« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月31日 (水)

出張

色々と事情が有って私だけ帰ってきました。

夜遅くに帰宅すると雨でした。

でも、今朝は快晴です。

いつ晴れたのだろう。

今日は月末、今夜位は変光星観測が出来るといいな.

にしても、眠い。疲れた。

※帰りの新幹線の中でテザリングをしてみた

ちょっとストレスを感じるものの(移動体でも)ちゃんと使えました。

GT赤道義が帰って来たら、フニャフニャのETX-80ATと入れ替えて使えるリモート望遠鏡にしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月30日 (火)

出張中です

一泊しました。たぶん、もう一泊。昨日は晴れたのだろうか?

メールを見たら、GT赤道儀の基板が届いたっていう連絡がありました!

って事はあと数日で修理が完了して戻ってきます。うれしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月29日 (月)

出張です

今日から愛知県幸田町へ出張です。

天気も悪いんで良いかも知れないが

8/29はV356 Sgrが極小の日なので家で待ち構えていたかった。

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/v356-sgr-3bf8.html

201108291

インターネット望遠鏡のビニール袋を開けてでかけるか、開けないで出かけるか

それが問題だ.

201108292

これはスマートフォンからリモートで望遠鏡を見た様子です。上から目線です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月28日 (日)

8月の天文学普及講演会

超新星:壮絶な星の最期を日本の望遠鏡で見通す
広島大学/川端 弘治
http://www.kahaku.go.jp/event/all.php?date=20110820

これのお話です。

201108201

最初に有名な1987Aを紹介されました。これなら皆さん知っているので超新星の話に引き込まれると思います。さすがです。

201108202 201108203

次は過去の発見例。ここで言いたいのは、ぜんぶが銀河系内の超新星って事。

201108204

最近の発見は増加傾向。どんどん暗い物が見つかってます。全部が銀河系外の物です。

201108205

星の進化と超新星についてご説明。コンパクトスターについても。

201108206

星の進化から超新星を説明すると重力崩壊型だけになっちゃいますが、ここからIa型も出てきます。

超新星には核爆発型と重力崩壊型の2種類がありますよーって話です。

ライトカーブの特徴やボロメトリックな違いとか。。言っていたか?忘れましたが、このグラフの言わんとしている所です。

201108207

二つの型の種類の説明です。

質量の違いに注目!

201108208

ニッケル56とコバルト56の半減期から光度曲線のシェイプを説明。爆発時の元素合成の説明もありました。

その後、重力崩壊型のシミュレーションやマイクロクエサーの説明などありました。

201108209

こちらも重要な観測的違いについての話です。

20110820a

こちらは、なぜに軽いIaの方が明るいのか!って話です。

この後は超新星残骸の話が続いて

20110820b

よく聞く超新星から金属が出来るんですよーって話の中で、どの元素がIaからなのかIIからなのかって話です。勉強になります。

20110820c

Ia型は、どれもこれもほぼ同じ絶対等級になるんですって話のあとに、

20110820d

明るいIa(2009dc)の発見の話をされました。ニッケル56だけで1.6ソーラーマスとかある。

そのあとは、軽い重力崩壊型の紹介。

最後に、アワーギャラクシに、そろそろ出てほしい。のような話で締めくくりでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月27日 (土)

2011/8/23 変光星観測

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/2011823-f47f-1.html
これの続きです。

8/23に曇りがちな中でBN Pegを測光観測しました。測光結果が使える物か確認するために過去の観測と重ねてみました。

Bn_peg_20110823lc

以外にイケてたのでvsoljに報告しよう。

Bu_cet

これはEOS Kiss digitalで固定撮影したBU Cetです。新たにprogram starに加えた星です。

うす雲もありましたが、測光するには比較星がちょっと暗すぎるか?

5.4までの3星を使いますか.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月26日 (金)

天の川とブラックホール発見 ともに世界初

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/8/25 変光星観測

8/26の27:30に目が覚めてしまい

空を見ると晴れていました。

そこで、ETX-80ATを遠隔操作しました。

f=50mmを付けたmeade DSI Proがピギーバックでのっかてます。

まず、M42かな。って事で導入してみると

それらしきものは写っていない。?

じゃー、三ツ星。

これも写んない。

それじゃー、リゲル。ってこれも写んない。

望遠鏡の所までいってみると、ベロベロに違う所向いてます。15度とかズレてそうです。

とりあえずファインダーで導入して

そのあと、室内から微動してシンクロさせました。

撮影はYY Eriって決めていたので、YY Eriに望遠鏡を向けました。

撮影を開始しましたが、何も写らない?

もー一度ベランダに出ると、今度は空一面が雲でした。薄明も始まってます。

と言う事で観測は失敗。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/8/23 変光星観測

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/2011823-f47f.html
これの続きです。

晴れたり曇ったりと酷い天候でした。

Bn_peg_20110823

その結果が、これです。

酷いです。

とりあえず、過去の観測と比べてみて報告できるレベルか確認しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月25日 (木)

前主系列星V773 Tauの多波長同時観測

http://www.asj.or.jp/nenkai/2011b/html/N28b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホームページ更新

http://eclipsingbinary.web.fc2.com/linux_memo.html

最近、このページしか更新していないです。

ちょっと詰まらないですね。

blogが中心になってホームページが手抜きになっています。

※文字化けしているかも

IEでは 表示>エンコード>日本語(自動選択) で文字化けが直ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月24日 (水)

2011/8/23 変光星観測

昨夜は今月4夜目の変光星観測でした。

帰宅すると薄曇りだったので観測は出来そうに無かった。そこで導入精度の悪いETX-80ATのアライメントをする事にしました。

このベランダからアライメントに使える星は1つしかなかったのでワンスターアライメントをしました。

そのあと、SAOの星を導入してシンクロさせました。

これで、ホームポジション・ワンスター・SAOの3つでアライメントした事になります。

導入精度は、今度こそ大丈夫っぽいです。あんまりちゃんと試していないので次のチャンスで確認しよう。

ともかく、PCも含めて通電しっぱなしにしたのでインターネット望遠鏡状態です。

アライメントをしている内に少し晴れだしました。

EOS Kissの固定撮影による「夜空の連続撮影」をセッティングして撮影を開始しました。もしかして、今月、初めての観測か?

それよりも晴れて来たので早く20cmを組み立てて食を観測したくなり

あわてて望遠鏡を組み立てました。

BN Pegに向けて連続測光を開始!

自動追尾も順調でした。

でも、初めて30分もしない内に曇りだし、すぐさま雲量10です。雨が降りそうな天気です。

大慌てで全ての電源を落として分解の準備を始めました。

すると、もー雲が無くなってます!

えっ。

もう一度20cmを組み立ててスーパーポラリスのアライメントを初めて

再度、BN Pegに向けて連続測光を始めました。

例によって、ここまででヘトヘトです。

EOS Kissの載ったもう一台のスーパーポラリスの準備を始めましたが、結構やる気が無くなって来ていて

これはやめました。

今朝になって「夜空の連続撮影」画像を確認したら、一晩中、ずっと曇ったり晴れたりでした。

測光の成果は無さそうです。

20110823mira

これは、今朝4時過ぎの南天赤道付近です。もうミラがこんなに明るく写っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月23日 (火)

Team Viewew

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/team-viewew.html
これの続きです。

アンドロイド携帯から自宅ルーターを超えてPCをリモート出来ましたが

外出先でネットブックから自宅PCって、どーやってリモートするんでしょう?

って、これは簡単でした。

Team_viewer15

ネットブックの方でリモートコンピュータの制御のパートナーIDを入力しパートナーに接続のボタンを押します。

Team_viewer16

認証画面になりますのでパスワードを入力してログオンボタンを押します。

たったこれだけです。

必ずルーターを超えようとしますので自宅でテストする場合もネットブックはUQ Wimaxなどでネットワーク接続させます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月22日 (月)

Team Viewew

アンドロイド携帯(MEDIAS N-04C)でReamote VNC Pro w/Ad 1.8.4を使っています。

自宅PCの4台にREAL VNC 4.1を入れていて、これを遠隔操作しています。

繋がれば快適です。ネットブックからの遠隔操作も快適です。

ただし、繋がれば、の話です。

なぜかVNCが接続できない時があります。

それは割と頻繁に突然やってきます。

でも、時間がたつと自然に繋がります。不思議です。

IPアドレスは変わっていないし、ルーターにPINGも効くし、ルーターを超えてそのPCにポートテストしてもOKです。

なのに急に繋がらなくなり、自然に復帰します。

なので、イザ!と言う時に使えなかった事があります。

何度かそんな事があり、複数の方法を併用したくなりました。

そこで、無料のTeam Viewewを使ってみました。

使い方ではなく、インストールの方法を記述しておきます。

アンドロイドの方はマーケットからインストールします。これは難しい所はありません。

PCの方は

まず、Team Viewew 6を以下のサイトからダウンロードします。
http://www.teamviewer.com/ja/download/tv6.aspx

Team_viewer00

フルバージョンをダウンロードします。ダウンロード先をディスクトップにしました。Windows以外のOSも用意されています。

※ここよりWin2000に入れた例

Team_viewer01

ダウンロードしたらアイコンをダブルクリックしてsetupプログラムを実行させます。

Team_viewer02

インストールをチェックして次へボタンを押します。

Team_viewer03

個人/商用以外をチェックして次へボタンを押します。個人利用の場合が無料らしいです。

Team_viewer04

利用規約の二か所のチェックをして次へボタンを押します。

Team_viewer05

インストールの種類は「いいえ」にしました。完了ボタンを押すとセットアップが始まります。

Team_viewer06

セットアップが完了すると自動実行されます。

使用中のIDにある9ケタの数字が、このPCのID番号になります。

その下のパスワード(この場合、5512)が接続時に使うパスワードです。

このパスワードはTeam Viewewを起動する度にランダムに生成されます。

パスワードを変えたくないので、

Team_viewer07

その他>オプションを選択してパスワードの設定をします。

Team_viewer08

Windowsと同時にTeamViewerを起動にチェックします。遠隔操作中にwindowsを再起動させてもTeam Viewewも起動されるので便利です。OKボタンを押します。

Team_viewer09

パスワードを設定してOKボタンを押します。

Team_viewer10

これもOKを押します。

Team_viewer11

これもOKを押します。これでTeam Viewewが再起動され設定したパスワードが有効になります。

Team_viewer12

アンドロイドからIDとパスワードを入力し、パートナーに接続をタップします。

Team_viewer13

接続すると簡単な説明文が出ます。これを読まないとマウス操作が分かんないので、とにかく読みます。

Team_viewer14

接続出来ました。×をタップすると切断します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月20日 (土)

PCIスロット対応IEEE1284拡張ボード

ちょっと前にプリンターポートの話題がありました。

PCIスロットがあるディスクトップPCならば「PCIスロット対応IEEE1284拡張ボード」はどうでしょう。

AMAZONを見ると
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Daps&field-keywords=%83v%83%8A%83%93%83%5E%83%7C%81%5B%83g#/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Daps&field-keywords=%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88&rh=i%3Aaps%2Ck%3A%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88

「玄人志向 インターフェースボード パラレル PCI LowProfile 1P-LPPCI3」が\1.982-でもっとも安いです。

買っておこうか?

と思ったが、パラレルのついているPCを数えたら8台あった。

※現在16台保有(内1台故障中)

nojimaやハードオフへ行くとパラレル付きの古いラップトップは5000円も出せば十分に買えます。

が、世間から見るとゴミみたいなPCがいつまで売られているだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月19日 (金)

2011/8/16 変光星観測

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/2011816-4620.html
これの続きです。

V356 Sgrを測光しました。

SGRV356 20110816211655 6.976V Nga
SGRV356 20110816211739 6.803V Nga
SGRV356 20110816211825 7.418V Nga
SGRV356 20110816211909 7.187V Nga
SGRV356 20110816211953 7.344V Nga
SGRV356 20110816212039 6.986V Nga
SGRV356 20110816212123 7.174V Nga
SGRV356 20110816212207 6.892V Nga

平均すると 7.098±0.204V です。

かなりばらついてます。

R Sctは上の階のベランダが写っていて、そのせいか値のバラツキが大きいです。

ST Aqrは写っていませんでした。

全般にガイドがカクカク動くので星が2つ写る場合が多く

10秒とか露出しても光量不足になっているのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CCDSoft ST-5でAutoGuideのSettings

Ccdsoft_st5_autoguide_setting1 Ccdsoft_st5_autoguide_setting2

ときどきわかんなくなるので

記録です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月18日 (木)

Pdanetでhttpsを閲覧する

無料版のPdanetではセキュアなサイトが開けません。

どうすりゃいいのか?

簡単な話で有料版にすれば解決します。

しかし、どこからダウンロードすればよいのかわかりません。。

探していたら、最も身近にありました!

Pdanetでconnectをやると幾つかのメッセージが表示されます。

その中に

Pdanet_201108181

こんなのがあります。このウインドウをクリックすればよい!って事になります。

ただ、このウインドウが出ている時間が短いのです。

そんな場合は http://www.junefabrics.com/android/index.php ここを開いて

Pdanet_201108182

Buyボタンを押して購入画面に進みます。

Pdanet_201108183

Buyボタンを押すと画面が変わって、次は I Agreeボタン を押します。

このようして次の購入画面で買えばよいのですが

ここまでで https が開けています。あれ?

って事は。。。。

この時点ですべてのhttpsが開けるようになっています。

Disconectで接続を切るまではhttpsが閲覧できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤道儀の板を交換

私の20cm望遠鏡の赤道儀はベランダの手すりに付けています。

これをご覧ください。
http://eclipsingbinary.web.fc2.com/obsp.htm

この木の板は、おおよそ1年程度で交換しています。

前回の交換は
http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/post_a4b8.html

えっ!

2008年の1月です!

3年8ヶ月も交換していません。

そこで、数日前に交換しました。

201108181

これが古い板です。手すりから外したら割れました。危なかったですね~

201108182

近所のDIYで板を買ってきた。いつも、何を買うか悩んでいましたので「写真」を撮りました。

他に必要な物は

1.ゴムシート
2.ニス
3.はけ
4.ニスを出すお皿

板以外は手持ちが有ったので購入はしなかった。でも、今回で使い切った。

201108183

これが完成品。

前回の作成は娘が殆どやってくれた。

今回は沖縄にバカンスだそうで居なかった。板を買ってきてベランダで鋸を引き出したら

ちょうど、娘が帰って来て、帰って来るや否や、いきなり、ベランダに直行して、鋸を引き出した。

と言う事で、今回も娘の作品です。

赤道儀を取り付けてみると「矢印」の穴位置が許容範囲だが結構ズレている

次回に直そうと思うが覚えているだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月17日 (水)

2011/8/17 千葉へ行く

お盆過ぎなので、道はすいていた。が、

横浜ベイブリッジで急に渋滞。緊急道路工事の準備だった。

木更津でブルベリー摘みを行う。初めてでした。とても美味しい。とても暑かった。

木は8種類有るとの事で葉の形などで識別するとの事だが差がわからない。でも、味でわかった。

そのあと、ダム見学に向かう。

ダムを出発し千葉南部に向かうものの道に迷う。そこで、スマホアプリのナビを使ってそれに従って進んだ。ちゃんと目的地に着いた。全行程がまったくもって初めての道だった。

到着するとタイヤがパンクしていた。あわててJAFを呼んだところ修理は不可能でスペアタイヤに交換してくれた。無料だった。ただ、JAFの車では無かった。

その後、指示されたお店にタイヤを買いにゆき1本だけブリジストンになった。他は横浜ゴムです。そのお店はJAFの人の店だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/8/16 変光星観測

昨日は曇っていましたので

酒飲んで風呂入ってくつろいでました。

ちょっとベランダへ出てみたら

晴れてます。夜になってから晴れるなんて、今までに無かったのに.

飲んでたんで20cmの組み立てとかはやめて

先日遠隔操作の準備まで完了したETX-80ATだけ使うことにしました。

鏡筒に乗っかっているDSI Proの画角は5度角もあるので

導入はバッチリです。のハズでした。

やってみると南中付近の導入は南へ5度、東南東は北へ5度もズレています。

このズレ量がわからないまま観測しているわけなので導入に時間が掛かります。

南のV356 SgrとR Sctを撮影して東南東のST Aqrを撮影するだけで3時間もかかりました。

もう一度、アライメントをやり直さないと使えないです。

でも、今日から二泊三日でお出かけです。

この状況で出先から遠隔操作が出来るだろうか?実験してみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

VSOLJの観測したASASの食連星

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/vsoljasas-1a1-5.html
これの続きです。

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/some-binaries.html
ここでお見せしたHskさんが観測されたASAS164631-0838.5の解析が出来ました。

ASAS164631-0838.5 cG Hsk q=0.90 Fillout=0.5 T1=3600 T2=3300 i=90

Asas16463108385

Vilivでやってみました。PCの速度は遅いですね。

対象となった天体は84の系があって、解析出来たのは8の系でした。

これ以上観測が有っても手を出さないで

今までの解析結果の検証作業を進めよう。

そして、変光星観測者会議で発表だね。
http://nhk.mirahouse.jp/campaign/conference_2011_2.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月16日 (火)

2011/8/14 食変光星観測

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/2011814-cbf9.html
これの続きです。

Mr_del_201108141

20cmで測光したMR Delの主極小を追記しました。

Mr_del_201108142

8月の測光から想像した光度曲線です。

わかんない場合はSDで解析するって事なんですが、

どーやら分離型っぽいのでRVの観測がないと解析出来ないです。

Delta_cap_20110814

これはf=50mm(F1.8)にMaede DSI proを付けてV bandで測光したδCapです。

ダーク減算をしていないのと露出が1秒なのでバラツキが出ていると思われます。

カウント値は16000とかなっていてもっと暗い天体を観測するのが良いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Some Binaries

V1018_cyg_201108

V1018 Cygです。SizさんによるVSOLJの初観測です。GCVSで書きました。だいたい周期は合っていそうですね。

Sz_her_201108

SZ Herです。眼視の観測は幾らかありますが光電測光はこの2件だけです。この2つの観測はどちらも非常に綺麗なものです。

V1055_her_201005 V1055_her_201105

2010年と2011年のV1055 Herです。やっぱり歪が大きくなっているように見えます。この先も継続的に観測されればデータから黒点の位置や形の変化が解析可能です。

Xy_lmi_201108

XY LMiです。VSOLJでは初観測です。周期0.44日の連星です。

V563_lyr_201108

V563 LyrはIohさんが観測されています。この光度曲線はIBVS4696の要素で書きました。周期0.578日です。

V508_oph_201108

V508 Ophは明るい食連星で私の所からも観測しやすい位置なのですが、私自身の観測がありません。

Cw_sge_201108

CW Sgeです。2007年の初観測以来、4年ぶりの観測でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月15日 (月)

ETX-80AT、再起動

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/etx-80at-6554-2.html
これと

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/2011810-8fba.html
これの続きです。

>50mmレンズを付けたDSI Proを鏡筒に乗っける算段をしないと
>遠隔操作なんて無理だ

Dsi_on_etx80at

超テキトーな工作で

鏡筒の上に乗っけました。

Vフィルターを内蔵させました。画角は4.1x5.6度です。

これなら導入問題は解決だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/8/14 食変光星観測

今月2夜目の観測です。

20cmでは1夜目と同じ星のMR Delを測光しました。今度は主極小です。SS2000PC(スーパーポラリス)が不調でしたので失敗観測かも。不調の原因は不明(急に南北方向動かない)。

あと、ETX-80ATのテスト観測を行いました。

画角が広いので導入の問題はありませんでした。オートガイドとかしないで2時間追尾しましたが星は同じ位置に写ってました。良好です。

Delta_cap_20110814

これは露出1秒のδCap付近です。このように取付の都合で画像の上を北に出来ないのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月14日 (日)

2011年9月の食変光星予報

2011年9月の明るい食変光星の極小予報です。変光範囲が1等以上で10等より明るい星を予報しました。高度は東京での高度です。

★ 9月の予報 ★

星名                  日   時刻    高度  食継続時間
AQLKO                 19   21.4      44  8.9
AQLKO                 22   18.2      64  8.9

CASRZ                  4   21.6      33  4.9
CASRZ                  5   26.3      54  4.9
CASRZ                 10   21.0      32  4.9
CASRZ                 11   25.7      54  4.9
CASRZ                 16   20.5      31  4.9
CASRZ                 17   25.1      53  4.9
CASRZ                 18   29.9      47  4.9
CASRZ                 22   19.9      30  4.9
CASRZ                 23   24.6      53  4.9
CASRZ                 24   29.3      48  4.9
CASRZ                 28   19.3      29  4.9
CASRZ                 29   24.0      52  4.9
CASRZ                 30   28.7      49  4.9

CASTV                  1   22.8      56  7.8
CASTV                  3   18.3      23  7.8
CASTV                  8   28.8      45  7.8
CASTV                 10   24.3      66  7.8
CASTV                 12   19.8      39  7.8
CASTV                 19   25.8      61  7.8
CASTV                 21   21.3      54  7.8
CASTV                 28   27.3      46  7.8
CASTV                 30   22.8      65  7.8

CEPEK                  1   26.0      46  6.4
CEPEK                 10   22.5      55  6.4
CEPEK                 19   19.1      50  6.4
CEPEK                 23   29.3      23  6.4

CEPU                   5   29.6      39  9.0
CEPU                  10   29.2      39  9.0
CEPU                  15   28.9      39  9.0
CEPU                  20   28.6      39  9.0
CEPU                  25   28.2      39  9.0
CEPU                  30   27.9      39  9.0

CEPZZ                  1   23.6      57  6.2
CEPZZ                  3   27.0      47  6.2
CEPZZ                 14   20.0      49  6.2
CEPZZ                 16   23.4      57  6.2
CEPZZ                 18   26.8      42  6.2
CEPZZ                 29   19.9      53  6.2

CNCRZ                 15   29.4      49 77.9

CRBU                  22   21.4      12 11.6
CRBU                  29   19.1      32 11.6

CYGV0393              10   23.2      56 29.4

DRAAI                  1   22.9      36  5.2
DRAAI                  6   18.0      72  5.2
DRAAI                  7   22.8      33  5.2
DRAAI                 13   22.7      31  5.2
DRAAI                 19   22.5      29  5.2
DRAAI                 25   22.4      27  5.2

ERIRZ                 25   26.3      36 47.1

LACCM                  3   22.5      80  4.2
LACCM                  6   27.5      35  4.2
LACCM                  8   18.0      38  4.2
LACCM                 11   23.0      78  4.2
LACCM                 14   28.1      24  4.2
LACCM                 16   18.6      50  4.2
LACCM                 19   23.6      67  4.2
LACCM                 22   28.6      14  4.2
LACCM                 24   19.1      61  4.2
LACCM                 27   24.1      56  4.2

LACRT                 28   19.1      63

MONUX                  2   28.3      12 24.1

PEGAW                 14   27.5      19 25.5
PEGAW                 25   18.5      51 25.5

PERbeta                1   26.2      67  9.6
PERbeta                4   23.1      34  9.6
PERbeta               21   27.9      75  9.6
PERbeta               24   24.8      67  9.6
PERbeta               27   21.6      34  9.6

PERIZ                  5   26.7      71 10.6
PERIZ                  9   19.2      22 10.6
PERIZ                 16   28.2      56 10.6
PERIZ                 20   20.7      40 10.6
PERIZ                 27   29.8      37 10.6

SGEU                   3   22.3      57 13.8
SGEU                  20   20.0      69 13.8
SGEU                  30   23.4      23 13.8

SGRRS                  7   18.5      20  9.9
SGRRS                 19   20.4      13  9.9

SGRV0505               5   20.9      39  5.7
SGRV0505              11   18.9      36  5.7
SGRV0505              12   23.3      22  5.7
SGRV0505              18   21.2      35  5.7
SGRV0505              24   19.2      39  5.7
SGRV0505              25   23.6      11  5.7

UMIW                   4   23.7      34  9.4
UMIW                   9   26.2      32  9.4
UMIW                  11   19.0      38  9.4
UMIW                  14   28.6      31  9.4
UMIW                  16   21.5      36  9.4
UMIW                  21   23.9      33  9.4
UMIW                  26   26.4      32  9.4
UMIW                  28   19.3      37  9.4

VULRS                  5   21.5      66 15.0
VULRS                 14   20.4      71 15.0
VULRS                 23   19.3      75 15.0

VULZ                  16   24.4      25 10.6
VULZ                  21   22.3      47 10.6
VULZ                  26   20.1      69 10.6

name                 period     RA      RD   Type    mag
AQLKO                2.8640   18h47m  +10゚46  EA  8.3 -9.5
CASRZ                1.1952    2h48m  +69゚38  EA  6.2 -7.7
CASTV                1.8125    0h19m  +59゚ 8  EA  7.2 -8.2
CEPEK                4.4277   21h41m  +69゚42  EA  8.0 -9.3
CEPU                 2.4930    1h 2m  +81゚53  EA  6.8 -9.2
CEPZZ                2.1417   22h45m  +68゚ 8  EA  8.6 -9.6
CNCRZ                21.643    8h39m  +31゚48  EA  8.7 -10.0
CRBU                 3.4522   15h18m  +31゚39  EA  7.7 -8.8
CYGV0393             13.633   19h58m  +43゚18  EA  9.0 -10.0
DRAAI                1.1988   16h56m  +52゚42  EA  7.1 -8.1
ERIRZ                39.282    4h43m  -10゚41  EA  7.7 -8.7
LACCM                1.6046   22h 0m  +44゚33  EA  8.2 -9.2
LACRT                5.0738   22h 1m  +43゚53  EB  8.8 -9.9
MONUX                5.9044    7h59m  -07゚30  EA  8.2 -9.2
PEGAW                10.622   21h52m  +24゚ 1  EA  7.4 -8.6
PERbeta              2.8673    3h 8m  +40゚57  EA  2.1 -3.4
PERIZ                3.6876    1h32m  +54゚ 1  EA  7.8 -9.0
SGEU                 3.3806   19h18m  +19゚37  EA  6.5 -9.3
SGRRS                2.4156   18h17m  -34゚ 6  EA  6.0 -7.0
SGRV0505             1.1828   19h53m  -14゚36  EA  6.5 -7.5
UMIW                 1.7011   16h 8m  +86゚12  EA  8.5 -9.6
VULRS                4.4776   19h17m  +22゚26  EA  6.8 -7.8
VULZ                 2.4549   19h21m  +25゚34  EA  7.3 -8.9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/8/10 食変光星観測

Mr_del_20110810

8/10に20cmで測光観測したMR Delです。

今月前半は、前半の悪天候と後半の出張で、後にも先にもこの観測しかありません。

この観測はMR Delの初めての副極小観測になりました。

周期が0.52日なので狙って観測すれば天気次第で直ぐに全位相の観測が出来るハズです。

Mr_del_image

もしかして重星では?と思ってアラジンで見てみました。

重星では無いと思います.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビデオカメラで掩蔽撮影(の準備)

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-47ad-3.html
これの続きです。

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-47ad-2.html
ここでSONY XC-77を固定GAINにする改造をしました。

今回は固定GAINで月を撮影して

 本当に固定になったのか?
 GAINは十分なのか?

を確認しました。

撮影はSONY XC-77カメラを20cmF10のシュミットカセグレイン望遠鏡の直焦につけて

Video信号をPCに取り込むには「豆チュ~2004」を使いました。
http://pro.grassvalley.jp/catalog/ustv/ustv2004_index.htm

結果は(たぶん)良好なものでした。

GAINは固定されていて月は飽和していました。

GAINは十分か?については、次に「星」を写して確認しようと思っています。

動画を公開するためにMP2をFLVに変換します。

Any Video Converter Freeを使いました。
http://jp.any-video-converter.com/any-video-converter-free.php

Youtubeへの公開方法は以前にまとめた方法で行いました。
http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/youtube-94e9.html

動画は下記で公開されました。
http://www.youtube.com/watch?v=yiwcos4z36k

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月13日 (土)

2011/10/29は「東横INN湘南平塚駅北口2」に集合!

変光星観測者会議の宿をとりました。

一駅だから家に帰る手もありますが

終電とか気にせずゆっくりしたいので宿の予約をしました。

 2011年10月29日(土)
 東横INN湘南平塚駅北口2
 シングル
 1名
 1室
 4,980円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BCB No. 92発行

F大学のN村先生よりお知らせがありました。

http://www.konkoly.hu/IAUC42/bcb92.pdf

このところ、食連星の研究に元気が無いようにも感じていましたが

これを見ると盛んなのでした。

盛んと言えば、この所、一晩中では無いけれど晴れています。が、

私は、全然、観測をしていません。

仕事が忙しくて。

疲れをとって、今日あたりから再開したいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月12日 (金)

App Inventor for Android

http://www.atmarkit.co.jp/fsmart/index/appinventor.html

なんだか凄く簡単にアンドロイドアプリが作れるそうです、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月11日 (木)

8月の天文学普及講演会

超新星:壮絶な星の最期を日本の望遠鏡で見通す
広島大学/川端 弘治
http://www.kahaku.go.jp/event/all.php?date=20110820

これ

行ってみよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ETX-80AT、再起動

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/etx-80at-6554.html
これの続きです。

Etx80at_restart_2011081  Etx80at_restart_2011082

GT赤道儀の有った場所に置きました。

DSI Proに50mmレンズを付けて鏡筒の上に乗っけようと思ってましたが

上手い方法が思いつかなかったので

直焦点にしました。

PCは部屋の中のGT赤道儀用のPCを使います。

と言っても、ステナビで望遠鏡を動かして、AutoStar EnvisageでDSI Proの撮影操作をします。

最初、ステナビで望遠鏡接続ができませんでした。これはステナビの再インストールで解決しました。

あと、VNCで遠隔操作も出来るようにしたので外出先からスマホで観測が出来るようになっています。

導入精度が悪いと"遠隔操作"どころじゃないでしょうけれど。一応。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/8/10 変光星観測

一昨日も晴れていた様ですが出張帰りで帰宅が遅く疲れていたので寝てしまいました。

昨日の8/10も晴れていたので久しぶりに変光星観測をしました。

固定撮影によるEOS Kiss digitalの「夜空の連続撮影」は前半は満月で24:30以降は雲でした。よって、画像は全部捨てました。

次に20cmですが、好都合に月が居て、ずーーと準備中だった「AGCをOFFにしたビデオのテスト」を行いました。こちらは良好でした。

ゲインが固定され月の明るい部分は飽和していました。画像をflvに変換後にYoutubeに乗せます。少々お待ちを。

20cmはMR Delの連続測光をしました。

この後、通常だったら赤道儀の方のEOS Kiss digitalをオペレーションするのですが

月が大きくて観測にならんだろうって事でETX-80ATのアライメントをしました。

作業を始めて色々と思い出しました。なぜ、これを使わなくなったのかも克明に。

ともかくフニャフニャで何度アライメントをしても1度以上もズレが出てしまいます。きっと自分のやり方が悪いせいで、もっと良いはずなのですが、やっているうちに嫌になりました。

やっぱり、50mmレンズを付けたDSI Proを鏡筒に乗っける算段をしないと遠隔操作なんて無理だ.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月10日 (水)

出張

昨夜遅くに帰ってきた。晴れていたようだが1時に寝た。今日は5時起きです。明日からまた出張か

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 9日 (火)

出張中

愛知県幸田町に出張中です。

昨夜、空を見ると晴れてます。夏の大三角とか見えてました。

こっちの方は晴れているんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 8日 (月)

出張

今日から愛知県幸田町へ出張です。

なんとか、一泊で帰ってきたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Some Binaries

V724_aql_20110808

V724 Aqlです。GCVSで作ったら滅茶苦茶になったので、min=2452500.394+0.5175987xE (J.M.Kreiner, 2004AA54) を使いました。

V1490_aql_20110808

V1490 Aqlです。min=2452500.9717+1.6159396xE (J.M.Kreiner, 2004AA54) で書きました。ちょっと周期が違うみたいです。

Asas13182024523_20110808

ASAS131820+2452.3です。この先の観測でディテイルがわかるのだと思います。楽しみです。

Asas16463108385_20110808

ASAS164631-0838.5です。デジカメ+13cm反でこんなに暗い星が観測出来るんだ!。これも解析しよう。

Rw_com_20110808

RW Comです。2011/5/8のデータを追記しました。ちょっとバラツキが多かったみたいです。

Dk_cyg_20110808

DK Cygです。皆さん本当に綺麗な観測をしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 7日 (日)

突発現象で探る宇宙 〜 天の川から宇宙の果てまで

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/post-ff05-1.html
昨日、東工大に行ってきました。

内容はX線・γ線でお三方の短い講演でした。

1.宇宙ステーションから宇宙を観測する”MAXI”
  森井幹雄(グローバルCOE)
2.東工大 超小型衛星の挑戦
  谷津陽一(東工大)
3.ガンマ線バーストで宇宙の果てを探る
  河合誠之(東工大)

・宇宙ステーションから宇宙を観測する”MAXI”

201108071

これがMAXIで見た宇宙で銀河面に沿ってX線源が分布しています。

201108072

観測しているとX線エミッションが変化する天体が見つかったり、知られていなかったX線源を発見したそうです。

201108073 201108074

変動天体の説明で、左は系の歳差運動による変動の説明。右はBe星の円盤中に中性子星の伴星がぶつかる様子です。

・東工大 超小型衛星の挑戦

201108075

東工大では自前の衛星を何個か打ち上げていて、その開発話でした。

宇宙線・打ち上げ時の振動など様々な障害に耐える物を作って、ようやく前回の物で科学衛星として機能ような物となり、地球の電子・陽子の分布を観測されたそうです。

201108076

目的は衛星自体の技術と高エネルギの検出器の開発だったそうで、次回は得た技術でサイエンスをしたいそうで

ガンマ線の偏光観測を目指しているとの事です。

・ガンマ線バーストで宇宙の果てを探る

201108077

超新星のジェット方向にガンマ線が出ている話をされて

201108078

その後、遠方銀河からのガンマ線の話です。

写真では分かりにくいのですが、このスペクトルは上下に2つあります。

上は短波長側にあまり吸収が無く、下は沢山の吸収があるものです。

吸収は地球に光が届くまでに受けた物で距離が遠いと増えます。

このガンマ線ソースは宇宙が生まれて9億年をちょっと過ぎたあたりの物だそうです。

この9億年より若い物を見つけたいとの事でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 6日 (土)

突発現象で探る宇宙 〜 天の川から宇宙の果てまで

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/post-ff05.html

よし!

今夜も雨の予報なので

行って来よう

その他:

昨日は「震災復興宝くじ」と「天文ガイド」を買いました。

変光星欄をMhhさんが書くようになってから天ガを買うのは、おそらく、初めて~3回目の間位と思います。

δScoの記事が有るって、どっかのブログか何かで見たので買いましたが特集では無かった.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

viliv N5 Premium

以前にELECOMのBluetooth keyboard TK-FBP017BKが使える話をしました。

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/viliv-n5-prem-3.html
http://www2.elecom.co.jp/peripheral/full-keyboard/tk-fbp017/index.asp

このキーボードは日本語キーボードでは無く

どーやって日本語入力するのだろう?と思ってました。

答えは簡単でした。

201108061

まず、IMEを「ひらがな」にします。

201108062

キーを叩くと、このようにひらがなになります。

201108063

スペースキーを押すと感じになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 5日 (金)

δSco

Delta_sco_201108

もう、元の明るさに戻ってしまうのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続く、悪天候

昨日は帰宅すると晴れていました。

でも、天気予報では雨となっていたので何もしませんでした。

ここ数日、夜半から明け方までに雨が降る天気が続いています。

うちは朝まで出しっぱなしにするので就寝後に雨が降ると機器が濡れます。

結局、昨日も雨が降りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

viliv N5 Premium

meade DSI Proの動作は確認しましたが

LPIを確認していませんでした。

USBにさすとプラグアンドプレイが始まりますが

失敗します。

PCの内蔵CAMと勘違いしてしまいます。

DSIのときにやった方法でLPIが使えるようになりましたが

なんがかしっくり行ってないです。良くわからんです。

内蔵CAMと同時使用も出来ますが妙です(同時使用できないと言った方が良い位に妙です)

ただ、同時使用しなければ、ともかく使えるようにはあります。(ソフトはAutoStar Envisageです)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 4日 (木)

Binary Maker 3が動かなくなる問題

Vilivに入れたBinary Maker 3が
http://www.binarymaker.com/

動かなくなる症状で、ずっと悩んでいます。

Bm3_do_not_operation

こんなメッセージです。

何が悪さしているのか?ですが、

USB display adapterでした!

こんなメッセージが出ても内蔵LCDだけ使えばメッセージは出ないで動作します。

USB display adapterはインストール後、しばらくすると、Updateが有ります.と言ってupdateが行われます。

これ以降、ダメ、みたいです。

これを見つけるまでに、ぼーだいな時間を使いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ETX-80AT、再起動

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/etx-80at-6554.html
これの続きです。

>9Vのアダプタは、あと一個しか持ってない

9v_ac_adapter

新たに、ETX-80AT用の電源が必要なので

ゴミ捨て場で一個拾って来ました。

5Aだって

こりゃ凄い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

viliv N5 Premium

GPS入っているハズなんだけんど.

http://brule.co.jp/umpc/n5.shtml

GpsSwitchなんてアプリ

見当たらない.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 3日 (水)

IBVS 5901~

Discovery of {delta} Scuti type oscillations in two Algol-type binaries: DY Aqr and BG Peg
http://www.konkoly.hu/cgi-bin/IBVS?5902
Short-period Oscillations in the Algol-type Systems V: SX Draconis
http://www.konkoly.hu/cgi-bin/IBVS?5925
Evidence for a Variable Component in the Eclipsing Binary System V417 Aurigae
http://www.konkoly.hu/cgi-bin/IBVS?5948
Detection of a Rapidly Pulsating Component in the Algol-Type Eclipsing Binary YY Boo
http://www.konkoly.hu/cgi-bin/IBVS?5949

今、何個になったんだろう?
数えてリストにしないといけないですね。

Drastic Changes in Photometric Variability of V410 Tau
http://www.konkoly.hu/cgi-bin/IBVS?5907

こんなに振幅が変わるんですね!

しかも周期性が

Period Changes in the Eclipsing Binary System V861 Her
http://www.konkoly.hu/cgi-bin/IBVS?5913

もう少し賞

V1032 Oph Is A Dwarf Nova
http://www.konkoly.hu/cgi-bin/IBVS?5914

この光度曲線だけでわかるんだ。すごい!

New Cataclysmic Variables from 6dFGS Spectroscopy
http://www.konkoly.hu/cgi-bin/IBVS?5916#6dFGS

6dFGSって?

The Polar CSS 081231:071126+440405 at a Low Accretion Rate
http://www.konkoly.hu/cgi-bin/IBVS?5923

こういうの面白そうと思ってますが

暗いです。

Discovery and Photometric Orbital Solution of a New Double-Lined and Highly Eccentric B5V Eclipsing Binary
http://www.konkoly.hu/cgi-bin/IBVS?5936

周期4日で、こんなに離心率があるの!

The Highly Active Low-Mass Eclipsing Binary BS UMa
http://www.konkoly.hu/cgi-bin/IBVS?5940

たっ、たまらん!

こういうの たまらん

Simultaneous Photometric and Spectroscopic Solution for AW Cam
http://www.konkoly.hu/cgi-bin/IBVS?5946

てっても上手く出来ているフィッティングだと思います。素晴らしいです。

AC Bootis - An Unevolved W-Type Overcontact Eclipsing Binary with a High Mass Transfer Rate
http://www.konkoly.hu/cgi-bin/IBVS?5951

これもたまらんです! むちゃくちゃ たまらんです!

USNO-A2.0 1425-04279615 and USNO-A2.0 1425-04280420: Two New Short-Period Eclipsing RS CVn Variables
http://www.konkoly.hu/cgi-bin/IBVS?5961

ものすごい歪です

Photometric Analysis and Evidence for a Third, Dwarf Component in the FY Boo System
http://www.konkoly.hu/cgi-bin/IBVS?5963

FY Booは(VSOLJで)誰か観測してたかな?

The 80th Name-List of Variable Stars. Part I -- RA 0h to 6h
http://www.konkoly.hu/cgi-bin/IBVS?5969

GCVSのネームリストです。

``MOST'' Satellite Photometry of Regulus
http://www.konkoly.hu/cgi-bin/IBVS?5987

レグルスは比較星として使っても問題ないな

Rotational Variability in Pre-Main-Sequence Stars: TWA 6 in 2008
http://www.konkoly.hu/cgi-bin/IBVS?5989

回転星だって、珍しい観測かな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ETX-80AT、再起動

ETX-80ATは分解して押入れに入っています。

GT赤道儀が戻ってこないので、ベランダのその場所にETX-80ATを設置して測光に使おうかと考え中です。

DSI Proに自作レデューサーを付けても直焦だと視野が1°以下です。

毎回、アライメントすれば導入の問題は無いと思いますが、おきっぱなしにして通電しっぱなりにしようと思っていて

導入に難が有ると思われます。

ので、鏡筒の上に50mmレンズを付けたDSI Proを乗せようかと考え中。だが、方法が思い浮かばない..

それはそれとして、専用に作った9VのACアダプタが無い

探したら「夜空の連続撮影」に使ってました。

9Vのアダプタは、あと一個しか持ってない。プラグはスーパーポラリスのモードラ用になっています。

先を「ブチッ」と切って、006PのバッテリースナップにしてしまえばETX-80ATはいいけど、スーパーポラリスが困っちゃう。

変換ケーブルを作ればよいのだが、旧規格の9Vのジャックが無い。

ETX-80ATの再起動には時間がかかりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 2日 (火)

突発現象で探る宇宙 〜 天の川から宇宙の果てまで

http://www.kwasan.kyoto-u.ac.jp/tanabata/list.pl/2011/list.pl/2011/?lid=9871650804_131jHttc36usI_13vKc99nrw&mode=detail&pid=P13

どうしよう

行ってみようか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

viliv N5 Premium

viliv N5 Premiumとの戦いが続いています。

何回目の再セットアップだろうか?

途中に何度かOSのUpdateがあります。

201108021

Windowsの更新に失敗したそうです!

こんなの初めてみました。

その後、自動的に再起動され

201108023

こんな画面です。

この戦いはいつまで続くのだろう.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年8月 1日 (月)

viliv N5 Premium

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/viliv-n5-prem-6.html
これの続きです。

15時間かけて再セットアップして、最後にBinaryMaker3をインストールしたら

Bm3_do_not_operation

同じようにダメでした。

最初にBinaryMaker3をインストールすると成功するんですが

どっかで何かが邪魔してます。

そいつが何かを調べないと

この状態から抜け出せない...

※グラフィックっぽいエラーか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/7 変光星観測月報

Hskさんに7月の月報を出しました。

下は2009年12月からの実績です。

2009/12 20夜 / 34星 / 2769測光
2010/01 21夜 / 34星 / 2641測光
2010/02 14夜 / 19星 /  762測光
2010/03  9夜 / 20星 /  738測光
2010/04  8夜 / 16星 /  454測光
2010/05 12夜 / 23星 / 1631測光
2010/06  5夜 /  9星 /  547測光
2010/07 11夜 / 19星 / 1497測光
2010/08 18夜 / 29星 / 2747測光
2010/09 13夜 / 21星 / 1429測光
2010/10  9夜 / 16星 /  309測光
2010/11 16夜 / 32星 / 1776測光
2010/12 17夜 / 37星 / 2509測光
2011/01 18夜 / 43星 / 2183測光
2011/02 10夜 / 25星 / 1196測光
2011/03 10夜 / 24星 /  934測光
2011/04 10夜 / 16星 / 1582測光
2011/05  5夜 /  9星 /  330測光
2011/06  2夜 /  8星 / 1310測光
2011/07  9夜 / 10星 / 1756測光

梅雨明け後の数日間は晴れが続きました。

そのせいで9夜も観測していました。

でも、観測夜数が一桁って少ない方です。

梅雨上げ後に台風6号が来ましたが、それ以降は梅雨が戻ったような天候で、ぜんぜん観測なんかできないです。

悪天候の中、細々と続けている「夜空の連続測光」にηAqlを追加しました。脈動はεVirとこのηAqlだけです。

晴れ間が続けば余裕も出てきてR Sctとかも観測すると思います(あっ、その前にV356 Agrだ)。

壊れたGT赤道儀は趣味人に届けてから4か月になりますが

音信不通です。メールの返事も来ません。電話しても出ません。

遊んでいるETX-80ATにDSI Pro(+50mm lens)をピギーバックして代用の望遠鏡に考えようと思っています。

先月は20cmで掩蔽観測用ビデオのテスト撮影をしました。

色々と課題がありましたが、残りはAGC offでのテスト撮影と、実際に星を測光する実験が残ってます。でも天気が悪すぎで、今月にはテストを完了したいです。

できれば、9月末までに掩蔽観測をしてみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »