« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月29日 (水)

ホームページ更新

digphoto4を4.1にバージョンアップしました。
http://eclipsingbinary.web.fc2.com/dload-1.html

20120229_dg4

上図のようなドロップに対応しました。

コンパイラを32bitにした事で出来るようになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セキュリティーソフト

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-2843.html
これの続きです。

McAfeeをアンインストールして

ウイルスバスター(3ライセンス)のうち、1ライセンスをMcAfeeの入っていたPCに入れました。

McAfeeのアンインストールは下記を使いました。

マカフィー・個人向け製品専用削除ツール(MCPR.exe)
http://www.mcafee.com/japan/mcafee/support/faq/answer_p_install.asp?wk=IN-00006

なんだか時間が掛かりましたがオペレーションは特になくて

単にほっておくだけでした。6時間とか掛かってました。

とりあえず、¥3,465- のコストダウンです。

残るは

ノートン? アンチウイルス 2012 \4,980- の方です。これが入っているPCは小さくて軽いので持ち運び用です。

UQとかで外で使うとなるとルーター経由じゃないのでちゃんとしたセキュリティーが欲しい。

だったら、このままかな~

ただ、画面が小さすぎて最近はぜんぜん持ち歩かなくなっています。持ち歩かないで観測用ていどなら無料のセキュリティーソフトで十分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月28日 (火)

GT赤道儀のハンドコントローラ

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/20121-e525.html
ここの続きです。

メールでLCD表示が出なくなった件とコントローラだけ売って欲しい旨を連絡しました。

返事など無かったのですが

急展開して

電話があり「ハンドコントローラを送りました」との事です。

20120228

その翌日には届いて中身をみたら

色々とオマケが入ってました。

アリ型とかカーシガレットプラグとか三脚にハンドコントローラを取り付ける為のブラケットが入ってました。

色々とありましたのであってベランダ赤道儀はスーパーポラリスのままで行こうと思っています。観測用PCの事もあるし。

このGT赤道儀は遠征用に使おうかと思案中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月27日 (月)

2012/2/27 18:09の月・木星・金星

201202271809

CANON EOS Kiss digital, f=80mm, ISO800, 1/4sec exp.

手持ちで撮影しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

太陽恒星研究会集録

集録がでました。
   
http://optik2.mtk.nao.ac.jp/~takeda/ss_phys/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KM UMa

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/some-binaries-2.html

ここで、光度曲線の変化について書きました。

その後、2月20日に東京都八王子市の伊藤さんが自宅観測所の30cm反射望遠鏡にCCDカメラを付けてV bandで測光観測されました。

20120222_km_uma2  Km_uma_20120220_v

左が2011年と2012年の塩川さんの観測で、右が今回の伊藤さんの観測です。

この観測で2012年の光度曲線が第二極大の方が明るい事が証明できたと思います。

20120222_km_uma3

まだ伊藤さんの観測を追記していませんが、通常は極大の明るさに差は無いようで2012年になって急に第二極大が明るくなったようです。

そうなると、前回、この第二極大のピークが系の本来の明るさのように記述しましたが、

2012年が特殊な状態のようですので、ホットスポットが出来ていると考えた方が良さそうです。

ライトカーブに非対称のような歪も見当たらないように見えますので系外の星周物質も無さそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MEDIAS N-04C 大容量バッテリー

スマートフォンでもウイルスが問題となってきた

そこで、ウイルス対策ソフトを入れました

そしたら、電池の消耗が激しくて日に2回も充電するようになりました。

こりゃータマランって事で大容量電池に変えました。

201202271

こんなのでした。12500円位でした。容量は2.6倍、値段は10倍!

201202272

左が本来の電池です。厚みが増しています。そりゃ、そうでしょうね!。2パラか3パラにしたんでしょう。

201202273

装着すると、ものすごくはみ出します。

201202274

電池に付属していた蓋を閉めたところです。薄さが自慢のメディアスは倍以上の厚さになりました。

201202275

とーーぜん、シリコンのケースが使えないので、電池部分を切り取って使うようにしました。

重いス.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月26日 (日)

2012年3月、食変光星極小予報

2012年3月の明るい食変光星の極小予報です。
変光範囲が1等以上で10等より明るい星を予報しました。
高度は東京での高度です。

★ 3月の予報 ★

星名                  日   時刻    高度  食継続時間
AQLKO                 20   28.9      56  8.9
AQLKO                 23   25.7      22  8.9

AURTT                  1   20.3      64
AURTT                  5   20.3      62
AURTT                  9   20.2      59
AURTT                 13   20.2      57
AURTT                 17   20.1      54
AURTT                 21   20.1      52
AURTT                 25   20.1      49
AURTT                 29   20.0      47

CASRZ                  1   28.7      15  4.9
CASRZ                  5   18.8      47  4.9
CASRZ                  6   23.4      24  4.9
CASRZ                  7   28.1      15  4.9
CASRZ                 11   18.2      48  4.9
CASRZ                 12   22.9      25  4.9
CASRZ                 13   27.6      15  4.9
CASRZ                 18   22.3      25  4.9
CASRZ                 19   27.0      15  4.9
CASRZ                 24   21.7      26  4.9
CASRZ                 25   26.4      15  4.9
CASRZ                 30   21.2      27  4.9
CASRZ                 31   25.9      15  4.9

CASTV                  4   20.0      24  7.8
CASTV                 13   21.5      12  7.8
CASTV                 20   27.5      13  7.8
CASTV                 24   18.5      25  7.8
CASTV                 29   29.0      26  7.8

CEPEK                  5   25.2      19  6.4
CEPEK                 14   21.7      15  6.4
CEPEK                 23   18.3      20  6.4
CEPEK                 27   28.5      41  6.4

CEPU                   5   29.4      30  9.0
CEPU                  10   29.1      30  9.0
CEPU                  15   28.8      30  9.0
CEPU                  20   28.4      30  9.0
CEPU                  25   28.1      30  9.0
CEPU                  30   27.8      30  9.0

CEPZZ                  1   24.9      14  6.2
CEPZZ                  3   28.3      25  6.2
CEPZZ                 14   21.3      15  6.2
CEPZZ                 16   24.7      16  6.2
CEPZZ                 18   28.1      29  6.2
CEPZZ                 29   21.1      14  6.2
CEPZZ                 31   24.5      18  6.2

CNCRZ                 28   24.3      35 77.9

CRBU                   2   27.5      80 11.6
CRBU                   9   25.2      58 11.6
CRBU                  16   22.9      35 11.6
CRBU                  23   20.6      15 11.6

CVNRS                  1   29.9      45 12.7
CVNRS                  6   25.0      79 12.7
CVNRS                 11   20.2      26 12.7
CVNRS                 25   29.6      30 12.7
CVNRS                 30   24.8      84 12.7

CYGV0393              19   25.2      18 29.4

DRAAI                  1   28.2      65  5.2
DRAAI                  6   23.3      25  5.2
DRAAI                  7   28.1      67  5.2
DRAAI                 12   23.2      27  5.2
DRAAI                 13   27.9      68  5.2
DRAAI                 18   23.0      29  5.2
DRAAI                 19   27.8      70  5.2
DRAAI                 24   22.9      31  5.2
DRAAI                 25   27.7      71  5.2
DRAAI                 30   22.8      33  5.2
DRAAI                 31   27.5      72  5.2

HYATT                  9   26.9      12 18.4
HYATT                 16   25.8      18 18.4
HYATT                 23   24.7      22 18.4
HYATT                 30   23.6      25 18.4

LACCM                 23   27.1      19  4.2
LACCM                 31   27.6      29  4.2

LACRT                 13   27.3      14
LACRT                 18   29.1      35

LIBdelta               2   25.9      36 12.8
LIBdelta               9   25.4      36 12.8
LIBdelta              16   25.0      37 12.8
LIBdelta              23   24.6      37 12.8
LIBdelta              30   24.1      37 12.8

LYRbeta               17   29.8      77
LYRbeta               30   28.4      71

MONUX                 15   24.6      13 24.1
MONUX                 21   22.3      33 24.1
MONUX                 27   20.0      45 24.1

PERIZ                  4   19.4      35 10.6
PERIZ                 15   21.0      18 10.6
PERIZ                 22   30.0      19 10.6

PERbeta               20   19.4      38  9.6

PUPAU                  5   21.9      11
PUPAU                 13   19.2      10
PUPAU                 22   19.5      12
PUPAU                 31   19.7      12

SGEU                  27   27.8      49 13.8

SGRRS                 13   28.7      15  9.9

SGRV0505               6   29.0      18  5.7
SGRV0505              19   29.2      28  5.7
SGRV0505              25   27.2      12  5.7

UMATX                  2   27.1      51  8.8
UMATX                  5   28.6      33  8.8

UMIW                   4   24.1      36  9.4
UMIW                   9   26.6      39  9.4
UMIW                  11   19.5      32  9.4
UMIW                  14   29.1      39  9.4
UMIW                  16   21.9      35  9.4
UMIW                  21   24.4      38  9.4
UMIW                  26   26.9      39  9.4
UMIW                  28   19.7      34  9.4
UMIW                  31   29.4      38  9.4

VULZ                  13   29.5      61 10.6
VULZ                  18   27.3      38 10.6
VULZ                  23   25.1      16 10.6

name                 period     RA      RD   Type    mag
AQLKO                2.8640   18h47m  +10゚45  EA  08.3-09.5
AURTT                1.3327   05h09m  +39゚35  EA  08.4-09.5
CASRZ                1.1952   02h48m  +69゚38  EA  06.2-07.7
CASTV                1.8125   00h19m  +59゚08  EA  07.2-08.2
CEPEK                4.4277   21h41m  +69゚41  EA  08.0-09.3
CEPU                 2.4930   01h02m  +81゚52  EA  06.8-09.2
CEPZZ                2.1417   22h45m  +68゚07  EA  08.6-09.6
CNCRZ                21.643   08h39m  +31゚47  EA  08.7-10.0
CRBU                 3.4522   15h18m  +31゚38  EA  07.7-08.8
CVNRS                4.7977   13h10m  +35゚56  EA  07.9-09.1
CYGV0393             13.633   19h58m  +43゚17  EA  09.0-10.0
DRAAI                1.1988   16h56m  +52゚41  EA  07.1-08.1
HYATT                6.9534   11h13m  -26゚27  EA  07.3-09.0
LACCM                1.6046   22h00m  +44゚33  EA  08.2-09.2
LACRT                5.0736   22h01m  +43゚53  EB  08.8-09.9
LIBdelta             2.3273   15h00m  -08゚31  EA  04.9-05.9
LYRbeta              12.941   18h50m  +33゚21  EB  03.3-04.4
MONUX                5.9044   07h59m  -07゚30  EA  08.2-09.2
PERIZ                3.6876   01h32m  +54゚01  EA  07.8-09.0
PERbeta              2.8673   03h08m  +40゚57  EA  02.1-03.4
PUPAU                1.1263   08h17m  -41゚42  EB  08.5-09.5
SGEU                 3.3806   19h18m  +19゚36  EA  06.5-09.3
SGRRS                2.4156   18h17m  -34゚06  EA  06.0-07.0
SGRV0505             1.1828   19h53m  -14゚36  EA  06.5-07.5
UMATX                3.0632   10h45m  +45゚33  EA  07.1-08.8
UMIW                 1.7011   16h08m  +86゚11  EA  08.5-09.6
VULZ                 2.4549   19h21m  +25゚34  EA  07.3-08.9

eof

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スーパーポラリス赤道儀のしゃっくり対策

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-0517.html
ここで設置したベランダ望遠鏡のしゃっくり対策をしました。

201202260

まずは、簡単なところで、もう一台の「しゃっくり」しない方のSS2000PCの「モーターパラメータ」を見る

「3」でした。

しゃっくりする方も「3」にします。って、見たら「3」になってた!

次は面倒な電源電圧の調整作業です。

201202261

これが使っている電源です。外にだしっぱなのでケースは汚れてます。

USB接続のCD・DVDドライブが壊れてしまい。そこから抜き取った5V・12V出力の電源を使っています。

201202262

現物を見て、回路図を作ってフォードバック回路の抵抗値を変えます。

赤丸の抵抗を変えるつもりでしたが、作業を進めている中で5Vと12Vの両方が帰還されている事がわかり、

これらの共通部品は回路図で赤丸の左の2.4Kオームの抵抗でしたので、これを10Kのボリウムにする事にしました。

201202263

この様に固定抵抗の所を半固定抵抗に変えました。

ついでに出力電圧が測定しやすいようにテストピンをたてました。

もともと11.7Vが出てましたが、調整して9.8Vにしました。2つのモーターを高速回転させても9.6Vまでしか下がりませんでした。

かれこれ出力インピーダンスの少ない電源です。強力って事です。

ためしに7Vとかまで下げてみましたが、ちゃんと動いてました。SS2000PCって低電圧でも結構動作します。

乾電池機器だからかな。低電圧の動作に実力があるのは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月25日 (土)

食変光星の月別極小予報

今までブログやVSOLJ-OBSに毎月の極小予報を投稿していましたが

利用者もいそうにないのでやめようかと思っています。

年間の予報をホームページで公開していますので、これだけでいいかな~

http://eclipsingbinary.web.fc2.com/mintop11.html
http://eclipsingbinary.web.fc2.com/mintop12.html

ご意見・ご要望がありましたらコメントにお願いします。

私が予報を出しているのは予報を見た人が食変光星の観測をして欲しいからです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/2/23 V409 Hya 測光観測

V409_hya_20120223

20cmで冷却CCDにより測光したV409 Hyaです。最初は晴れていましたが近所の灯りが邪魔で、そのあとが曇りでした。Y軸は1目盛1等です。この観測は捨てます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホームページ更新

更新したばかりですが

測光支援ソフトdigphot3は16bitソフトなのですが

東海大さんとの観測会で色々とトラブルがあり

32bitでコンパイルしました。

ので、digphot4と言うバージョンに上げて公開しました。

http://eclipsingbinary.web.fc2.com/dload-1.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月24日 (金)

some binaries

10cmニュートンに冷却CCD(CV-04)を付けてIc bandで自動観測をしています。

その中に(数は少ないのですが)VSOLJの観測者が測光観測されている食連星もあります。

その光度曲線に自動観測の結果を追記してみました。

20120224_ew_ori

EW Oriです。最初にこれを見て、ちょっと感激しました。食外をそれなりに観測していたようです。

20120224_vy_sex

これはVY Sexです。これなんかサイコーですね!

20120224_v1130_tau

V1130 Tauは黄色▲の所です。これも、だいだい乗ってますね。

20120224_dm_vir

DM Virも見て楽しくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月23日 (木)

2012/2/20 EU Hya観測

なかなか時間が無くて

でもやっと測光が終わりました。

20120220_eu_hya

今回は副極小観測でボトムが観測出来たのは初めてでした。

それで、EA型の食連星ですが、すーーごく浅い副極小でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホームページ更新

天文ソフトのダウンロードの所を

少し、整理しました。

http://eclipsingbinary.web.fc2.com/dload-1.html

付けたし付けたしで分かりにくくなったなーと思っていて

旧とか新とか。もう使い道のないソフトとか。古いものなど削除したので

多少は分かり易くなったと思ってくれると良いのですが。

あと!

予報用データベースstar.datに誤りがあり訂正しました。

「O-C計算」と「食変光星極小予報」のところです。

ついでに、

「ヒッパルコス アウトプット カタログ 星図 Ver 3.00」の星表データファイルがリンク切れになっていたので解消しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月22日 (水)

ランドルト標準星

@RET_Ariesさんがステナビ用のadfにしてくれました。

http://space.geocities.jp/yusastar77/landolt/landolt_standard.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

some binaries

20120222_ww_cnc

WW Cncです。

20120222_wx_cnc

WX Cncです。こちらも主極小観測です。

20120222_ay_gem

AY Gem、こちらも主極小の観測です。

20120222_df_hya

DF Hyaは21世紀に入ってから蜜に観測されています。

20120222_xz_leo

XZ Leoです。Light Curveになってきました。

20120222_bg_lyn

BG Lynです。1/30のIohさんの観測を追記しました。R.Dequinze(1990)の要素で書きました。

20120222_rz_lyn

RZ Lynは一年ぶりの観測でした。

20120222_sw_lyn

SW Lynです。少しですが食外が観測されてきています。

20120222_sx_lyn

SX Lynです。

20120222_ty_lyn

TY LynはVSOLJ初観測です。GCVSのLight Elementで書きました。

20120222_dd_mon

IohさんのDD Monを追加しました。暗めに観測されています。SizさんとNgaのRcでLCが出来てますね。こういうのも何か手を付けないといけないなー。と思ってはいる物の。

20120222_km_uma

2011年2012年のKM UMaです。スポットの位置が動いています。濃さも変わっています。

全体が2011年より明るくなっていますので全面に渡って黒点がある様です。

2012年のmaxIIを相対光度=1として解析すると良いのでしょう。minIも2012年が基準かな。

これら以外の年はNjhさんとIohさんの観測が有りますがColorが違っています。

追観測によってRealか確かめると良いでしょう。他の色も同様なdistortionなのかも注目点です。

これが解析出来たら良い研究になると思います。

問題点となってしまいそうなのは2012年のmaxIIとminIには黒点の影響が無い!と言う前提の所です。

このままでは解決策はありませんが、

仮にそこにも薄めの黒点が有ったとしても、やっぱり、そこ基準で合成法を適用するので「星の真の温度が決められない」以外は問題になりそうにないって事で逃げるようになるのでしょう。

まさか、これがGR Tau問題のヒントとか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月21日 (火)

つるちゃんのプラネタリウム

2/15に更新されています。

http://homepage2.nifty.com/turupura/download/free.htm

と言っても使ったこと無いんです。

試しに

と思ってダウンロードしたのですが

VBのインストーラも組み込まれています。

しかも、VB5みたいです。

私のPCにはVB5のSP3コンパーラーがインストールされているんです。

下位バージョンが上書きされちゃうんでしょうか?

一方、VB5のruntimeを有りかを人に紹介するのに「つるちゃんのプラネタリウム」インストールして!

って勧めるのって確実・安心のようにも思える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年、変光星観測者会議

2011年の観測者会議終了時に「来年は筑波の国際会議場あるいは岡山理科大」と言った候補があがりまして、
http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/2011-f6f0.html

今月の連星WSで人が集まったのでneko氏が根回しして下さり6月7月あたりで岡山理科大でといった調整が進んだようです。

開催時期についてはまだまだ不確実です。

例によってVSOLJの何名かが世話人なのでしょうけれど
現地の方ではt邊研のi村氏と岡山のo島さんがお骨折り下さるそうです。

楽しいエクスカーションもありそうです。

※佐用町のn沢先生にお話ししたら「行ってみようかな~」って言ってくださいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月20日 (月)

2012/2/18 変光星観測

この日は1泊で東海大と観測合宿でしたので

自宅ベランダの自動観測を動作させて出かけました。

この望遠鏡は赤道儀・CCDカメラ・観測用PCのそれぞれでトラブル続きで

まともな設定が出来ていないまま実戦に使ってみました。

その結果、全部、1分ほど東を撮影していて

結局、全部、画像は捨てました。

それで、

足柄観測所で行った観測会は

東海がR CMaとYY Eriをデジカメ測光して素晴らしい光度曲線が得られました。

私はW UMaを撮影しましたが、これはW UMaが写っていなかったです。撮影画像を確認しなかったのでした。

201202201

観測所には予定より30分以上早く着いた。

201202202 201202203

すでに集合していた。測光用PCの準備に時間が掛かりました。

201202204

観測所横のグランドで撮影して、CFカードなどを小屋に持って行き、すぐさま測光します。

201202205

R CMaが減光中の様子です。なかなか増光しないので心配していた頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月18日 (土)

IBVS 6012

ASASのEWを解析した物です。
http://www.konkoly.hu/cgi-bin/IBVS?6012

私は昨年の変光星観測者会議でVSOLJが観測したEWを同様な解析をしました。

それ以前は分離型をRV観測もして質量比を求めてからロッシュモデルで解析する研究が2件ありました。

こんな風に以外に解析は進んでいません。

数が多いので片っ端からやって空間分布と関連あるか?みたいな研究なんてどうでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東海大天文宇宙同好会変光星班との観測合宿

今日は一泊で変光星の観測会です。デジタルカメラを使った食変光星の観測を行います。場所は明大天文部の足柄観測所です。さむそー

天気は~

201202181

バッチリです!

201202182

GPVだと夜半前は晴れで、その後は南岸の雲が小田原に掛かってくるようです。

観測の勝負は24時までってところです。

じゃー自宅の望遠鏡は動かさないの?って思うともったいないので

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-0517-1.html
とりあえず、ここの時点で機器は設置済み

で、昨夜は(雨か雪が降りそうだったので)CCDカメラ無しでAutoPilot自動観測の動作確認をしました。

日没頃から始めて今(5時半)もカタログした変光星を順次追尾しています。

よし!

今日は出かける14時までにCCDの撮影を開始して帰ってくるまで自動観測をしていよう!

太陽が心配ですが南中付近の天体しか撮影しないように作ってあるので昼までに帰ってくれば大丈夫。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月17日 (金)

ASAS071732+0912.5

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/2012212-0cae.html
これの続きです。

mei/nekoさんからコメントを頂き

調子になって、

20120217_asas071732091251

ASAS-3のデータで光度曲線を作りました。

20120217_asas071732091252

で、これが自分の観測と一緒にした光度曲線です。

こんなに上手く言っていたとは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベランダ望遠鏡の入れ替え

入れ替えをして

再稼働の為にアライメントを行って

いよいよ室内のPCでCV-04とLink

のところで繋がりません!

PCは親戚から貰った FMV-MB14B です。観測で使うのは初めてです。

室外と室内をつないでいるパラレルケーブルに異常でもあるのか?と思い

ベランダへ持ち出して武藤の純正ケーブルで試しましたが

やっぱり

ダメだ。

仕方が無い。PCを戻そう。観測用PCで生きているのは前回まで使っていた NEC MateNX PC-MA46H/C です。おっそいデスクトップですが仕方が無い。

しかし、FMV NB14Bはメモリーまで追加したのに.

って事で、観測用PCをNEC MateNX PC-MA46H/Cに変えました。

ちょっと前まで使っていたので単に設置するだけで使えました。物の数分ってところでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リムーバブルメディアを「自動再生」させない

http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/tec/winxp/20041112/110067/?rt=nocnt

ここにレジストリ変更の方法が記述されています。

早い話

HKEY_CURRENT_USER→Software→Microsoft→Windows→CurrentVersion→Policies→Explorer

NoDriveTypeAutoRun

16進でb5にする。です。

変更後、リブートが必要です。

念のため、USBメモリーをザクザクさされる可能性があるので...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月16日 (木)

2012/2/12 食変光星測光観測

いや~、曇っているから画像は溜まらんけんど、

やることが多すぎて やっと 12日の画像が測光出来ました。

201202161

これは ASAS071732+0912.5 です。だいぶシェイプがハッキリして来ましたね!

CZ CMiのついでにやっていたのですが

面白くなってきました。

201202162

こちらが本命の CZ CMi です。副極小も明るさがハッキリしました。こちらもディテイルが良くわかるようになりました。

明るい副極小が2つ有りますが削除かな。

これも解析したいですね!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

some binaries

20120216_bg_lyn

BG Lynです。暗いですが変光範囲が大きいですので眼視でも良いかも。

と言っても、こういった食変光星を観測する眼視観測者が居なくなりました。

20120216_uz_pup

UZ Pupです。主極小の観測が多いです。

20120216_aa_uma1

AA UMaです。かなり密に観測されています。

20120216_aa_uma2

2012/1のSiz氏のAA UMaです。素晴らしいです。

20120216_vv_uma

VV UMa。面白い!

20120216_ny_vir

1/13のKis氏が観測されたNY Virです。今回は副極小も見えています。

Njh,Kiss,Mhhさんらが観測されていて過去にMhhさんの素晴らしい観測もあります。

こういった光度曲線は反射が100%でも光度曲線が再現出来ないです。

その状態で向かい合う面の温度上がると再現出来ます。

本当はどうなのでしょう.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月15日 (水)

足柄観測所への道

20120215_asigara_obs

2/18-19と足柄観測所に泊まり込みで東海大天文部さんと食変光星のデジカメ測光観測会です。雨が降ってもやるそうです。

車で1時間半も見ておけば良いだろう。

※Twitterにも書いたけどBlogの方が後から記事を見つけやすいので

こっちにも

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月14日 (火)

ホームページ更新

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/gcvs-c336.html
ここでGCVSの更新に気が付きましたので、

伴って下記を更新しました。

天文ソフトのダウンロード http://eclipsingbinary.web.fc2.com/dload-1.html

 O-C計算
 食変光星極小予報のマスターファイルstar.dat

※今回から16bit版のO-C計算の更新はやめます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月13日 (月)

ベランダ望遠鏡の入れ替え

何回目だろうか

201202131

Advanced GT赤道儀からSP(スーパーポラリス)赤道儀に交換しました。

201202132

GT赤道儀は液晶が見えないだけなので何とかして利用出来るようにしたい。

必ずPCを接続して使っていたので、そのあたりがヒントかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月12日 (日)

アクアマリンのCDを買いました

Aqr_cd_20120212

先日のプラネで気に入りまして

アクアマリンの「地球星歌」と言うCDを買いました。

これから聞いてみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/2/9,10 CZ CMI,ASAS071732+0912.5測光観測

20120210_cz_cmi_lc

CZ CMiは、2/9に副極小、2/10に主極小をRc bandで測光観測しました。

2/9の副極小のLCは1/26の観測に繋がりました。どうやら

1/31は明るすぎて、2/2は暗く観測されたようです。

特に2/2は極大を過ぎてから曲がって暗くなったようです。

もっと観測しないと、まだ本当の事は分からない。

光害地での観測は無駄が多いです。

20120210_asas07173209125_lc

同時に観測しているASAS071732+0912.5です。

2/9の観測が正しかったのか疑問です。ともかく、報告とかはやめよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月11日 (土)

some binaries

20120211_ap_aur

AP Aurです。1/12のSiz氏のデータを追記しました。今までGCVSで書いていましたがメチャクチャになるので今回はCracowで書きました。

20120211_em_aur

EM Aurです。2012/1のIoh氏の3夜のデータを追記しました。だいぶ、変光の様子が分かって来ましたね。

20120211_ak_cam

AK Camです。EA型なのでしょうね。

20120211_at_cam

AT Camです。奇妙な光度曲線です。興味ありますね。

20120211_tv_cas

昨年9月のTV Casの眼視観測です。TV Casの光電測光は2004年のNjhさんの観測以降実施されていません。

20120211_xz_cmi

XZ CMiです。1/11のSiz氏のデータを追記しました。

20120211_ac_gem

AC Gemです。

20120211_lo_gem

LO Gemに1/2のIohさんのデータを追記しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月10日 (金)

2012/2/9 変光星観測

昨日は

望遠鏡を組み立てている時だけ晴れていて

観測中はずっと曇ってました。

20120209czcmi

これが20cmでCCD測光したCZ CMiです。曇っていたので怪しいかも知れませんが。

一緒に写っているASAS071732+0912.5の方はメチャクチャでした。

EOS Kissの固定インターバル撮影の画像は全部捨てました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金星と天王星の接近

AstroArtsのホームページです。
http://www.astroarts.co.jp/alacarte/2012/201202/0211/index-j.shtml

こんな事、有るんですね。

家からは見えないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/2/1,2,4 CZ CMi観測

溜まった画像の測光が

やっと終わりました。

最近、滅茶苦茶に時間が足らないです。

20120210_cz_cmi

副極小の光度が分からなくなってきました。1/31が明るすぎるように見えますが、もっと観測しないと結論が出せない。

20120210_asas07173209125

同一視野内のASAS071732+0912.5は明るいのに測光バラツキが大きいです。

それにしても、ずいぶんとASAS-3の観測と違った光度曲線になってきた。
http://www.astrouw.edu.pl/asas/?psect=acvs&page=details&id=071732+0912.5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 9日 (木)

天文ガジェット

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-fd98.html
これの続きです。

201202091

これが前回作ったガジェットです。

何だか間の抜けた無駄にスペースを使っていて

201202092

こういう風に変えました。

「catalog2.gadget」をダウンロード

これにLink先を追加して欲しい人がいたら連絡ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

USB-I/O

20120209_usbio

便利なので、結局、2つ目を買いました。

テクノキットさんのホームページから買えます。
http://www.technokit.biz/

関連
http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/usb--6d8e.html
http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/vbausbiodllusb-.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 8日 (水)

GCVS更新

2月2日に更新されました。

http://www.sai.msu.su/gcvs/gcvs/index.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FMV NB14BのDisplay Driver

WindowsXP Pro.をインストールしたのですが

LCD画面には1024x768で表示されるので 良いのかな と思ってましたが

表示しているウインドウをマウスでつまんで動かすとグニャグニャと動いて

それが体感的に遅いPCって感じてました。

http://www.fmworld.net/cgi-bin/driversearch/drvdownload.cgi?DRIVER_NUM=E1000559

ここにあるドライバーをインストールしたら

キビキビと動くようになった。

そもそも、デバイス マネージャーで「!」になってたので何かしなくちゃいけなかったので

やっとまともになったわけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 7日 (火)

Equalizer for Android

昨年の4月にスマートフォン(N04C)を買うまでは携帯音楽プレイヤーに携帯電話を使ってました。

FOMA D701iWMと言う電話機です。
http://www.doplaza.jp/products/docomo/foma_d701iwm.html

これって音楽再生に専用のプロセッサが使われていて

ヘッドフォンでも、それなりに良い音が聞けます。

スマートフォンに変えてから

どーーも音が今一つで

再生側がフラットなんでしょうね、それでもってヘッドフォンなんてもんは高音ばっかり聞こえるわけで

低音が出れば良いのだろうか。

そこで、Equalizer for Androidをマーケットからインストールしました。
https://market.android.com/details?id=com.smartandroidapps.equalizer

これはイコライザーアプリが常駐して任意の周波数レスポンスを作ってくれます。

早速、使ってみると

効果はあります。大きくエフェクトされます。

ので、使わないより、使った方が良いです。

でも~、前に使っていた電話機の方が何倍も立派な音だ。この電話機、FMラジオが入るので、結局、両方持ち歩いている場合が多々あります。

しばらくして、ふと、違いを見つけました。

電話機は有線で聞いていますが、スマホはブルーツースで聞いています。これは決定的な違いだ!

そこでスマホも有線ヘッドフォンで聞いてみるとかなり改善させてました。

でも、この電話機の方が良いなー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 6日 (月)

2012年1月の変光星観測月報

やっと先月までの測光が終わりました。

先月の測光数は、14夜 / 50星 / 2290測光でした。

201201obsreport1

201201obsreport2

201201obsreport3

なかなか20夜を超える月は無いのですね。

先月は10日位まで良く晴れて曇りなんて無いんじゃないかと思った位でしたが

以降は、ぜんぜん晴れなくなり

月が終わる頃になって再び晴れるようになりました。

天気が悪くなったと同時位にCV-04が訳ありで無くなりました。

と同時位に9月に修理に出していたAvdanced GT赤道儀が帰って来ました。

まあ、天気が悪いのもあって、しばらく赤道儀はベランダで寝ていてもらう事になりました。

そんなわけで20cmでの観測が中心になりました。

観測は前半がV1848 Ori、後半がCZ CMiと言った感じです。

V1848 OriはKis氏の観測と合わせてロッシュモデルで解析できる位のデータが集まりました。

CZ CMiは尚も観測中です。

それで、CV-04+GT赤道儀によるロボット観測の方ですが

今度は赤道儀のハンドコントローラ(のLCDが)壊れてしまいコントローラだけでも買いたいのですが

きっとなかなか返事が無いでしょうし、部分的に売ってくれないかも知れないので

SP赤道儀(スーパーポラリス)に戻そうかと思ってます。

なかなか上手く行かないです。

遠征用の赤道儀がCD-1しか無くなるのも困りものです。

※GT赤道儀ってコントローラが無いとモーター駆動が始まらないのです

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2012年2月 5日 (日)

昨日は博物館へ行ってきた

まず、博物館文化祭(旧博物館まつり)が始まりました。
http://www.hirahaku.jp/tokubetsuten_kikakuten/t_bunkasai/index.html

201202051

特別展示室に入った途端に、こうなってます。

201202052

おくに「天体観察会」のコーナーがあります。

201202053

その展示の裏にも展示。これは気付かない!

201202054

今回の工作物です。手前が金星の満ち欠け模型で、奥が日食の原理を説明した模型です。

201202055 201202056

屋上で富士山と丹沢・大山を撮影。

ついでに11時からのプラネを見ました。

昨日から新番組で「アクアマリン的星空の旅」です。
http://www.hirahaku.jp/planetarium/schedule/index.html

201202057

新番組、一回目の投影が終わってホッとしている学芸員のs村先生とt田先生です。

ここのプラネは自動じゃなくて先生が操縦しながら解説して行きます。わたしはこの方が好きです。

で、番組入れ替えの初日の第一回目って初めて見たのですが

もー、しどろもどろ、山あり谷あり、30~40分の予定が60分。話は脱線するは、(きっと皆さん気付いていない)操作は間違えるは、

危うく再起動の危機を乗り越えたり波乱万丈で

ほんとうにお疲れ様でした。

あえて、初日の一回目の投影を観覧するか、何日か経った完成された投影を観覧するか、悩むところです。

201202058

帰宅後、CV-04を装着!

Advanced GT赤道儀の設定を確認するために赤道時も通電することにしました。

201202059

あれ? 今度のマウントにはRDのマーカーが無い!のでした。

それはそれとして

ハンドコントローラの液晶が表示されません!?

バックライトはついているので電力は来ています。

コントローラの矢印キーでモーターが動くので

おそらくLCD表示だけ故障したようです。

CV-04も戻って来て、GT赤道儀も手に入って、観測再開だと思ったのに

まったくもー

ともかく、ダメ元で趣味人さんにハンドコントローラだけ売ってくれませんかって聞いてみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 4日 (土)

ダウンロードしたガジェットの保存先

Windowsサイドバーのガジェットは元々有った物とあとからダウンロードした物では保存されているフォルダーが違っています。

ダウンロードしたガジェットの保存先は下記になっていました。
C:\Users\<ユーザー>\AppData\Local\Microsoft\Windows Sidebar\Gadgets

それはそれとして、マイクロソフトからダウンロード出来るガジェットが少なすぎます!

なので、作ってみました。天文ソフトのガジェットです。さて、何でしょうか?

「magni.gadget」をダウンロード

「catalog.gadget」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 3日 (金)

2012/2/2 変光星観測

昨夜も一晩中晴れました。快晴でした。

画像が溜まって来ています。先月分も測光が終わって無くて月報がだせない。

望遠鏡の方は相変わらずCV-04が無くて20cmしか使っていないです。

20cmでは今年になって5回目の観測となったCZ CMiを撮影しました。

周期が0.43日で、毎日、同じ時刻に観測していますので、ちょっとずつしか位相が変わってくれません。しかも、光害の影響でC-Kが曲線になったりした部分は捨ててるので効率が悪いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホームページ更新

VSOLJブレテンが出たのでpublished papersを更新しました。
http://eclipsingbinary.web.fc2.com/papers.htm

Vsnet-ecl Minima Databaseも更新しました。
http://eclipsingbinary.web.fc2.com/vsnetmin.htm

Databaseは新しいデータの追記以外にあらためて見直すとcolorが無いとか.VSOLJが無いとか誤記だのなんだの物凄くたくさんあって最初からぜんぶ見直しました。結構、大変な作業でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 2日 (木)

2012/2/1 変光星観測

昨夜は、日没後は曇ってしまい観測は無理かなーと思っていたら

19時には晴れてきて20時前には雲が無くなりました。

依然として望遠鏡は20cmしか使えない。観測はCZ CMiを行いました。今年に入って4回目かな。

Cz_cmi_201201311 Cz_cmi_201201312

2/1のデータは未解析ですが1/31までのデータを追記した光度曲線を作りました。右は2011年の観測を削除した光度曲線です。極大が観測されるまでもう少し続けて観測してみようと思ってます。CZ CMiはほとんど論文が出ていないのでちょっとしたチャンスかな。

EOS Kissの固定・インターバル撮影の画像を見ると火星が明るく目立って見えます。

画像を見て、火星の接近は何月なんだろう、そういえば最後に火星を望遠鏡で見たのはいつだろう、などと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GT赤道儀用の電源

201202021

電源のACアダプタは室外のタッパーに入れます。

12V/4Aのアダプタで出力を二股に分岐させて一方を赤道儀のハンドコントローラに接続し

他方をLi-ION電池パックに接続します。

こうすると、常にアダプタからLi-ION電池に充電がされるようになり

停電時には電池からハンドコントローラに電力供給します。

このハンドコントローラはバッテリーバックアップが内蔵されていないので

一度電源を落とすと時計からやり直しなので無停電システムは必需品です。

201202022

詰め物はこれで全部のハズ.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 1日 (水)

Advanced GT赤道儀の設置

GT赤道儀が届いて、それようのPCの準備も出来て

こんどは赤道儀の設置作業です。

2011/10/31にスーパーポラリス赤道儀を設置しましたので
http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/index.html

201202011

3ヶ月弱の期間、SP赤道儀を設置していたことになります。

ところが、この半月は天候悪化やCV-04が無いなどで使っていませんでしたから

稼働は2ヶ月半程度でした。短命です。

201202012 201202013

Advanced GT赤道儀の設置!と言っても、単に置いただけです。

まだ、CV-04も無いし、ここはじっくりと。

それと、バックアップ機能のついた電源を作らないといけないし。

まだ、ちょっと、再稼働には時間がかかります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »