« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月30日 (水)

スカイセンサー2000PCをブラッシュアップ

何日か前にやりました。

いやいや、そんな大層な事をやった訳では無いです。

やったのは、10cmのSP赤道儀に付けている方のスカイセンサです。

まず、内蔵時計を合わせました。10分とか進んでいました。

ついでに観測地の東経・北緯を確認。これは茅ケ崎になってました。

つぎは、朝の片付け作業で望遠鏡を東水平にしてカバーを被せるのですが、

太陽に向かない設定になっていて難儀する時がたびたびでしたので

「タイヨウカンソク」を「スル」にしました。

それから、モーター速度の所ですが

デフォルトでは、

モータ: コウソク ↑↓チュウ テイ
0000-1200/4/4 32 2.0

ってなっています。これを

モータ: コウソク ↑↓チュウ テイ
0000-0300/4/4 32 2.0

にしました。

こうすると、導入速度が1/4になり静かになります。よなかじゅう、ガーガー言っていた訳ですから、これで静かになりました。

最後に

2点アライメントして、それ以降、南北のズレが気になって

バックラッシュはRAもDECも000でしたが、DECだけ100にしました。

アライメントはやり直さずに、バックラッシュだけ値を変えました。

これって「有り」?

※バックラッシュは効果なかった、でもRAも100にした

それで、この導入時のズレですが、GT赤道儀の時はどこに向けても一定量のズレでした。

しかし、SP赤道儀の場合、(特に南北方向ですが)ズレ量が一定していません。

この赤道儀では、あらかじめ目的星をカタログして順次導入させるAutoPilot観測をしています。

面倒なんですがカタログしてある星の座標を一つ一つ書き直しました。

Ow_hya_20111124_cord

これはOW Hyaの画像で、画角は0.66x0.44degreeです。

望遠鏡を南に0.1度ずらせば変光星と比較星が測りやすい位置に来ます。

そうなるようにOW HyaのRDを書き直しました。

ある一晩に撮影した2~300枚の画像を調べて全ての変光星のRDを書き直したら

全部が測光可能な位置になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月29日 (火)

まぁた今日も曇ってる

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-9aca.html

これの続きです。

結局、今朝になってもベッタベタに曇っています。

274枚の雲の写真を撮ったようです。

(;ω;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Windows 7でmeade LPIを使うには

Windows7 StarterでLPIのドライバーがインストール出来ませんでした。

Webを探すと

http://meade4m.com/forum/index.php?topic=1747.0

がありました。

Trust Webcam 14823っていうRegistryがたくさんあります。それを全部 MeadeLPIに変えます。

その後、Envisageを起動させるとLPIが使えるようになっていました。

ただー

USBのWebCamとして認識されていて

長時間露出とか動作が妙です。

これじゃ単なるUSBのCAMです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月28日 (月)

まぁた今日も曇ってる

おとといのLL Aqrの副極小は建物に邪魔されて観測出来ませんでした。

昨日の「月と金星」は建物の邪魔もありましたが、そもそも曇ってた。

今日のOW Hyaの食は雨が降りそうな位に曇ってます。

ちゅきしょー!

って事で、雨覚悟で10cm+CV-04を動かしました。

朝まで自動で観測させます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

分光解析ソフトのアップデート

Visual Spaceが11/21にアップデートされたかも?
http://astrosurf.com/vdesnoux/

ISISが11/28にアップデートされました。
http://www.astrosurf.org/buil/isis/isis.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

OW Hya

今日は私のProgram StarのOW Hyaの食があります。たぶん。

時刻は26.8時です。

Ow_hya_20111128_chart

アルファードの直ぐ東に居ます。

ベランダからバッチリ見れます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

acer AOA150のディスプレイ部を交換

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-e5ac.html
これの続きです。

LCDを壊してしまって

新しいPCを買いました。

ただ、壊れたPCの方はバッテリーとか買い足していて

結局、中古で同じのを買いました。色違いですが。送込で21,400円でした。

中古が届いてからあれこれインストールか~と考えると面倒になってきて

そだ!

LCDのあるディスプレー部を交換してしまおう!それなら面倒なインストールもしなくていい!

さらに

Office2010を買い足すのかと思うとお金が掛かり過ぎるので困ってしまってました。

分解方法は、ここに丁寧に書いてありました。
http://dmf36z.blogspot.com/2011/03/acer-aspire-one-aoa150.html

201111181

こんな風にdisplay部と本体を分離し、

入れ替えました。

201111182

元々黒かったのですが、上がブルーで下がブラックのPCになりました。

買った方はLCDは使えませんが外部Displayをつなげば使えるので

いずれ、何かの役に立つかも知れず、2万円も掛かった割には損した気分では無いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/26 変光星観測

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/20111126-3552.html
これの続きです。

EOS Kissの固定撮影の方はオリオンしか写っていませんでした。

Vv_cet_201111261

これは10cmで観測したVV Cetです。ゴチャゴチャしているので私の観だけで光度曲線を描くと

Vv_cet_201111262

こうなります。

観測は主極小でしたが、まばら過ぎて怪しいデータです。報告はやめよう。

Aq_psc_20111126

これは20cmで観測したAQ Pscです。周期が短くて明るいのですがVSOLJの観測は少ないです。

変光範囲が小さいからでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月27日 (日)

夕方、南西の空に細い月と金星が並んで美しい

20111127

2011/11/27 17時0分の南西の空です。

月と金星が並びます。

私の所からは障害物で見れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LPIで太陽

12月10日に皆既月食があり、来年は金環日食があります。

EOS Kissにf=300mmレンズをつけて撮影するテストをしましたが、

今一つ、ピンボケっぽく感じてます。

そこで、今度はMeade LPIにf=300mmレンズを付けて太陽を撮影しました。

201111271

フォーカスは合いそうですが画角が狭くてカメラ三脚に固定だと追尾が難しいです。CD-1赤道儀とか使わないとイカンです。

中央が飽和してしまいます。jpegで撮りましたが露出時間を短くしてfitsで保存して後から現像するとよいでしょう。

にしても、日食は海岸まで自転車で行って。っと思ってますので

カメラと三脚は仕方がないものの、PCと赤道儀も、ってなると別な方法にしたくなります。

では、せめて赤道儀は無し。って事で135mm望遠レンズに変えてみました。

201111272

SBIG ST-5用のカメラアタッチメントを使ってオリンパスのf=135mm(F3.5)をLPIに付けます。

ND400フィルター二枚重ねはサイズが合わないのでセロテープで固定。他に口径を22mmに絞りました。

201111273

これもフォーカスが合いそうです。

月食の方が先なので、このシステムでフォーカス合わせと月の露出時間検討をする事になるのでしょうけれど

やっぱり、手軽なデジカメで撮影したいです。

※つづき

中央の飽和が気になって、もう少しいじってみました。

201111274

D=22mm f=135mm(F22), ND400x2は同じで

撮像ソフトEnvisageの設定を以下のようにしました。

 Deep Sky: Min Quality 0%, Evaluation Count 1
 GAIN 100, Offset 50
 0.0001sec exp.

jpegですが飽和は無くなりました。

あと、IR cutを取ってしまっているので、そのせいでフォーカスが合わないのかも?

Windows7 StarterでLPIのドライバーがインストール出来ませんでした。メモリーが足りないみたいに言われました。十分にあるのに

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/26 変光星観測

昨夜は晴れたり曇ったりでまともに晴れていたのは24:45から25:45の一時間だけでした。

20cmも10cmもEOS Kissの固定も動かしていたので画像がたくさんあります。

こんな天気の時の画像は労力をかけても測光結果が芳しくないので憂鬱です。

だけんど、やらないと終わらん。(溜めちゃイカン!)

今月もそろそろ終わりですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/24 変光星観測

Asas01593703310_20111124

10cmで測光したASAS015937-0331.0です。

空は良かったのですが結果が芳しくないです。主極小ですが曲線のシェイプが見えないです。

Uv_psc_201111241

これは20cmで測光観測したUV Pscです。こちらは変光範囲が大きくて極小がハッキリ見えています。

Uv_psc_201111242

13夜目の観測で、主極小でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月26日 (土)

2011/11/25 変光星観測

昨夜は新月で快晴でした。

が、

職場の送別会で飲み会でした。

さんざん飲んで家に着いたのが25:30でした。

それから観測でしたが、

面倒なんで

SP赤道儀の10cmでSS2000PCのAutoPilotと、

固定のEOS Kissによる「夜空の連続撮影」だけやりました。

それからお風呂に入って、飲み直して

寝たのが27時

今朝は6:30に飛び起きて片づけをしました。あんまり遅いと日の光が心配です。

でも、この季節だと太陽は低くて、ぜんぜん大丈夫でした。

眠いし、頭痛いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LL Aqr

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/ll-aqr.html
これの続きです。

今日の19時が副極小です。

Date:      Time:  Type:  HJD:
----------------------------------
26-11-2011 18:55 sec 2455891.91377

Ll_aqr_20111126_chart

んーーー。南中過ぎています。ベランダで観測は無理かな.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月25日 (金)

スカイセンサー2000PCでAutoPilot

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/2000pcautopil-1.html
ここで紹介したプログラムをホームページで公開しました。

http://eclipsingbinary.web.fc2.com/dload-1.html

ここの「39-2.スカイセンサー2000PC 自動観測支援 Ver1.00」です。

予め設定した天体の中から最初に南中する天体に望遠鏡を向けるプログラムです。
その天体が南中したら次に南中する天体に望遠鏡を向けます。
これを繰り返します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月24日 (木)

月光天文台に行ってきました

201111221

日没後、徐々に曇りだしてしまいました。

天文台には18時半に到着して、私はすぐにVW Cepの連続撮影を始めました。

201111222

CD-1赤道儀のEOS Kissを乗っけてインターバル撮影です。

でも、19時半には完全に曇天になってしまいました。

22時まで雲を撮り続けました。

201111223

その間、天文台見学なのですが、50cmが故障中で、20cm屈折で木星をみました。

と言っても、それも雲が邪魔してちゃんと見えません。

201111224 201111225

その後、ちょっとだけ晴れ間が出たり出なかったりで 22時半から24時まで天体写真撮影をしました。

201111226 201111227

2時半に寝て5時半におきました。すがすがしい朝です。

201111228

朝は地学館見学

201111229

そして、太陽黒点の観察

いつもよい帰りが遅くなって渋滞などもあり、家に着いたらグッタリでした。

※VW Cepの測光をしました。惨憺たる結果でした。
 暗すぎた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月23日 (水)

ミラの光度曲線

twitterの方に載せたのですがblogにも

Omicron_cet_lc_20111122

デジカメで観測したミラの光度曲線です。

極大付近の一か月以上が雨か曇りで観測出来ていません。

まったくもー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月22日 (火)

2011年12月の食変光星予報

2011年12月の明るい食変光星の極小予報です。変光範囲が1等以上で10等より明るい星を予報しました。高度は東京での高度です。

★ 12月の予報 ★

星名                  日   時刻    高度  食継続時間
CASRZ                  5   22.4      55  4.9
CASRZ                  6   27.1      35  4.9
CASRZ                 11   21.9      55  4.9
CASRZ                 12   26.6      36  4.9
CASRZ                 17   21.3      55  4.9
CASRZ                 18   26.0      36  4.9
CASRZ                 23   20.7      55  4.9
CASRZ                 24   25.4      37  4.9
CASRZ                 29   20.1      56  4.9
CASRZ                 30   24.8      38  4.9
CASRZ                 31   29.5      18  4.9

CASTV                  6   24.4      34  7.8
CASTV                  8   19.9      64  7.8
CASTV                 15   25.9      19  7.8
CASTV                 17   21.4      51  7.8
CASTV                 26   22.9      35  7.8
CASTV                 28   18.4      65  7.8

CEPEK                  3   25.6      20  6.4
CEPEK                 12   22.1      32  6.4
CEPEK                 21   18.7      47  6.4
CEPEK                 25   28.9      17  6.4

CEPU                   4   23.6      39  9.0
CEPU                   9   23.2      39  9.0
CEPU                  14   22.9      39  9.0
CEPU                  19   22.6      39  9.0
CEPU                  24   22.2      39  9.0
CEPU                  29   21.9      40  9.0

CEPZZ                  2   25.9      21  6.2
CEPZZ                  4   29.4      13  6.2
CEPZZ                 13   19.0      53  6.2
CEPZZ                 15   22.4      35  6.2
CEPZZ                 17   25.8      18  6.2
CEPZZ                 19   29.2      14  6.2
CEPZZ                 28   18.8      50  6.2
CEPZZ                 30   22.2      31  6.2

CRBU                  17   28.8      34 11.6
CRBU                  24   26.5      14 11.6

CVNRS                  1   26.1      19 12.7
CVNRS                 25   25.9      33 12.7

CYGV0393               1   18.4      50 29.4

DRAAI                 20   29.9      38  5.2
DRAAI                 26   29.8      40  5.2

LACCM                  2   19.2      63  4.2
LACCM                  5   24.2      11  4.2
LACCM                 10   19.7      51  4.2
LACCM                 18   20.3      40  4.2
LACCM                 26   20.9      29  4.2

LACRT                  3   18.1      74
LACRT                  8   19.9      51
LACRT                 13   21.6      29
LACRT                 18   23.4      10

LIBdelta              30   29.8      34 12.8

ORIV1016               8   21.1      31 15.7

PERbeta                2   20.4      69  9.6
PERbeta               16   28.4      10  9.6
PERbeta               19   25.3      40  9.6
PERbeta               22   22.1      73  9.6
PERbeta               25   18.9      69  9.6

PERIZ                 10   23.8      46 10.6
PERIZ                 21   25.4      27 10.6

PUPAU                 17   25.6      12
PUPAU                 26   25.9      12

SGRV0505               4   18.5      16  5.7

UMATX                  1   29.5      79  8.8

UMIW                   3   27.5      34  9.4
UMIW                   5   20.4      32  9.4
UMIW                  10   22.8      31  9.4
UMIW                  15   25.3      33  9.4
UMIW                  17   18.1      33  9.4
UMIW                  20   27.8      35  9.4
UMIW                  22   20.6      32  9.4
UMIW                  27   23.1      32  9.4

VULZ                  21   18.2      24 10.6

name                 period     RA      RD   Type    mag
CASRZ                1.1952    2h48m  +69゚38  EA  6.2 -7.7
CASTV                1.8125    0h19m  +59゚ 8  EA  7.2 -8.2
CEPEK                4.4277   21h41m  +69゚42  EA  8.0 -9.3
CEPU                 2.4930    1h 2m  +81゚53  EA  6.8 -9.2
CEPZZ                2.1417   22h45m  +68゚ 8  EA  8.6 -9.6
CRBU                 3.4522   15h18m  +31゚39  EA  7.7 -8.8
CVNRS                4.7977   13h10m  +35゚56  EA  7.9 -9.1
CYGV0393             13.633   19h58m  +43゚18  EA  9.0 -10.0
DRAAI                1.1988   16h56m  +52゚42  EA  7.1 -8.1
LACCM                1.6046   22h 0m  +44゚33  EA  8.2 -9.2
LACRT                5.0738   22h 1m  +43゚53  EB  8.8 -9.9
LIBdelta             2.3273   15h 0m  -08゚31  EA  4.9 -5.9
ORIV1016             65.432    5h35m  -05゚23  EA  6.7 -7.7
PERbeta              2.8673    3h 8m  +40゚57  EA  2.1 -3.4
PERIZ                3.6876    1h32m  +54゚ 1  EA  7.8 -9.0
PUPAU                1.1263    8h17m  -41゚42  EB  8.5 -9.5
SGRV0505             1.1828   19h53m  -14゚36  EA  6.5 -7.5
UMATX                3.0632   10h45m  +45゚34  EA  7.1 -8.8
UMIW                 1.7011   16h 8m  +86゚12  EA  8.5 -9.6
VULZ                 2.4549   19h21m  +25゚34  EA  7.3 -8.9

eof

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/22 太陽

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/20111113-10cf.html
これの続きと言えるかどうか...

ずっとボケ具合が気になっています。

そこで、ちがうカメラボディーに変えました。

あと、レンズのフォーカスを回しきっていましたが、無限マークを越えていましたので、無限マークに合わせました。

20111121sun1

> CANON EOS Kiss digital
> f=300mm(F5.6)レンズをF32に絞る
> フィルターはND400を2枚重ね
> ISO100で1/250秒露出
> レンズの無限マークに合わせた

低空で大気がユラユラしていました。

ここで、ふと思って、シャープネスをいじってみました。

20111121sun2

1/125秒露出でフォーカスは回しきっています。

ずいぶんと様子が変わりました。

じゃー、以前に撮った月は?

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/20111113-ff35.html

11/13に月を撮影しています。

これのシャープネスをいじってみました。

20111113_moon2

えっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月光天文台へ

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/1122-b15a-2.html
一応、これの続きかな。

今日は【平博】の天体観察会で静岡県の月光天文台に宿泊合宿です。

20111122sky

今晩21時の様子です。

こりゃダメですね。

せっかく、CD-1赤道儀を買ったのに

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/20 変光星観測

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/20111120-76cb.html
これの続きです。

Bz_eri_20111120_sec_rc

BZ Eriの光度曲線を作りました。

今回の観測は副極小です。

副極小は2002年1月と2011年1月にも観測しています。

O-Cに大きな変化は無さそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Cygwinをinstallしてみた

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/cygwininstall-9.html
これの続きです。

Cygwin_sex_250

だめだ

わからん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月21日 (月)

2011/11/20 変光星観測

昨日はいつものように日中は晴れていて日没後に曇りでした。

それでも、10cmのSP赤道儀をアライメントしたくて雲が取れるのを待っていたら

20時ちょうどから晴れました。その晴れは25時まで続きました。

せっかく粘ってアライメントしましたが、その結果は良くなさそうです。画像を確認してやり直すか何かにシンクロさせるか決めます。

昨日は20cmも組み立てていました。これもアライメントが失敗していて星が導入出来ません。仕方がないので、もう一度やりなおりました。

20cmでBZ Eri。10cmではSS2000PCのAutoPilotだけやりました。

今朝がた、EOS Kissに200mm(OMレンズ)をつけて月を撮りました。

300mmのボケ具合が嫌だったので200mmでもためしました。

これもボケます。

今までに135,200,300mmで月や太陽を撮りましたがピントが合いません。

これらのレンズはオリンパスです。

それをCANON用の変換リングをつけてEOS Kissにつけている訳ですが、

この方法だとピントが合わないようです。

EOS Kiss用のレンズだと100mmまでしか持っていない。

こまったな

※続きです。

BZ Eriの光度曲線のクイックルックです。

20111120_bz_eri_rc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

工学院のプラネタリウム

20111119_planet

工学院大学自然科学研究部が自作したプラネタリウムです。

球に穴あけするわけですが

一人でやって三日間掛かったそうです。

でも、三日って早いと感じました。

プラシートで作ったドームの外側を黒く塗って遮光してました。

それでも、設置した教室を暗くする必要はあります。

実際に見てみると星座は良くわかります。

星の明るさは実際の空というよりもパソコンで見ているように見えました。

手造り感満載でしたが良く出来ています!

学園祭は11/20から11/22までです。
http://www.ns.kogakuin.ac.jp/~wws5011/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月20日 (日)

2011/11/13,16 食変光星観測

Asas00134306563_20111113

11/13に観測したASAS001343+0656.3です。初観測です。観測開始付近のデータが怪しいです。

Dy_cet_20111116

11/16に観測したDY Cetです。11/1は設置したばかりの(Super Polaris)SP赤道儀で観測したものです。ガイドが甘かったり画面の端っこだったりでした。

Dv_psc_20111113

DV Pscです。RS typeの連星です。今年の光度曲線はどんな形でしょう?って、そろそろ今年も終わりじゃないですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月19日 (土)

ぼっかれた、観測用PC

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/pc-0d59.html
これの続きです。

下記3つの対策案があり

1.CPUファンの速度を上げる
2.観測星の数を減らしてみる
3.232Cの読込もする

昨夜、1と3を実施しました。

今朝になっても順調です。雨の中、望遠鏡もCCDも動作しています。

次の晴れ間で観測に使ってみて直ったか判断しよう。

ついでに、

3の「スカイセンサー2000PCでAutoPilot」
http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/2000pcautopil-1.html

も良さげなので

ホームページ公開する準備を始めよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FitsPhoto 5.00b

ほんの少しだけ変更しました。

http://eclipsingbinary.web.fc2.com/dload-1.html
ここの「20-1.FITS測光プログラム Ver 5.00」です。

クリップボードに測光値を書き込んでいますが

12.30等の場合 12.3 と書いていたのを 12.30 と言うように
必ず小数点2位まで書くようにしました。

オプションで小数点3位を選定している場合は3位まで書きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月18日 (金)

ぼっかれた、観測用PC

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/20111116-532d.html
これの続きです。

10cm反射望遠鏡用に使っているPCがリブートしてしまう件です。

CV-04 CCD(パラレル)とSS2000PC(USB-シリアル)を接続しています。接続だけなら、他にDSI ProとUSB CAMもつけています。

これが観測中にリブートしてしまうのです。現象はすぐには発生せず数時間通電後におきます。

Pc16_20111118

代替えPCを検討する目的で我が家にある16台のPCの内訳を作りました。黄色が壊れたかも知れないPCです。

CV-04を使うので必ずパラレルが必要です。DSI Proを使うならUSB2.0が必要で、寝床近くなので静かな方が良いです。

他にUSB2.0のPCMCIAカードを持っています。

CPU速度も気になり、そーなるとなかなか代替えが無いです。

事の発端は、DSI ProでSS2000PCのAutoGuideが出来るようにする目的で観測用PCを2000からXPにするにあたって休日にメモリーの入れ替えなどしたことからおかしくなっています。

ただ、232Cのアクセスをしなければ現象が起きないようにも思えます。それは、ステナビで232Cのアクセスをした途端にリブートした事がありましたので。

昨夜は曇天で星が見えない中でテキトーにアライメントして、メモリーの抜き差しなど、各部のコネクター抜き差しと言うオマジナイをして

20時頃からテスト観測を開始しました。

2:30過ぎにリブートしてしまいました。

その前日のデータを見ると、やはり2:30過ぎにリブートしています。

観測開始時刻は同じ位でした。2:30が特殊なのでは無くてPCの通電時間に何かあるのでは?とも思います。

あと、「SS2000PCでAutoPilot」の観測星を増やしてから現象が起きています。その事によって232Cのアクセス数が増えています。

そこで、次の対応策は

1.CPUファンの速度を上げる
2.観測星の数を減らしてみる

他の気がかりは、232Cの読込を一切行っていない影響でbufferがfullになっているかも知れない

使っているコマンドを調べると

http://www.meade.com/support/LX200CommandSet.pdf

Returnがあります。

そこで、

3.232Cの読込もする

まず、1と3を試してみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/22、月光天文台での観測計画

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/1122-b15a.html
これの続きです。

まったくもって、これを読んでいる人には関係ないのですが

自分のメモで書いてます。

部屋でCD-1ポタ赤を組み立てて(仮想的に)VW Cep方向に向けようとすると

カメラを予定している東西方向の構図にするとカメラが変光星方向に向かないのでした。

201111181

カメラを縦構図にした場合の図を作りました。レンズは80mm、カメラはEOS Kiss digitalです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月17日 (木)

2011/11/16 変光星観測

昨日は帰宅すると曇っていたので10cmだけ動かしました。

この10cm、オートガイドをしていません。

よって、変光星の座標にGOTOさせて、ともかくCCDをインターバル撮影にすれば、

晴れてくれれば星が写ってくれる事になります。

以前のGT赤道儀だと導入や追尾に難があり、そんな事できませんでしたが

SP赤道儀だと極軸を合わせる機能があるので導入も追尾もノータッチでCCD撮像に使えます。

で、DY Cetに向けて、ずーっと雲の撮影をして

やっぱり、途中から晴れだしてました。

その後、自動で「スカイセンサー2000PCでAutoPilot」に切り替わってカタログした変光星を撮影していました。

今朝はSS2000PCが南北反転の警告音を出しています!

えっ

2000PC AutoPilotが動いているのでそんな事にはならないハズ

PCを見るとリブートしてました!

今週に入って、この観測用PCが時々リブートします。やばいス。

別なPCに交換???

CV-04がパラレルなのでPCは限定されます。こまった。

あと、モーターが回りすぎて、かみ合い過ぎて、SS2000PCの矢印キーを押してもジージー言うだけで動きませんでした。

しかたがないので赤道儀のクランプを緩めました。

あーー、アライメントのやり直しだ!

「今日中にPCの入れ替えて今晩にアライメントする」はキビシーですねー。しばらく観測は中断かー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SEXTRACTOR

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/sextractor-2.html
これの続きです。

幾つかの機能を追加しました。

主な追加は2点で、

1)星をクリックすると測光値をV等級で表示

201111172

ηOriをクリックすると測光結果3.260cGを表示します。

2)変光星全部の測光結果リスト

V star measureボタンを押すとmeasurement.txtが出来ます。

GCVSname        Vmag.     type      Inst.mag     Hip mag
--------------------------------------------------------
CMAFR           5.133     GCAS      -10.276      5.480
ERIDV           5.216     LB:       -10.182      5.200
ERIDX           5.770     GCAS      -09.558      5.780
ERIEH           5.845     ACV       -09.473      5.710
ERIEM           5.997     *         -09.302      5.850
ERIS            4.940     RRC:      -10.493      4.780
ERIlambda       4.238     BCEP      -11.285      4.250
ERIlambda       5.855     BCEP      -09.462      4.250

このようになります。
ここで、ERIlambdaが2つあります。

これは複数の星同定をしているからです。

こういうのが沢山ありました。

エディターで一つ一つ削除する事になりますが、自身が無い物は同名の星をぜんぶ削除する事になります。

あとは、measurement.txtからstd形式のファイルを作成するソフトを別に作ろうと思っています。
その際、複数画像の結果を平均する事も考慮しようかと思っています。

これで完成した訳なのですが

たいへん出来の悪いソフトです!

操作を間違えるとアベンドするし、星同定後に星図ウインドウを広げてはいけないし
他にも様々な「おきて」が出来てしまいました。

そーとー丁寧なマニアルを作らないと人には勧められないです。

が、最初にLinuxを使ってSEXTRACTORを動かすと言う関門がありますが
それ以外は、単にプログラムをオペレーションするだけなので

高度な知識は不要です。

こういうのいいですよね。

なので、少し自分で使ってみてからマニアルを書いて公開します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月16日 (水)

分光宇宙アルバム

http://prc.nao.ac.jp/extra/uos/ja/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スカイセンサー2000PCでAutoPilot

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/2000pcautopilot.html
これの続きです。

スーパーポラリス赤道儀は11月2日にSS2000PCで2点アライメントしました。
http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/2011111-eab1.html

以降、アライメントはやり直していません。

11/13に「スカイセンサー2000PCでAutoPilot」をフィールドテストしました。
まだ、解析途中ですが、どうやらCCDの視野内に変光星が入ってくれていそうです。

昨夜も実施して(まだ動作中ですが)やっぱり視野内に変光星が入っていそうです。

望遠鏡の設置場所の都合で赤道付近しか見えないです。逆にこれが良い結果になっていそうです。

このプログラムはこのまま公開しても良さそうです。

GT赤道儀よりSS2000PCの方が導入精度が良いようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SEXTRACTOR

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/sextractor-1.html
これの続きです。

SEXTRACTORが吐き出した測光結果とヒッパルコス星表をマッチングさせて変光星の等級を求めるプログラムを作成中です。

201111161

前回の「Bugっぽい」までで星検出の方法を変えたところ、たくさん引っかかるようになったのですが誤検出も増えています。

赤線は中心が直線近似結果で、そこから外側へ±1σと±2σを引いています。

±2σを超えるデータを自動的に削除する機能を付けてみました。

201111162

「eliminate 2sigma error」をチェックしてから「Result Display」を押すとエラーが無くなるまで近似を繰り返します。

この結果が良いかどうかの判断は難しいです。

201111163

でも違和感を感じて

先に手動で幾つか削除してから自動で2σから外れる物を削除出来るようにしました。右下の大きく外れた物を手動で削除してから自動削除をしました。

個人的に欲しい直線になりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

メモリーの整理

デスクトップ用メモリーの整理をしました。

PC3200の増設をしたくて...

20111116_memory

ありませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/22、月光天文台での観測計画

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/1122-b15a.html
これの続きです。

お休みを取って行くことにしました。

夏の節電対策で11月の旗日を前倒しにして無理やりお盆に休みを取らされました。

よって、11月23日は出勤日になってしまった。

しかるに、11/22,23と二日間も年休を取るのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月15日 (火)

ソーラーチャージャー放電特性

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-2826-1.html

これですが

ぜんぜん充電されていませんでした!

今朝から太陽光による充電を再開します。

今度は一か月とか放置だ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぼっかれちゃった

acer AOA150-BW1を壊してしまいました。
http://kakaku.com/item/00200816911/images/

20111115

液晶を壊してしまった。

持ち歩ける、まともなPCはこれ位しか無いのに

これ以外となると viliv N5 Premium になりますが、近視+老眼で画面の文字が読めない。
http://www.umazone.jp/GOODSDETAIL-196

あと、容量が小さすぎてラップトップの主力機としては非力です。サブ機としては宜しくて(腰を痛める前までは)毎日持ち歩いていました。ただ、スマートフォンがあるので、そんなには活躍してません。

さて、どうしましょう。CD-1赤道儀を買ったのでお金が無い。PC買うなら本気で来年の連星研究会をあきらめる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月14日 (月)

2011/11/13 太陽

望遠レンズの対物レンズを22mmに絞っていましたが、

意味ないのでやめました。

20111112_solar_spot

以下は撮影データ

> CANON EOS Kiss digital
> f=300mm(F5.6)レンズをF32に絞る
> フィルターはND400を2枚重ね
> ISO100で1/250秒露出

口径はたったの9.4mm相当です。

このボケた感じを改善したいのですが、

NDフィルターを追加して絞りを開けば良いですが

濃いNDフィルターが無い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/13 変光星観測

昨夜は自治会の寄合で19時から21時まで出かけていました。

そのため、日没直後から観測の準備をして、すぐさま連続撮影を開始しました。それから自治会に行きました。

20cmでASAS001343+0656.3を観測し、10cmも同じ星に向けましたが上の階のベランダで見えませんでした。

そこで、10cmはDV Pscに向けました。先ほどのASASの星より僅かに南です。10cmはここが北限です。

標準レンズのEOS Kissによる「夜空の連続撮影」も初めて、

それから出かけました。

帰ると月がきれいだったので300mmで撮影しました。ベランダからは見えないのでカメラを持って外へ出て手持ちで撮りました。

20111113_moon

CANON EOS Kiss digital, f=300mm(F5.6)でISO100にして1/250秒で撮りました。

やっぱり、ボケた感じです。

でも、これで来月の月食を撮影する事になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソーラーチャージャー放電特性

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-2826.html
これの続きです。

約0.67Cで深放電した状態で

ベランダに置き去りにしました。

11/5の日の出から初めて11/12の日の出過ぎに確認したら「満充電LED」が点灯してました。とりあえず、家の中に移して充電を停止させました。

7日間で満タンになった事になります。しかも、その間、曇りか雨の悪天候でした。

さて、実際の充電量はいくらでしょう?

今日、測定してみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Cygwinをinstallしてみた

まず、 http://cygwin.com/  ここから setup.exe をダウンロードして実行させました。

途中、URLのリストが出てきますが、どれだか分かんないので一番上を選んで、installに変えて作業を進めると

3時間とか経っても終わりません。

そのままにして寝て、起きたら終わってました。

早速の(目的の)sextractorをインストールしようとしたら

201111141

Linuxは何をしても障害があり難物です。さて、libc.so.6って何?

たしかに /lib には無い。

どこからダウンロードしたらいいのだろう?

201111142

試しに。。。

ダメでした。

UNIXコマンド http://www.k-tanaka.net/unix/

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年11月13日 (日)

44000です

20111113_44000

http://eclipsingbinary.web.fc2.com/

ホームページのカウンターが44000になりました。

たしか、1995年12月に開設しましたので、16年掛かってます。

年間2750、月に229、日に7~8ってところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/12 太陽

久しぶりに太陽が見えました。

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/2011115-d415.html
これの続きが出来ました。

適正露出を探す話の続きです。

前回は

 CANON EOS Kiss digital
 f=300mm(F5.6)レンズをF32に絞る
 さらに口径を22mmに絞る
 フィルターはND400を2枚重ね
 カメラ設定のダイアルはAv(1/100秒露出だった)
 ISOは800

これだと露出オーバーでしたので

今度はマニアルにしてISO100でテストしました。他は同じで露出を少しづづ変えて撮影しました。

20111112_sun1 20111112_sun2

左は1/125秒、右は1/200秒

んーー、全体的には1/200だけど、周辺は1/125かな。黒点のコントラストも(処理によりますが)1/125が良いかな。

20111112_sun3

フォーカスが気になって135mmでも撮ってみました。どうやら300mmの方もあっているみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Some Binaries

V893_sco_20111113

Kis氏のV893 ScoというUG:の観測です。深い食です。

X_tri_20111113

2011/9/23のHsk氏の主極小観測を追加しました。14年間のデータです。

Ad_vul_20111113

AD Vulは周期が10日の連星です。主極小付近が観測されています。

Aw_vul_20111113

AW VulはHskさんしか観測していないです。10年の時を経て2回目の観測です。さすがです。

Bu_vul_20111113

BU Vulです。このところのHskさんの活躍は凄いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月12日 (土)

R CMi と S CMi が仲良く極大

こいぬ座の長周期変光星のR CMiとS CMiが

同時に極大付近です。

Cmi_r_20111112 Cmi_s_20111112_2

観測には7等台なので望遠鏡が必要でしょう。

Cmi_20111112

こいぬ座の南中は午前4時頃です。

http://nhk.mirahouse.jp/chart/charts_Hsy/cmiv.gif

http://nhk.mirahouse.jp/chart/charts_Hsy/cmis.gif

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は地域の一斉清掃の日

今年は自治会の組長なんで参加しないといけないんですが
http://www.geocities.co.jp/chigasaki_jichikyo/rengokai_shokai/chigasakirengo.html

にしても、腰が痛いス

※ずっと天気が悪かったのに、今朝から晴れちまった

雨天中止なのに

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日からフリートーク・プラネタリウム

Free_tk_201112

平博では11/12から11/27まで恒例のフリートーク・プラネタリウムです。
http://www.hirahaku.jp/planetarium/bangumi/index.html

と言っても行った事ないんです。

今年こそ!と思ってます。

お三方のそれぞれに伺いたいと思ってますが誰がいつ出番なのか分からない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Some Binaries

では、一気に光度曲線

Tz_lyr_20111112

Gp_peg_20111112

Iu_per_20111112

Kr_per_20111112

Kw_per_20111112

Rv_psc_20111112

次はSZ Pscです。

Sz_psc_20111112

活動の活発な連星です。光度曲線はメチャクチャです。観測システムがコロコロ変わるのは良くないのでした。

Vz_psc_20111112

今年のKis氏のVZ Pscはこれだけではありませんが、集計作業を始めてから以降の報告でしたので次の機会に追記します。

この追記作業は、VSOLJ-OBSへの投稿や手紙で頂いた報告の累計が1万レコードを超えたら行っています。

エクセルを使って手作業でグラフにしています。自動にしないのは光度曲線を見なくなりそうなので時間をかけて作ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月11日 (金)

Some Binaries

Zz_cyg_20111111

ZZ Cygです。周期0.63日の連星です。主極小の観測しかありません。

Ty_del_20111111

これは周期1.2日の連星です。こちらも手薄です。ベランダからは見れないです。

Pp_lac_20111111

PP Lacです。周期0.4日です。もしかして振幅が減った?

Sw_lac_20111111

SW Lacです。23年分の光度曲線です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GCVSファイルを作成

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/gcvs-39f7.html
これなんですが、

HipparcosとGCVSが別々のファイルだと何とも面倒です。

Hipparcosの座標を見て、これってGCVSの変光星かな~。なんて名前なんだろー。
と思いつつGCVSのファイルに該当が無いか探すわけなんですが

最初から、HipparcosとGCVSをマージしておけば探す手間が無くなるのでした。

で、Hipparcos.txtを下のような書式にしました。

34.836 , 11.97494444 , 9.33 , , ,
34.836625 ,-2.97705556 , 6.47 , 3 ,CETomicron , M
34.83995833 , 14.90888889 , 9.39 , , ,
  :
 :

RA,RD,Hip(V),Hip var flag,GCVS name,var typeの順

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月10日 (木)

ソーラーチャージャー放電特性

Solar_c

CEATECでソーラーチャージャーをもらいました。手のひらに乗るサイズです。

太陽光以外にUSBでも充電出来ます。

放電はUSB端子を使います。

このバッテリー容量を測定しました。

Solar_c_2

USBで満充電にして0.5Aの定電流放電したました。

その結果、0.75Ahもありました。

放電しきった所で、サランラップで巻いてベランダに放置しました。

数日後に太陽光充電量を測ってみます。

おそらく、満充電になるには10日位かな~って思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Bugっぽい

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/bug-8da9.html
の続きですが、

まず、カタログとのマッチング精度ですが、

20111110_st1

こんな感じになりました。だいぶ向上しました。

あと、直線近似の傾きの方は

大歩危(おおぼけ)してました。

この式は縦も横もピクセルが単位でした。等級で算出してみると、ほぼ1になってました。

よって、このまま進もう!

次は直線近似の所で自動で2σ以上の物を削除するルーチンを追加してみたい。

もし案配がよければ「2σ以上のエラーを自動削除」って機能を選択出来るようにする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Some Binaries

V651_cas_20111110

V651 CasはVSOLJでは初観測です。

Wz_cep_20111110

WZ Cepは2回目の観測でしたが、2回ともSizさんでした。

Cv_cyg_20111110

CV Cygはあまり観測が進んでいないようでもあります。

Wz_cyg_20111110

WZ Cygです。主極小の観測が多いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 9日 (水)

Some Binaries

Cx_aqr_20111109

CX Aqrです。いいかんじで観測できています。

Uu_aqr_20111109

UU AqrはKis氏がたくさん観測されています。これは近年の観測だけから作った光度曲線です。面白い形ですよね。

Ss_ari_20111109

SS Ariです。10/7のSiz氏の観測を追加しました。

Ao_cam_20111109

AO Camです。

Mn_cas_20111109

MN Casです。すごいですねー。GCVSではEAとの事ですが、さてどんな光度曲線なのでしょう。

Ko_del_20111109

これはKai氏の観測したKO Delなんですが、発見以降の観測が殆どなく、今回のKaiさんの観測で光度曲線のディテイルが初めて明らかになりました。

ですから、ロッシュモデルでの解析も無く、こういうのを解析してみたいです。

また、RS typeの可能性もありそうなので、継続観測が望まれます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

スカイセンサー2000PCでAutoPilot

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/20111031-b6cd.html

ここで設置した望遠鏡を予め設定した星に順々に向けて行くプログラムを作りました。

ステラナビゲータのADF形式のファイルを読み込んで

南中前の直前の星に望遠鏡を向けます。

南中したら、次に南中する星に望遠鏡を向けます。

これを続けます。

望遠鏡は南向きのベランダに設置しましたので南天の星を観測対象としています。

Ss2000slew

土曜日にテストした時の画面です。

「ss2000_slew.lzh」をダウンロード

これがプログラムです。実行にはVisual Basic Ver5のDLLが必要です。

実行前に config.ini を編集しておきます。

140
3
30

こんな風に3行あって、140は観測地の東経です。3はCOMポートの番号、30は「南中30分前に次の星に向かう」の設定です。

アライメントが宜しければ導入精度がいいのですが、そうでない場合はやっぱり望遠鏡を目的星の周囲に振るようにしたいので

たぶん、その機能を付けてからホームページで公開すると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Bugっぽい

・SEXTRACTORで測光したデータとHipparcosカタログをマッチングさせて比較星を求めて、それを元に変光星の等級を求めるWindowsプログラムの作成日記です。

ここまでで、問題(疑問)が2点あります。

まず、直線近似

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/sextractor-1.html
ここでは、傾きが「1」からかけ離れていました。

20111109_st2

ところが、エクセルで書いてみると、ほぼ「1」だ。要は HIP(V)とcGが良く一致しています。

あと、星のマッチング(これが最も問題)

20111109_st1

上がSEXTRACTORの測光結果、下はHipparcosですが、赤丸は上と一致した物(変光星含む)なんですが

一致していない物が多々あります。なぜ?

と言うことで、まず、マッチングから再検討。直線近似は単なるバグと思うのでコーディングのチェック。

しかし、使い物になるか分からなくなってきた。星検出がテキトーな内はダメと思う

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月 8日 (火)

X-ray flare from SZ Psc

SZ Psc, X-ray flare from SZ Psc

ATel #3737: http://www.astronomerstelegram.org/?read=3737 でSZ Pscのフレアがありました。

SZ Pscは私のプログラムスターではありますが悪天候と赤道儀の転用によって観測が中断しています。

そこで、KWSを見てみました。

問題の11/5 18(UT)のデータはまだ無いのでした。

Sz_psc_20111105

| | コメント (2) | トラックバック (0)

GCVSファイルを作成

SEXTRACTORを使った一連の測光システム用にGCVSとNSVを合体したファイルを作成しました。

星をクリックしたら機械等級をHipのV等級に換算して表示させたいのですが
もし、変光星だったら変光星名を表示させようと思っています。

GCVSで極大等級が6.00より明るい物を抽出しました。

ANDalpha,2.0969167 ,29.0904444 ,2.06 ,ACV:
ANDAN,349.5971667 ,41.7736667 ,5.96 ,EB
ANDGN,7.5307083 ,29.7515556 ,5.23 ,DSCTC
:

こんな結果になりました。座標は2000年分点です。

一方、Hipparcosは1991年分点です。
分点の違いが気になるので上記3つのHipparcosの座標を調べました。

2.09654167 ,29.09083333 ,2.07,1
349.59720833 ,41.77369444 ,5.98,2
7.53058333 ,29.75169444 ,5.20,1

これはおんなじって言っていいですね! Mhhさんの言うとおりでした。

「gcvs_sex.txt」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 7日 (月)

Some Binaries

V544_cas_20111107

Kaiさんが観測されている V544 Cas です。上から Ic, Rc, V です。GCVSの要素で書きました。これは楽しそうな観測です。

Aa_and_20111107

これはAA Andです。VSOLJでは2回目の観測でした。

Ab_and_201111071 Ab_and_201111072

AB Andは4名の方が観測されています。今回のSizさんの観測だけ抜き出してみました。これまら、興味深々の光度曲線です。

Cn_and_20111107

CN Andです。Iohさんのデータを追加しました。

Lo_and_20111107

2011/9/6 SizさんのLO Andを追加しました。2010/9/1が最後の観測でしたので丁度一年後の観測になります。

一年でどれほどO-Cが変化するのか良くわかります。

Rt_and_201111071 Rt_and_201111072

HskさんのRT Andを追加しました。主極小の観測が多くて重なってしまいます。

Xz_and_201111071 Xz_and_201111072

XZ Andの光電測光はHskさんの物しかありません。光度曲線はすごくきれいです!

Oo_aql_201111071 Oo_aql_201111072

OO Aqlです。Hskさんの観測を追記しましたが、これもゴチャゴチャして見難いですね。これまた、光度曲線はすごくきれいです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/22、月光天文台での観測計画

11/22-23は【平博】の行事で静岡県函南の月光天文台に宿泊で観察会です。

お休みが取れれば参加したいです。

観測計画を考え中で、

EOS Kiss digitalに85mmレンズを付けてVW Cepの連続撮影をしようと思っています。

Vw_cep_chart_201111221

カメラ南北を合わせて画面の端にβCepを入れればVW Cepが写ってくれます。この図では真ん中に居ます。CD-1ポタ赤でガイドします。

Vw_cep_chart_201111222

これは23時の星座です。これだけ低いと月光天文台ではプラネ館で隠れてしまいそうです。

よって、19時から23時までが限界。19時が天文台着の予定なので、着いたらすぐに撮影を始めないと観測時間が少なくなってしまいます。出来るかな~

予定だと19時から夕食、そのご50cmで観望会。これからすると、私は夕食前に「先に食べてて下さい」と言って広場へ行き、撮影を始めたら夕食に合流して、一気に食べて50cmで観望会。終わったら急いでガイドを確認し、あとは23時までゆっくりと別なカメラで固定撮影でもやってよう。

Vw_cep_chart_201111223

22時以降はガイド出来るので明るい星雲・星団を撮影するか。

んー、いつから宴会しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 6日 (日)

2011/11/5 太陽

月食にそなえて月を撮影しています。そのカメラとレンズで太陽を撮影しました。

大きな黒点が出たのと、来年の金環日食の練習をかねて。

20111105

カメラはCANON EOS Kiss digitalで、f=300mm(F5.6)レンズをF32に絞って、さらに口径を22mmに絞りました。フィルターはND400を2枚重ねて、カメラ設定のダイアルはAvにしました。

撮影データを見ると exptime=0.01sec ISO800 でした。

ちょっと露出オーバーです。

腰が痛くてまっすぐに立てないので、撮影条件の追込みはやめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日は「星を見る会」でした

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-9842.html
これの続きです。

以下はEOS Kissで撮影した画像です。

201111041

300mm(F5.6)で撮影した月です。露出オーバーでした。

さらに、太陽を撮影するときに気が付きましたが対物レンズに22mmの絞りが貼りついてました。まぬけでした。

ともかく、オートはダメで露出時間をマニアルで探さないといけない。

201111042

これはf=28mmでCD-1でガイドした物です。30秒露出です。

こんな天体写真は無い!

201111043

幾らか撮影した中で「沈むこと座」は写ってくれました。

85mmだったと思います。

長めのレンズだとカブリが少ないようです。他、ミラとか、ぜーーんぶ真っ白でした。

北極星が見えなかったので極軸は適当なのですが、ちゃんとガイド出来ていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SEXTRACTOR

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/sextractor-8.html
これの続きです。

最小二乗法で直線近似するのですが

星検出を間違えていそうな物やエラーの大きそうな物は削除しないと
とんでもない事になる。

201111061

これが直線近似の結果と標準偏差です。

点をクリックして削除する機能をつけて

最初に飽和しているリゲルを削除して、
そのあと大きなエラーの物を削除して行きます。

201111062

気が済むまで削除しても、エラーは0.269もありました。
グラフは如何にも人が手を入れた雰囲気に見えています。

横軸はhipparcos等級で縦軸は機械等級です。1マスは1等級です。
傾きが1にならないのも気持ち悪いです。

SEXTRACTORの測光からやり直せば様子は変わると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 変光星観測月報

2011年10月は 8夜 / 18星 / 670測光 でした。

8夜は多いでしょうか?。実際、そんなに晴れてはいないです。ここ何年も天気が悪いです。太陽頑張れ!

10月は何と言っても「変光星観測者会議」の開催がありました。測光の話が多かったのとAAVSOが2件もあり、いつもと少し違った感じだったかも知れません。皆さんからたくさんの刺激を頂いて、これから、ちゃんとガンバらにゃーイカンと思いました。

観測面では、EOS Kissに135mm望遠を付けて食連星の連続測光を始めたばかりですが、

GT赤道儀の修理が長引いているので、そのEOSに使っているSP赤道儀(スーパーポラリス)を代用する事にしました。

よってEOSの望遠による連続測光は中断です。せっかく、RAW画像の連続測光が出来るようになったのですが。

2009/12 20夜 / 34星 / 2769測光
2010/01 21夜 / 34星 / 2641測光
2010/02 14夜 / 19星 /  762測光
2010/03  9夜 / 20星 /  738測光
2010/04  8夜 / 16星 /  454測光
2010/05 12夜 / 23星 / 1631測光
2010/06  5夜 /  9星 /  547測光
2010/07 11夜 / 19星 / 1497測光
2010/08 18夜 / 29星 / 2747測光
2010/09 13夜 / 21星 / 1429測光
2010/10  9夜 / 16星 /  309測光
2010/11 16夜 / 32星 / 1776測光
2010/12 17夜 / 37星 / 2509測光
2011/01 18夜 / 43星 / 2183測光
2011/02 10夜 / 25星 / 1196測光
2011/03 10夜 / 24星 /  934測光
2011/04 10夜 / 16星 / 1582測光
2011/05  5夜 /  9星 /  330測光
2011/06  2夜 /  8星 / 1310測光
2011/07  9夜 / 10星 / 1756測光
2011/08  4夜 / 10星 /  418測光
2011/09 11夜 / 28星 / 1746測光
2011/10  8夜 / 18星 /  670測光

今月はSEXTRACTORに関連する一連の測光手順を完成させたいです。

今月初めにアイベルのCD-1ポタ赤を買いました。中断してしまった。EOS Kiss望遠レンズでの観測に転用したいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/1,4 食変光星観測

Dt_cet_20111101

11/1に10cmで測光観測したDY Cetです。

副極小のボトムから観測を始めたのでした。

2点でしたが、ともかくアライメントが出来て、座標だけで導入できました。

オートガイドもしませんでしたがズレも少なかった。しかし、天気が良くなくてなんだか歪んだ光度曲線になってしまいました。

Vv_cet_201111011

11/1に20cmで測光したVV Cetです。いろんな人が観測しています。

Vv_cet_201111012

自分の観測だけで光度曲線を描くと、このようになります。今回は副極小で、ちょうどボトムで観測が終わっています。

Yy_eri_20111104

11/4に10cmで観測したYY Eriです。「星を見る会」から帰宅して腰痛でちゃんと歩けない中で観測しました。観測は副極小でした。

かなり透明度が悪かったのですが、かれこれ綺麗な光度曲線になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 5日 (土)

昨日は「星を見る会」でした

昨日は【平博】の一般対象観望会「星を見る会」でした。

おそらく、初参加です。

実はアイベルさんのポタ赤CD-1を注文していて

職場で集荷状況を確認したら日中のうちに家に届いていました。

17時前にそそくさと帰宅するも、東海道が遅れていて家に着いた時間が予定より遅くなりました。

出発予定時刻まで20分しか無いので慌ててカメラやCD-1の準備をしていて

腰を痛めてしまいました。

そこから、まっすぐ立てません。直立二足歩行が出来ない!

※スマホで撮った写真を紹介します

2011_11_04_1

開催時刻の19時00分になるやいなや as soon as でt先生のお話が始まりました。

まさに原子時計的です。

お客さんがいっぱいで椅子が足らない。てか、科学教室に入りきらない。

開館当時、教室は広かったのに、荷物が多くて1/3が倉庫になっているのが主な原因。

2011_11_04_2

月を見るので「月」がまわってきました。

2011_11_04_3 2011_11_04_4

28cmで撮った月と木星です。手持ちスマホでもよく写る。

私は腰が痛くて歩けない。基本的に屋上に座り込んで、CD-1で星空を撮影してました。

最初は「月」です。月食に向かって色んな欠け具合の月を撮影しておけば月食撮影のシミュレーションになるのでは

と思って

でも、きのうは「Av」ってダイアルの所しか撮影しませんでした。

そのあと、CD-1でガイド撮影。って、でも、月は眩しいは、透明度は悪いし、星が見えん。

かまわず、あちこちを撮影しました。

2時間がアッと言うまでした。

観望会もすごく盛り上がってました。

終わって(腰が痛いので)片づけも手伝わず、そそくさと帰宅しました。

※CD-1のレポートは後程

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SS2000PC用のWin2000対応ASCOMドライバー

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/ss2000pcwin2000.html
この件です。

昨日、ためしてみましたが

ぜんぜんダメでした。

LX200とSS2000PCはコマンドが同じなので動かないハズは無いので

組み込んだDriverを間違えたか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 4日 (金)

AstroGPV

http://www.baoland.com/gpv/

とても良いのですがリンクしないで欲しいとの事です。

201111041900gpv

これは、今日の19時の雲の様子です。今日は【平博】の観望会に行きたいのですが

中止ですかね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

SEXTRACTOR

このタイトルは不適切なんですが、ずーっと変えずにいます。

SEXTRACTORで測光したデータとHipparcosカタログをマッチングさせて比較星を求めて、それを元に変光星の等級を求めるWindowsプログラムの作成日記です。

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/sextractor-8.html
これの続きです。

20111104

SEXTRACTORの測光値とHipparcosのカタログ値をグラフにする機能を付けました。
赤い丸が(変光していない星で)マッチングした物です。だいぶ制度あがってきました。

直線から大きく外れているのは
測定とカタログの星マッチングに失敗している物です。

ここは、このままにするか、手動で削除出来るようにするか決めないといけない。
自動て削除と言う手もありますが妙な系統誤差を持ってしないそうです。

あまり考えずに作ったので左上が明るくなってしまいました。
最も明るいのはリゲルのハズですが、直線から外れています。
おそらく飽和と思われます。

こういうのも手動で削除する機能があれば削除したいところです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/10/31 変光星観測

10/31にGT赤道儀を設置していた場所にSP赤道儀を置きました。

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/20111031-b6cd.html

試験的に食変光星を連続測光しました。

Asas01032712104_20111031

観測は ASAS010327-1210.4 で、副極小でした。

この時はアライメントが今二つ悪かったのですが、まあまあの測光結果でした。

この星はIcバンドでしか観測していませんが、全部が10cmにCV-04を付けた観測です。

今回以外はGT赤道儀です。

と言う事で、

これが10月分の最後の測光で。やっと10月の月報作成に入れます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 3日 (木)

変光星観測者会議、集録

これは

あれだ。。。

無理だ

書いてる時間が無さそうだ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

SS2000PC用のWin2000対応ASCOMドライバー

スカイセンサー2000PC用のWindows2000対応ASCOMドライバーの話です。

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/2011111-eab1.html
これの続きです。

ASCOM Ver6はWin2000でぜんぜん使えなかったので

ともかく、削除しました。

そして、以前に保存しておいた Ver5a を入れ直しました。ASCOMPlatform5a.msiです。

Ver6のアンインストールでレジストリが壊れたっぽくて、ほんとうにインストール出来たかわかりませんが

ともかく、入れた。

そして、GT赤道儀が戻ってきたときの事を思って Celestron(5.0.10)Setup.exe を入れた。

これで、今まで通りのハズ。

次は LXPTelescope(5.0.1)Setup.exe を入れました。

Ascom_lx200_driver

これは http://ascom-standards.org/Downloads/ScopeDrivers.htm にあるLX200用のドライバです。

きっと SS2000PC も動くだろうって事で入れました。

次の晴れ間で Cartes du Ciel による導入や PHD Guiding でのオートガイドにTryしてみます。

「celestron5.0.10)Setup.exe」をダウンロード

「lxptelescope5.0.1)Setup.exe」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月食に備えて

2011年12月10日は皆既月食があります。土曜の夜で観望するには都合が良いです。

が、真上過ぎてベランダから撮影出来そうに無い。

そこで、平博のG氏に話をしたら観測会をやってもよさそうで

お出かけの準備を始めました。

300mm/F5.6の望遠レンズを持っています。これをEOS Kiss digitalにつけます。

あんまり「月」とか撮影した事ないので

昨日は曇りでしたが撮ってみました。

20111102_moon_av1

カメラにダイアルが有るんですが「Av」って所で撮影したらいい感じの露出になりました。ちっちゃい月ですが。

毎日撮影して露出条件の確認をしてみようと思っています。

フォーカス合ってんのかな~?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 2日 (水)

2011/11/1 変光星観測

昨夜は20cmでVV Cetを連続測光しつつ

スーパーポラリス(SP赤道儀)のアライメントをしました。

ベランダの奥に設置しているので視界が悪くて何度やっても星が近すぎるせいか2点アライメントにしかならない。

あきらめて2点アライメントのまま観測を開始しました。

今回はDSIでのオートガイドをしたくてSS2000PCのASCOM driverを入れようとしました。

でも、このドライバ、ASCOM5.5以上でないとダメだって

今は、5.0です。

と言う事で5.0を削除して6.0を入れようとしたら

XPじゃないとダメだって!

このPCは2000です。

あらー、この時点でASCOM無くなった。

じゃー2000のまま、ASCOM5.5を入れよう。って事で

5.5を探しました。

これが、なかなか見つからない.

やっと見つかったのは5.0から5.5にアップデートするモジュールでした。

まず、5.0を入れ直して

次に5.5にアップデートしたけど、エラーだらけです。

セレストロンのドライバも、ビクセンのドライバもちゃんと組み込めません。

結局、今までつかえていたASCOMは、まったく使えなくなりました! トホホです。

XPは2つ余っているので、このPCに入れようか。

別に用意していたSS2000PCの自動停止プログラムも中途半端にしか出来ていなかったので

キッチンタイマーを使って南中前に電源を切るようにしました。

結局、この10cmはオートガイドなしでDY Cetを連続撮影した。

一方、調子の悪いEOS Kissのインターバル撮影は

接点をゴシゴシして、ついでにCFカードを違うものに交換して。

こいつは、うまい事なおってました。

で、今朝、10cmの画像を確認しました。SP赤道儀のガイドの様子を知るために見ました。

01201228 01231422

ちょうど3時間、ノータッチガイドで、これ位ズレてました。

これだったら、DSIでオートガイドしなくてもいいかな~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月 1日 (火)

2011/10/26,27 食変光星観測

Asas00155606447_20111026

10/17に観測したASAS001556+0644.4です。変光星観測者会議でwd-code解析を紹介した連星です。

このLight Elementは解析用に作ったものですが、もーーこんなにズレてます。あちやー

比較星は同じなので比較星は変光星と思います。

次は10/26のDV Pscですが、年別に光度曲線を描きました。グラフの尺度を同じにしたので逆に見難いか?

20111101_dv_psc_2008 20111101_dv_psc_2009 20111101_dv_psc_2010 20111101_dv_psc_2011

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/31 変光星観測

昨日は日中が快晴だったのに、日没後は曇ってしまいました。

そこで、ときどき星が見えるので、いままでGT赤道儀を設置していた場所にSP赤道儀を置きました。

20111031

今一つ、アライメントがうまく出来ませんでした。次の晴天の時に精調したいです。

それで、これを使ってASAS010327-1210.4という連星を測光しました。

写真ではわかりませんが、反対側に6cmがあってMeade DSI Proがついてます。

連続撮影を始めたらガイドが流れてゆくのに気が付きましたが、SS2000のASCOM Driverを入れていないのでAuto Guideしませんでした。

なんだかんだ、途中で快晴になりましたが、もー面倒なんで20cmは組み立てませんでした。

今朝も快晴。もったいない事をした。

EOS Kissの固定撮影による「夜空の連続撮影」は前回と同じようにインターバル撮影に問題があり途中の撮影が出来ていませんでした。

本当は前回に問題が有ったことを忘れて撮影を初めてしまいました。接点復活させる処置をわすれてました。これも、残念な結果でした。

あと、SP赤道儀を停止させる機能を作っていないので寝る前に手動で電源をoffにしました。しかも、南中15分前に赤道儀モーターと鏡筒が干渉するのでした。

アライメントをやり直して導入精度を上げたり、DSIでのAutoGuideや、自動停止をどうやって実現させるか、連続撮影後に今まではAutoPilotみたいな事をしていたのでそれを実装できないか、など、課題がたくさんです。

EOS Kissのインターバル撮影問題もなんとかしないいけないし。SEXTRACTORはしばらく中断だ。

あと、SP赤道儀を常設してしまったので、遠征用の赤道儀が無くなりました。

11/22-23に月光天文台へ行きたいのに赤道儀が無い。これも問題です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »