« GT赤道儀の修理 | トップページ | Advanced GT赤道儀の修理 »

2012年1月17日 (火)

vbausbio.dllがUSB-IO2.0に対応

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/vbausbiodllusb-.html
ここのコメントの返事です。

http://bake-san.com/usb001.htm
私はこのページで勉強しました。

その回路でLEDを点灯させるだけでしたらLowを出力すれば良いので下記のようになります。(実験していませんのでご注意ください)

Ret_USB = uio_seldev(0)
Ret_USB = uio_out(0, 0, 0) 'port0をLow
Ret_USB = uio_out(1, 0, 0) 'port1をLow

他には、Visual Basicでvbausbio.dllを使うには「標準モジュール」に下記の宣言文を書く必要があります。

'++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
'使用方法
' uio_findでUSB-IOを検索・初期化して,その後に
' uio_inp/outで読み書きしてください.
' uio_seldevで複数のUSB-IOを切り替えて使うことが出来ます.
' (uio_findを実行しなくても初めてuio_inp/outを実行するときには自動的に
' uio_findが呼ばれます.ただし,最初だけなのでUSB-IOが一度外されて,
' もう一度挿された場合などは無視されます.)
'++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

'------------------------------------------------------------------------------
'USB-IOにPortを指定してデータを出力する
'p3に1を指定すると,ポート1のp1にパルスを送りポート0を書き換えます
'   Port    : Portを指定する(0,1)、パルス出力の場合はビット(0~3)
'   OutDat  : データ(0~255)
'   p3      : パルス出力有無(0:なし、1:あり)
'   戻り値  : 0:正常、1:異常
'------------------------------------------------------------------------------
Declare Function uio_out Lib "vbausbio.dll" (ByVal Port As Long, ByVal OutDat As Long, ByVal p3 As Long) As Long

'------------------------------------------------------------------------------
'USB-IOからPortを指定してデータを取得する
'p3に1を指定すると,ポート1のp1にパルスを送りポート0から読み込みます
'   InpDat  : 取得データ(取得したい変数を指定する)
'   Port    : Portを指定する(0,1)、パルス出力の場合はビット(0~3)
'   p3      : パルス出力有無(0:なし、1:あり)
'   戻り値  : 0:正常、1:命令が書けなかった、2:データを取得できなかった
'------------------------------------------------------------------------------
Declare Function uio_inp Lib "vbausbio.dll" (ByRef InpDat As Byte, ByVal Port As Long, ByVal p3 As Long) As Long

'------------------------------------------------------------------------------
'USB-IOを検索・初期化する
'   戻り値  : 0:正常、1:必要なドライバが無い、2:USB-IOが繋がってない
'------------------------------------------------------------------------------
Declare Function uio_find Lib "vbausbio.dll" () As Long

'------------------------------------------------------------------------------
'USB-IO用の資源を解放する
'   戻り値  : 0
'------------------------------------------------------------------------------
Declare Function uio_free Lib "vbausbio.dll" () As Long

'------------------------------------------------------------------------------
'繋がれているUSB-IOの数が戻り値に帰ります
'   戻り値  : 個数
'------------------------------------------------------------------------------
Declare Function uio_getdevs Lib "vbausbio.dll" () As Long

'------------------------------------------------------------------------------
'USB-IOを番号で指定する
'   p1      : 番号(0~uio_getdevsで得た個数-1) ただし0から
'   戻り値  : 0
'------------------------------------------------------------------------------
Declare Function uio_seldev Lib "vbausbio.dll" (ByVal p1 As Long) As Long

|

« GT赤道儀の修理 | トップページ | Advanced GT赤道儀の修理 »

コメント

すみませんが usb-io2.0の簡単のvbソースお願いしたいです。j1の0に出力してledが光るようにしたいです何とか簡単なソース作っていだだけませんかお願いします

投稿: 金成日 | 2012年7月 1日 (日) 23時42分

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/vbausbiodllusb-.html
ここにソースを置きました。

投稿: Nga | 2012年7月 2日 (月) 06時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: vbausbio.dllがUSB-IO2.0に対応:

« GT赤道儀の修理 | トップページ | Advanced GT赤道儀の修理 »