« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月31日 (月)

2011年11月の食変光星予報

2011年11月の明るい食変光星の極小予報です。変光範囲が1等以上で10等より明るい星を予報しました。高度は東京での高度です。

★ 11月の予報 ★

星名                  日   時刻    高度  食継続時間
AQLKO                  1   20.5      21  8.9
AQLKO                 24   18.4      29  8.9

CASRZ                  4   20.6      48  4.9
CASRZ                  5   25.3      53  4.9
CASRZ                  6   30.0      30  4.9
CASRZ                 10   20.0      47  4.9
CASRZ                 11   24.7      53  4.9
CASRZ                 12   29.4      31  4.9
CASRZ                 16   19.4      46  4.9
CASRZ                 17   24.1      54  4.9
CASRZ                 18   28.8      32  4.9
CASRZ                 22   18.9      45  4.9
CASRZ                 23   23.6      54  4.9
CASRZ                 24   28.2      33  4.9
CASRZ                 28   18.3      44  4.9
CASRZ                 29   23.0      55  4.9
CASRZ                 30   27.7      34  4.9

CASTV                  5   28.9      17  7.8
CASTV                  7   24.4      49  7.8
CASTV                  9   19.9      64  7.8
CASTV                 16   25.9      33  7.8
CASTV                 18   21.4      63  7.8
CASTV                 25   27.4      18  7.8
CASTV                 27   22.9      50  7.8
CASTV                 29   18.4      64  7.8

CEPEK                  2   25.7      27  6.4
CEPEK                 11   22.3      42  6.4
CEPEK                 20   18.8      54  6.4
CEPEK                 24   29.1      15  6.4

CEPU                   4   25.6      39  9.0
CEPU                   9   25.2      39  9.0
CEPU                  14   24.9      39  9.0
CEPU                  19   24.6      39  9.0
CEPU                  24   24.2      39  9.0
CEPU                  29   23.9      39  9.0

CEPZZ                  2   26.3      29  6.2
CEPZZ                  4   29.7      15  6.2
CEPZZ                 13   19.3      57  6.2
CEPZZ                 15   22.7      44  6.2
CEPZZ                 17   26.1      25  6.2
CEPZZ                 19   29.5      14  6.2
CEPZZ                 28   19.1      56  6.2
CEPZZ                 30   22.5      39  6.2

CNCRZ                 19   27.7      80 77.9

CRBU                   6   18.5      12 11.6
CRBU                   9   29.4      13 11.6

DRAAI                  6   21.4      13  5.2
DRAAI                 12   21.2      12  5.2
DRAAI                 18   21.1      10  5.2

LACCM                  3   21.9      54  4.2
LACCM                 11   22.5      42  4.2
LACCM                 16   18.1      81  4.2
LACCM                 19   23.1      31  4.2
LACCM                 24   18.6      74  4.2
LACCM                 27   23.6      20  4.2

MONAU                  4   28.6      50 26.7

MONUX                  6   27.1      41 24.1
MONUX                 12   24.8      24 24.1

PEGAW                 17   21.2      45 25.5

PERbeta                3   28.2      41  9.6
PERbeta                6   25.0      74  9.6
PERbeta                9   21.8      68  9.6
PERbeta               12   18.6      35  9.6
PERbeta               23   29.9      10  9.6
PERbeta               26   26.7      40  9.6
PERbeta               29   23.6      74  9.6

PERIZ                  3   26.8      41 10.6
PERIZ                  7   19.3      55 10.6
PERIZ                 14   28.3      23 10.6
PERIZ                 18   20.8      70 10.6
PERIZ                 29   22.3      64 10.6

PUPAU                 12   27.6      11
PUPAU                 21   27.8      12
PUPAU                 30   28.1      12

SGEU                   3   18.7      52 13.8
SGEU                  30   19.8      18 13.8

SGRV0505               2   20.0      22  5.7
SGRV0505              15   20.3      10  5.7
SGRV0505              21   18.2      27  5.7

UMATX                 19   23.4      14  8.8
UMATX                 22   24.9      30  8.8
UMATX                 25   26.4      47  8.8
UMATX                 28   28.0      65  8.8

UMIW                   1   19.8      34  9.4
UMIW                   4   29.5      34  9.4
UMIW                   6   22.3      32  9.4
UMIW                  11   24.8      31  9.4
UMIW                  16   27.2      33  9.4
UMIW                  18   20.1      33  9.4
UMIW                  21   29.7      35  9.4
UMIW                  23   22.6      32  9.4
UMIW                  28   25.1      32  9.4

VULZ                  19   20.3      24 10.6
VULZ                  24   18.1      46 10.6

name                 period     RA      RD   Type    mag
AQLKO                2.8640   18h47m  +10゚46  EA  8.3 -9.5
CASRZ                1.1952    2h48m  +69゚38  EA  6.2 -7.7
CASTV                1.8125    0h19m  +59゚ 8  EA  7.2 -8.2
CEPEK                4.4277   21h41m  +69゚42  EA  8.0 -9.3
CEPU                 2.4930    1h 2m  +81゚53  EA  6.8 -9.2
CEPZZ                2.1417   22h45m  +68゚ 8  EA  8.6 -9.6
CNCRZ                21.643    8h39m  +31゚48  EA  8.7 -10.0
CRBU                 3.4522   15h18m  +31゚39  EA  7.7 -8.8
DRAAI                1.1988   16h56m  +52゚42  EA  7.1 -8.1
LACCM                1.6046   22h 0m  +44゚33  EA  8.2 -9.2
MONAU                11.113    6h54m  -01゚23  EA  8.1 -9.1
MONUX                5.9044    7h59m  -07゚30  EA  8.2 -9.2
PEGAW                10.622   21h52m  +24゚ 1  EA  7.4 -8.6
PERbeta              2.8673    3h 8m  +40゚57  EA  2.1 -3.4
PERIZ                3.6876    1h32m  +54゚ 1  EA  7.8 -9.0
PUPAU                1.1263    8h17m  -41゚42  EB  8.5 -9.5
SGEU                 3.3806   19h18m  +19゚37  EA  6.5 -9.3
SGRV0505             1.1828   19h53m  -14゚36  EA  6.5 -7.5
UMATX                3.0632   10h45m  +45゚34  EA  7.1 -8.8
UMIW                 1.7011   16h 8m  +86゚12  EA  8.5 -9.6
VULZ                 2.4549   19h21m  +25゚34  EA  7.3 -8.9

eof

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年、変光星観測者会議

20111031

この土日で変光星観測者会議がありました。

今回はヘトヘトです。今朝は体がイタイです。

初日午前中の会場準備がとっても大変でやることは多いし人手は無いし

いつもだと、会場はそのまま使えば良くて、せいぜい、受付用の机や、案内の「矢印」、正面垂れ幕程度の準備なんですが、

今回は単なる広い部屋って感じで

会場の椅子・机を出して並べる、3階のPCを1階講堂に設置、LANケーブルの仮設工事、正面スクリーンの交換・取付、プロジェクタ、延長コード探し、他いっぱい

USTREAMが繋がんなくて、そんな中、最初にMhhさんが現れて、すーごく頼もしかった。

概ね準備も終わって、茶菓子の買い出しついでに自分の昼飯を買いに行って

お昼を食べたいんですが時間が来れば受付もやんなきゃいけないし

などなど

そのまま息つく間もなく二日目終了まで続いたって気分です。

にしても、大盛況でした。

劇変星の研究発表が無かったのがさみしいです。

思うに関係する人は他の研究会等で発表しているので

この会議用に別な準備をする必要は無いのかなと思いました。

どっかの「会誌原稿が集まらない問題」みたいに。

写真は記念講演をお引き受けくださったt先生です。

来年は筑波の国際会議場。あるいは岡山理科大。と言った候補があがっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月29日 (土)

2011年、変光星観測者会議、USTREAM中継

2011年、変光星観測者会議のUSTREAM中継は

下記の2か所の どちらか あるいは、両方で中継されます。

http://www.ustream.tv/channel/%E5%A4%89%E5%85%89%E6%98%9F%E8%A6%B3%E6%B8%AC%E8%80%85%E4%BC%9A%E8%AD%B02011-variable-stars-conference-in-japan

http://www.ustream.tv/channel/vsconf2011

見てみたい人は両方をチェックしてみましょう。

※二日目は vsconf2011 だけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

変光星観測者会議

さて、今日、明日の二日間は変光星観測者会議です。

http://nhk.mirahouse.jp/campaign/conference_2011_2.html

今日の参加者は30名程度、明日は40名程度の予定です。

私は準備のために「9時に博物館に入るには」で、バスの時刻を調べると

★のりば6なら
  本厚木駅南口行き、平50 53 54 57 58
  8時50分

★のりば5なら
  田村車庫行き、平51 52 60
  8時55分、58分(これは遅刻)

☆下車は日産車体前

乗るなら8:50だな

鉄道は、

●北茅ケ崎
|  8:23発
|    JR相模線(普通)[茅ケ崎行]3分
|  8:26着
○茅ケ崎
|  8:31発か、8:38発
|    JR東海道本線(普通)[小田原行]5分
|  8:36着か、8:43着
■平塚

だね。

では、行ってきます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SEXTRACTOR

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/sextractor-7.html
これの続きです。

SEXTRACTORの測光結果とHipparcos catalogを一致させるルーチンを作りました。

20111029

見た感じ納得行かない結果ではありますが、150~170の星がマッチングされます。

これが比較星になるって事です。

これが正しいかを評価するためのグラフ表示が必要です。

あと、「測光したい変光星カタログ」も作らないといけない事に気が付きました。

それから、撮影画像に建物とか雲とか星以外の(面積のある)物が写っているとややこしいので、

そういう画像は扱わない事にします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月28日 (金)

明日から変光星観測者会議です

明日、明後日の二日間

神奈川県平塚市の平塚市博物館で「2011年、変光星観測者会議」が開催されます。

以下、お知らせです。
http://nhk.mirahouse.jp/campaign/conference_2011_2.html

予約は無くても参加出来ます。

参加資格もありません。どなたでも参加出来ます。

懇親会も当日の14時まで受付てます。

初日の10/29は13:30からです。場所は講堂です。受付は13:00からですが、もし早めに博物館についてしまったら館内を見学されると良いでしょう。入館料は無料です。

すーーごく早く着いてしまったら会場準備を手伝って下さると大いに助かります。講堂で永井か池内に「手伝います」と言って下さい。会場準備は9:00からやってます。

二日目の10/30は受付が9:00で開始は9:30です。

10/29

13:00 受付開始
13:30 開会
13:35 自己紹介・近況報告
14:00 講演 系外惑星の観測とその最前線 塚田健先生(平塚市博物館)
15:00 休憩・記念撮影
15:20 研究発表
(15:20)αOriの変光周期の数値解析 大金要次郎
(15:35)デジタルカメラによる変光星の光度測定について 大金要次郎
(15:50)50mmレンズ+CCDカメラによる全自動変光星観測 前原裕之
(16:15)TAO surveyの近況 清田誠一郎
16:30 1日目終了
17:30 懇親会

10/30

09:00 受付開始
09:30 開始・自己紹介
09:40 研究発表
(09:40) VSOLJが観測したASAS-3の食連星 永井和男
(10:00) δ Ori、η Oriの分光測光観測報告 永井和男
(10:20) 明治大学天文部での変光星観測 池上暁子
10:40 休憩 
(10:55) AAVSOとの交流60年 佐久間精一
(11:15) AAVSO100周年記念総会に出席して 清田誠一郎
11:30 変光星この1年 前原裕之
12:00 座談会
12:30 閉会・記念撮影

初日のU-streamは、U-Streamのホームページから「RyoN10」で検索して下さい。
http://www.ustream.tv/

二日目も配信しますが誰のU-stアカウントを使うか未定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月27日 (木)

SEXTRACTOR

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/sextractor-6.html
これの続きです。

ヒッパルコスカタログを使って測光結果との星パターンマッチングをさせるための

基準星選択機能を付けました。

201110271

Measurement chartウインドウとHipparcos chartウインドウのそれぞれで星をクリックして

star1かstar2ボタンを押して星パターンマッチングの基準星を指定します。

この例では、ベラトリクスを選びました。そして、star2ボタンを押しました。

更に、Selected Comparisonの所に var flag を設けました。ベラトリクスは 1 です。

これは変光星を比較星にしないようにするために、Hipparcosカタログの変光星フラグを見れるようにしました。Hipparcos.txtも変更です。

VarFlagは、1: < 0.06mag ; 2: 0.06-0.6mag ; 3: >0.6mag です。変光していない物は 0 です。

サンプルプログラムは
「st_cat_plot_20111027.zip」をダウンロード

Hipparcos catalogueは
http://www.geocities.jp/nagai_kazuo/hip_20111026.zip

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダストマップ

ダストマップがありますが

http://www.astro.princeton.edu/~schlegel/dust/

どーやってデータを引き出すんでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月26日 (水)

DSLR photometry reporting and other questions

と言う問い合わせが[Aavso-photometry]に投稿されてます。

>What to write in the "OBSTYPE:" field if I do DSLR photometry?

AAVSOの報告書式はCCDかPEPみたいで

何としたらよいのか?DSLRって書いてよいのか?お困りの様子です。

これを見るとVSOLJは進んでいましたね。って思いました。

小文字の c を CMOS とする取り決めが、去年でしたっけ?作られてましたので

| | コメント (1) | トラックバック (0)

変光星観測者会議、U-stream

10/29-10/30の二日間、神奈川県平塚市の平塚市博物館で「2011年、変光星観測者会議」が開催されます。

以下、お知らせです。
http://nhk.mirahouse.jp/campaign/conference_2011_2.html

初日のU-streamは、U-Streamのホームページから「RyoN10」で検索して下さい。
http://www.ustream.tv/

二日目も配信しますが誰のU-stアカウントを使うか決まっていないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SEXTRACTOR

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/sextractor-5.html
これの続きです。

もう、このタイトルじゃへんです。

20111026

ヒッパルコスカタログを使って星図を表示するようにしました。

こんな風に撮影と同じエリアを表示したり出来ます。

星図中を左クリックすると、そこが中心になって表示されます。マウスで画面をつまんで広げたりも出来ます。

プログラムとサンプルデータを下記に置きます。

「ST_Cat_Phot_20111026.zip」をダウンロード

このプログラムに必要なHipparcosのデータは http://www.geocities.jp/nagai_kazuo/hip_20111026.zip です。

さて、問題は。

てか、この先は

何を.....

2つか3つの星を選択してマッチング出来れば良いんですが、回転とか面倒ですね。

でも、やらないといけないか。それとも、比較星をプチプチと10個とか選んで、次に変光星をプチッとクリックでも良いかな。

マッチングとかするにしても比較星が変光星だったらイカンし

ヒッパルコスカタログの方に比較星として、使える・使えないのフラグを付けるのは超超面倒です。てか、どーいう基準で「変光星です」とするか? わからん

GCVSの変光星とNSVで変光範囲が大きい物を変光星とするとして、GCVSとHipparcosの位置が一致するだろうか?

そーなると範囲を設ける訳ですが、あんまり広げてもイカンし

ゴールは遠い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月25日 (火)

SEXTRACTOR

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/sextractor-4.html
これの続きです。

結末が、どーーなるのか、わからないまま、プログラム作成を始めました。

St_cat_phot_201110251

SEXTRACTORが吐き出す「output.cat」を読み込んで星をクリックすると測定した等級を表示するプログラムです。今の所。

画像はオリオン座全景で、クリックしたのはηです。赤丸になります。

Visual Basic 5で作っているのでSEXTRACTORが吐き出す「output.cat」はレコードの区切りがCR/LFじゃなく都合が悪いので、

私の場合はUbuntuならばGeany、Windowsならばワードパッドでoutput.catを読み込んで単に書き込んでいます。その時にCR/LFになってくれます。

St_cat_phot_201110252

これが元のG画像です。ベランダの屋根まで測光してます。

丸の大きさがリニアなんですが、対数的にした方が写真と似そうですね。

とりあえず、プログラムとサンプルデータを下記に置きます。

「ST_Cat_Phot_20111025.zip」をダウンロード

インストールとか作業はいらないです。解凍して実行するだけです。不要になったら削除するだけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月24日 (月)

SEXTRACTOR

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/sextractor-3.html
これの続きです。

Sex_20111024

出来ました。

さて、どうしよう。この先。

標準レンズのデジカメで撮影した画像の測光作業が殆ど手作業なので効率改善したいのだが

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月23日 (日)

JAXA キッズサイト

子供向けのページなのですが、

http://www.kids.isas.jaxa.jp/faq/index.html

勉強になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月22日 (土)

SEXTRACTOR

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/sextractor-2.html
これの続きです。

>CHECKIMAGE_TYPE APERTURES -CHECKIMAGE_NAME filenam.fitをつけると
>どの星が検出でひかかっているか、確認画像ができます

Sex_20111022

このようになりました。

default.sexは、

DETECT_THRESH 3.0
PHOT_APERTURES 4.0
FILTER  N
CATALOG_NAME output.cat
PARAMETERS_NAME default.param
BACKPHOTO_THICK 15.0
BACKPHOTO_TYPE LOCAL
CHECKIMAGE_TYPE APERTURES
CHECKIMAGE_NAME test.fts

default.paramは、

X_IMAGE
Y_IMAGE
MAG_APER(1)
MAGERR_APER(1)
X_WORLD
Y_WORLD

わからん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地方恒星時時計

GT赤道儀の修理がいつになるか分からない状況です。

10cmニュートンとCV-04(借用品)が部屋で寝転がっています。

もったいないです。

余っている赤道儀は無いけれど、何とかして稼働させたい。

そこで、望遠レンズを付けたEOS Kissのガイドに使っているSS2000PCの付いたスーパーポラリスを転用したくなりました。

EOS Kiss用のプログラムスターの観測は中断するか、あるいは、この検討している10cm+CCDで観測するようにします。

で、こんな計画を進めるには、新たなプログラムを作成する訳ですが、

いつもいつも、同じような恒星時計算ソフトが必要になります。

Sidereal_time

そこで、コーディングを整理しました。ついでに確認用のプログラムを作りました。

下記よりダウンロード出来ます。

「sidereal_time2011.zip」をダウンロード

実行には Visual Basic Ver.5 のランタイムが必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月21日 (金)

SEXTRACTOR

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/sextractor-1.html
これの続きです。

マニアルを読みました。分からない事は多々ありますが、Mhhさんのサンプルで測光出来ました。

「default.sex」をダウンロード

「default.param」をダウンロード

この二つのファイルをSEXTRACTORの有るフォルダーに置きます。

Sex_201110201

Fits画像は、この test.fts です。

# sex test.fts

とやって実行させました。

Sex_201110202

output.catが出来ました。

「output.cat」をダウンロード

正しく出来たのか分からないのでエクセルで位置だけプロットしました。

Sex_201110203

特徴的な星列を赤い線を結びました。

一致しています。

A星とB星の測光値は

A -20.1907
B -17.3504

3等級差でBの方が暗いです。

試しに同じアパチャーでステライメージで測光したら

A -20.1907 として
B -17.477

そこそこ同じような値です。

この辺りは、のちのち、きちんと評価するとして

とにかく使えました。

mei/nekoさん、Mhhさん、ありがとう (^-^)v

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年10月20日 (木)

Binary Star Visualisations

Binsim1

このソフトを使うと、こんな絵が簡単に描けます。

しかも、これは、お絵かきソフトでは無いです。

ちゃんと天文してて、ユーザーは絵を描くのではなく

伴星の温度とか、円盤の温度・厚さ、ジェットの角度、などなどをパラメータファイルに書き込んで実行させると

この絵が出来ます。

公転する動画も簡単に作れます。

Binsim2

個人的には両方が「星」の絵を描きたいんです。

で、描いたのが、これ。

しかし、丸い方は、実は円盤を変形させたものです。円盤はロッシュローブを満たす事も出来なかったり、伴星は臨界ロッシュローブ以上に大きくする事が出来なかったり、思うような連星が作れないです。

発表資料のパワポに貼る「絵」を作るのに使いたいと思ったのですが

星同士の連星が描けないです。

と言う事で、すーーーごく残念ですが

私には、ちょっと不向きかな。

ただ、わい新星やX線連星とかやっている人は、ちゃんとした物理量を絵にしてくれるので、説明資料のビジュアル化が出来て有効と思います。ご自身でも数値が絵になってくれるので便利と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月19日 (水)

SEXTRACTOR

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/sextractor.html
これの続きです。

やってみました。

Sextractor2

default.sexに書き込んでやりましたが

んーー、なにが、なんだか、わ か ら ん

マニアルをよむか

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/10/18 変光星観測

昨夜も一晩中「夜空の連続撮影」をしましたが

晴れたのはは20:20から23:50までの1時間30分間だけです。

今月もぜんぜん晴れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LL Peg

ハッブルとアラジンを比較してみました。

ハッブルは凄いぞ!

Ll_peg1 Ll_peg2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SEXTRACTOR

Sex_20111019

default.sexって、どーしたらいいんだろう。

それよりも、catalogが無いとダメとか?

default.paramなんてのも無いし

わ か ら ん

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年10月18日 (火)

Mira - the wonderful star: Eyes on the Sky

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/16 VZ Psc

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/20111016-4464.html
これの続きです。

Vz_psc_40

20cmで測光したVZ Pscです。

曇りだし、隣の病院がやけに明るいし、

案の定、めちゃくちゃでした。

この星の40回目の観測は失敗です。

このデータは捨てました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Phoebe

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/phoebe-1.html
これの続きです。

Uv_leo_b_20111017

まだ、自動解析は出来ていませんが、手動でこのあたりまで出来ました。

水色は付属していたサンプルデータです。(UV Leo、B band)

赤はモデルから導いた光度曲線です。

それにしても、よく固まります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月17日 (月)

mei/nekoさんを探せ!

http://www.aavso.org/sites/default/files/images/group_photo.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/16 変光星観測

夕方の時点で快晴でした。

20cmでVZ Pscを撮影し始めました。

でも、20時過ぎから曇りだして朝まで曇っています。

測光結果は悪そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Phoebe

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/phoebe.html
これの続きです。

その後、UbuntuとWin XP,2000に入れてみました。

UbuntuはInstall出来ませんでした。コンパイルする方法で上手く行った例が少ないです。今回もダメでした。

WineではInstallは出来ますが、実行させると文字が黒くなってしまい、ぜんぜん読めません。

新たにXPと2000のPCに0.31aを入れたら、これは動きました。

色々と相性が有るみたいで困ります。

どうやら、XPと2000は動くみたいです。にしても、よく固まります。

自動解析も動作しますが、今一つ、絞り込み方が下手みたいで要領を得ないです。

自動解析ソフトは自作の物がありますが、フルフルで計算範囲を与えるとPCが一か月も動きっぱなしになります。

よって、大まかに手動で探して、絞り込みを自動ソフトで行っていますが

その自動部分にフェーベを使っても良いかも。

ただー

Σ(O-C)^2だけでフィッティングを検証してしまうと

どーーしても食の部分がズレて見えます。

R.E.Wilsonは「それで良いのだ」と言っておりますが

気持ち悪いです。

自作の自動解析ソフトには位相毎にウエイトが設定できます。フェーベもそうなっています。

じっさいに使ってみると、この設定がいちいち面倒です。

よって、最近は最初から最後まで手動解析するようになってきています。

時間も小一時間もあれば大よそフィットする物が得られるように慣れてきました。よし!これだ!ってなるまで数日以内で出来ます。

山崎法のy崎先生にお聞きした際にも、その週の内に解析は完了するとの事でしたので

おおよそ似たような感じです。

って事で、もうちょっとフェーベをいじって、その先は使わなくなりそうです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年10月16日 (日)

2011 変光星観測者会議・名札

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/2011-3fb0.html
これの続きです。

Nafuda_20111016

新たに近接連星を追加して、4つ図柄を10枚づつ印刷しました。

ここから好きなものを選んで、サインペンで名前を書いてもらいます。

えっ!

好きなのが無い!

そんな場合に 白地の紙も ございます.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月15日 (土)

Phoebe

http://blog.goo.ne.jp/imako009/e/5c2a19690c32d7cac896712780ff8a49

私もフェーベをインストールしました。

でも、妙です。

Win 7,Vista,XP,2000 に入れてみましたが

どいつも、こいつも、妙です。

Phoebe_201110151

こいつは2000で動かして、割と調子いい方です。Vistaもこんな感じです。(光度表示)

XPは2台、やってみましたが、Settingを保存しなかったり、インストール自体が出来なかったりです。

モデルデータは入っているのでフィッティングもちゃんと表示されないといけないのですが、食が浅いです。

パラメータを変えて、フィッティングさせると徐々に近づいて行きますが、途中でウンスンになります。

Phoebe_201110152

これはモデルのみの表示です。(等級表示)

ちゃんとしてるのに。

って事で、Windowsだと動作がバグっぽくて

使わない方がいいです。

7は2台に入れましたが、一台はUninstallも出来ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月14日 (金)

ホームページ更新

http://eclipsingbinary.web.fc2.com/dload-1.html
今回は「3色のFitsファイルをRGBに分解する」の3p_rgbを更新しました。

これはカラーのFITSを単色のFITSに分解するプログラムです。

大きくは変わっていないのですが、上下反転機能を付けました。

実は

IRISでRAWをFITSに変換すると上下が反転してしまう問題があり

今回、3p_rgb.exeで上下反転出来るようにしました。

20111014

右下のチェックを入れると反転します。

推奨する使い方は

1.IRISでRAWをFITSにする
2.3p_rgbでG画像のFITSにする
  (ここで上下反転)
3.任意の測光ソフトで測光する

となります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月13日 (木)

2011 変光星観測者会議・名札

10/29-30に平塚市博物館で開かれる「変光星観測者会議」の話です。
http://nhk.mirahouse.jp/campaign/conference_2011_2.html

明日(10/14)が発表申込の締切です。

Name_plt

昨日は名札50名分とサインペンを買ってきました。

Nafuda_fig

ただの白い紙じゃ詰まんないので、絵やタイトルを入れてみようと4つほど作ってみました。

 左上は日本初のミラの観測
 右上はMhh先生の降着円盤とSS Cyg
 左下はKisさんの超新星

この「絵」の上にサインペンで名前を書いてもらいます。

どれが良いかなー。 えっ、ぜんぶイヤ! キビシカー (^-^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よめん!

なんだろう?

Canon EOS 50Dのcr2(RAWファイル)がステライメージ5.1で読めない。

じゃーIRIS 5.59のバッチで一気にFITSにしちゃおう!っと思ったけど、それも出来ない。
(Digital photo→Decode RAW files)

AIP4WINでもマカリでも読めない。

今までの記録を調べたら、CANON 20Dと40Dはステライメージ 5.1で読めてました。あとは自分の使っているEOS Kiss digital。

さて、どうしましょう。測光したいのです。

今の所、読めるのはIRISで、一枚づつ手動なら開けます。

163枚もあります。こまりますた。

で、しばらく、いろいろやって

cr2と言う拡張子をCRWに直すとIRISのDecode RAW filesで一気にFitsに変換出来る事がわかりました。

なんと

・こんな時は「お~瑠璃ね~む」が便利です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月12日 (水)

FITS Image Viewers and Format Converters

http://fits.gsfc.nasa.gov/fits_viewer.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

円盤にホットスポット

Hot_spot

昨日、twitterの方でIMAKO_Iakさんと

なんだかんだやってて

円盤にホットスポットを配置した光度曲線が描けるようになりました。

もしかして、このままIMAKO_Iakさんが食連星の人になる。なんて事はないだろうか。

測光連星。どんどん下火なんで。んな事は無いか。

nはりま天文台のn沢先生のtwitterを見ると宇宙人探しの話が多く、連星は書き込みが見当たらないです。

そういえば、o山理科大のt邊研のt木良輔氏は食連星、やってるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月11日 (火)

USBカメラって、どんな制御ICを使っているの?

市販のUSBカメラを超高感度にするにはどうしたらよいのか?

カメラを分解して使っているICの仕様書を探してみよう!

って事でカメラを買ってきました。

201110111

ハードオフで840円でした。高いと思います。でも、色々と用事があってジックリ選定している時間が無かった。

ただ、このカメラ、今、ベランダにテープで固定してあるライブカメラと同じ製品です。

201110112

早速、蓋を開けました。真ん中がカメラレンズで、

201110113

裏にIRカットが糊付けしてあります。ピンボケですが。

感度を上げたいので、これは剥がしました。

201110114

基板の裏側を見ると黒いボンドで制御ICが封じてあります。傷付けてみましたが固いです。

201110115

コツコツと黒い接着剤を剥がしました。そしたら、

なんとベアチップでした!

やばいす。

ベアチップって、ICチップを直接、基板にマウントして、そのまま黒い接着剤(本来はICのケース)で封じる方法で

コストダウン目的で、こういう事やります。

んーー、たぶん。壊れた。

201110116

この様になりました。

840円をドブに捨てたようなものだ。840円有ったら、パンが何個買えるんだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月10日 (月)

Live Cameraのwide化

すでにお気付きかも知れませんが、Live Cameraを広角にしました。

201110101

これが今までの画で、

201110102

このオモチャを買ってレンズの前に付けました。

201110103

このように広くなりました。けど、ボケボケです。しかも、こうやって比較しないと広くなったって分かんないです。まぁ、いいか。せっかく買ったので、しばらくはこのままだ。

URLは、 http://homepage3.nifty.com/nga_star/live_camera.htm です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 9日 (日)

近接連星

twitterに載せたのと同じ物です。

AE Phe

Ae_phe

AD Cnc

Ad_cnc

AB And

44i_boo

44i Boo

Ab_and

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011 変光星観測者会議・懇親会会場

10/29-30に平塚市博物館で開かれる「変光星観測者会議」の話です。
http://nhk.mirahouse.jp/campaign/conference_2011_2.html

懇親会会場を予約しました。会場は「養老乃瀧 平塚浅間町店」です。

Gomu_taki_map

博物館に近いのですが、道のりは歩いて500~600mって所です。ちょっと歩きます。

でも、駅に出るよりは近いです。てか、このお店、駅から遠いです。

博物館の帰りにみんなで飲む時は、ここか、この近くの「郵便局前」交差点の「えいまんろう」で飲みます。

「えいまんろう」は3000円で飲み放題・食べ放題コースがあり、最近は養老乃瀧より「えいまんろう」に行きます。が、料理の作成にちょっと時間が掛かるという難があり、普段は気にしていませんが、今回は着いてから頼むとみんなを待たせてしまうので「滝」にしました。

この「滝」という言い方ですが、養老乃瀧の正面が「横浜ゴムの正門」で、私たちは「ゴム前の滝」と言っています。

平塚で「ゴム前の滝」と言ったらココしか該当しません。誰もがわかります。

あと、今はわかりませんが、以前は無線LANが使えましたので、飲みながら自宅の望遠鏡を操作した事があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/7 変光星観測

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/2011107-1a88.html
これの続きです。

Vz_psc_20111007

20cmで測光した VZ Psc です。この星は39回目の観測です。副極小でした。

Nsv00504_20111007

これは望遠レンズのEOS Kissで撮影したNSV00504です。

測光ソフトのFitsPhotを3300x3300pixelまで対応させてFitsPhotLGという名称で公開しました。それを使って連続測光しました。

自動で測光しますので面倒さは無くなりましたが、きっとステライメージを使って手作業で測光するより時間が掛かってます。

でも、面倒じゃない!って所が良いです。長く続けるには大切な要素です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 8日 (土)

2011/10/7 変光星観測

20111007sky

これは昨夜の「夜空の連続撮影」です。

デジカメを三脚に固定してインターバルタイマーで5分おきに南中した赤道を撮影しています。

前半は月が有って測光には使えませんでした。22時頃に月が写らなくなりましたが、23時までに曇ってしまいました。

結局、朝まで曇ってました。

途中一時間の画像にはプログラムスターのBU Cetが写っていましたがSkyが明るすぎて測光しても妙な値になりそうなので

ぜんぶ、撮影画像は捨てました。

20cmではVZ Psc、望遠レンズを付けたデジカメのガイド撮影はNSV00504を撮影しましたが

こんな天気じゃー、あんまり期待できそうにないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 7日 (金)

ホームページ更新

http://eclipsingbinary.web.fc2.com/dload-1.html
今回は測光ソフトのFitsPhotを更新しました。

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/raw-29e1.html
これの続きでもあります。

変更内容:US-STARTヘッダー対応

FitsPhotをFitsヘッダーのUS-STARTにも対応させました。

FitsPhotはver4.50aとver4.51が混在していて分かりにくくなっていました。

そこで、ラージフォーマット対応のFitsPhotをFitsPhotLGと言う名前にしてVer1.00から始めます。

同時にFitsPhot 4.50aをver 5.00にくりあげる事にしました。

 FitsPhot 4.50a → FitsPhot 5.00
 FitsPhot 4.51  → FitsPhotLG 1.00

この2つのソフトの違いは2つあります。

1.扱える画素数の上限値

 FitsPhot 5.00    1536x1536pixelまで
 FitsPhotLG 1.00  5500x5500pixelまで

2.FitsPhotはカラーが扱える

 測光はR画像で行います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011 変光星観測者会議・受付と正面ポスター

10/29-30に平塚市博物館で開かれる「変光星観測者会議」の話です。

http://nhk.mirahouse.jp/campaign/conference_2011_2.html

2011_v_s_obs_conf1

これが講堂入口受付机の垂れ幕。

2011_v_s_obs_conf2

これを貼り合わせて正面の黒板に貼る。いつもクシャクシャになるので、今度こそ綺麗に貼ろう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 6日 (木)

2011 変光星観測者会議・博物館入口に貼るポスター

10/29-30に平塚市博物館で開かれる「変光星観測者会議」の話です。

http://nhk.mirahouse.jp/campaign/conference_2011_2.html

博物館入口に貼るポスターを作りました。

Hirahaku_entrance

博物館の入口は、この地図の丸い噴水の近くです。(赤矢印が入口)

Meeting_room_hirahaku

これがポスターです。と言うか、道案内の地図です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次のδSco掩蔽

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/sco-005d.html
これの続きです。

チャンスは11年後です!

1.2022/05/17の01時に満月と食
2.2022/09/03の昼間の11時に食

Delta_sco_20220517 Delta_sco_20220903

要は観測は出来ません。

と言うは更に11年後の2033年って事になりますが

自分は77才。きっと観測はしないでしょう。

と言いますか、ぜんぜん違った観測装置の時代になっているでしょう。

ただ、2022年だと宇宙空間にある望遠鏡をアマチュアが操作出来る時代かも知れません。ならば、観測可能だ!

月面基地だとダメです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 5日 (水)

2011 変光星観測者会議・平塚駅からバス

10/29-30に平塚市博物館で開かれる「変光星観測者会議」の話です。

http://nhk.mirahouse.jp/campaign/conference_2011_2.html

最寄駅はJR平塚駅です。いつもは駅から博物館まで歩いています。

http://www.hirahaku.jp/riyou_annai/index.html

徒歩15分程度なんですが、今回は宿泊の荷物やPCなどあって重いのでバスで行ってみようか。

バスだと

>本厚木駅南口行きまたは田村車庫行き、日産車体前下車
>大島経由田村車庫行き美術館入口下車

との事です。

乗り場と系統は、

本厚木駅南口行き
 のりば 6
 系統  平50 平53 平54 平57 平58
田村車庫行き
 のりば 5
 系統  平51 平52 平60
大島経由田村車庫行き
 のりば 4
 系統  平65

土曜日の本数は...

 本厚木駅南口行き   → 4本/時
 田村車庫行き     → 2~3本/時
 大島経由田村車庫行き → 2~3本/時

本厚木駅南口行きに乗るのが良さそうです。

6番ののりばの位置は、

http://www.geocities.jp/pastoral_shonan/ttbus-hiratuka.htm

北口、出て左側、タクシー乗り場の手前ですね。これは簡単!

ついでに5番のりばもチラチラ見ていれば「田村車庫行き」も見つけられるかも。

下車する「日産車体前」は、どこでしょう?

Nissan_syatai

博物館の、すぐ東側の道路ですね。近い!

でも、いつものように駅から徒歩しちゃうかも

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Eclipsing Binary Stars model simulates the detection of eclipsing binary stars.

http://www.compadre.org/osp/items/detail.cfm?ID=10270

E_b_star_simulate

JAVAソフトです。

教育用って所で、研究用には使えないですが

JAVAなのでOSが何でもよいのはいいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 4日 (火)

これは何?

Tweet_20111003

前から気になっていましたが、この下の方の「Tweet」って何?

多くは「0」なんですが、こんな風に「2」とかの数値になっている時もあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年変光星観測者会議

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/2011-e3a8-1.html
これの続きです。

Slide2

AVIの動画がLaptopの方のパワポで再生されないので

GIFアニメにしました。

アニメは自分のホームページに置いてあるRZ Casの動画です。

同じOffice2010なんで、しつこく調べればきっと動くわけなんですが

最初から面倒に思ってしまい安易な策を選択した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 3日 (月)

2011年9月 変光星観測月報

2011年9月は 11夜 / 28星 / 1746測光 でした。

天気が悪い悪いと言い続けたものの 11夜 の観測が出来てました。

9月は出張や法事でぜんぜん時間が有りませんでした。

しかも、直ったばかりのGT赤道儀が不調で再び修理に出して戦力ダウンでしたが

晴れが少なく薄曇りの中でも面倒な20cmの組み立てをやったのが良かったみたいです。

GT赤道儀の10cmが使えないので、EOS Kissに望遠レンズを付けて赤道儀でガイドする観測がサブとして重要になりつつあります。

±0.1等の精度でしか観測出来ないのに夢は膨らみ、いろんな観測プランを考えました。ともかく、やってみようと思っています。

以下は恒例の観測数推移です。

2009/12 20夜 / 34星 / 2769測光
2010/01 21夜 / 34星 / 2641測光
2010/02 14夜 / 19星 /  762測光
2010/03  9夜 / 20星 /  738測光
2010/04  8夜 / 16星 /  454測光
2010/05 12夜 / 23星 / 1631測光
2010/06  5夜 /  9星 /  547測光
2010/07 11夜 / 19星 / 1497測光
2010/08 18夜 / 29星 / 2747測光
2010/09 13夜 / 21星 / 1429測光
2010/10  9夜 / 16星 /  309測光
2010/11 16夜 / 32星 / 1776測光
2010/12 17夜 / 37星 / 2509測光
2011/01 18夜 / 43星 / 2183測光
2011/02 10夜 / 25星 / 1196測光
2011/03 10夜 / 24星 /  934測光
2011/04 10夜 / 16星 / 1582測光
2011/05  5夜 /  9星 /  330測光
2011/06  2夜 /  8星 / 1310測光
2011/07  9夜 / 10星 / 1756測光
2011/08  4夜 / 10星 /  418測光
2011/09 11夜 / 28星 / 1746測光

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 2日 (日)

δScoの星食観測

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/sco-65a7-2.html
これの続きです。

16時に集合した頃は絶望的な曇り空でしたが

徐々に晴れだして

日没前後の時刻には月も見えて観測の準備がサクサクと進みました。

201110011

これは、実際に月を撮影している状態です。

まだ周囲が明るくて望遠鏡を十分に遮光しないとカメラが飽和してしまいます。

オペレーターは関谷先生です。f島大学で前回のεAurの食の時に光電管で測光をしていた人です。

ピラーの所にAC100Vのテーブルタップがあるのですが

前回までは電気が来てましたが、今回は停電していました。テスターが無いので電気が来ているのか来ていないのか調べるのに時間が掛かります。

201110012

直ぐ近くに太陽望遠鏡があります(写真右のドーム)。ここから電気を引きました。

この写真を見ても分かるように、なんとなく晴れています。この調子ならばうす雲でも観測っぽい事は出来そうでした。が、

東から低い雨雲が徐々に広がって、18時には全部真っ黒になってしまいました。

掩蔽の撮影は出来ませんでしたが、装置に関しては色々と分かった事もあり成果ZEROって訳では無かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/9/27,9/28 変光星観測

At_peg_20110927_sec_lc

9/27に20cmで測光したAT Pegです。初の副極小観測でした。

Asas22370702525_20110928

9/28に20cmで測光したASAS223707+0252.5です。2009年の観測と9/15の観測に光度のズレがありましたが、9/28の観測は9/15と一致していそうです。同じ比較星を使っていますので比較星が変光しているのだと思います。フィルターの形而変化ではなさそうです。

Asas22354002529_20110928

9/28に20cmで測光したASAS223540+0252.9です。9/15の観測は副極小でした。

Nsv00504_20110928

9/28にEOS Kissで観測したNSV00504です。f=135mm(F3.5)の望遠レンズにPO-0フィルタを付けてG画像を測光したものです。せいぜい±0.1等の精度って所です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 1日 (土)

EOS Kiss望遠でのprogram star

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/eos-kissprogram.html
これの続きです。

候補に挙げた星をザッと調べました。

PSCAP EB 6.1-6.3, N.M.EliasII et. Al.(2008) period=96day? By Polarimetric measure

NSV00504 E: 6.5-7.8, B.A.Gould, Cord Res 1, 128-342, 1879.

CETDP EA 6.9-7.1, P=2.36817(HIP P=3.1748)

TAUV1121 EB 8.5-8.9, min=2448500.41+0.824226xE (HIP15858)

TAUV1130 EB 6.7-7.0, mnin=2448500.319+0.798871xE (HIP17988), EW

ASAS042041-0144.4 P=6.477 ED 8.7-8.9, Eccentricity

ERImu P=7.381 EA 4.0-4.1, T=2452574.04+7.3806xE (M.Jerzykiewicz, 2009)

ORIpi5 P=3.700 EL 3.7-3.7, EL

NSV16296 P=2.229 EA 7.1-7.1, V1804 Ori, 7.06-7.13

ORIV1804 P=2.229 EA 7.1-7.1, DITO

ORIeta P=7.989 EA 3.3-3.6

ORIpsi P=2.526 E/ 4.6-4.6, 4.55-4.61

ORIV1375 E: 6.8-7.0, min=2447915.300+146.33xE EA/GS K0/1III (5), Otero, Sebastián A. IBVS5532

ORIdelta P=5.732 EA 2.1-2.3

ORIVV P=1.485 EA 5.3-5.7

ORIV1046 P=0.946 E: 6.5-6.6, Orion nebula T-association, primary component of SX Ari type

ORIV2592 P=13.550 EA 7.8-8.3, http://adsabs.harvard.edu/abs/2007OEJV...72....1O

NSV02556 E: 4.9-5.0, 4.91-4.95, SB2, Porb=27d.1546

ORIV1197 EL 6.3-6.3, EL

ASAS062155+0018.3 P=7.786 ED 8.5-8.6, Vamp=0.05, Period is wrong.

MONIM P=1.190 EB 6.4-6.5, OB-type stars, red supergiants, SB9 Eccentricity : 0.04

MONV0722 E: 7.8-8.0, P=1.421785 IBVS5495 Otero 2004

MONV0578 P=2.420 E 8.5-8.6, 8.54-8.57, NGC2244 an open cluster in the Rosette Nebula

MONV0505 P=53.781 EB 7.2-7.7, OB-stars

ASAS064748-0050.9 P=2.829 EC 8.7-8.9, The observation only in ASAS, good light curve

NSV17227 P=0.697 EB 8.1-8.2, V878 Mon

MONV0878 P=0.697 EB 8.1-8.2, DITO, IBVS5586

ASAS070105-0358.2 P=5.956 ED 8.3-8.5, Eccentricity

ASAS070127-0307.0 P=14.613 ED 7.4-7.5, Period is wrong., O9V, SB9 P=22.186056012(=wrong) Eccentricity : 0.2954

ASAS070523+0215.7 P=10.390 ED 8.7-8.7, Period is wrong., no paper

MONV0753 EB 8.3-8.8, P=0.677049 HIP34684, Contact binaries

ASAS071233+0034.9 P=76.000 EC 8.0-8.2, long period contact binary, no paper

ASAS072343-0150.1 P=2.716 ED 8.6-8.7, no paper, HD 58025 or TYC 4817-2327-1

NSV17552 P=31.420 EA 8.1-8.3, V891 Mon

MONV0891 P=31.420 EA 8.1-8.3, DITO, IBVS 5557 Otero 2004

NSV17647 P=7.725 EA 8.1-8.2, DM CMi

CMIDM P=7.725 EA 8.1-8.2, DITO, IBVS 5557 Otero 2004

ASAS075729-0118.7 P=52.980 EC 8.1-8.2,  Probably, Period is right. No paper

MONV0769 EB 7.0-7.1, 7.03-7.09, γ Doradus

MONV0773 E: 7.6-7.7, EB?, period 50day??

HYALO EA 6.4-6.6, P=2.4995, EA, T0=2442884.158

HYAMX EA 6.5-7.0, unknown period

HYANX EB 8.3-8.5, P=1.263192 hipparcos, EW?

ASAS092522+0417.1 P=3.594 ED 7.7-7.9, 7.6-7.9

ASAS092523+0417.2 P=3.595 ED 7.7-7.9, same star? ASAS092522+0417.1

NSV18209 EW 4.6-4.6, tau Hya,P=2807day, γ Doradus

LEOFM EA 8.5-8.9, P=6.72863 Otero 2003, main-sequence

VIRHY EA 7.8-8.1, P=2.73236 IBVS 3337, detached binary with similar components,

VIRKZ EB 8.5-8.5, P=1.13182 hipparcos

VIRFO P=0.776 EB 6.5-6.8, P=0.775567 IBVS 2527, Near-Contact

VIRMR EB 8.6-8.7, P=1.51865 Hipparcos, Radio, Coronal Active (RASS)

NSV20106 P=2.124 EA 8.3-8.3, V349 Vir

VIRV0349 P=2.124 EA 8.3-8.3, DITO

SERV0335 EA 7.6-8.3, P=3.4500 IBVS 4536

OPHV0502 P=0.453 EW 8.3-8.8

OPHV2368 EA 6.2-6.4, P=7.701Hipparcos, double-lined spectroscopic binary

OPHU P=1.677 EA 5.8-6.6

OPHV2373 EB 7.4-7.5, P=1.08628 Hipparcos

OPHV0566 P=0.410 EW 7.5-8.0

SERQS EA 7.7-8.3, unknown period, No paper

SERV0413 P=2.260 EA 8.0-8.1, P=2.259775 GCVS, eccentric orbit?, OB Star

ASAS183857+0129.0 P=1.458 ED 8.7-8.8, P=1.458216 ASAS catalog

AQLV1331 P=1.364 EB 7.7-8.1, B-type stars, 10.1+5.3solmass

ASAS192519-0206.5 P=0.568 ES 8.4-8.5

AQLV1454 E: 8.1-8.2, P=1.049648 IBVS 4702

AQLV0822 P=5.295 EB 6.9-7.4, B-type stars, multiple stars, Radio emission, Hoffmeister 1935

AQLV1471 EB 8.4-8.6, P=1.11422 Hipparcos

NSV25517 P=11.424 EA 7.9-8.1, OR Aqr

AQROR P=11.424 EA 7.9-8.1, Otero 2005 IBVS 5586, γ Doradus

PSCSZ P=3.966 EA 7.2-7.7, RS CVn type, chromospherically active binary, Radio Star

単色で測光するわけなので、ある程度の変光範囲があるObjcetで周期不明の天体を観測するのが良いと思っています。

AP Psc, NSV00504, DP Cet, NSV02556, ASAS062155+0018.3, ASAS070127-0307.0, ASAS070523+0215.7, ASAS071233+0034.9, V773 Mon, MX Hya, QS Ser

「ある程度の変光範囲」は望めませんでした。

下記の3つが未知の周期です。

V773 Mon, MX Hya, QS Ser

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »