« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月31日 (土)

2011年を振り返って

喪中につき挨拶無しで2011年を思い起こします。

まず、分光ですが、年初はδOriの分光をやってましたが3月以降は測光だけになっています。
例によって分光は腰が重いです。

年初と言えばGRAS(New Mexico)のSkyCamでβPerを観測する呼びかけなどしていましたが、
この作戦は失敗におわりました。
それなりの光度曲線が作れるのですが時刻が分からないと言う致命的な問題ありました。

さらに年初と言えば、モーターの付いた自作ポタ赤を使っていましたが
年末までにCD-1赤道儀に変わりました。大きな進歩と飛躍です。
ただ、現状は眠っていて活用は来年の課題になっています。

本当はトップにεAurの話を出さないといけなかったか?

あんまりどうでも良い話しですが、ST-5の乾燥剤のベーキングを2011年は2回もやってました。

それぞれの条件は以下です。

 2007/4  230deg 10min
 2008/8  200deg  6min
 2010/6  230deg  9min
 2011/1  230deg 10min
 2011/12 230deg  8min

気持ち、間隔が短くなっているような。パッキンが下手ってるんでしょうね。

カメラの話をすると、2台目のEOS Kiss digitalを買いました。1万円。レンズはハードオフで千円。収差の大きなレンズで測光にしか使えません。

1台目をベランダに固定して撮影するようになったので近所の空き地でεAurを撮影するカメラが無くなり買いました。
そのため、2台目を買ったのですが、今度は空き地が無くなってしました。
そこで、2台目は持出用のスーパーポラリス(SP赤道儀)を使ってベランダで周期不明の食を撮影するようにしました。
しかし、今度はGT赤道儀が壊れてしまって、Auto Pilot観測をSP赤道儀に交換したため2台目のEOSはフリーになりました。

このSP赤道儀は古すぎてスカイセンサーが付かないタイプでしたがブラケットを自作してどうにか使えるようにした物です。

休眠中だったEOS 2号は12月の月食が近づくと大活躍でしました。以降、太陽を撮影するようになりTwitterにUPしています。
2012年の日食でも活躍してもらいます。にしても月食は楽しいイベントでした。

壊れたGT赤道儀のはなしですが、3月に壊れて夏に基板交換で戻って来ましたが、どうしてもアライメントが出来なくて9月に再修理に出しました。
まだ、帰ってきません。すでに趣味人さんからはメールを出しても返事が無いです。

関連してDSLRの測光は、

まだまだ暗中模索が続いている物のかれこれ手法も浸透して2012年もデジカメ測光の観測者が増えると思います。
問題はカメラのRAWが謎のまま。ってのがありますが。

今までの話では露出10秒以上ではCANONのRAWしか測光に適さない。と言った風になって来ています。

2011年はなんと言っても大震災が思い出せます。しかも、まだまだ被災地は深刻な状況です。
そんな中、関東地方では計画停電が実施され我が家でも電気の無い生活が強制されました。
そこでバッテリーとインバータでAC100Vを使うシステムを作成しました。
たった100Whですが、100Wの機器を1時間動作出来ます。
インバータ波形も矩形波です。
ところが、徐々に進化して今では300Whとなり波形もSin波になりました。
要は2つの設備を持ちましたので400Whもの電力を確保出来ました。
これってフィールドで使えるわけなので天体観測への転用が期待されます。

10cmの観測用PCは3月までTOSHIBA Satellite 2270 SA65C/Aを使っていましたが、ウンスンになり捨てました。
変わってディスクトップを組立てて使い始めました。
調子が良かったのですが12月に入って謎のリブートが多発するようになり、代替えPCを用意しました。しかし非力なので当分はこれに悩まされそうです。
2012年はUSBでCV-04を動かしたいです。

まあ、しかし、例年、パソコンのトラブルは多いです。今年も悩まされ続けました。
PCと言えばviliv N5を買いました。超小型です。小さすぎて画面が読めず、今ではまったく出番が無くなって使っていません。じきに観測に活用しよう。

4月にスマートフォンを買いました。こいつは自分に深く浸透しています。
OSを持っている電話なので、PCが無くてもかなりの部分を肩代わり出来ます。
望遠鏡の遠隔操作も出来るし。
星座早見、ストップウオッチ、懐中電灯、日の出、月齢、などなど書ききれない位。他にもたくさん。
Twitterもはじめたし。テザリングとかも

そうそう、娘が勤めだして研修で長期不在となりUQ WiMaxを持って行くようになって
もう一個、ハードを買いました。アカウントの取り合いでややこしい。
そろそろ取得して貰おうか。

で、話は戻って、計画停電に関連して
平塚市博物館で9月に予定した変光星観測者会議が出来なくなりました。
結局、日程を10月末に変更して開催しました。
以前から観測者会議を平塚でやりたいと思っていて
科博が震災や引越しの影響で使えなくなり私が立候補しました。

まぁ、会館から30年以上経っている会場でして準備が超超たいへんでした。
午後開催なので朝からLANの敷設、PCの設置、机イス、PAが動作しない、などなど
なによりスクリーンの張り替え作業は泣きそうでした。

急に話は変わって、10月は楽しみにしていたδScoの掩蔽が曇って出来ませんでした。
ずっと準備していたのに。
お陰で月のビデオ撮影や、それのYoutube配信が出来るようになりました。
次のチャンスは2033年です。たぶん、生きている。

他には~。アナログ放送の終了。

あとー、ETX-80ATに50mmレンズを付けたDSI Proってのもありましたが短命でした。

命と言えば、義理の父と母を(ほぼ同時に)亡くしました。
二人とも病気でしたので心構えは出来てはいましたが。。。。

まあ、12月は別として、他の月は曇ってばかりの一年でした。

あっ、そうだ!。SEXTRACTOREを核とした自動測光ソフトは完成しましたが
思うところ合って運用はしていません。たぶん、今年の課題です。そう言えば、E(B-V)も課題だった。

最後にもう一つ、ことしは「ギックリ腰」になった。それ以降、腰が元に戻りません。

年越し。年腰。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月30日 (金)

2012年1月の食変光星予報

2012年1月の明るい食変光星の極小予報です。変光範囲が1等以上で10等より明るい星を予報しました。高度は東京での高度です。

★ 1月の予報 ★

星名                  日   時刻    高度  食継続時間
CASRZ                  4   19.6      56  4.9
CASRZ                  5   24.3      39  4.9
CASRZ                  6   28.9      18  4.9
CASRZ                 10   19.0      56  4.9
CASRZ                 11   23.7      40  4.9
CASRZ                 12   28.4      19  4.9
CASRZ                 16   18.4      55  4.9
CASRZ                 17   23.1      41  4.9
CASRZ                 18   27.8      19  4.9
CASRZ                 23   22.6      42  4.9
CASRZ                 24   27.2      20  4.9
CASRZ                 29   22.0      43  4.9
CASRZ                 30   26.7      21  4.9

CASTV                  4   24.4      21  7.8
CASTV                  6   19.9      53  7.8
CASTV                 13   25.9      10  7.8
CASTV                 15   21.4      37  7.8
CASTV                 24   22.9      22  7.8
CASTV                 26   18.4      54  7.8

CEPEK                  3   25.5      16  6.4
CEPEK                 12   22.0      23  6.4
CEPEK                 21   18.5      37  6.4
CEPEK                 25   28.8      22  6.4

CEPU                   3   21.6      40  9.0
CEPU                   8   21.2      40  9.0
CEPU                  13   20.9      40  9.0
CEPU                  18   20.6      40  9.0
CEPU                  23   20.2      40  9.0
CEPU                  28   19.9      40  9.0

CEPZZ                  1   25.6      16  6.2
CEPZZ                  3   29.0      15  6.2
CEPZZ                 12   18.6      46  6.2
CEPZZ                 14   22.0      26  6.2
CEPZZ                 16   25.4      14  6.2
CEPZZ                 18   28.8      16  6.2
CEPZZ                 27   18.4      41  6.2
CEPZZ                 29   21.8      23  6.2
CEPZZ                 31   25.2      14  6.2

CNCRZ                 23   26.0      66 77.9

CRBU                  24   28.1      57 11.6
CRBU                  31   25.9      35 11.6

CVNRS                 18   25.6      48 12.7

DRAAI                  1   29.7      43  5.2
DRAAI                  7   29.5      45  5.2
DRAAI                 13   29.4      47  5.2
DRAAI                 18   24.5      10  5.2
DRAAI                 19   29.2      50  5.2
DRAAI                 24   24.3      12  5.2
DRAAI                 25   29.1      52  5.2
DRAAI                 30   24.2      13  5.2
DRAAI                 31   28.9      54  5.2

ERIRZ                 21   22.6      34 47.1

LACCM                  3   21.4      18  4.2
LACCM                 24   18.1      38  4.2

LIBdelta               6   29.3      34 12.8
LIBdelta              13   28.9      35 12.8
LIBdelta              20   28.4      35 12.8
LIBdelta              27   28.0      35 12.8

MONAU                 10   20.9      40 26.7
MONAU                 21   23.6      50 26.7

MONUX                  4   28.1      25 24.1
MONUX                 10   25.8      42 24.1
MONUX                 16   23.6      46 24.1
MONUX                 22   21.2      35 24.1
MONUX                 28   19.0      16 24.1

PERbeta               11   23.8      39  9.6
PERbeta               14   20.6      73  9.6

PERIZ                  1   26.9      11 10.6
PERIZ                  5   19.4      68 10.6
PERIZ                 16   20.9      51 10.6
PERIZ                 27   22.4      31 10.6

PUPAU                  4   26.1      11
PUPAU                 12   23.4      11
PUPAU                 21   23.6      12
PUPAU                 30   23.9      12

UMATX                  1   20.7      15  8.8
UMATX                  4   22.2      31  8.8
UMATX                  7   23.7      48  8.8
UMATX                 10   25.2      66  8.8
UMATX                 13   26.8      79  8.8
UMATX                 16   28.3      69  8.8
UMATX                 19   29.8      52  8.8

UMIW                   1   25.6      34  9.4
UMIW                   3   18.4      32  9.4
UMIW                   6   28.1      36  9.4
UMIW                   8   20.9      31  9.4
UMIW                  13   23.4      33  9.4
UMIW                  18   25.9      35  9.4
UMIW                  20   18.7      32  9.4
UMIW                  23   28.4      38  9.4
UMIW                  25   21.2      32  9.4
UMIW                  30   23.6      34  9.4

VULRS                 17   29.4      15 15.0

VULZ                  19   29.3      16 10.6

name                 period     RA      RD   Type    mag
CASRZ                1.1952    2h48m  +69゚38  EA  6.2 -7.7
CASTV                1.8125    0h19m  +59゚ 8  EA  7.2 -8.2
CEPEK                4.4277   21h41m  +69゚42  EA  8.0 -9.3
CEPU                 2.4930    1h 2m  +81゚53  EA  6.8 -9.2
CEPZZ                2.1417   22h45m  +68゚ 8  EA  8.6 -9.6
CNCRZ                21.643    8h39m  +31゚48  EA  8.7 -10.0
CRBU                 3.4522   15h18m  +31゚39  EA  7.7 -8.8
CVNRS                4.7977   13h10m  +35゚56  EA  7.9 -9.1
DRAAI                1.1988   16h56m  +52゚42  EA  7.1 -8.1
ERIRZ                39.282    4h43m  -10゚41  EA  7.7 -8.7
LACCM                1.6046   22h 0m  +44゚33  EA  8.2 -9.2
LIBdelta             2.3273   15h 0m  -08゚31  EA  4.9 -5.9
MONAU                11.113    6h54m  -01゚23  EA  8.1 -9.1
MONUX                5.9044    7h59m  -07゚30  EA  8.2 -9.2
PERbeta              2.8673    3h 8m  +40゚57  EA  2.1 -3.4
PERIZ                3.6876    1h32m  +54゚ 1  EA  7.8 -9.0
PUPAU                1.1263    8h17m  -41゚42  EB  8.5 -9.5
UMATX                3.0632   10h45m  +45゚34  EA  7.1 -8.8
UMIW                 1.7011   16h 8m  +86゚12  EA  8.5 -9.6
VULRS                4.4776   19h17m  +22゚26  EA  6.8 -7.8
VULZ                 2.4549   19h21m  +25゚34  EA  7.3 -8.9

eof

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/29 変光星観測

例年通り、昨日の12/29が観測納めの日でした。

10cmでYYEri、20cmでBV Eriを観測しました。

EOS Kissによる「夜空の連続撮影」を見ると19時頃から曇りだして20時以降は雲しか写っていない。

10cmはYY Eriの南中後にAutoPilotをやってましたが星の写りが悪いです。全部、捨てよう。

YYとBVを測光したら本年の作業は終了です。

Liveカメラも停止させました。再起動は1/3の予定。

※続きです

20111231_yy_eri

10cmで観測したYY Eriです。極小も観測出来ていましたが歪が有ったので削除しました。その結果、副極小の増光部分だけになりました。

20111231_bv_eri

20cmで観測したBV Eriです。2011年の観測はこの一回だけでした。主極小の観測です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

some binaries

20111230_em_aur

疎らな観測のEM Aurです。

20111230_ko_aur

KO Aurです。アルゴル型ですね。

20111230_ao_cam

12/1と12/11にSizさんが観測されています。一か月ですが(若干ですが)極小時刻がズレているように見えます。

20111230_ep_cas

EP CasはVSOLJでは初観測です。13cm屈折とEOS Kissで光電測光です。

20111230_v523_cas1

いや~、みなさん、これですよ。もー 天下一ですね。北天と言う事もありますが9時間も観測出来て

しかも、こんなに綺麗。

20111230_v523_cas2

いっしょくたにするとゴチャゴチャです。

20111230_v544_cas1

Kaiさんが観測されているV544 Casです。

20111230_v544_cas2 20111230_v544_cas3 20111230_v544_cas4

3色に分けました。

20111230_u_cep

U Cepです。VSOLJの観測はそこそこありますが光電測光は少ないです。

20111230_rt_cma

Kis氏が観測されているRT CMaです。minI=2426625.547+1.293772xEで書いてます。

20111230_ko_del

素晴らしいです! KO Del

やっぱりVSOLJの素晴らしい観測をロッシュモデルで解析するようにしないもったいないですね。

すこしづつ解析して会誌「変光星」にでも投稿して行きましょうか。

20111230_yy_eri

10/28のKis氏の観測を追加しました。やっぱり、cGとVは良く一致していますね。

20111230_ae_for

AE ForもKis氏がたくさん観測されています。

20111230_gx_gem

GX Gemは2002年から2003年にかけてNjhさんが観測されていました。2011/11/26に久しぶりにSizさんによって観測されました。

min=2452334.75+4.0385xE (IBVS5357)でかきました。

20111230_z_lep

Z Lepは暗い星でKis氏が観測されています。

20111230_ew_ori

EW Oriです。名前はEWですがEA型です。

20111230_ft_ori

FT Oriです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

300Whの蓄電システム

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-bf9f.html
ここで100Whの蓄電システムを作りました。

今回はバッテリーを300Whまで大きくして、インバータもsin波出力に変えて

と言うか

新規に一機を作りました。

20111230

実験の様子です。

PCはacer AOA-150で、DisplayはIO-DATA AD191XBです。

電池をほぼ満充電にして2~3週間放置して実験を開始しました。

液晶を結構明るくして散々使って、ウイルススキャンもさせて

途中、PCに40%充電のバッテリをさして充電させながら使って

5.5時間使えました。

sin波なので扇風機も回せます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月29日 (木)

2011年度 連星・変光星・低温度星研究会

いつのまにか「年」が「年度」に

今年度の連星・変光星・低温度星研究会は京都産業大学神山天文台にて2012年2月17~19日の日程で開催の予定になりました。

旅費 25000
宿代 15000
飲食 20000
-----------
計    6万円

やっぱり、資金不足。ここで借金して京都に行くと、今度は岡山へ行けない可能性も出てしまう。

一泊にしましょうか

旅費 25000
宿代  7500
飲食 10000
-----------
計    4.25万円

可能性が高まりました。

あと、学生さんとの共同観測会が、この週か翌週になる予定なので重なってしまったら観測会に行く事になります。日程は学生さん次第なのですがいつ決まるのだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/27 食変光星観測

ここ数日、10cmでV1130 Tau、20cmでV1848 OriとASAS050902+0516.0を測光するようになりました。

昨日は忘年会のため、観測は中止しました。

今日は晴れれば今年最後の変光星観測の予定です。

Asas05090205160_20111227

これは20cmで観測したASAS050902+0516.0です。とんでもない結果でした。この日は曇りがちでした。この観測は捨てます。

V1848_ori_20111227

同一視野にいるV1848 Oriです。前後の怪しいデータを大量に削除して、それでも副極小が観測できました。

V1130_tau_20111227

10cmで測光したV1130 Tauです。これもたくさんのデータを削除して生き残ったデータをプロットしたら副極小の減光部分でした。

この位相は既に観測済みです。なかなか埋まりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

太陽恒星研究会2011

12/26-28の三日間、東大で開催されました。

嬉しい事にUストで録画が見れます。

http://www.ustream.tv/channel/solar-stellar-2011

でも、やっぱり現場に居ないと良く見えないし良く聞こえない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

緑のレーザーポインター

天プラをやるには緑のレーザーポインターがあると良いです。

博物館の天体観察会でも2~3名の人が持っていますが

数千円しますので

かれこれ取り合いになります。

ところが、仕事でタイへ行った人がお土産で10個も買ってきました!

Green_laser_20111229

日本円で1300円との事で安くゆずってくれました。

一気に緑のポインターの保有数が増えました!

え~、<50mWです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月28日 (水)

2011/12/26 変光星観測

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/20111226-46f5.html
これの続きです。

10cmの方は滅茶苦茶でした。

V1130_tau_20111226

これがV1130 Tauの連続測光です。ガイドがメチャクチャでした。

その後、自動でAutoPilotしてましたが、ぜーーんぶ変光星が入っていません。

と言う事で、10cmの観測は丸ごと捨てました。

V1848_ori_20111226

こちらは20cmで観測したV1848 Oriです。

12/24の観測で最後の部分は歪んでしまったようで明るめに観測されています。

今回の12/26の観測によって全体のシェイプがハッキリしてきました。

Asas05090205160_20111226

こちらはV1848 Oriの同一画像に写っているASAS050902+0516.0です。

ちょっと減光しているように見えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

観測用PCのインストール

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/pc-3ae4-3.html
これの続きです。

>あ、リモート未対応でした。

RealVNCとTeamViewerを入れました。

これで、家庭内LANやネットで観測用PCを操作出来ます。スマホからもVNCとTeamViewerで操作可能です。

ところで、TeamViewerはver7になっていました。

http://www.teamviewer.com/ja/index.aspx

ところが、今使っているのはver6です。

互換性、特にスマホ・アプリとの互換性が分からなくて

消さずにとってあったver6のインストーラを使ってver6を入れました。

このサービスがいつまで続くのか分かりませんが将来の事を心配するならver7にした方がよいでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

some binaries

20111228_tw_and1

10/31に観測されたTW Andのデータを追加しました。

20111228_tw_and2

これでは良くわかりませんので10/31の光度曲線を見てみます。皆既食です。

20111228_v445_aql

V445 Aqlは周期0.94日の連星です。何回かの観測で主極小の形状が観測されています。

20111228_uu_aqr

UU Aqrです。Kis氏が古くから観測されています。95年頃と2000年台で様子が変わったかも知れません。

20111228_ah_aur

11/26のIohさんのデータを追加しました。

20111228_ck_aur

CK Aurは本当に変光星なのだろうか?

N.E.Kurochkin, Perem Zvezdy 8, N5, 351, 1952. まずは、これを見た方が良さそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月27日 (火)

2011 Variable Star News in Review

http://simostronomy.blogspot.com/2011/12/2011-variable-star-news-in-review.html#!/2011/12/2011-variable-star-news-in-review.html

なるほどね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/25 変光星観測

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/20111225-5861.html
これの続きです。

Bc_eri_20111225

BC Eriの44回目の観測です。

とても綺麗な空でした。やっぱり測光観測成功の秘訣は(秘ではありませんが)空が暗い事ですね。

12/15の観測は妙に感じてました。今回の12/25がRealだと思います。12/19の観測にもつながりそうです。

V1241_tau_20111225

こちらは10cmで測光したV1241 Tauです。この星はWX Eriと言う名前でしたが、今はおうし座にいるのでV1241 Tauに改名されました。

観測は副極小でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/26 変光星観測

昨日はいつものように日没直後は曇りでしたが

ふだんより早く雲は無くなり、夜は快晴でした。

明け方に少し雲が出ましたが日の出までに快晴に戻りました。

夜明けの水星が良く見えます。

観測と言うか、例によって機器の不調が発生しました。

10cmのSP赤道儀が変だなーと思っていたら今朝までに

赤経モーターのモーター軸についているギアの取付いもネジがバカになってしまい

ぜんぜん追尾できていませんでした。

観測中にもgotoさせると何となく西寄りになるなーと思っていたのですが

たぶん、昨夜の10cmの観測はパーです。

20cmはV1848 Oriを観測しました。一緒に写ってくれるASAS050902+0516.0の方が気になってましたので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DLNA、PCで再生出来ない

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/dlnapc-614f.html
これの続きです。

20111227

15mのVideoケーブルでBDデッキのVideo OutとPCのVideoキャプチャーに接続させました。

操作は背中のTVで行います。音声もTVの音を聞きます。

家の別な部屋同士をケーブルで接続する敷設作業はかれこれ面倒でした。

出来上がって操作してみると

ん?

Videoの画が出ない

やってしまいました。

BDデッキのモニター出力なのでDLNAで再生させてもモニター出力には画はでません。

デッキ本体を操作して再生すると画が出ます。

って事は背中のTVでは操作出来ない。しかも、Videoケーブルした敷設していないので音は聞けない。のでした。

しかたがない、

Audioのケーブルも買おう。そして、操作はいちいちリビングに行って行おう。

いまいち、実用的では無いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月26日 (月)

2011年12月の火星の動き

2011年12月の火星の動きを組み写真にしました。

Mars_2011nov_dec

| | コメント (0) | トラックバック (0)

太陽恒星研究会2011

やったー!

ネット中継するそうです。

http://www.ustream.tv/channel/solar-stellar-2011

これ行きたいんですけど。

天文学会の会員じゃないし、アマチュアだし

と思ってたらU streamで中継してくれます。

時間割
12/26 13:00-18:00
12/27 09:00-18:15
12/28 09:00-15:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Name List

GCVSのname listの80が出てますよー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/24 食変光星観測

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/20111223-2047.html
これの続きでもあります。

V1848_ori_20111224

V1848 Oriはこのようになりました。

対称性は調べていませんが、きっと24日の欠測部分は綺麗につながると思います。

やっぱり観測成功のカギは「空」ですね

Asas05090205160_20111224

これはASAS050902+0516.0です。周期0.9日の連星です。毎日、同じ時刻に観測していますので、0.1づつ観測の位相がズレています。

このまま続ければ年内に副極小に達します。お天気次第です。

せっかちな人は下記URLを
http://www.astrouw.edu.pl/asas/?psect=acvs&page=details&id=050902+0516.0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

観測用PCのインストール

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/pc-3ae4-2.html
これの続きです。

USB2.0のボードは適合しました。

20111226_new_pc

設定中の様子です。

左の黒いのは20cmに付けているSV-04LE(冷却CCD)と電源管理用のPCです。

ともかく、SS2000PC, CV-04, DSI Proが使えるようにしました。

PHD Guigingはxxx.dllが無いだのたくさん文句を言っていて

動きませんでした。

ASCOMもCDC(SkyChart)も入れていないのでGT赤道儀が帰ってきたら直ぐには使えないです。

どのみちPHD guidingが失敗したのでダメなんですが

それは来年の課題「USBで武藤CV-04を動かす」をやって、この観測用PCをHi Spec.な物に入れ替える時にやりなおそう。

あ、リモート未対応でした。

20111226_new_pc2

観測中はこのようになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/25 変光星観測

昨日は夕方になって雲が湧いてきて変光星観測は無理かなと思って

EOS Kissの固定連続撮影をセットして

10cm望遠鏡のアライメント作業をしました。

ともかく、10cmをV1241 Tau(WX Eri)に向けて連続測光を始めてから晩飯に出かけました。

帰宅すると快晴でしたので20cmを組み立ててBC Eriを撮影しました。

EOS Kissの画像を見ると18時まえから快晴になっていて、今朝も快晴です。

すごく寒いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月25日 (日)

2011/12/23 変光星観測

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/20111213-1ebe.html
これの続きです。

20cmでV1848 Oriを連続測光しました。同一視野内にASAS050902+0516.0も写ってくれます。

Asas05090205160_20111223

これがASAS050902+0516.0です。なんだか分かんないですね。報告はやめましょうか。

V1848_ori_20111223

V1848 Oriの副極小が観測出来ました。

何でしょう?

周期が違うか。12/22の観測で観測を始めた頃の値がおかしいみたいです。

追跡しようか

※追伸

昨夜もV1848 Oriを観測しました。今、あわてて光度曲線を作りました。

V1848_ori_20111224ql

どうやら、24日の晩は光害の影響が今までより少なくてskyが低かったようです。きっと対象的な光度曲線なのだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月24日 (土)

Weather Report

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/weather-report.html
これの続きです。

このブログの左に貼り付けてある天気予報がずっと10/24で

単なる邪魔者になっている件です。

削除できました。

201112241

ココログの管理ページで「ブログ」「デザイン」のページに行って

201112242

天気予報のチェックを外します。

これで表示されなくなりスッキリです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/18.19.20.22 食変光星観測

V1130_tau_20111218_19

10cmで測光観測したV1130 Tauです。12/18と12/19のデータを追記しました。

12/18のデータは怪しいので報告はしない事にします。12/19は副極小の減光部分の観測でした。

10cmが使えなくなり今シーズン中にIc bandのLight Curveを得るのは難しいか。

Fk_eri_20111218

12/18に20cmで観測したFK Eriです。この系は観測数が多いのでRc bandだけの光度曲線を作りました。

これも副極小の減光部分だけの観測でした。

Bc_eri_20111219

12/19に観測したBC Eriです。今シーズン2回目の観測です。一応、主極小と副極小の極小時刻が得られました。

Bz_eri_20111220

12/20に観測したBZ Eriです。副極小の観測です。ちょっとスキャッターの多い観測でした。

V1848_ori_20111222

12/22に20cmで観測したV1848 Oriです。初めての観測です。周期が0.2程度と短い公転周期です。

第一極大が明るく観測されましたが観測の終わりの方でバラツキが増えています。Realでは無い可能性もあります。

Asas05090205160_20111222

V1848 Oriの視野内に写っていたASAS050902+0516.0です。周期0.9日のEAです。ちょうど主極小のボトムが観測出来ました。

Mira_20111222

これは脈動変光星のミラ(οCet)です。最後の3点を追加しました。だいぶ暗くなってしまい。この観測システムでは極限等級ですので測定のバラツキが見えてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/13 変光星観測

前日に引き続いて20cmでV1848 Oriを連続測光しました。

しかし、雲が湧いたり流れたりで難航しました。

固定撮影のEOS Kiss画像をみるとずっと曇っていてまともに星が写っていたのオリオン座の4枚だけでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月23日 (金)

月と水星

昨日は帰宅途中で沈みゆく金星を見て

観測開始時に木星を見ました。

今朝は望遠鏡の片付けの際に火星・土星・月・水星をました。

20111223_moon_mercury2

これは「月と水星」です。

今日は太陽の写真も撮ろう。

※と思ったら曇ってきた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DLNA、PCで再生出来ない

LANに繋がっているBDデッキをDLNA経由で録画番組をPCで見たいんですが

なんか難しいんです。

斯くなる上は

201112231

最終兵器のRCA Pin cable 15mを買いました。

201112232

これは上から見た平面図。DLNA経由でTVからBDデッキを操作します。

音はTVで聞いて、画はPCで見る

と言った作戦です。

これは、もー、奇策と言えよう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月22日 (木)

Weather Report

このブログの左に貼り付けてある天気予報が

ずっと10/24です。

削除したいが

やり方が分からない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

変光星観測データの削除

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-5a33.html

ここで言った

>VSOLJ-OBSと日変研に報告した(10cmで測光した)
>NSV00504,NSV02556,ORIV1375,MONV773,HYAKW
>の削除依頼もしないといけない。

をVSOLJ-OBSと日変研事務局に報告しました。

120秒も露出しているのがよろしく無いのですが

短くすると暗めに変光星の測光結果が良くなくて

この先も120秒で行くことにして

これらの星の測光観測はこのまま続けますが

報告はしない事にしました。

そもそもの目的は周期を調べたい訳で

なんとかなるでしょう。

本当は望遠鏡制御ソフトから撮影ソフトに露出時間の情報を出して星毎に露出を変えれば良いのですが

難しくはない物の個人的にはソフトの汎用性が無くなるのが気持ち悪くて

たぶん、やらない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

観測用PCのインストール

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/pc-3ae4-1.html
これの続きです。

Windows2000をインストールしてサービスパックをあてるのはあきらめて、

IEも5はさすがに使えないのでIE6 SP1まで上げて、

ここまでにしました。

これ以上にすると、まぁた、おかしくなってしまうので。

ともかくOSはOKって事です。

アプリも観測復旧を最優先に(観測に)必要な物だけの入れよう。

問題はUSBが1.1だって点です。

不調の観測用PCからUSB2.0のボードを抜き取ってNEC MateNX PC-MA46H/Cに入れるんですが

入るかな~

20111222

3スロットの空がありますが

適合するか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

このソーラーチャージャーは太陽光で充電出来ない

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-2826.html
ここで

>数日後に太陽光充電量を測ってみます。
>おそらく、満充電になるには10日位かな~って思ってます。

って事でしたので

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-2826-2.html
この実験をしました。

結果は7日間のあいだ南のベランダに放置しましたが

充電量はZEROでした。

そこで、11/15から12/20までの45日間、ベランダに放置しました。

その充電量を測定したら

今度も ZERO でした!

結論:この太陽電池内蔵の蓄電器は自身の太陽光パネルでは充電出来ない。

探したら、ありました。
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC-LET-11%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF-GALAPAGOS-iPhone-Xperia-Foma%E5%AF%BE%E5%BF%9C/dp/B002AKQNUE/ref=pd_sxp_grid_pt_1_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホームページ更新

LINKに知り合いの清水さんを追記しました。

http://eclipsingbinary.web.fc2.com/linksaki.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月21日 (水)

2011/12/20 食変光星観測

今月、17夜目の観測です。

10cm望遠鏡の制御用PC(観測用PC)が不調なので望遠鏡は20cmだけにしました。

20cmではBZ Eriを連続測光しました。

天気はよくありませんでした。

EOS Kissによる「夜空の連続撮影」の結果をみると観測を始めた時だけ晴れていて

あとは曇ったり晴れたりで、26時以降はベタ曇りです。

EOS Kissの方の画像は捨てました。20cmの方は測光してから捨てるかどうか決めよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

観測用PCのインストール

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/pc-3ae4.html
これの続きです。

やっぱり win98 だと色々と案配が悪い。

win98にしたいのは武藤のCCDMasterが使えるから

PCの速度が心配だからです。

でも、win2000を入れました。

前回は98を入れてUSBが問題となったので2000を入れました。

PCは NEC MateNX PC-MA46H/C と言う古い機械(1999年製)
http://121ware.com/support/pc/newprdctqa/11019/MA60JC.htm

サービスパックも入ってないCDからインストールしましたが

ドライバーを後から手作業で入れる必要も無く

速度も気になりませんでした。

windows updateを実行させたらSP3以降でないとダメって言われました。

そこで、SP4のインストールを始めたら、途中で「ファイルが無い」みたいに言われて先に進みません。

じゃー、SP3は、って、これも同じでした。

以降、IEを動かすたびにエラーが出ます。

もういちど、ディスクのフォーマットからやり直しです。

▄█▀█●

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月20日 (火)

14光年以内で自宅ベランダから観測出来る変光星

まず、Wikipediaのリストを見ます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BF%91%E3%81%84%E6%81%92%E6%98%9F%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7

そこから、GCVS名があるRDが +7~-45 の天体を抽出します。
WikiのV1581 Cygの位置がおかしい。

CN Leo    UV    11.52-17.08(U)
FI Vir    UV    13.82-14.26(U)
EZ Aqr    UV+BY 14.01-16.5(U)
V577 Mon  UV    12.5-13.3(B)
V2306 Oph BY    10.05-10.1(V)

UVが多いです。

明るさで選ぶと私が観測可能なのはV577 MonとV2306 Ophの2星だけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/19 変光星観測

昨夜も快晴でした。最近、晴れが続きます。

まず、いつものように三脚固定のEOS Kissのインターバル撮影を開始して

次はPCがリブートしてしまった事により望遠鏡が三脚に当たってアライメントのやり直しになった10cmのアライメントをしてV1130 Tauの連続撮影

最後に20cmを組み立ててBC Eriの連続測光をしました。

10cmはV1130 Tauが南中したら自動でAutoPilotが始まりました。

ところが4時にSS2000PCの警告音で目が覚めました。

まあた、PCがリブートして望遠鏡が三脚に当たりづづけています。

これってヤバイです。この観測用PC、もう信用できない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近、どえらい忙しい

と思ったら

晴れてるからです。

画像がどっさと溜まっちゃってます。

昨日の12/19までで、今月の観測夜数は12日です。

更に、望遠鏡もPCも不調で

メンテや修理、新規PCの準備、アライメントがどーしても失敗するだの、だましだましや、なんのかんので

滅茶苦茶忙しい。

VSOLJ-OBSと日変研に報告した(10cmで測光した) NSV00504,NSV02556,ORIV1375,MONV773,HYAKW の削除依頼もしないといけない。

PC画面は付箋でイッパイだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

観測用PCのインストール

スカイセンサー2000PC、武藤CV-04、Meade DSI Proを制御している10cm反射赤道儀の観測用PCが壊れかかっているので

押入れから NEC MateNX PC-MA46H/C を引きずり出しました。
http://121ware.com/support/pc/newprdctqa/11019/MA60JC.htm

Win2000とVine Linuxがインストールされています。Linuxは不要で、Win2000はトロトロに遅いです。

そこで、98SEを入れました。

やっとの思いでした。

メーカーサイトからドライバーが必要な物もありました。

Display, Audio, USB Mose, LAN Board, MODEM...

Display,Mouse,LANだけ入れました。

普段使っているUSB Memoryの98driverも入れました。が、

なんだかWindowsがUSになった。

で、コントロールパネルを開こうとすると「ホニャララDLLがxxx」ってなって固まります。

やり直しです。時間が無いのに ▄█▀█●

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月19日 (月)

2011/12/17 食変光星観測

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/20111217-7dd9.html
これの続きです。

Rw_cet_20111217rc

20cmで測光観測したRW Cetです。初の副極小観測になりました。GCVSでもO-Cはわずかです。

V1130_tau_20111217ic

10cmで観測したV1130 Tauです。露出時間を短くしたら(曇りの影響もありますが)ライトカーブのS/Nが悪化しました。

やっぱり120秒露出に戻そう

そして、明るいObjectは観測プランから外そう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/18 変光星観測

20cmでFK Eri

10cmはアライメントからやりやり直しです。

そのまえにRAモーターの歯車とRA軸の歯車の重なりが1mm位しか無く歯先が丸くなってきていたのでかみ合わせを調整しました。

20111218g

絵にするとこんな風で、これをピッタリにしました。

それが悪かったのだろうか?

導入精度が出ません。

V1130 Tauに向けて微動してSYNCしました。

これで良いだろうと思って観測を始めましたが

南北方向に滅茶苦茶に動きます。単に追尾しているだけなのに。

ほかに、

いつまたPCがリブートするかも知れず。

ほったからしにしました。

今晩、晴れれば再調整だ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月18日 (日)

2011/12/12,13,15 食変光星観測

Ux_eri_20111212_rc

12/12に20cmで観測したUX Eriです。かなり観測が開きましたね。GCVSの周期は合っていない事が良くわかります。

Xy_cet_20111212_rc

これは12/12に10cmで観測したXY Cetです。変光範囲が大きいので眼視でも良く観測されています。VSOLJのCCD測光はお寒い状況です。

V1130_tau_20111213_ic

この所、何故かせっせと観測しているV1130 Tauです。もっとちゃんとやりますか。10cmのIc bandで継続したらよいかな。

Bc_eri_20111215_rc

20cmで観測したBC Eriです。2009年11月が最後の観測でしたので久しぶりになります。今回は42回目の観測です。一旦、周期のまとめをしても良さそうです。

V1363_ori_20111215

12/15に10cmで観測したV1363 Oriです。2007年11月以降の極小観測が少ないです。ゆっくりと極小が遅れているようです。BC EriだけでなくVSOLJで観測した連星のO-Cを考察してみますか。んー、時間が無くて無理だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ST-5乾燥材ベーキング

230℃ 8分で乾燥材をベーキングしました。

20111218_st5

結露が無くなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/17 変光星観測

昨日は日が沈むと同時に曇りだして23時まで曇ったり晴れたりが続いて23時以降は晴れましたが27時過ぎから月明かりが邪魔だった。って感じでした。

10cmではV1130 Tauを連続測光したのですが雲があって「失敗観測」だったかも知れません。いつもは120秒露出なんですが、

VSOLJ-OBSでNSV00504がデジカメ標準レンズの測光結果と一致していないとの指摘があり、今回は90秒露出にしました。

こうしておけば自動的にAutoPilotに入るので効果を調べられます。

と言いますのは、先日までの画像を測光している中でV1375 Oriで飽和はしていないがブルーミング気味の状態が3枚続いていて測光結果のバラツキが大きかった事に気が付きました。

ちょっと露出時間を短くするか明るい変光星を観測しないか決めようと思ってます。

で、10cmのAutoPilotですが、24時前にPCがリブートしてました。そのまま赤道儀は追尾を続けますので三脚に当たって踏ん張ってました。

当然、アライメントはやり直しになりますが

それよりも、以前にもPCのリブートがありCPUの冷却FANの速度を上げたら解決したと思っていましたが、やっぱりどっかおかしいみたいです。

windowsのupdateではありません。マザーボードのケミコン容量ヌケみたいな寿命の類かな?

PCを交換したいが予備はガラクタだらけです。仕方が無いけど交換するか

あと、手としてはハードが完成した「USB-パラレル」で武藤CV-04を動かす。これが出来るとHiスペックPCに交換できる。

んが、ソフトが出来ていない、と言う重大な問題があります。コーディングまで終わっているので実機Debugの段階に居ます。

でも、そーとー難航する事が容易に想像できて

他にもたーーくさんToDoがあり手が出せない。

あっ、20cmではRW Cetを連続測光ですが、雲ばかりで、こちらもきっと失敗だったと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月17日 (土)

こっ、これ

http://twitpic.com/7u9a3z/full

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Android用のDNLAクライアント

skifta betaって入れてみました。

アンドロイドマーケットから無料でインストール出来ます。

BDデッキの電源を入れておいて

skiftaを起動させます。

201112171

メディアソースにBDZ-RX100を設定できます!

よしよし

プレイヤーは、このアンドロイド携帯にして

メディアの参照と再生を選択すると

201112172

このようになりました。

ガッカリ

ん、まてよ

201112173

デッキ側が許可しないといけなかった!と思いだし

見てみるとmedias N-04Cのmacアドレスが見えています。

201112174

許可すると、BDデッキのビデオとフォトのフォルダーが見えるようになりました。

で、どれか再生しようとすると

201112175

再生できないそうで...

ガッカリです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月16日 (金)

2011/12/15 天体観測

昨日もEOS Kissの固定インターバル撮影はふたご郡を狙って3分間隔で1分露出にしました。

23時から曇ってしまい流れ星は写りませんでした。

ただ、この1分露出って流れ星の撮影には良くないみたいです。

背景がまっしろで測光も出来ないし暗い流星も埋もれてしまいそうです。

短い露出でインターバルを短くした方が良さそうです。

20111215_st5

ST-5の結露が自然に無くなったと思ってましたが、昨日はベロベロに出てました。

やっぱり、週末にベーキングしないと。

食変光星の方は、10cmでV1363 Oriを連続測光しました。

20cmはBC Eriに向けました。

でも、どこだか分かりません。

直近の20cmの使用は木星の観察でした。

この時、色々といじくって、元に戻したつもりが20cmの主鏡と6cmの副鏡がズレたようです。

6cmを使ってアライメントしたので目的星が入れられないです。

それに気が付くまで時間が掛かり、ヘトヘトになりました。

ともかく、って事で主鏡と副鏡の方向を調整し、リゲルで追加のアライメントをしたら

かなり離れていたものの、どこを向いているのわかり、微動でユックリユックリBC Eriに向かいました。

んで、連続測光開始。ここまでで一時間も掛かった。

主鏡と副鏡の方向を調整も甘い調整だったので、これも週末に再調整です。

画像は溜まるは、他にもToDoがどっさりだ

おまけ:

今週末の望遠鏡中古品バーゲン

誠報社
http://www.seihosha.co.jp/big-fea-2011-12-2.html

三基光学館
http://www.sanki-opt.co.jp/sale.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月15日 (木)

2011/12/11,12,13 食変光星観測

ともかく未測光の画像が溜まってて

あわててやってます。

とりあえず、クイックルック

Ux_eri_20111211rc

12/11 Rc bandで測光した UX Eri です。

Xy_cet_20111212rc

12/12 Rc bandで測光した XY Cet です。極小は観測できませんでした。

Tu_cet_20111212rc

12/12 Rc bandで測光した TU Cet です。0.1等も変光していないのですが、変なうねりがあります。このデータは捨てよう。

V1130_tau_20111213ic

12/13 Ic bandで測光した V1130 Tau です。2時間で0.1等程度減光しています。

とりあえず、ここまで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

acer AOA150 メモリー増設

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-75c4.html
これの続きです。

201112151

acer AOA150は1Gのメモリーで内訳は内蔵512Mと増設512Mです。この増設512Mを1Gに変えると計1.5Gになり動作が早くなるそうで、1Gのメモリーを買いました。

もし、購入を考えている人は PC2-5300(DDR2-667) をキーに検索すると良いでしょう。

201112152_2

作業前にメモリーを確認しました。0.98Gになっています。

201112153

マザーボードの裏面にメモリーがささってました。これを交換します。道具は要りません。

分解方法は、ここに丁寧に書いてあります。
http://dmf36z.blogspot.com/2011/03/acer-aspire-one-aoa150.html

201112154

メモリーは1.48Gになりました。

そして、たしかに動作は早くなりました。

201112155

念のため、Ubuntuでも

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月14日 (水)

LightenComposite

http://www.vector.co.jp/soft/winnt/art/se484827.html
http://www.nuasa.org/~ken/blog/?page_id=6

大量コンポジット星景写真用「比較明コンポジット」ソフト

だそうで、

今回の月食を撮影された方の多くが

このソフトを使っています。

分光に使えるか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Outburst detection by "Pi of the Sky"

http://grb.fuw.edu.pl/piinta1/event_desc_public.php?night=20111124&event=20&frame=01228

animateボタンを押してみて下さい。

分かるかな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PASJ

http://pasj.asj.or.jp/

ここから閲覧できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大赤班とガリレオ衛星の予報

ちょっと前に20cmで木星を見たら大赤班が見えていました。もしかして始めて見たかも知れません。もう一度見てみたくなり大赤班が見える時刻を調べました。予報にはステラナビゲータ6を使いました。

やっている内にガリレオ衛星と大赤班が重なって見える時が有ることがわかりました。

2011/12/16(金) 25:00-没 イオと重なる
2011/12/24(土) 21:20-23:40 エウロパと重なる

まず、昨夜が大赤班を見るチャンスでしたので実際に木星を見てみました。

20111213jupiter1 20111213jupiter2

左がステナビのハードコピーで右が写真です。どちらも12/13 18:30です。

次は高倍率で木星を観察しました。しかし大赤班がみえません。いません。

どうやら大赤班は移動するようでステナビ6では古すぎて大赤班の位置が一致しません。

フリーのシミュレーションソフトを探したら「Jupiter.exe For Windows」と言うのがあり(VISTA,7は動きませんが)模様を見てみると

これも一致しません。

でも、このソフトの木星面はbmpになっていて大赤班の位置だけ書き直せば予報出来ます。

アストロアーツのホームページで最近の画像を探しました。

20111213jupiter3

大赤班が中央に居る時刻が分かりました。

20111213jupiter4

このように赤丸で大赤班を追記します。そしてJupiter.exe For Windowsを実行させます。

20111213jupiter5

どうでしょう。おおよそ一致しました。ガミメデの位置が若干違って見えましたがそれを踏まえて大赤班とガリレオ衛星が重なる日を探しました。

すると、年内は1回だけでした。

Io 12/27 16:20-17:20

ちょっと時間が早いかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月13日 (火)

ホームページ更新

月食の写真を載せました。

http://eclipsingbinary.web.fc2.com/le20111210.htm

へたな写真でも載せられるのは自分のホームページだからなのです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スカイセンサー2000PC、導入の再現性

ベランダの10cmを12/11にデネブカイトスとカファルジトマの2星でアライメントしました。

そのままAutoPilot観測をしました。GCVSの座標で変光星を導入して撮影します。

12/11と12/12とで導入に差が有るのかを知るために画像を並べてみてみます。

12/12はスカイセンサーの電源を入れたらエスケープを押して使いました。

Nsv00504_20111211Nsv00504_20111212

これは最初に撮影された NSV00504 01h25m -03゚55' です。

Tx_crv_20111211Tx_crv_20111212

これは最後に撮影された TX Crv 12h00m -12゚09' です。

どちらも左が12/11で右が12/12です。

もっとひどい事になっているのかと思っていたのですが

こんなに再現性が有るとは

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電池残量を調べる

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/acer-aoa150-2ae.html
ここで中古のacer AOA150を買いました。

PCにはバッテリーも付いていました。

このバッテリーは自分が持っていたものより容量が少なくて

気になったので実際の容量を調べてみました。

新品で買ったAOA150には UM08A31 バッテリーが付いていました(10.8V 2.2Ah)

これとは別に後から UM08B74 を買い足しました(11.1V 5.2Ah)

中古のPCには UM08A73 が付いてました(11.1V 2.2Ah)

バッテリー残量測定にはフリーソフトの Yuryu's Battery Information を使いました。
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se236396.html

20111213

これが実行させた時のハードコピーで、以下が結果です。

Type    容量設計  容量フル
---------------------------------------
UM08A31   23760   25045mWh  持っていた
UM08B74   57720   50272mWh  買い足した
UM08A73   24420   17838mWh  中古PCの

あら、もともと持っていたものはデザイン容量より実容量の方が大きいのでした。不思議です。

にしても、中古で買ったPCの方は、かなり容量が減ってました。

どうやら、この方、ずっとバッテリーパックをさしたまま使っていたようです。

私はLaptopであってもバッテリーを外して使っていて

持ち運ぶ時だけバッテリーを装着しています。

バッテリーは使うとサイクル劣化します。これは仕方がないですが、

保存劣化もします。これは、満充電にして高温に放置すると劣化が進みます。

PCにさしたままだと、PCが常に充電していて満充電が続いてしまい

さらにPCの熱で高温放置状態になります。

よって、私はバッテリーを半分程度の容量にしてPCから抜き去って涼しい所に置いています。

バッテリーの型番から想像して私はこの中古PCより先に買ったと思いますが

劣化があまり進んでいない事が分かります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月12日 (月)

2011/12/10 食変光星観測

Asas02281006594_20111210

20cmで観測したASAS022810-0659.4です。VSOLJでは初観測で今回は副極小でした。

10cmはSS2000PCの導入精度が無くなり連続測光をあきらめて

いきなりAutoPilot観測をしました。

朝までに34星を観測してました。

きっと、ぜんぶ導入失敗だろうと思っていましたが

7星の導入が成功していました。この7つの測光をしました。

ちょっと不思議です.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/11 食変光星観測

最初に20cmの副鏡の6cmの取付を木星で調整しました。20cm X30で見た木星は眩しくて模様はよくわかりません。

それでも、イオが木星にくっつきそうな場所に見えていて、大赤斑もわかりました。

その後、20cmでUX Eriを測光観測しました。

10cmはアライメントからです。

デネブカイトスとカファルジトマの2星でアライメントして

そのままAutoPilotを始めました。

今朝までに32星を自動導入していて、最後のTX Crvまで全てが撮影に成功していました。

ただ、いつも使っている比較星も同時に写っていないと測光しないようにしていて

一つ一つ座標を補正する作業をしなければなりません。

今晩の観測までには間に合わないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お買いもの

金も無いのにメモリーとステップダウンリングを買いました。

201112121

acer AOA150は1Gのメモリーで内訳は内蔵512Mと増設512Mだそうです。

この増設512Mを1Gに変えると早くなるってwebにあり

買いました。1500円位でした。

201112122

これはステップダウンリングです。

52mmのND400を62mmのレンズにセロテープで付けていましたが

いちど、太陽に向けている時にテープがはがれてモロ太陽になった事があり

どーしても欲しくなりました。

これも1500円位でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月11日 (日)

2011/12/9 食変光星観測

V1130_tau_20111209

V1130 Tauです。20cmの観測を追記しました。Hipparcosの要素で書いています。GCVSには周期の記載はありません。

Tv_cet_201112091

これはTV Cetです。今回は主極小の観測でした。周期が9日もありこのグラフでは変光のようすがわからないです。

Tv_cet_201112092

こんなでした。分離型の連星なのでしょう。円軌道のようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/10 変光星観測と月食

調子の悪かった10cmのSS2000PCは導入精度が全く無くなりました。

どこが写っているのかも分からなくなりました。

早急にアライメントをやり直さないといけない。

20cmの方は、前日に結露したST-5が昨夜はまったく結露しません。こんなの初めてです。

ともかく、何もしないで経過を見るようにしよう。

と言う事で、10cmは今朝まで自動観測をさせましたが何を撮影したのかわからんです。20cmではASASの連星を測光しました。

今朝、20cmを片付けている際に副鏡の6cmの固定がユルユルになっていて、するりと抜けてしまいました。

かれこれ前から、20cmと6cmの向いている方向がズレ始めていたのに気が付いていたのですが

何もしていませんでした。

ユルユルでは片付けられないので適当にネジを締めましたので

方向が滅茶苦茶のハズで、次の観測で調整する事になります。

20111210_lunar_eclipse

それから皆既月食の方は

食が始める前はずっと曇っていて月が見えませんでしたが

皆既食が始める直前から晴れ始めて

皆既帯に入ったころまで晴れてました。

皆既中は雲が出てしまい

風呂入ってビール飲んで寝ました。

ベランダから身を乗り出して300mmレンズをつけたEOS Kissを手持ちで月を撮影しました。

食が進むにつれて露出時間を長くしなければいけないのですが手ブレが止められないので露出不足のまま撮影しました。

月食写真を整理してホームページに載せようかと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月10日 (土)

インターネットで時計合わせ

http://jjy.nict.go.jp/ntp/

ここです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨夜の変光星観測と今日の月食

昨日は満月でしたのでEOS Kissの固定撮影はやりませんでした。

20cmと10cmで食変光星の連続測光だけです。

20cmのオートガイドに使っているST-5が結露するようになりました。

近々にベーキングしないとイカンです。

10cmのスーパーポラリスに付けているSS2000PCは調子よくないです。

もともと、この赤道儀は型が古くてSS2000PCが付けられないのですが

ブラケットを自作してくっつけたものの

キーキー言うは導入に再現性が有ったり無かったり

駄々っ子みたいで付き合うのが大変です。

今朝の望遠鏡片付けは凍るような寒さでした。

今日の月食は観察場所が無いので時々道路に出て眺める程度にします。

ずーーーと外で見ていようと思っている人は強力なモビルスーツみないな防寒着が必要でしょう。

※続きです

V1130_tau_20111209rc

V1130 Tauです。

Tv_cet_20111209ic

TV Cetです。VSOLJでは初観測です。

と思ったら、1998年にKis氏が測光していました。減光部分の観測でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 9日 (金)

vsolj-news 283: AB Aur declining?

VSOLJニュース(283)
明るいHerbig Ae/Be星、ぎょしゃ座ABが減光開始か

著者:大島誠人(京大理)

 星は、分子雲と呼ばれるガスから作られます。分子雲の一部が何らかのきっかけにより収縮をはじめると、中心温度が上昇していきます。そして、一定の温度に達すると水素をヘリウムに変える反応が始まり、一人前の星(主系列星)として輝きはじめるのです。そのため生まれたての星、特に主系列星に達する前の星は多くの場合、まだ回りにガスや微粒子をまだ残していることが知られています。
 ぎょしゃ座ABは、そのような主系列星の前段階にいる星であるHerbig Ae/Be星と呼ばれる天体の一つです。このタイプの天体は、太陽の数倍の質量を持つ星が主系列星に達するすこし前の段階にある天体であるといわれています。前にも述べた通り周囲にはまだ物質を残しており、そのためこの物質が星の前面を通ることなどの原因によって不規則に変光を示すことが知られています。ぎょしゃ座ABは平常光度が6等台後半~7等前後と、Herbig Ae/Be星としてはもっとも明るく、近い距離にある部類の天体にあたります。そのようなこともあり、この天体は生まれつつある星の物理を知ろうとする研究者の重要なターゲットとなってきました。2004年には、すばる望遠鏡によってこの星が回りに円盤を持っており、うずまき状に惑星系が形成されつつある様子を直接捉えたという話題もありました。
 ところで、ぎょしゃ座ABはそれほど目立った減光の頻度が高い天体ではありません。前回減光したのは、1997年の冬のことでしたが、1等ほど減光したものの数日で元の明るさに戻ってしまいました。その後はまた長らく6等後半の光度を保ちつづけていました。しかし、12月6.9日(世界時)にColin Henshawさんによりこの天体が14年ぶりに7.4等まで暗くなっているところが確認されました。この報告をうけ、ハンガリーのFidrich Robertさんによって確認観測を行われ、7.3-7.4等であることが報告されました。平常光度が6.8等前後なので、現在0.数等暗い状態ということになります。
 この減光がどれくらい続くかはまったく予想がつきません。7日にColinHenshawさんが報告したところではまた平常光度に近づいているのではないか、とのことです。前回の減光が数日で終了したことを考えると、今回もこのまま元の光度に戻ってしまうのかもしれません。あるいは、逆にまた減光を始めて、長く暗い状態を続けるかもしれません。そのような点でも興味深い天体です。大きめの双眼鏡があれば容易に観測できるターゲットですので、ぜひこの機会に目を向けてみてはいかがでしょうか。

参考文献
baavss-alert 2789, 2791, 2794
Fukagawa, M. et al. Spiral Structure in the Circumstellar Disk around AB
Aurigae" PASJ, 605, 53 (2004)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

皆既月食の撮影露出時間

撮影準備を進めています。

テスト撮影は月齢10のような明るい月で行なっています。

http://www.astroarts.co.jp/special/0716mecl/ecl04-j.html
ここを見たら

驚きです!

Lunar_eclipse_exp_table

例えば満月が1/1000secで適正だとしたら

皆既食中は60sec露出だそうです。

これは、ぜったい赤道儀が必要だ!

20111209

んーー、ベランダから高度77度は無理だ。

撮影場所が無いなー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 8日 (木)

どっちのレンズで月食を撮るか

結局、どっちのレンズで月食を撮るか

以前から持っていたレンズで月を撮影するとピンボケっぽく感じてました。
http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/20111122-ffdd.html

そこで、タムロンのズームレンズを買いました。
http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-6e03.html

この2つの画像を並べると、

Moon20111113 Moon20111204

左が古いレンズ使用。右は買ったレンズを使用。

古いレンズはスリービーチ製作でピントは出ていたようにもみえます。

お金を借りてまで買ったのにもったいない事したか?

いや、古い300mmの方がだいぶシャープネスを大きくしたので

にしても、どっちでも良いような?

こういうのは不慣れもあってわかんないです。

念のため、撮影データをまとめます。

★スリービーチ300mm
太陽
 ND400を2枚重ね、ISO100, f=300mm(F32), 1/125sec
 レンズの無限マークに合わせた

 ISO100, f=300mm(F5.6), 1/250sec
 レンズの無限マークに合わせた

★タムロン300mm zoom
太陽
 ND400を2枚重ね、ISO100, f=300mm(F32), 1/60sec
 目でピント合わせた

 ISO100, f=300mm(F5.6), 1/1000sec
 目でピント合わせた

露出時間って結構テキトーでいいのかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

USB-パラレル

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/vbausbiodllusb-.html
これの続きと言えるか??

秋月さんUSB-IO2.0を買おうかな~

って思ったのですが

今はお金が無いので

持っているテクノキットさんのUSB-IOV8を使ってみようと

20111208

配線だけなんですが、USBでCV-04(武藤工業 冷却CCDカメラ)を動かしてみようかと。

このプログラム作成は難航するでしょうね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 7日 (水)

ホームページ更新

Vsnet-ecl Minima Databaseを更新しました。
http://eclipsingbinary.web.fc2.com/vsnetmin.htm

4371から4459までを追記しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

皆既月食天気予報とライブ中継

2011年12月10日、日本各地で皆既月食が見られます。

半影食のはじまり:20時31分
部分食のはじまり:21時45分
皆既食のはじまり:23時5分
皆既食の終わり:  23時58分
部分食の終わり:  25時18分
半影食の終わり:  26時31分

さて、当日の天気を「月食天気予報」で調べると、
http://weathernews.jp/eclipse/

私の住んでいる関東は良さそうです。

お天気が悪かった場合はライブ中継を見ます。
http://www.city.himeji.lg.jp/hoshinoko/kansoku/live/live.html
 なよろ市天文台(北海道)
 札幌市青少年科学館(北海道)
 狭山市(茨城県)
 上尾天文台(埼玉県)
 成蹊高等学校(東京都)
 富山市天文台(富山県)
 明石月食中継プロジェクト(兵庫県)
 星の子館(兵庫県)
 西はりま天文台(兵庫県)
 倉敷科学センター(岡山県)
 薩摩川内市せんだい宇宙館(鹿児島県)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バーディノフ・マスク

20111207

紙で作ってみました。

これでピント合わせるのって、すんごく難しいです。

てか合いませんでした。

これとは別に

ここで紹介しているピント合わせの方法

http://www.d-b.ne.jp/goinhome/28aug07/main4_3.html

やってみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

vbausbio.dllがUSB-IO2.0に対応

2011-10-16
バケさんの電子工作の「vbausbio.dll」がKm2NetさんのUSB-IO2.0対応になってます。

http://bake-san.blogspot.com/
ここからDLLをダウンロード出来ます。

USB-IO2.0は秋月さんから1000円で買えます!
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-05131/

テクノキットさんのUSB-I/Oより安いです。
http://www.technokit.biz/usb_io_kiban/usb_iov8.html

VB5を使っている私の場合、これでUSB-IO2.0も扱えるって事です。

・価格比較

USB-IO2.0を秋月さんから代引で買った場合
 \1,800-

USB-IOV8をテクノキットさん代引で買った場合
 \2,315- (Kitです)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011/12/4,5 食変光星観測

Dy_cet_201112041

11月にも観測した、DY Cetです。例によってゴチャゴチャなので

Dy_cet_201112042

今年の自分の観測だけで作った光度曲線です。11/1の比較星、おかしかったみたいですね。

V1130_tau_20111205

12/5の観測は違う比較星を使ったので一致しない訳ですが

2009年の観測も1/8と一致しないようです。

もう少し観測を続けた方が良さそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 6日 (火)

Kepler scores potentially habitable planet - December 05, 2011

http://blogs.nature.com/news/2011/12/kepler_scores_potentially_habi.html

w(゚o゚)w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/5 変光星観測

昨日のGPV予報は19時から曇りでしたので20cmは組み立てないで

ベランダにおきっぱなしの10cmとEOS Kissの固定撮影だけやりました。

固定撮影の画像を見ると、21時まで月が写っていて、それ以降はずっと曇りでした。

結局、全部の画像を捨てました。

10cmの方は24時までに撮った画像は使えそうです。

※以下は、測光結果のquicklookです

Dy_cet_20111204ic

10cmで測光観測したDY Cetです。極小は観測出来ませんでした。

V1130_tau_20111205ic

10cmで測光観測したV1130 Tauです。雲の影響が大きくて、これがrealか心配もあります。

Cw_eri_20111204rc

20cmで測光したCW Eriです。これは雲だらけで星が微かにしか写っていない感じでした。この観測は捨てます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タムロンズームのフォーカスチェック

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-4fbe.html
これの続きです。

ここで買ったEOS Kissに70-300mmのZOOMをつけて300mmで太陽を撮影しました。

20111204sun

左は目でピントを合わせた物で、右は回しきった物です。

目でピントを合わせた方がフーカスが合う事が分かりました。

やっと、EOS Kissでピントの合った月・太陽を撮影出来そうになりました。

どちらも、ND400を2枚重ねて、ISO100, f=300mm(F32), 1/60sec で撮りました。

フィルターをセロテープで付けています。一度、撮影中に取れました。太陽光が入ってしまい危険でした。こういう時はミラーレス一眼だったら壊れていたでしょうね。次の給料日にステップアップリングを買おう。

20111204moon

これは月です。

目でピントを合わせました。ISO100, f=300mm(F5.6), 1/1000secで撮りました。

まぁーだピンボケですが、必ずどこかでピントが合う事までわかりました。

にしても微妙なんですね。今の自分だとこれが実力って所です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 5日 (月)

2011/12/4 変光星観測

昨日は10cmのSP赤道儀をDY CetにGOTOさせたらあんまりズレていたので中央に入れてシンクロしました。
このまま、AutoPilotに自動で移行してましたが、カタログした座標は今までの導入ズレを補正したものでしたので
全部、ズレていて変光星は写っていなかった。
バカでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EOS Kiss用インターバルタイマーの作成2

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/eos-utility.html
これの続きでもあります。

暗い変光星をデジカメで撮影するには露出時間を長くする必要があります。

EOS Kiss digitalの場合、30秒以上の撮影はBlubを使う事になります。

連続撮影をしたいのですが、

USB経由でPCに接続しても30秒露出以上のインターバル撮影は出来ません。

そこで、自作のインターバルタイマーを改造して長時間露出対応にしました。

http://eclipsingbinary.web.fc2.com/eos_timer.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 4日 (日)

DLNA

リビングのTVにささっていたLANをBDデッキ(BDZ-RX100)にさしかえました。

BDに録画したビデオを他の部屋のTVやPCで見たいからです。

他の2部屋にはKDL-16M1と言うTVがありLANに繋がっています。

デッキもTVも簡単な設定でビデオが見れるようになりました。(何故か見えないタイトルがある)

録画予約も出来るんですね。

では、PCは

PCはWindows7 HOMEです。

Dlna_201112041

ネットワークを開くとデッキが見えています。

Dlna_201112042

でも、ビデオは見られない。

Dlna_201112043

ネットワークの共有設定を変えたらデッキの方からこのPCのMACアドレスが未接続機器リストに追加された。

すかさず、接続機器に設定しました。

Dlna_201112044

すると、今度は録画したビデオのタイトルが見えるようになりました。

Dlna_201112045

番組をダブルクリックしてみると、こんなでした。

この戦いは長く続きそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

望遠レンズを買いました

月や太陽の撮影で長めのレンズが欲しいのですが

持っているのはオリンパスの135,200,300で、これをEOS Kissに付けると

フォーカスが甘いんです。

変光星の撮影には気にならなかったのですが、「月」となると気になります。

それで、これらのレンズにMeade LPIを付けて月食・日食を撮影しようと試みました。

しかし、フォーカスはいいのですが、PCが必要で、さらに画角が狭いのでポタ赤とかも必要になりそうです。

月食・日食がベランダから見られないので必ず出かけるようになります。

そんな状況で設備が多いのは問題です。日食なんか2km先の海岸まで自転車で行こうと思ってますし。

そこで、

20111204

タムロンズームを買いました。

この2か月でCD-1赤道儀、Loptop PC、望遠レンズを買いました。飲み会も多くて

かーちゃんにお金を借りてます。

来年の連星研究会に行く事のは絶望的!

プロもアマも、こういった旅費は大変ですが、アマは観測機器も自前で用意するので

お金が続かないです。

サラリーマンのお小遣いでまかなっている訳で、

もっと大きな望遠鏡・もっとラージで量子効率の良いCCDを!と思ってますが

つねに資金はzero付近です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年12月 3日 (土)

EOS Utility

CANON EOS Kiss digitalを使っています。

PCでインターバル撮影をするときは付属CDに入っていた「RemoteCapture」を使います。

露出時間と撮影インターバルなどを設定するとインターバル撮影をしてPCに画像を保存して行きます。

今まで不自由を感じていませんでしたが

月光天文台でVW Cepを撮影した際に露出不足を感じました。変光星が暗いとちゃんと写ってくれません。

RemoteCaptureで設定できる露出時間はEOS Kiss digital本体が持っている30秒露出が最長です。

本体にはBulbもありますがRemoteCaptureからは制御出来なくなります。

調べているとCANONがWebで提供している「EOS Utility」ならBulbでも露出時間が設定出来るとの事で、

早速、試してみる事にしました。

EOS Utility 2.7.3 アップデーター for Windowsは下記からダウンロード出来ます。
http://cweb.canon.jp/drv-upd/dc/eu273ja.html

このソフトはEOS Kiss digitalの場合はWin 2000とXPしか動作しないのでした。XPのLaptop PCを修理して良かった!!

201112031

これは30秒露出の場合の設定画面です。30秒露出だったら「RemoteCapture」でも出来てます。

201112032

これがBulb設定です。

あっ、あれ?

カメラの絵のボタンが押せなくなってます。

メニューのツールも使えなくなってます!

なっ、なんと、これじゃ「RemoteCapture」と同じです。

どうやら、EOS Kiss digitalでは長時間露出は出来ないのでした。

ざんねん、

2分とか3分の露出のインターバル撮影が出来ないと暗めの変光星を自動で連続撮影出来ないです。

残る手としては

http://eclipsingbinary.web.fc2.com/eos_timer.htm

ここで作ったインターバルタイマーに2分とか3分の露出の機能を付加するって事になりますが...

面倒です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

OW HyaとLO Hya

自分のProgram starのOW HyaとLO Hyaの極小予報をしました。

まず、暫定要素ですが、

OW Hya
 minI =2455268.1469+14.39298xE
 minII=2455275.3434+14.39298xE
LO Hya
 minI=2455549.1422+2.499629xE

これで算出するとLO Hyaはありませんでした。
今年もそうですが、ずーーとLO Hyaの食はみられません。

Name    p/s    date      time  alt.
------------------------------------
OW Hya  pri  2012/ 1/ 3  26.4  44
OW Hya  pri  2012/ 2/ 1  21.2  24
OW Hya  sec  2012/ 2/ 8  26.0  37
OW Hya  sec  2012/ 3/ 8  20.8  40
OW Hya  pri  2012/ 3/15  25.5  20
OW Hya  pri  2012/ 4/13  20.4  43
OW Hya  sec  2012/ 5/19  20.0  32
OW Hya  pri  2012/ 6/24  19.6  13
OW Hya  sec  2012/10/24  27.7  24
OW Hya  pri  2012/11/29  27.3  39

今年のOW Hya観測は機器トラブルや悪天候で全て失敗でした。来年こそは!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホームページ更新

スマートフォンにしたのでi-mode用の月齢カレンダーが不要になり

削除しました。

それから、日本語トップページの「私の作成したハードウエアです」の「その他」へのLinkが間違えていたので修正しました。

ついでに、壁紙に「ぎょしゃ座」を追加しました。

http://eclipsingbinary.web.fc2.com/wallpaper.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 2日 (金)

2012年、天文現象

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/2012-486d.html
これの続きです。

11/28の半影月食が漏れてました。

20121128_l_eclps

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RR Lyrae型星の極大時刻決定

http://d.hatena.ne.jp/meineko/20111126
こちらのお話しで

>Minima25cだと様々な手法で求めてくれます。
>http://members.shaw.ca/bob.nelson/Software/

と、紹介しましたので

試しにやってみました。

※私の所では、XP,VISTA,7で動きました。全て32bitです。

Minima_25c1

Hskさんが2011/7/20に測光観測された AR Her のデータを使いました。

トレーシングペーパー法で極大は 2455763.01130±0.0001 と出ました。

Minima_25c2

エクセルで光度曲線を描きました。縦の点線はminima25cで求めた極大時刻です。

一見、極大はもっと右?と思ったりしますが

増光と減光の直線が交わる所は、たしかにminima25cの示す所に見えます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月 変光星観測月報

2011年11月は 9夜 / 54星 / 1578測光 でした。

観測夜数は一桁でしたが、1500以上の測光が出来ました。

これは自動観測がSP赤道儀(スーパーポラリス)によって再開したからです。

天気は相変わらずよろしく無いです。

2009/12 20夜 / 34星 / 2769測光
2010/01 21夜 / 34星 / 2641測光
2010/02 14夜 / 19星 /  762測光
2010/03  9夜 / 20星 /  738測光
2010/04  8夜 / 16星 /  454測光
2010/05 12夜 / 23星 / 1631測光
2010/06  5夜 /  9星 /  547測光
2010/07 11夜 / 19星 / 1497測光
2010/08 18夜 / 29星 / 2747測光
2010/09 13夜 / 21星 / 1429測光
2010/10  9夜 / 16星 /  309測光
2010/11 16夜 / 32星 / 1776測光
2010/12 17夜 / 37星 / 2509測光
2011/01 18夜 / 43星 / 2183測光
2011/02 10夜 / 25星 / 1196測光
2011/03 10夜 / 24星 /  934測光
2011/04 10夜 / 16星 / 1582測光
2011/05  5夜 /  9星 /  330測光
2011/06  2夜 /  8星 / 1310測光
2011/07  9夜 / 10星 / 1756測光
2011/08  4夜 / 10星 /  418測光
2011/09 11夜 / 28星 / 1746測光
2011/10  8夜 / 18星 /  670測光
2011/11  9夜 / 54星 / 1578測光

EOSの望遠による連続測光は中断してますがアイベルのCD-1ポタ赤を買ったので活用する方法を考えたいです。

GT赤道儀のAutoGuideで使っていたDSI ProもSP赤道儀になってから使わなくなったのでGT赤道儀の修理が終わるまで別な観測に転用したいです。

SEXTRACTORに関連する一連の測光システムは出来上がったのですが、手作業の測光値と一致しないので

どー扱うか

悩んでます。

これとは別に、月食/日食にそなえてテスト撮影をしていますが、

どーーも上手く行かないです。

EOSにオリンパスのレンズを付けた物がピントが甘くて

LPIに切り替えようとしていますが、

PCとか必要で、どうにも大がかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

USB LEDライト

貰いました。

観測用に自作のUSB LEDライトを使ってましたが

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/led-83e6.html

暗くて、なにより台が無くて手で持って使ってました。改造すりゃいいいのですが、ずっと不自由を感じながら使ってました。

201112021

これが今度のライトです。すごく眩しいんです。この明かりだけで生活出来そうです。

ともかく、観測中には眩しくて困っちゃいます。

あと、軸がフニャフニャで自分の重みでグニャッとなってしまいます。

この写真は、軸にスズめっき線を巻きつけてセロテープでグルグル巻きに固定してます。グニャグニャは落着です。

201112022

これはUSBのVbusラインにボリウム抵抗を入れて電流制限させた物です。テキトーに5Kの抵抗にしましたが良い感じ明るさ調整が出来るようになりました。

あと、PCを止めると使えない!と言う問題があり、年中動いているLive CameraのUSBにさしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アンドロイドマーケットが更新できない

なんだか急に更新出来なくなりました。

アップデートがあります。という表示が出て

マーケットに行っても

更新できるものが、なーーんにも有りません。

最初は3件でしたが、今は、5件に増えました。

このまま増えてしまうのでしょうか?

Webを探したら

http://testblog-kuma.blogspot.com/2010/12/android_31.html#!/2010/12/android_31.html

が、

ありました。

これをやったら

治った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 1日 (木)

2012年、天文現象

今年もあと一か月になりました。来年の天文現象を調べると、大きなイベントが3月から8月に固まっています。とても珍しい現象もあります。

3月14日(水)金星と木星が夕方の西の空で接近
5月21日(月) 金環日食(6:20~9:00)
6月 4日(月)部分月食(18:59~21:07)
6月 6日(水)金星日面通過(7:03~13:56)
7月 1日(日)金星と木星が明け方の東の空で接近
7月15日(日)木星食(13:02~14:01 月齢26.6)
8月14日(火) 金星食(2:43~3:34 月齢25.6)
8月15日(水)火星と土星が夕方の南西の空で接近

分かり易くする為に簡単な図を作りました。

★3月14日(水)金星と木星が夕方の西の空で接近

201112011_2


★5月21日(月) 金環日食(6:20~9:00)

201112012_2


★6月4日(月)部分月食(18:59~21:07)

201112013


★6月6日(水)金星日面通過(7:03~13:56)

201112014


★7月1日(日)金星と木星が明け方の東の空で接近

201112015


★7月15日(日)木星食(13:02~14:01 月齢26.6)

201112016


★8月14日(火) 金星食(2:43~3:34 月齢25.6)

201112017


★8月15日(水)火星と土星が夕方の南西の空で接近

201112018


これ全部見たら忙しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Bob Nelson's O-C files

今まで、 http://binaries.boulder.swri.edu/binaries/omc/ を見ていたんですが

彼はAAVSOの http://www.aavso.org/bob-nelsons-o-c-files の方を更新しているのでした。

それで、私の英語版ホームページの方のLinkを修正しました。

http://eclipsingbinary.web.fc2.com/link-e.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »