« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月31日 (火)

GT赤道儀制御用PCのメモリー

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/gtpc-2856.html
これの続きです。

FMV NB14Bと言うPCですが

メモリーが256です。

これでXPを動かすと

結構、かったるい

のでメモリーを買いました。

20120131_mem1

買ったのは512です。

20120131_mem2

装着はチョー簡単でした。

分解方法は下記を見ました。
http://nishi24.com/FMV-BIBLO_NB14B.htm

20120131_mem3

736MBだって

これ以上は増やせません。

使ってみると

体感的に早くなりました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

some binaries

20120131_sw_lyn

SW Lynです。ちょっとずつ極小が右に動いていますね。

20120131_v1848_ori

V1848 Oriです。Kis氏の観測を追記しました。これで2色の観測が得られて、しかも、2色とも極大高さが違っていますのでRealって事になります。

発見も日が浅いのでロッシュモデルで解析した方が良さそうです。

20120131_gw_tau

GW Tauです。だいぶ、位相が埋まってきました。

20120131_sv_tau

SV Tauです。VSOLJ初の光電測光がされました。

20120131_wy_tau

WY TauのIohさんの12月の観測を追記しました。

20120131_rv_tri

最近ではHskさんが観測されている RV Tri です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月30日 (月)

SEXTRACTOR

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/sextractor-3.html
これの続きです。

2011年11月にSEXTRACTORを主軸にした測光システムが完成したわけですが

システムを評価する作業が滞っています。

早い話。作ったけど使ってない。使いたいけど評価する時間が無い。

そこで、共同作業者が欲しいと思ってましたが、

システムを説明する資料も無い状況で

こんなんじゃ誰にも相談できない。

って事で、作ってpdfにしました。

「secalc.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月29日 (日)

GT赤道儀制御用PC

準備しているのは、FMV NB14Bと言うPCで

メモリーが256MBです。

遅いです。

と言う事で

AMAZONで注文しました。

バルクメモリ DDR266(PC2100) SO-DIMM 200pin 512MB ノート用

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%90%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%83%A1%E3%83%A2%E3%83%AA-DDR266-PC2100-SO-DIMM-200pin/dp/B002TU3F8S/ref=sr_1_2?ie=UTF8&qid=1327715164&sr=8-2

1480円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GT赤道儀制御用PC take2

ソフトウエアのインストールが終わった。

自分の為にメモを残すことにした。

以下がインストールしたソフトと、おおよそのインストール順

 Windows XP Service Pack 3
 Windows Internet Explorer 8
 PCMCIA USB2.0 card
 USB-RSAQ2
 Lhasa
 Kingsoft AntiVirus
 Abobe Acrobat
 DirectX 9.0c
 UCAM-E1C10&UCAM-G1C10 series
 RealVNC 4.1.2 日本語版
 TeamViewer 6
 Visual Basic 2.0J
 Visual Basic 5.0 Professional Edition
 .NET Framework 1.1, 2.0, 3.0, 3.5
 ステラナビゲータ
 MEGASTAR
 WinGSC32
 Autostar Suite
 Cartes de Ciel
 PHD Guiding 1.8.2
 ASCOM Platform 5.0a
 ASCOM Celestron Telescope Driver 5.0.10
 ASCOM LXP Telescope Driver 5.0.1

自作ソフト
 cv04gem
 2000pc
 gt_stop2
 move_east
 move_east_for_ss2000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月28日 (土)

2012年2月の食変光星予報

2012年2月の明るい食変光星の極小予報です。変光範囲が1等以上で10等より明るい星を予報しました。高度は東京での高度です。

★ 2月の予報 ★

星名                  日   時刻    高度  食継続時間
AQLKO                  6   29.9      36  8.9
AQLKO                 29   27.8      29  8.9

AURTT                  2   20.6      82
AURTT                  6   20.6      79
AURTT                 10   20.5      77
AURTT                 14   20.5      74
AURTT                 18   20.4      72
AURTT                 22   20.4      69
AURTT                 26   20.4      67

CASRZ                  4   21.6      43  4.9
CASRZ                  5   26.3      20  4.9
CASRZ                 10   21.0      44  4.9
CASRZ                 11   25.7      21  4.9
CASRZ                 16   20.5      45  4.9
CASRZ                 17   25.1      22  4.9
CASRZ                 18   29.8      16  4.9
CASRZ                 22   19.9      45  4.9
CASRZ                 23   24.6      22  4.9
CASRZ                 24   29.3      15  4.9
CASRZ                 28   19.3      46  4.9
CASRZ                 29   24.0      23  4.9

CASTV                  2   24.5      10  7.8
CASTV                  4   20.0      38  7.8
CASTV                 13   21.5      23  7.8
CASTV                 22   23.0      11  7.8
CASTV                 24   18.5      39  7.8
CASTV                 29   29.0      14  7.8

CEPEK                  3   25.3      15  6.4
CEPEK                 12   21.9      17  6.4
CEPEK                 21   18.4      27  6.4
CEPEK                 25   28.7      31  6.4

CEPU                   2   19.6      40  9.0
CEPU                   7   19.3      40  9.0
CEPU                  12   18.9      40  9.0
CEPU                  17   18.6      40  9.0
CEPU                  22   18.3      40  9.0
CEPU                  29   29.8      30  9.0

CEPZZ                  2   28.6      19  6.2
CEPZZ                 11   18.2      37  6.2
CEPZZ                 13   21.6      20  6.2
CEPZZ                 15   25.1      13  6.2
CEPZZ                 17   28.4      22  6.2
CEPZZ                 26   18.1      32  6.2
CEPZZ                 28   21.5      17  6.2

CRBU                   7   23.6      14 11.6
CRBU                  24   29.8      75 11.6

CVNRS                 11   25.3      64 12.7
CVNRS                 16   20.4      13 12.7

CYGV0393               7   27.6      15 29.4

DRAAI                  5   24.0      15  5.2
DRAAI                  6   28.8      56  5.2
DRAAI                 11   23.9      17  5.2
DRAAI                 12   28.7      58  5.2
DRAAI                 17   23.8      19  5.2
DRAAI                 18   28.5      61  5.2
DRAAI                 23   23.6      21  5.2
DRAAI                 24   28.4      63  5.2
DRAAI                 29   23.5      23  5.2

LACCM                  1   18.6      27  4.2
LACCM                  9   19.2      16  4.2
LACCM                 15   29.3      17  4.2
LACCM                 23   29.8      27  4.2

LACRT                 17   18.4      19

LIBdelta               3   27.6      35 12.8
LIBdelta              10   27.2      36 12.8
LIBdelta              17   26.7      36 12.8
LIBdelta              24   26.3      36 12.8

MONAU                  1   26.3      17 26.7

PERIZ                  7   23.9      14 10.6

PERbeta                3   22.3      39  9.6
PERbeta                6   19.1      72  9.6
PERbeta               26   20.9      38  9.6

PUPAU                  8   24.2      10
PUPAU                 16   21.4      11
PUPAU                 25   21.7      12

SGEU                  12   29.0      29 13.8
SGEU                  29   26.7      14 13.8

UMATX                 16   19.4      31  8.8
UMATX                 19   21.0      49  8.8
UMATX                 22   22.5      67  8.8
UMATX                 25   24.0      80  8.8
UMATX                 28   25.5      69  8.8

UMIW                   4   26.1      36  9.4
UMIW                   6   18.9      31  9.4
UMIW                   9   28.6      39  9.4
UMIW                  11   21.4      32  9.4
UMIW                  16   23.9      35  9.4
UMIW                  21   26.4      38  9.4
UMIW                  23   19.2      32  9.4
UMIW                  26   28.9      39  9.4
UMIW                  28   21.7      34  9.4

VULZ                  15   29.4      38 10.6
VULZ                  20   27.2      16 10.6

name                 period     RA      RD   Type    mag
AQLKO                2.8640   18h47m  +10゚45  EA  08.3-09.5
AURTT                1.3327   05h09m  +39゚35  EA  08.4-09.5
CASRZ                1.1952   02h48m  +69゚38  EA  06.2-07.7
CASTV                1.8125   00h19m  +59゚08  EA  07.2-08.2
CEPEK                4.4277   21h41m  +69゚41  EA  08.0-09.3
CEPU                 2.4930   01h02m  +81゚52  EA  06.8-09.2
CEPZZ                2.1417   22h45m  +68゚07  EA  08.6-09.6
CRBU                 3.4522   15h18m  +31゚38  EA  07.7-08.8
CVNRS                4.7977   13h10m  +35゚56  EA  07.9-09.1
CYGV0393             13.633   19h58m  +43゚17  EA  09.0-10.0
DRAAI                1.1988   16h56m  +52゚41  EA  07.1-08.1
LACCM                1.6046   22h00m  +44゚33  EA  08.2-09.2
LACRT                5.0736   22h01m  +43゚53  EB  08.8-09.9
LIBdelta             2.3273   15h00m  -08゚31  EA  04.9-05.9
MONAU                11.113   06h54m  -01゚22  EA  08.1-09.1
PERIZ                3.6876   01h32m  +54゚01  EA  07.8-09.0
PERbeta              2.8673   03h08m  +40゚57  EA  02.1-03.4
PUPAU                1.1263   08h17m  -41゚42  EB  08.5-09.5
SGEU                 3.3806   19h18m  +19゚36  EA  06.5-09.3
UMATX                3.0632   10h45m  +45゚33  EA  07.1-08.8
UMIW                 1.7011   16h08m  +86゚11  EA  08.5-09.6
VULZ                 2.4549   19h21m  +25゚34  EA  07.3-08.9

eof

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いや~、メールが多い!

今朝も5時半から今(8時半)まで、ずっとメールです。

問い合わせやら、お返事のメールを書いたり、やら、

ちゃんとした返事になっていないのもたくさんあるんだろうなー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/1/26 変光星観測

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/2012126-9edc.html
これの続きです。

PCがリブートしてしまいましたが20cmの方は撮影とガイドができてました。

きっと観測終了後にリブートされたのだと思います。

Cz_cmi_201201261

CZ CMiはベルナードさんが発見した11等の変光星です。素晴らしいお天気でした。でも、20cmで観測したのにこの程度です。

しかも、このグラフは最初の一時間半を削除したものです。C-Kがひん曲がってもっと滅茶苦茶でした。

Cz_cmi_201201262

過去の観測と重ねるとちょっと極小がズレています。過去と言ってもたった一年前です。

光度が重ならないのは2011年に使った比較星がASASの変光星でしたので違うのに変えたからです。R,I等級を B-V=V-I に変えた影響もあるかも知れません。

Asas07173209125_201201261

これはそのASASの変光星でASAS071732+0912.5です。C-KとV-CがY軸と対象に変化していて、この変光はRealではないかも知れません。

変光の幅がわずかですので観測バラツキとしてしまうのが良さそうです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012/1/27の観望会

平博では「星を見る会」と言っています。一般の人が対象の行事です。

昨日は雪の降る吹雪でしたが車で平博に行きました。

観測者会議の収録を配ると言う目的があり

事前にメールで「行きますよー」って宣言してありました。

そのせいか分かりませんが、雲量10で雪が降る天候でしたが天体観察会のメンバーがおおむね集まって来ました。

一方、こんな天気でも一般の方が(おそらく3名以上)来てまして

ちょっと驚き。でも、観察会のメンバーで談話が始まってたりして、ちょっと肩身が狭そうでした。

201201271

t田先生が観望会資料の説明をしている所で「冬のダイアモンド」です。

他にαOriとβOriが平家星源氏星とか、αGemβGemが金星銀星とかせつめいしてまして、私はこういう事を知らないので知識が増えました。

あと、黒板に書いたこの簡単な星座図だけつかって星の一生を簡潔に話してまして、さすが話慣れているなーと思いました。

そうこうしている内に月と木星が見えています!と池内氏から連絡があり

屋上に上がると

月と木星の所だけ微妙に雲が切れていて順々に望遠鏡で観望しました。

やっぱ、屈折で見る月はいいですねー

大きな屈折望遠鏡が欲しくなります。

でも、直ぐにまた曇ってしまいプラネを見ることになりました。

201201272

かろうじて写ったかな?冬の大三角と星座絵です。

それでは、以降は記念写真です。

201201273

まず、3階天井から吊るしてある連星模型。いつも、これを見るのがプチ楽しみなのです。開館時間中は光っています。

201201274

これは屋上に向かう途中の階段の踊り場です。

201201275

屋上に出る扉の横にある天文準備室と言う小部屋です。

どれもこれも一定の散らかり様で、いつみても、あるレベルの汚さを保っています。私は片付いていないと落ち着かない人なのですが、この現象が作る不思議な調和です。

201201276

館長室に貼ってあった「皆既月食を見ましたか?」と言うポスターです。

「皆既月食を見ましょう!」じゃなくて「見ましたか?」ってのがすごいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GT赤道儀は戻って来ましたが

それを制御するPCが無いので慌てて準備中です。

今、CV-04とSS2000PCの制御に使っているPCはWin2000なのですがサービスパックのインストールに失敗した物で

以降、ASCOMもPHD Guidingもインストール出来ない状況です。なので、GT赤道儀の制御に使えないのです。

一方、正月にかみさんの親戚からもらったFMV NB14BにXPを入れてあるので、これが使えるので

望遠鏡制御などに必要なソフトを慌ててインストール中です。

それにしても、結構いろんなソフトが必要で思い起こしながら進んだり戻ったり

です。

昨日にCV-04が戻ってくる予定でしたが、これまた訳ありでもう一週間掛かる事となり

そんなに慌てなくてもいい状況でもあります。

よって、赤道儀の組み立ては、まだまだ先になるのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月27日 (金)

2012/1/26 変光星観測

1/14が最後の観測でしたので12日ぶりの変光星観測でした。

たったの12日間のブランクなのですが、色々と失敗してしまいました。

まず、10cmのCV-04は訳ありで今は無くて10cmでの観測は出来ませんでした。これは仕方が無いので失敗ではない。

で、20cmの方はSV-04LEを付けていてガイドはST-5です。こっちの方はCZ CMiを連続測光してたハズですが、今朝になってPC画面を見たら再起動してました。OSの自動アップデートしてました!。まだ画像の確認をしていませんが、どーなっている事やら。てか、注意を忘れてました。

EOS Kissの固定のインターバル撮影(夜空の連続撮影)の方は操作ミスで1枚しか撮れていませんでした。これも、20cmの組み立て中にシャッター音が無かったように感じていたのに調査しなかった過失です。

まったく、私は素人だ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Adovanced GT赤道儀が届いた

20120126


昨年4月に壊れて5月に修理に出して、

8月に帰ってきましたが調子が悪く

9月に再修理に出して

1月になっても音信不通だったので電話したら

無くしちゃったみたいで

1月26日に新品が届きました。

まだ、開梱していません。中身がちょっと心配です。大きさから言って三脚は入っていない。

※どうやら(趣味人さんで)担当されていた方が辞めちゃったとの事でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月26日 (木)

AE For

こんなだと思います。

Ae_for

| | コメント (1) | トラックバック (0)

AE Forのペーパーが出ています

http://jp.arxiv.org/PS_cache/arxiv/pdf/1201/1201.4973v1.pdf

50cmでフォトマル?による光電測光みたいです。
解析ではq=1でいいのか?とも思ったりもします。
この光度曲線なので「良し」となるのだろうか..

でも、やっぱり、

L1/L2, R1/R2の値を見ると気になってしまう。

GK Boo。だれか観測してましたっけ?

※ヒッパリダスで調べると無かった.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ベランダ極軸合わせ

Webを見てて良さそうな方法をまとめました。

まず、北極星の見える場所で高度を合わせてしまう。

ベランダでは日中に正午の太陽の影で南北を大体決める。

夜になったら、
南中している赤緯0度付近の恒星をモーター追尾して恒星の南北のズレから赤道儀の東西方向を修正する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月25日 (水)

Advanced GT赤道儀

今週中には届くって趣味人さんから電話がありました。

今、訳ありでCV-04が無いんですが、これも金曜に戻って来ます。

何もかも、ちょーど良いタイミングかも

この土日は設営で忙しいぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

星食観測ハンドブック2012

すでにご存じと思いますが
http://astro-limovie.info/jclo/doccuments/Handbook/index.html

すごく良く出来ています!

LimovieってPSF測光が基本だそうです。

やるなー

aviファイルが測光出来るのも興味があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月24日 (火)

LaTeXエラーの件

Variable Star BulletinのLaTeX原稿で先頭の行がエラーになった件です。

mei/neko氏に解析をお願いした所、先頭に余計な物が付いていたとの事でした。

Bu20111

これが「メモ帳」で見た状態です。特に何も付いていないので分からなくなってお願いした訳なのですが

Bu20112

これをMIFESを使ってバイナリーで見たら「・ソ」って言うのが付いています。

Bu20113

それで、テキストモードに切替えて見たら「・ソ」が見えてます!

テキストモードでMIFESで開くとメモ帳と同じなんですが、バイナリーで開いてからテキストにするとゴミが見えます。

んーー、なんとも.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

VSOLJ Variable Star Bulletin発行

以下の2つが仮公開されました。以下のURLから無料でdownloadできます。
http://vsolj.cetus-net.org/index-j.html

No.52
Visual and CCD maxima of RR Lyrase stars in 2003 -2011
Kenji Hirosawa

No.53
Visual and CCD minima of eclipsing binaries during 2011
Kazuo Nagai

問題がなければ正式な公開のアナウンスが出されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年の個人的ミラキャンペーン

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/2011-5185.html
これですが

昨日、原稿を書いて投稿しました。

「2011_mira_nga.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月23日 (月)

2011年の個人的ミラキャンペーン

昨年はミラキャンペーンがありませんでした。

それで、mei/nekoさんが「virtual ミラキャンペーン」なるものを始めています。
http://d.hatena.ne.jp/meineko/20120119

これとは別に、日本変光星研究会の会誌「変光星」に昨年のミラ観測の感想文を投稿される人も出てきました。

そこで、私も何か.

と考えて、やっぱり会誌「変光星」に投稿する事にしました。

ベランダでデジカメ測光した結果を報告します。

201201231

f=28mmで固定撮影です。ミラの部分をトリミングしました。拡大はしていません。ピクセル等倍です。

30秒露出ですが、そんなに流れているようには見えないんですね。

201201232

これが光度曲線で、トレシングペーパー方で極大を求めると2011年9月14日の3時半(JST)でした。

こんな感じでまとめてみようと。

広沢さんの極大予報は、http://nhk.mirahouse.jp/mira_prediction/2011/201109.html 9月13日でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年1月22日 (日)

2012/2 博物館まつり

2月に博物館まつりがあります。博物館の各サークルが特別展示室を使って日頃の活動などを紹介する特別展です。

例年、天体観察会は会員が撮影した天体写真と天文展示を出しています。

201201211 201201212

これは、ペタペタと貼った天体写真。

201201213 201201214

天文展示。左は金星の満ち欠け。右は金環日食。

私はポスターを貼っただけで帰りました。完成したかな~

今日も準備をするらしいですが、私は別件があり欠席です。

しかも、2月の博物館まつりにも行けそうに無く、どうなったかは分からずじまいになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月21日 (土)

some binaries

20120120_asas05090205160

ASAS050902+0516.0はV1848Oriの近傍にある食連星です。Kis氏の観測では食と食外がハッキリしていそうな感じに見えます。

20120120_em_aur

EM Aurです。Iohさんの年末の観測を追加しました。初の副極小観測。

20120120_hl_aur

2011年のHL Aurの観測は1件だけでした。

20120120_az_cam

AZ CamはVSOLJでは初観測でした。GCVSの要素でかきました。

20120120_fn_cam

2011年4月につづいて2012年1月にもFN Camが観測されました。振幅が0.5等のEWである事がわかります。Hipparcosの要素を使いました。

20120120_ir_cas

IR CasもVSOLJの初観測です。例によって素晴らしいデジカメ測光です。

20120120_ff_cnc

FF Cncです。比較星が変光しているかも。

20120120_vx_lac

VX Lacです。ついに初の光電測光がされました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月20日 (金)

本日、塚田先生がラジオ出演

本日、平塚市博物館の塚田先生がラジオ出演されます。プラネ番組と金環日食のお話との事です。

・ラジオ日本
 1月20日(金)の9時30分過ぎ

・ニッポン放送
 1月20日(金)の16時過ぎ

んーー、職場にAMラジオが無いなー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月19日 (木)

惑星トランジットが花盛り

天文月報 2012年2月号の特集は「トランジット惑星をめぐるサイエンス」です。

http://www.asj.or.jp/geppou/contents/newest.html

高校での観測記事が2件もあります。

ただー

私は天文学会の会員では無いので記事が読めないのでしたから

ざんねーん

http://www.astroarts.co.jp/news/2012/01/13kepler/index-j.shtml

系外惑星も連星みたいなーって思うと宇宙には単独星より連星の方が多いわけで

太陽は単独星じゃないし

惑星がたくさんあって楽しいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「きぼう」を見よう

http://kibo.tksc.jaxa.jp/ がスマートフォンに対応されてます。

入ってみると

「茅ケ崎」は無くて「横浜」か「小田原」になるわけで

こんなに離れていても使えるんだろうか?って思います。

現在位置を探して設定してくれる機能もありますが

やってみると

んーー、どこだろう?

横浜じゃないし、東京の方だし、渋谷くらいかな~

って使えないじゃん! これ

面倒でも東経・北緯の入力が出来れば良いのですが.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月18日 (水)

Advanced GT赤道儀の修理

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-38be.html
これの続きです。

昨年の4月に赤道儀本体側に内蔵されている基板を壊してしまい
5月に入ってから趣味人さんに修理に出しました。

8月に基板交換され戻ってきましたがアライメントが出来なくて
9月に再び修理に出しました。

年が明けても音信不通でしたので電話で問い合せて
そこから更に10日ほど経過してお店から電話がありました。

新品交換してくれるとの事です。長かった。

その間にGT赤道儀が居た場所にはSP赤道儀(スーパーポラリス)が置かれて
自動観測が再開されています。
しかも、SP赤道儀と言いますかSS2000PCの方が導入精度が良いようで

GT赤道儀の時は指定した座標の周囲9方向を撮影していましたが
SP赤道儀になってからは指定した座標だけを撮影しています。

更に良いのはGT赤道儀はバックアップ電源が無いので
家庭のブレーカーとか落ちてしまうとアライメントからやり直しになります。
でもSS2000PCは電源を入れてESCを押せば直ぐさま観測を再開できます。

でも、私の使っているSP赤道儀には問題があります。
RAもRDもギアが正しい物ではなくズレてかみ合ってしまいます。
これがキーキーと大きな音を出します。
回転速度を下げてありますが、それでもうるさい。

やっぱり、長く観測するにはご近所の迷惑も思うと
静かなGT赤道儀に変えないといけないです。

あと、GT赤道義は通電したままでモーターの停止が出来ます。これが無いと留守中に待機させてインターネットで遠隔操作が出来ないんで、やっぱりGT赤道儀を使いたい。

もともと、SP赤道儀は遠征用だったし。

でも、赤道儀の発送までに、まだ何日か掛かるみたいです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年1月17日 (火)

vbausbio.dllがUSB-IO2.0に対応

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/vbausbiodllusb-.html
ここのコメントの返事です。

http://bake-san.com/usb001.htm
私はこのページで勉強しました。

その回路でLEDを点灯させるだけでしたらLowを出力すれば良いので下記のようになります。(実験していませんのでご注意ください)

Ret_USB = uio_seldev(0)
Ret_USB = uio_out(0, 0, 0) 'port0をLow
Ret_USB = uio_out(1, 0, 0) 'port1をLow

他には、Visual Basicでvbausbio.dllを使うには「標準モジュール」に下記の宣言文を書く必要があります。

'++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
'使用方法
' uio_findでUSB-IOを検索・初期化して,その後に
' uio_inp/outで読み書きしてください.
' uio_seldevで複数のUSB-IOを切り替えて使うことが出来ます.
' (uio_findを実行しなくても初めてuio_inp/outを実行するときには自動的に
' uio_findが呼ばれます.ただし,最初だけなのでUSB-IOが一度外されて,
' もう一度挿された場合などは無視されます.)
'++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

'------------------------------------------------------------------------------
'USB-IOにPortを指定してデータを出力する
'p3に1を指定すると,ポート1のp1にパルスを送りポート0を書き換えます
'   Port    : Portを指定する(0,1)、パルス出力の場合はビット(0~3)
'   OutDat  : データ(0~255)
'   p3      : パルス出力有無(0:なし、1:あり)
'   戻り値  : 0:正常、1:異常
'------------------------------------------------------------------------------
Declare Function uio_out Lib "vbausbio.dll" (ByVal Port As Long, ByVal OutDat As Long, ByVal p3 As Long) As Long

'------------------------------------------------------------------------------
'USB-IOからPortを指定してデータを取得する
'p3に1を指定すると,ポート1のp1にパルスを送りポート0から読み込みます
'   InpDat  : 取得データ(取得したい変数を指定する)
'   Port    : Portを指定する(0,1)、パルス出力の場合はビット(0~3)
'   p3      : パルス出力有無(0:なし、1:あり)
'   戻り値  : 0:正常、1:命令が書けなかった、2:データを取得できなかった
'------------------------------------------------------------------------------
Declare Function uio_inp Lib "vbausbio.dll" (ByRef InpDat As Byte, ByVal Port As Long, ByVal p3 As Long) As Long

'------------------------------------------------------------------------------
'USB-IOを検索・初期化する
'   戻り値  : 0:正常、1:必要なドライバが無い、2:USB-IOが繋がってない
'------------------------------------------------------------------------------
Declare Function uio_find Lib "vbausbio.dll" () As Long

'------------------------------------------------------------------------------
'USB-IO用の資源を解放する
'   戻り値  : 0
'------------------------------------------------------------------------------
Declare Function uio_free Lib "vbausbio.dll" () As Long

'------------------------------------------------------------------------------
'繋がれているUSB-IOの数が戻り値に帰ります
'   戻り値  : 個数
'------------------------------------------------------------------------------
Declare Function uio_getdevs Lib "vbausbio.dll" () As Long

'------------------------------------------------------------------------------
'USB-IOを番号で指定する
'   p1      : 番号(0~uio_getdevsで得た個数-1) ただし0から
'   戻り値  : 0
'------------------------------------------------------------------------------
Declare Function uio_seldev Lib "vbausbio.dll" (ByVal p1 As Long) As Long

| | コメント (2) | トラックバック (0)

GT赤道儀の修理

GT赤道儀を9月に修理に出したきり音沙汰無しでしたが、今、趣味人さんから電話がありました。新品を送ってくれるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年の食変光星極小観測数

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/2011-e4a6.html
これの続きです。

明大天文部の未報告分をvsolj-obsに投稿しましたので学生さん6名を追記します。

Aiy / Arai Kyousuke -------  1
Hsk / Hirosawa Kenji ------ 38
Imi / A.Ikegami -----------  1
Ioh / Itoh Hiroshi -------- 38
Iri / R.Isokawa -----------  1
Kai / Kasai Kiyoshi ------- 56
KawamuraTakumi ------------  1
Kis / Kiyota Seiichiro ---- 20
Kit / Kanai Kiyotaka ------  8
Kun / 工学院大 自然研 -----  1
Kze / Kitsunezuka Tetsuya -- 1
Nga / Nagai Kazuo --------- 91
Ngi / Y.Nagata ------------  1
Oet / T.Osonoe ------------  1
Set / Chris Stephan ------- 52
Sio / Suzuki Atsuko -------  1
Siz / Shiokawa Kazuhiko --- 84
Taroda Akira --------------  1
Tmy / Tomono Yayoi --------  1
Yda / Yamada Masahiro -----  1

※2名はobs.code取得中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月16日 (月)

2011年 変光星観測者会議収録が出来てダウンロード出来ます

収録が出来て下記よりダウンロード出来ます。

http://vsolj.cetus-net.org/syuuroku2011-public.pdf

ファイルサイズが大きい(22M)のでご注意を。

おや、記念講演が無いな~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

やっぱ、スカイセンサー2000PCは すごい!

1/14の変光星観測は10cm反射赤道儀によるCCD AutoPilotしかやりませんでした。

日没後は雨雲だらけで油断していまして20時近くになって外を見たら大晴れでした。

前日の観測で10cm反射赤道儀の導入精度が無くなっていましたので

この赤道儀のスカイセンサー2000PC(SS2000PC)のアライメントを行う事にしました。

ベランダからはエリダヌス・オリオン南部・シリウス・かろうじてプロキオンしか見えません。

エリダヌス・シリウス・δOriでアライメントしても2点アライメントにしかなってくれない

プロキオンに向けたら上の階のベランダで掩蔽するような感じでCCDに写ります。

これでさらにアライメントしましたが、それでも2点アライメントです。

結局、どの星でアライメントされたのだろう?

たぶん、シリウスとプロキオン

で、20時にシリウスとプロキオンでアライメントしたとして、

それ以降はGCVSの座標で変光星を自動導入したのですが

20120114_dm_vir1  20120114_dm_vir2

これはその日の最後に写真です。右は星図です。

ログを見ると撮影は翌朝の5時40分でDM Virを導入しています。曇っていたので汚い画像です。画角は0.66x0.44degreeです。20時から9時間以上離れています。

なのに、ちゃんと目的星が写っています。すんごい精度です。

スカイセンサー2000PCを使うと極軸を合わせる事ができ、最初に設置した時にそれをやったからだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月15日 (日)

餅つき大会

今日は自治会の餅つき大会です。なぜか規模に関わらず「大会」となります。

準備があり8:30に集会所集合で終了は13時ですが片づけもあって

今日は天文の事は出来そうにないです。

私は集会所二階でビンゴ大会(これも大会)の司会進行なんですが

物静かだと盛り上がらんと思いBGMを用意しました。

それでCDを作ったんですが

ソースはmp3のファイルです。

やり方は http://nakamura-hiroshi.com/blog/archives/001595.html ここにありました。

てか、Media Playerから書き込めるんですね。

5枚失敗して1枚出来ました。

失敗の理由は、良くは調べていませんが、同じmp3でも「まったく書けない」とか「書けるけど再生出来ない」とか種類があるみたいで

それを知るまでにCD-Rを無駄にしました。

コツは

Media Playerの「書き込みリスト」で黒い文字になっていない曲が一つでもあるとダメでした。

20120115

この図で右側に「書き込みリスト」ってのがありますが、今は全部の曲名が黒い文字ですが

「Everday」が「Everday、カチューシャ」だった時は青文字でした。書き込めますがCD自体が再生出来なかった。

本当にダメなのはバツ印がついてました。東京事変の音楽CDからスマホで聞くために作ったmp3がそうでした。

餅つき大会で東京事変は無くてもいいか.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/1/13 変光星観測

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/2012113-a559.html
これの続きです。

Fz_ori_20120113_rc_lc

20cmで測光したFZ Oriです。FZ Oriは20回目の観測でした。主極小です。

Er_ori_20120113_ic_ic

10cmで測光したER Oriです。ER Oriは30回目の観測でした。主極小です。

ん?

同じ文章だ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月14日 (土)

2012/1/13 変光星観測

昨日は四日ぶりの晴天でした。
快晴でしたが25時過ぎから月の影響が出て28時から曇りだし朝までに曇天となりました。

自動で動いている機器の画像は24時以降は(測光には)使えそうにないです。

明日は自治会の餅つき大会があり準備や片付けなどで一日中忙しそうなので今日中に測光を終わらせたい。

追伸:

連続測光の方はクイックルックまで出来ました。

Er_ori_20120113_ic Fz_ori_20120113_rc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年の食変光星極小観測数

VSOLJブレテンの準備を始めました。

2011年の食変光星極小観測数は以下のようでした。

Aiy / Arai Kyousuke -------  1
Hsk / Hirosawa Kenji ------ 38
Ioh / Itoh Hiroshi -------- 38
Kai / Kasai Kiyoshi ------- 56
Kis / Kiyota Seiichiro ---- 20
Kit / Kanai Kiyotaka ------  8
Kun / 工学院大 自然研 -----  1
Kze / Kitsunezuka Tetsuya -- 1
Nga / Nagai Kazuo --------- 91
Set / Chris Stephan ------- 52
Sio / Suzuki Atsuko -------  1
Siz / Shiokawa Kazuhiko --- 84
Tmy / Tomono Yayoi --------  1
Yda / Yamada Masahiro -----  1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月13日 (金)

ホームページ更新

2012年度の食変光星極小予報を公開しました。

http://eclipsingbinary.web.fc2.com/mintop12.html

新しいCracowの極小推算式を使いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JAVAがUpdate出来ない

ちょっと前からアップデート出来なくなりました。

Java_can_not_update_on_20120113

アンドロイド関連で開発ツールや画面ハードなど入れたのが原因みたいですが

一旦、アンインストールして、再インストールすれば良いのでしょうけれど

Java_can_not_update_on_201201132

どれをどうしたら良いのか わ か ら ん ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Video Cableの撤去

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/dlnapc-614f-1.html
ここで設置したビデオケーブルを撤去しました。

SoftDMA2によってDLNA経由でPCでデッキが再生できるようになってので完全に不要になりました。

てか、実用的では無かったので、まったく使ってませんでした。

980円も出して買った15mのビデオケーブル。捨てはしないけれど

押入れ行きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月12日 (木)

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/201219-78a0-1.html

これの続きですが、忙しくて、エクセルの光度曲線を更新しただけです。

20120109_bc_eri_rc_lc

このように1/9の測光は失敗でした。あの夜間照明さえ無ければ

20120109_bz_eri_ic_lc

こちらは副極小の観測でした。Ic bandでは2回目の観測ですが、2回共副極小でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホームページ更新

Cracowが2011-7-10に更新されていましたので予報用データベースとO-C計算プログラムを更新しました。

http://eclipsingbinary.web.fc2.com/dload-1.html
ここです。

O-C計算プログラムは、

 16bit版は、o-c2.lzh
 32bit版は、o-c2_32.lzh

です。

極小予報の場合は yohou2.lzh をダウンロードして解凍し、

そのあと、

star2.lzh をダウンロードし解凍して yohou2.lzh を解凍したフォルダーに上書きします。

すでに yohou2.lzh を利用されている方は star2.lzh だけダウンロードして解凍して上書きすれば良いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月11日 (水)

めも

http://pleiadi.pd.astro.it/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/1/9 変光星観測

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/201219-78a0.html
これの続きです。

東の空の高校の夜間照明が眩しくて日の出のようでした。

その結果

20120109_bc_eri_rc

これはRc bandの方の観測結果です。もっと長い時間の観測でしたが南中前の一時間半だけがそれっぽい値になったみたいです。

20120109_bz_eri_ic

これはIc bandの方です。こういう時は可視光でない方が良いです。

かと言って2台ともIc bandってのもちょっと詰まんないので20cmをRcにしてますが

考えもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

some binaries

20120111_gr_tau

2011年のGR Tauです。例によって第一極大の方が明るい非対称な形状だったようです。

20120111_gw_tau

GW Tauは皆既食なのですが、主極小だけフラットではなく傾いています。不思議です。

20120111_ty_tau

奇妙な変光のTY Tauです。何なんでしょう?

20120111_v1128_tau

V1128 Tauに10/26のIohさんの観測を追加しました。綺麗な形のEWです。

20120111_x_tri1 20120111_x_tri2

本当に素晴らしい観測です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月10日 (火)

2012/1/9 変光星観測

学校が始まったのでグランドの夜間照明がついています。Rc bandの20cmの方は冷却CCDを使っても9等台の星がやっと写る状況です。

20cmでBC Eriを撮影しましたが測光できるだろうか?

固定撮影のEOS Kissの方は夜間照明と満月とで殆どの画像は捨てました。

ダメだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SEG CLIPで録画できない

SEG CLIPというUSB接続のone seg tunnerを持っています。

録画しようとすると、「コンテンツの管理情報が不正なため、録画できません」と表示され録画が行えない

メーカーのWebを見てみると

http://www.iodata.jp/support/qanda/answer/s15132.htm

対処法があった。

これを実行してPCを再起動させたら録画出来るようになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HUB探し

EtherのHUBがもう一個必要になり家の中を探したら

corega HUB5PLを発見

http://www.corega.co.jp/product/list/hub/hub5pl.htm

んーー、10baseかー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 9日 (月)

SoftDMA 2

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/softdma-2.html
これの続きです。

買いました。ダウンロード版です。

良くわからなくて「再ダウンロード期間延長サービス」500円も買ってしまいました。

これは2年間何回でもダウンロード出来るサービスです。

再インストールする際に必要になりそうですが

ダウンロードしたexeファイルを保存しておけば不要です。

しかも、延長サービスが無くても二か月間は何回でもダウンロード出来るそうです。

500円。損した気分

でも普段5000円のところ、割引が効いて合計4300円でした。

インストールは慎重に。と思って、体験版をアンインストールしてPCを再起動させてからインストールしました。

実行させて番組を再生させようとすると「CDキー」を聞いてきます。

インストールの時にも入力したのですが、仕方が無い、ともかく入力したら

再生できません!

ガッカリせずに、違う番組を再生させたら、再びCDキーを求められ入力したら、今度は再生されました。

試しにサッキ駄目だった番組を再生させたら、今度はうまく再生されました。

20120109

SonfDMA2が実行中はプリントスクリーンは効かなくなるみたいです。

ともかく

Windows7 PCからDLNAでBDが再生出来るようになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/1/6,7 食変光星観測

20120106_v1848_ori1

1/6に観測したV1848 Oriです。第1極大の観測でした。

20120106_v1848_ori2

1/7に観測したV1848 Oriです。第2極大の観測でした。副極小・主極小が観測出来ています。やっぱり、第2極大の方が暗いようです。

20120106_asas050902051601

1/6に観測したASAS050902+0516.0です。これは完全に失敗観測でした。データは捨てましょう。

20120106_asas050902051602

1/7に観測したASAS050902+0516.0です。これも完全に失敗観測でした。1等級暗いだけで上手く観測できません。

20120106_er_ori

1/7に測光したER Oriは極小が観測出来ました。この系は1997年から(2年を除いて)毎年VSOLJで測光観測されています。

ER Oriの横にDSCTが居ますが暗くて測光できないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 8日 (日)

OW Hyaの比較星等級を変える

1/3の観測でOW Hyaの比較星をいつもと違う星を使ってしまいました。導入ズレが原因です。

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/201213-3db1.html
ここにグラフがあります。

1/3は主極小でかなり深くなっています。

1/4の観測でこの比較星といつも比較星が同時に写っていました。

測定の結果 0.19等 のズレがありました。

これを補正して1/4の観測も加えてみると

20120108_ow_hya

こんな風になりました。

って事で、比較星等級決定!

単色で観測しているので変換が出来ないんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/1/6 食変光星観測

20120108_bq_eri

1/6に10cm+CV-04で測光したBQ Eriです。観測は副極小の減光部分でした。GCVSで予報して観測したのでボトムを外しました。光度曲線はCracowで書いています。

20120108_er_ori

1/5に10cm+CV-04で測光したER Oriです。第一極大のピークの増光部分の観測でした。BQ Eriと言い、つまんない観測ですね。

同じ1/5は20cmでFZ Oriを観測しました。この星は観測が多く、光度曲線を年ごとに分けて書きました。

20120108_fz_ori1 20120108_fz_ori2 20120108_fz_ori3 20120108_fz_ori4

1/5は主極小かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SoftDMA 2

http://jp.cyberlink.com/products/softdma/overview_ja_JP.html

これでDLNAサーバーをアクセス出来そうです。5千円ですが今なら割引で売っています。30日間使える体験版があるので自分のPCで動作してから購入できます。

あーー!

割引は9日までだ!

SoftDMA 2 の動作を確認できる診断ツールがありました。

http://jp.cyberlink.com/products/softdma/features_ja_JP.html

201201081

CPUがダメだって。

体験版を動かしてみると

201201082

この様にBDが見つかって

201201083

プログラムも見れます。

201201084

しかし、再生するとこうなります。

たぶん、体験版だからだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 7日 (土)

some binaries

20120107_vz_psc

2011年のVZ PscはKis氏の観測によって光度曲線が得られました。この系も一度まとめないといけないですね。

20120107_rt_scl

RT Sclが久しぶりに観測されました。今一つ、光度曲線の形がわかりません。

20120107_ac_tau

AC Tauです。暗い割には観測がありました。

20120107_ah_tau

AT Tauは2002年と2011年の光度曲線が得られていますね。形状を比較できます。

20120107_eq_tau

EQ Tauです。すごく克明に光度変化がわかります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 6日 (金)

切手、発見

20120106

Windowsの入っている箱をいくつか整理していたら「切手」らしきものが出てきました。

これって使えるんだろうか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012/1/5 変光星観測

晴天でしたので、いつもの3台を稼働させました。

 20cmでFZ Ori

 10cmでER Ori、その後、自動観測

 EOS Kissは固定・インターバル撮影

日の出が6:51なので観測が終わっている20cmだけ片付けました。

EOS Kissの方は前半が「月」だったので半分は画像を捨てる事になりそうです。

10cmのSP赤道儀のSS2000PCの導入ですが西に4mズレて導入されるようになり

変光星を導入するときはRAに4mを加算して導入するといい感じうまく行きます。というへんなコツが必要になってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 5日 (木)

2012/1/3 変光星観測

天気が悪かったです。20cmは使いませんでした。

EOS Kissの固定・インターバル撮影は、ぜんぶ雲でした。捨てました。

10cmも雲ばかりだったので連続測光はやめました。

AutoPilot (これ、何か違う名称にしたい) だけやりました。が、

この日は26.4時にOW Hyaの主極小が有りそうだったので

特別プログラムに変えてOW Hyaが長く観測されるように変更しました。

Ow_hya_201201031

いつもと違う比較星になってしまい暗めにかも知れませんが、主極小による減光の方が大きいと思います。

Ow_hya_201201032

これが今までの観測に追記したグラフです。やっぱりちょっと暗めですかね。

予報は下記です。
http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/ow-hyalo-hya-31.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 4日 (水)

2012/1/3 YY Eri観測

10cmで観測したYY Eriを追加しました。

観測シーズン毎にグラフを分けました。

Yy_eri_201201031 Yy_eri_201201032

| | コメント (0) | トラックバック (0)

some binaries

20120103_v432_per

V432 Perです。GCVSだと滅茶苦茶になります。

20120103_iu_per

IU Perです。ちょっとづつ変光の様子が見えてきています。

20120103_fz_ori

FZ Oriです。O-Cは大きくなさそうですね。

20120103_dv_psc

2011年のDV Pscです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 3日 (火)

2012/1/2 変光星観測

2012年の初観測です。

本当は1/3を観測始めにする予定でしたので昨夜は軽くやりました。

EOS Kissの固定・インターバル撮影と10cmでYY EriとAutoPilotです。

固定撮影を見ると2時半まで晴れていました。しぶんぎでも写って無いかかなと探しましたが写っていませんでした。

解析すると

AutoPilotの方は自動導入が4分も西にズレていて全滅でした。

Yy_eri_20120102ic

これはYY Eriの方です。これは成功でした。YY Eriの34回目の観測でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Laptop PCの修理依頼 & 貰った

親戚の家に行ったらLaptop PCの修理依頼を受けました。NEC PC-LL750BDです。同じく親戚からもらったとの事ですがHDDが異音で「OSが無い」って言ってます。

次に親戚の家に行ったらLaptop PCをもらいました。FUJITSU FMV-BIBLO NB14Bです。シリ・パラがあります。ベランダでCV-04やSV-04LEを使う時に使っているLoptopが古くて重くてポインターデバイスが無くてマウスが必要だったので

これに切り替えよう!

その前にLL750/Bを修理するにはHDDが必要ですが手持ちが20Gしか無い!

そこで、FMVの30GをLL750/Bに入れて、FMVには20Gを入れようかと考え中。

★仕様

・NEC PC-LL750BD

http://121ware.com/psp/PA121/NECS_SUPPORT_SITE/CRM/s/WEBLIB_NECS_PRO.PRODUCT_ID.FieldFormula.IScript_Product_Spec_Details?prodId=PC-LL750BD

Celeron 350, 1.30GHz, 256M (DDR PC2100), 80G (UltraATA-100)

・FUJITSU FMV-BIBLO NB14B

http://www.fmworld.net/product/frame/pcpm0210/biblo_loox/nb/index.html

AMD AthlonTM XP 1400, 1.2G, 256M (DDR PC2100), 30GB (Ultra DMA/100)

★分解手順(ハードディスク交換)

・NEC PC-LL750BD
http://www5b.biglobe.ne.jp/~oh_lavie/hdd/ll9709/ll9709.htm

・FUJITSU FMV-BIBLO NB14B
http://nishi24.com/FMV-BIBLO_NB14B.htm
http://bunkai.jp/note/fujitsu/fmvnb14b.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 2日 (月)

2011年12月の変光星観測月報

12月は良く晴れました。

20夜 / 57星 / 3974測光

でした。

昨年の1月2月も晴れましたが20夜には達しませんでした。

それ以外の月はぜんぜん晴れなくて暇な夜が続きました。

Obs_count_2011121  Obs_count_2011122 Obs_count_2011123

今まで観測数をズラズラと書いてましたが、今回からグラフにして見ることにしました。

3000測光を超えた月って昨年の12月しかなかったのでした。グラフにすると良くわかります。

あと、やっぱり関東地方は1月前後の月が晴れが多いのもわかります。

さて、今は外房に居ます。今日中に茅ヶ崎に戻って、

観測はーー、明日からかな。雨降ってるし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 1日 (日)

喪中につき

今年はBIGな天文イベントがあります。楽しみです。

でかい所では以下の3つで

5月21日(月) 金環日食(6:20~9:00)
6月 6日(水)金星日面通過(7:03~13:56)
8月14日(火) 金星食(2:43~3:34 月齢25.6)

「3金」と言われています。

blogに音楽の話はめったに書かないですが

Bluesの世界では「3 King」といえば「BB King」「Freddy King」「Albert King」があります。

私は、みんな好きなので「3金」と言われると「3 King」を連想してしまいます。

他に12月の「天文冬の陣」で大学天文連盟が復活する話もあり大いに期待しております。

2月下旬に京都で連星・変光星・低温度星研究会がありますが、別な予定と重なりそうで行けそうに無いです。

観測面では一晩の観測で測光作業に一日弱掛かってしまっていて大きな問題となっています。

SEXTRACTORが切り札になるかと思ったのですが

比較星が増えると今までの測光値と違ってしまいなかなか切り替えられないでいます。比較星の数以外に大気減光も考慮しないと一致しないかも知れません。やっかいな問題です。

それでも、遊んでいる機器があるので今後も活用方法を考えて行こうと思っています。

食連星の解析面で言うと、昨年はあまりきちんとした物が出来なかったので

もう少し「何をどうする」みたいな物を決めて進めて行きたいです。

特にVSOLJの観測からO-Cの整理やロッシュモデルでの解析をして行かないと折角の観測がもったいないです。

などと模索中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »