症状が出たらNGの評価を受けて

改善するまでOKをもらえません。

お客さんは故障と思うからです。こんなのが世の中にたくさん出回っていたら社会問題になります。

本当に回路が故障している時はラッチ停止させますので、この機能は必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月16日 (金)

2012/3/14,15 変光星観測

例によって着々と画像が溜まって来ています。

Y_sex_20120314

3/14に10cmで測光したY Sexです。

Asas09555602155_20120314

3/14に20cmで測光したASAS095556+0215.5です。C-Kがヘンです。失敗観測か?。極小時刻は得られそう。

3/15は10cmでEZ Hya。しばらく極小が観測されていませんでした。極小が得られると良いのですが。

20cmではAI Sexです。ASASの観測みたいな光度曲線が観測出来ると嬉しいかなと思って、もう一度、観測しました。

R Leoを双眼鏡で見ました。14日より15日の方が暗く見えた。

へんだなー。もう極大なのか?。また、暗い極大なのか?

※今夜から2泊で出かけます。blog更新無いかも

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月15日 (木)

2012/3/11,12 食変光星観測

やっと報告出来ました。

Asas11272304424_20120315

ASAS112723+0442.4です。2008年に観測していたのでした。

Ai_sex_20120315

AI Sexです。GCVSの要素はほぼほぼあっています。

Ez_hya_20120315

EZ Hyaは二年ぶりの観測でしたが、極大部分の観測でした。

※デジカメ画像とCV-04の自動観測画像は手付かずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金星・木星

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-356d.html
これの続きです。

20120314vj

3/14 18:38,CANON EOK Kiss digital f=77mm(F32), 8sec exp., ISO800

しまった、F32だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/3/14 変光星観測

あんまり天気は良くないし

金星・木星の写真を撮ったり

大忙しだったのに

20120314

スカイセンサーの電源ケーブルが切れちゃって

これまた大慌てで修理して

曇りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月14日 (水)

2012/3/12 変光星観測

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/2012312-b0cf.html
これの続きです。

Ai_sex_20120312

20cmで測光観測したAI Sexです。Rc bandです。

なんとなく非対称に見える極小です。

Asas1003470125_2_lc

これはASAS-3の光度曲線です。(AI Sex=ASAS100347+0125.2)

そおんな、歪んだって感じには見えないです。

Ez_hya_20120312

こちらは20cmで観測したEZ Hyaです。残念ながら、極小は観測出来ていませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金星と木星が夕方の西の空で接近

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/2012-486d.html

ここで紹介した「金星と木星が夕方の西の空で接近」は

今日です。

と言っても、ゆっくり、ゆっくり、近づいて、ゆっくりと遠ざかるわけで

今日だけが接近している状態を見るチャンスと言うわけではないです。

20120314

これは双眼鏡で見た場合を想定した7度の円を書き加えた星図です。

数日すると、更にワンポイント追加され、

201203260

これは3/26 19:00の図ですが、これなんか記念写真を撮るにはとっても良いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月13日 (火)

2012/3/12 変光星観測

昨日は19時頃から雲が無くなって晴れました。

でも、25時には曇ってしまいました。

20cmでAI Sexと言う食連星を観測しました。Cze V77と言う変光星で、初めての観測です。

10cmではEZ Hyaを観測しました。11回目の観測でした。

10cmのスーパーポラリスの方は、EZ Hyaが南中したら自動的に自動観測を行います。

これはあらかじめカタログした変光星を順々に導入して行くものです。

その間、CCDはひたすら撮影を続けます。

この導入はカタログした変光星のテキストファイルに記述されている座標を読み込んで次々とGOTOします。

導入ズレは必ずあるのと、座標通りだと使いたい比較星が入らないので

アライメントした初日は天気が悪くても自動観測を行って、あとから画像を一つ一つ見て

座標を補正しています。

これに時間が掛かります。

時間が掛かっても、以降の観測の導入に問題が無ければ良いのですが

シャックリなどでズレを持ってしまい。

補正作業を直ぐにやり直す必要があったりもします。実は昨日・おとといで導入が違っていて直ぐにでも直す必要性が出ています。

それにしても、この補正値を求める作業は週末の時間がある時でないと、なかなか手が付けられない。

と言う事で、作業が簡単に出来るtoolを作らないといけないと思うようになって来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/3/11 食変光星観測

今月2回目の変光星観測でした。ぜんぜん観測数が少ないです。

この日は夕方から自治会で観測は無理かなーと思っていましたが

予定よりかなり早く終わったので

10cmでASAS112723+0442.2と言う連星を測光しました。

個人的には2回目の観測です。

Asas11272304422_20120311

こんな結果でした。

頑張ったのに ダメ でしたから、

残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スカイセンサー2000PC、東へ移動ソフト

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/2000pc-95a4.html
これの続きです。

ここで公開したものは1分毎に東水平に移動するものでした。

その結果、スカイセンサーは1分毎に「ピッ!」と音を出してしまいます。

ちょっと気になる。

スカイセンサーは音を出さない設定が出来ますが、

これに関しては音は消えないです。

そこで、1分の所を1時間に変えて1時間毎に移動させるようにしました。

これ位なら気にならないだろう。

「move_east_for_ss2000_v4.lzh」をダウンロード

Ss_stop_4

あと、ボタンを押すたびに実行するようにもしました。

あれ、「GT mount, stop and....」はへんですね。スカイセンサーに直した方がよいな。いずれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月12日 (月)

2012年の火星接近と視直径のアニメ

2012/1/1から2012/4/30までの(一日おきの)火星の視直径変化が分かるようなgifアニメを作りました。時刻は21時JSTです。

http://www.geocities.jp/nagai_kazuo/mars2012.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月11日 (日)

3月の変光星観測

3/6に天気は良くありませんでしたが

ベランダのスーパーポラリスの導入精度を確認する目的で望遠鏡を朝まで動かしました。

すぐに曇ってしまいましたが

25時位まではCCDには星が写ってました。

比較的S/Nの良い画像を選定して変光星の測光を行って

8星 / 30測光が出来ました。

昨夜も曇りで変光星観測をしていません。

今月は、この30測光しか無いです。

今世紀に入って、最も少ない観測数の月になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パソコンを捨てる ぞ

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-0501.html
これの続きです。

20120311

3Lサイズの4箱で7台のPCをリサイクルショップに送りました。

箱代と送料で1万円をちょっと超えました。

ともかくスッキリした。

残りは11台

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月10日 (土)

パソコンを捨てる ぞ

18台あるPCの内

7台を捨てる事を決意しました!

この土日でHDDを抜き取ったり、不要なパーツをくっつけたり

なんだかんだして

梱包して

業者に送ってしまおうと思っています。

二日で出来るか?

※リサイクル法ではメーカーに戻す形になってますが

自作PCが多いし、メーカー品も改造してあって、リサイクル業者に送る事にしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 9日 (金)

ホームページ更新

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/2000pc-95a4.html
の続きです。

結局、readmeは書かずにWebの文中に書いて公開しました。手抜きです。

http://eclipsingbinary.web.fc2.com/dload-1.html
ここの

「38-2.スカイセンサー2000PC 停止/東へ移動」という所です。

3/17に法事で二泊ほど留守にするので天気が良ければ遠隔操作してみようかと思っています。

※追尾停止コマンドは後々の宿題

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 8日 (木)

JAVAがUpdate出来ない

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/javaupdate-ee3b.html
これの続きです。

結局、なぜかVNCが繋がらなくなりました。

JAVAの再インストールをしても、今度はダメでした。

あきらめて、TeamViewerをメインのディスクトップに入れました。

そもそも、VNCはスマホのVNCから繋がったり繋がらなかったりで頼りなかったのでこの際良かったと思うようにしましょう。

観測用PCとFile serverにしかTeamViewerを入れていませんでしたが

メインのPCにも入れたのでスマホからメインPCも操作できるようになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AMAZONは便利だ

テラスモール湘南に行ったのに
http://terracemall-shonan.com/

買い忘れた。

足柄観測所に行ったときに3.5φステレオジャックを2.5φに変換するものを忘れてしまい

インターバルタイマーが使えませんでした。

そこで、もう一個買って「お出かけセット」の箱に入れておくことにしました。

それで、買い物に行ったのに買い忘れてしまった。

アマゾンで調べたら480円で送料無料です。

20120308

運ぶだけでもお金が掛かるのに大丈夫かな~。アマゾン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 7日 (水)

太陽観察用オペラグラス

20120307_bin1 20120307_bin2

太陽観察用オペラグラスをAMAZONで買いました。1910円でした。

今、AMAZONを見ると少し高くなっています。5月になったら買えないんでしょうね。

これ以外に日食グラスを持っています。

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-7fea-2.html
ここで紹介した自作の物は既に捨ててしまっていて、最後に書いてある市販品の日食グラスが残ってます。

とりあえず、観察に使うものは揃いました。日食は近所の道端で見ようと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 6日 (火)

スカイセンサー2000PC、東へ移動ソフト

http://eclipsingbinary.web.fc2.com/dload-1.html
ここで、Advanced GT赤道儀を東水平に向けて停止させるプログラムを公開しています。

「38.GT赤道儀 停止/東へ移動」です。

ベランダ赤道儀をスカイセンサー2000PC(SS2000PC)の付いたスーパーポラリスに変更する事にしましたので

同様なプログラムが必要になりました。

実はもともと作ってありまして、プログラムで東水平に向けられます。そのあと手動で電源を切って片付けていました。

これはこれでよいのですが、

SS2000PCには「追尾停止」のコマンドが無くて、もし電源を切らないと追尾を続けてしまいます。

外出先で遠隔操作している場合、電源スイッチを切れません。なのでSS2000PCの時は遠隔操作していませんでした。

GT赤道儀は追尾の停止も再開もRS232Cでのコマンドがあります。遠隔操作で停止出来ます。

そこで、SS2000PCでも遠隔操作をしたいので「1分毎に東水平に向く」を繰り返す機能をSS2000PC用のプログラムに追加しました。

追尾を再開したい場合はこのプログラムを止めてしまえば良いのです。

「move_east_for_ss2000.lzh」をダウンロード

ここに置きましたがreademeがありません。作ってからホームページで公開します。

簡単な説明

※move_east.iniの設定

一行目 comポート番号
二行目 東経

実行にはVB5のランタイムが必要です。

ん、ここまで書けば、これがreadmeと言えるかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月 5日 (月)

JAVAがUpdate出来ない

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/javaupdate-ee3b.html
これの続きです。

この時、「どれをどうしたら良いのか わからん?」で終わってました。

結局、全部を削除しました。

そのあと、http://java.com/ja/download/ からJAVAをインストールしました。

JAVAを使っていそうなソフトを実行して問題ない事を確認しました。

OKかなと思っていたら

VNCを使ったらダメでした。

そこで、http://www.java.com/ja/ からJAVAをインストールしました。

「同じバージョンです」みたいに言われましたが構わず進めると

今度はVNCは繋がりました。

よくわからん。

あと、スマホ関連のエミュレーターとか開発tool類でもjavaを使ってますが

それらは、もともと上手くインストール出来なかったので未確認です。

スマホ関連のソフト、開発環境とか、エミュレーターとか、画面ハードコピーだのなんだのかんだのは

一つ一つ別なPCにインストールして、それぞれ専用PCにした方が良いかも.

なんとなくそれが原因でどれもこれも中途半端にしか動かなかったように思えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 4日 (日)

第2回すばる望遠鏡公開講演会

今日は

第2回すばる望遠鏡公開講演会

宇宙史のなかの銀河とブラックホールの生い立ち

です。

http://subarutelescope.org/Announce/2012/01/16/j_index.html

無料で予約なしです。

30m望遠鏡ですよ!

.....行こうと思っていたが

やめて、お雛様を片付けよう!

そして、観測用PCの設置をしよう。

てか、二日酔い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日はベランダからISSが見れそう

Iss_20120304

横浜の今日の夕方のISSです。これならベランダから見れるぞ!

しかし、天気が

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JUSTインターネットセキュリティ

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-2843.html
一応、これの続きと言う事にして

「JUSTインターネットセキュリティ」が無料でダウンロード出来ます。

http://www.just-security.com/?m=jui24j02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 3日 (土)

殺風景な火星の模様

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/marsexe-for-win.html
これの続き?

何時頃に火星を見ると模様が面白いのか調べてみました。

Mars_20120303

これは3月3日の表面のシミュレーションです。

火星が昇って高度が30度になるのが20時ですので

その頃から見始める人が多いと思いますが

この図のように濃い模様は見えなくなりつつあり、夜中や夜半過ぎに見ると単に赤いだけみたいです。

では、別な日に見ようと思っても火星の一日は地球の自転時間とあまり変わらないので

ぜんぜん変わりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月の変光星観測月報

先月の観測夜数は、9夜 / 22星 / 1646測光でした。

201203031 201203032 201203033

10夜以下は、やっぱり少ないですね。晴れなくなったので仕方が無いですかね。

測光数は1500以上で多い方でした。

2月はベランダ赤道儀の入れ替えたり戻したり調整はコケたままだし、ほとんど活躍しませんでした。

あす、お雛様を片付けて、次の晴れ間にアライメントをして再稼働させたいです。

連星の測光の方はCZ CMiが一応の成果が出ましたので

6月の変光星観測者会議に向かってV1848 OriとCZ CMiの解析に入ろうかと言う所です。

先月で最も特筆な事項は18日-19日に明大足柄観測所で東海の学生+OBさんとデジカメを使った食連星の測光観測を行ったことです。

座学より、やっぱ、現場ですね。みんなちゃんと観測出来ていました。私だけ変光星が写っていなかった。

でも、現場だと「なぜ」を説明する時間が少なすぎるのも難点と思いました。

まぁ、慌てない事ですね。まだ、先もありますし。

他にはVSOLJの食の光度曲線が、なかなか面白くなって来ました。KM UMaとか。

なんとか整理だけでもしないと勿体ないです。が、一人では.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 2日 (金)

Mars.exe for Windows 火星シミュレーション

今年は火星の小接近です。3月5日が衝で3月6日が最接近です。最接近時でも距離は1億kmもあり小さそうです。

それでも見てみたいと思っています。

予め、火星の模様を知っておくにはシミュレーションソフトを使う手があります。

201203021

2003年にダウンロードした「Mars.exe for Windows Ver.0.00a」と言うのがありましたので

自転と言いますか、模様が正しいのか確認してみました。

その前に、windows7ではD3DRM.DLLが無いと動作しませんでした。

D3DRM.DLLは、 http://www.dlldump.com/download-dll-files_new.php/dllfiles/D/d3drm.dll/5.1.2600.0/download.html からダウンロードしました。

201203022 201203023

左がMars.exeで、右はAstroArtsのホームページにあった同じ時刻の写真です。http://www.astroarts.jp/photo-gallery/gallery.pl/photo/6438.html

これを見るとソックリです。

ところで、ステラナビゲータでは?と思い、見てみました。

201203024

これがステナビ6で見た同時刻の火星です。

これも同じ面を地球に向けています。

って事は、Mars.exeを使わなくてもステナビでも良いわけでした。

Mars.exeが今でもダウンロード出来るか調べると、

http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/edu/se195641.html
Mars.exe for Windows 火星シミュレーション

まだ、ダウンロード出来ます。

ここには2つのバージョンが置かれていました。使ってみるとどちらも同じに見えました。

違うのは

201203025

私の持っていた物は「視直径変化」のチェックが出来るようになっていて

見かけの大きさも表現してくれます。

Vectorにある物は2つ共、大きさは固定でした。それ以外は同じようでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日はISSが見頃

今日の横浜・小田原のISS予報です。
http://kibo.tksc.jaxa.jp/letsview/visibility1/yokohama/pass2012022605.html

Iss_20120302

絶好の観望条件です。

でも、ベランダからは見れないです。近所の空地も無くなり見場所は無い。

ところが、平博の年間予定表では18時から「星を見る会」(観望会)になってます。

って事で、行こう!

となれば良いのだが。雨ですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 1日 (木)

お天気の時計

このブログの左下に天気の時計を貼りました。

11時間先までのお天気を表示してくれます。

が、

ぜんぜん当たらんのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お雛様休暇中

日曜にお雛様を出しました。

設置場所は観測用PCの置き場所なので撤去した訳で

変光星観測が出来ないのです。

でも、ずっと曇ってます。雪なんか降ったりして

次の日曜には片付けますので

早ければ、次の日曜の夜から変光星観測再開です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IE6をやめてFirefox10.0.2へ

我が家にはWindows2000 PCが何台かあります。

2000にはIE6までしかインストール出来ないのですが

最近、6だと不具合があるサイトがポツポツと現れました。

OSを買うなんて...

そこで、Firefox 10.0.2を2000に入れてみました。

ぜんぜん問題なく動いてます。

不具合のあったサイトも何事もないです。

危うくムダ金を払わされるところでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »