« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月31日 (木)

2011/3/30 変光星観測

10cmの方が使えなくなり、GT赤道儀の修理にも時間が掛かるので

迷うことなく20cmで変光星観測をしました。

こちらは毎回組み立てるので出しっぱなしの10cmより面倒なのです。

でも、望遠鏡は組み立てキットとも言われますが赤道儀だけは出しっぱなしなので少しはましです。

Ap_leo_20110330

これが20cmで観測したAP Leoです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GT赤道儀修理の件

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/celestron-advan.html
これの続きです。

まず、基板購入の可否について「趣味人」のWeb問い合せに投稿しました。
http://www.syumitto.jp/

そしたら「修理する」方向に話が進みだしました。

自分の頭の中には「修理に出す」って意識がありませんでした。

でも、ここは趣味人さんに修理依頼するのが懸命と思っています。

一方、(たぶんやらないですが)自力修理の方です。まず、基板上の故障部品捜索から始めます。

Bd_mount

・4つのダイオードはテスターチェックで問題なし
・5Vの電源ICは駆動しているモーターがあるので問題なし

残りは4種の半導体です。

 PIC16F876A
 LS7084-S
 74HC240D
 L293DD

テスターでは分からないので動作させながら波形をシンクロスコープで確認するようになります。
これにはまとまった時間が必要なので週末に行ないます。

調査までに時間がありますので部品交換となった場合の入手性を調べます。

 PIC16F876A
 74HC240D
 L293DD

この3種類はRSから買えます(在庫無しもありますが)。LS7084-SはDigikeyにも秋月にもありません。

また、もし、故障がPICマイコンだったらFlashを書けるだろうか?と言う問題もあります。

ライターは秋月の「AKI-PICプログラマー Ver.3/Ver.4」が対応していました。ROMデータは生きている方のPICマイコンから吸い出します。壊さずに基板からICを抜き取るだけでも難しいのです。それも含めて全体的に高度な作業になりすぎています。私に出来るだろうか...

そこで、他のFlash書き込み方法を模索すると、可能性の有る物にCelestronのファームUp Dateソフトがあります。

http://www.celestron.com/c3/product.php?CatID=11&ProdID=92#downloads
ここの(SupportのTABの)一番下の方にある「Motor Control Firmware Updates v.2.2.5」です。

ただ、ターゲットが、このPICなのか? わかりません。

Mt_target

フラッシュライターはPCからシリアルで繋がっているハンドコントローラのマイコンを経由して書き込んでいます。
それが、どのICなのかわかりません。これはハンドコントローラを開いて確認する必要があります。

修理に先立って回路ブロック位はわからないだろうか?

L293_application

L293にモーターのドライブアプリケーションは見つかった。このように使っていないかも知れませんが、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Geany

GeanyってWindows版もあったのかー
http://www.geany.org/Download/Releases

知らなかった...

そーかー「GTK+ runtime for Windows」必要なんだ。

Windowsでgccが使えるのでしょうけれど

実行出きるんですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

VM virtualbox 4.0

今、3.2を使っているのですが

4.0にしようとすると

20110331

このようになります。

3.2をアンインストールすれば良い訳ですが

そーーも、いかないです。

アプリのインストールとかやり直しになります。ほかに、ネットワークや共有フォルダとか、くっついているハードなどの設定とか、やり方も忘れていますし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月30日 (水)

Office 2010

Office2010

少し、お金が溜まったので買いました。

文無しです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Celestron Advanced GT赤道儀のモーター暴走

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/gt-a213.html
「GT赤道儀のアライメントが出来ない」の続きです。

ネットで探すと動画がありました。

http://www.youtube.com/watch?v=dJOtzIOr6e8
このビデオではRDモータについて言っています。

も少し探すと、NexStar Resource Siteにありました。

http://www.nexstarsite.com/OddsNEnds/ASGTRunaway.htm
ここのページの一番下の記事です。

problems with insulation on a circuit board in the RA motor housing can lead to this and other misbehavior.

201103301

基板とモーター金属部分が接触するのだそうです。これもRDです。こちらで発生している問題はRAです。

3/28の調査では、

>カバーはせずに基盤がダラ~ンとした状態でアライメント
>そしたら、いい感じで出来ます

でしたので、症状が違っても原因は同じとも思えます。

201103302

そこで、もう一度、

カバーを使うのをやめて、完全に基板だけにし、他の金属と接触しないようにポリバックに入れてテストしました。

そしたら、まったく問題なく動作しました!

全国、いや、世界中で起きているGT赤道儀の暴走はこれだったのです。

早速、観測に復帰させそう!と言う事で、

今のままじゃ、RAモーターの配線だけで基板の重さを支えている状態なのでいずれ配線が切れてしまいます。

とりあえず、このポリバックをセロテープで赤道儀に固定させました。

これが失敗でした。

この袋の中には2枚の基板が入ってます。

201103303

テープ巻きしたさいに基盤同士が接触したみたいで

今度は、この基板が壊れました!

わたしは大バカ者です。も、どーしよー。昨夜はやけ酒です。

RAモーターが西に動きません。

RAとRDモーターを入れ替えるとRDモーターが同じ症状になりますので、確実にこの基板のどっかの部品が壊れました。

計画停電以降発生していた「GT赤道儀のアライメントが出来ない」問題は悲劇的結果となりました。

I Bandの測光も、とーーぶんは出来ないでしょう.

1.この基板を修理してみる
2.この基板だけ買えないか?
3.GT赤道儀を買う
4.予備機のスーパーポラリスと入替

スーパーポラリスで「gt_slew自動観測」をさせるにはslew速度が変えられないので一晩中モーター音がうるさいでしょう.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年3月29日 (火)

捨てた鉛バッテリー

最近多い計画停電ネタです。

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-bf9f.html
ここで使っているLi-ION電池は110Whです。

昔々、山へ出かけて光電測光とかやっていた頃の鉛バッテリーがベランダに捨ててあります。

もう、15年とかほったらかしです。

20110329

このバッテリーを持ってきて復旧させようとしました。

4つ駆動出来れば300Whを超えます。

写真は試しに充電している所です。

で、

結局、4つとも僅かにしか充電出来ませんでした。

症状はオープンバッテリーに似ています。

と言う事で、

ふたたびベランダに雨ざらしです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GT赤道儀のアライメントが出来ない

昨日は日中が快晴でしたが

帰宅した頃は曇りでした。

それでも星が見えているのでGT赤道儀のアライメントをしました。

例によって、動作がおかしいです。

ある星にGOTOさせて、その星に順調に向かって行くのですが

RAモーターが先に止まって、あとはRDモーターだけで目的星に向かうと言う動作があったとすると

途中でふたたびRAモーターが動き出して、限りなく動き続けます。

あるいは、目的星に向いても、すぐに、RAモーターが限りなく動いてしまいます。

どうも、RAモーター側だけがおかしいようです。

基板の入っているカバーを外して基板の目視をしました。

とくに妙では無い。ちょっと砂埃で汚れています。

とりあえず、コネクターの抜き差しをして、カバーはせずに基盤がダラ~ンとした状態でアライメントをやってみました。

そしたら、いい感じで出来ます。

そこで、電源を落として、カバーや基板を元通りにしてアライメントをしたら

出来ました。

これで、なんだかんだで2時間近く掛かりました。

室内に入って、PCから操作しました。変光星にGOTOさせると、CCDの真ん中付近に入ります。

直ったかな?

そのまま連続測光をしようとしましたが、

雲が多くてPHDguidingでオートガイドが出来ないです。

連続測光をあきらめて、「GT_Slew自動観測」に切り替えました。

このソフトは、あらかじめカタログしたRA,RDにしたがって、順々に望遠鏡を向けて行くだけのプログラムです。

で、最初の星に向かってた、はずですが、地面に向いてとまりました。

おかしいです。

もう一度、やり直しましたが、もっとひどくなって、真下を向きました。

結局、電源を落としました。

んーー、計画停電で電源がOFFになって以降、調子が悪いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月28日 (月)

GT赤道儀のファームをアップ

3/26(土)にアライメントが出来なかったので

念のため、コントローラのファームのバージョンを確認したら

モーターが5.14で、コントローラが4.13でした。

最新版を確認したらモーターが5.16でコントローラが4.19でした!

早速、アップデートしました。

MC (RA/Dec共に)
 Model:Advanced GT
 Adress:16
 Version:5.16
 HW Rev.:2

HC
 Version:4.19
 Type:GEM

それで、目的の「アライメント」は、

昨日も雨でも降りそうな曇り空で出来ませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GT赤道儀用の無停電システムを変更

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-f766.html
これの続きです。

まだ、まったく新システムは活用されていないのですが、

またまた問題です。

早い話、「電池が売ってない」のです。単なる単一電池ですよ。どのお店も売り切れです。

今使っている電池はSS2000PCで使っていたものです。

普段、SS2000PCはACアダプタで動かしているので、この乾電池はDebug用です。使い古しなんです。

なので、早々に新品に換えたいのですが、乾電池が売ってない!

そこで、まだ構想なのですが

元に戻そうと思ってます。要はバッテリーパックに戻すのです。

この時の問題点は16.8Vで充電していないために満充電にならない点でした。

201103281

ちゃんとした機能を持った小型の充電器を作るなんて時間が掛かりすぎるし気が遠くなります。

そこで、16.8Vの電源から電流制限の抵抗を介してバッテリーに接続するだけの簡易充電を考えました。

ここでの問題は抵抗値が低ければ充電時間が短くなりますが、反面、抵抗が熱くなります。

201103282

これは抵抗値と充電時間の関係です。残り0.5Ahに達するとおおよそ80%充電です。これを実用充電として

20Ωでも12~16時間で達します。最近の計画停電は日に一回なので十分に早い充電時間です。

抵抗は最大で1.8Wの消費です(放電終始電圧を10.8Vと考える)。定格10W位の抵抗があれば発熱は大丈夫です。

でも、もし、バッテリーが故障してショートした場合は14Wの消費になり抵抗は真っ赤になってしまいます。これは、時々、点検する事で回避しよう。

にしても、材料集めからです。

※思うに、もしかしたら電源投入時に赤道偽コントローラのメニューから「ラストアライメント」を選択すれば、こんな面倒な事をしなくてもよいか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月27日 (日)

田村市天文台ライブカメラ

福島県田村市「星の村天文台」のライブカメラが動いています。

http://www.city.tamura.lg.jp/camera/takine-cs1.html#

こちらは被害は無かったのでしょうか?

JAVAで操作できますが、人の気配がありません。

追記:
郡山市ふれあい科学館
http://www.space-park.jp/cyber/livecam/livemenu.htm

| | コメント (2) | トラックバック (0)

天気予報は晴れなのに

ぜんぜん晴れません。

昨夜も雲りでした。が、

GT赤道儀のアライメントをしたくて、ものすごく寒かったけんど作業をしました。

しかし、なんどやっても、ぜんぜん違う方向に向いてしまい

2時間以上掛かって、何度もやりなおしましたがアライメントはできませんでした。

と言うことで、昨夜の観測はなし

電源電圧でも低いのかな~

※今朝のTVで東京の空が写っていて快晴に見えます。でもここ茅ヶ崎は全部雲です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

追加する観測装置

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-691f-9.html
これの続きです。スーパーポラリス赤道儀にデジタルカメラを乗っけて変光星観測をする計画です。

天気が悪すぎて作業がぜんぜん進みません。

信号配線の動作確認をしました。

201103271

室内とベランダの間にはたくさんのケーブルを通してありますが、

余っているのはUSB A-Bケーブル1本だけでした。

これを使ってSS2000PCとEOS Kissを接続するには、と言いますか、USB HUBをつなぐには

USB A(メス)-B(メス)と言う奇妙なコネクタが必要になります。他は全部持ってます。

だが、そんなコネクタ世の中に有るのだろうか?

201103272

ありました!

500~600円位です。

動作確認が出来ました。

それにしても、天候が悪すぎて赤道儀の設置確認の作業が出来ないでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月26日 (土)

AIP4WINってRAWが扱える

AAVSOのDSLR Photometry Tutorialを見ると
http://www.citizensky.org/content/dslr-documentation-and-reduction

デジタルカメラの画像をAIP4WINで測光する手順を説明しています。

http://www.citizensky.org/content/aip4win-beginner

AIP4WINってRAWが扱えるですね。

http://www.citizensky.org/content/maximdl-beginner

MaximDLもです。

IRISの説明もありますが、すごく面倒そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月25日 (金)

2011/3/24 変光星観測

昨夜は19時から計画停電でした。

しかも、晴れてます。

でも、電力が無いので何も出来ません。

いつもだったら停電は3時間ですが、昨日は1時間で終わりました。

空を見ると、けっこう雲だらけです。

GT赤道儀のアライメントをしなければならないのですが、配線を変えたり、なんだかんだで通常は1時間もかかるのでやる気が起こらないです。

ので、EOS Kissによる「夜空の連続撮影」だけにしました。

職場も計画停電になるのでフルで居られません。今日は7時までに行こうと思っていて早起きしました。

今日は15時までに退勤しなければなりません。13時から出社と言う日もあります。日常がガタガタです。計画停電、いつまで続くのだろう。東京23区は計画停電が無いそうです。いいなーって思ったりもしますが、23区内だと星なんか見えない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DeepskyImaging

DeepskyImagingのお試し版をインストールしてみました。
http://www.deepskyimaging.net/

Canin EOS 20D,40Dの.CR2は扱えましたが

自分の使っているEOS Kiss digitalの.CRWは開けませんでした。

測光の機能もないのでUNINSTALLしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CN Cetの変光周期

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/cn-cet-559f-1.html
これの続きです。

>ASAS-3で食に見える暗くなっている所は測光のエラーかも知れません

縦軸が1等級になるようにグラフを拡大してみました。

Cn_cet_03251 Cn_cet_03252

んーー

これを見る限りは、変光星じゃない!って事になります。

わしはASASの違う星のデータを見ているのか?

そこで、CN CetをSIMBADとGCVSで見てみます。

http://simbad.u-strasbg.fr/simbad/sim-basic?Ident=CN+Cet&submit=SIMBAD+search

http://www.sai.msu.su/gcvs/cgi-bin/search.cgi?search=CN+Cet

赤経 00h40m09.99s 赤緯 -08゚55'52.9"(J2000.0)
BD-09 0129, GSC5269.00951, HD003748, SAO128884   

Cn_cet_03253

あ、そうでした。重星でした。

ASASの方はASAS 004010-0855.9と思っています。

これを再度ダウンロードして光度曲線を書き直しましたが

結果は同じでした。

・・・行き詰まりました

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年3月24日 (木)

サマータイム

電力不足による対応で導入を検討中との事です.

いやだなー

夜、暗くなるのが遅いんです。

観測開始が遅くなる

まぁ、これも(今年だけだったら)我慢かな。

これもあるけど、今月になって、ぜんぜん晴れないです。それどころか、最近は雨ばっかりだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PDF Xchange viewer Ver 2.5

Ver2.0のFree Ver.を使っていますが、2011/2/15に2.5になってました。

http://www.tracker-software.com/product/pdf-xchange-viewer

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CN Cetの変光周期

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/cn-cet-559f.html
これの続きです。

Hipparcosのデータを使ってChris Koenの周期(P=2.353938day)付近のスペクトラムを見てみました。

Cn_cet_03241

2.35日強付近に(あまり強くはありませんが)ピークがありますがグラフにすると光度曲線に見えません。

他の周期も同様で1~3日には変光周期はありませんでした。

次はP=1~50日のフーリエ解析です。

Cn_cet_03242 Cn_cet_03243 Cn_cet_03244

それぞれの周期はHipparcos P=45.6, ASAS-3 P=45.6, Nagai P=44.8となりました。

45日前後に良い値がありそうです。

Cn_cet_03245

上図はHipparcosの測光値を周期40日から50日の間をJurkovich法で解析したものです。

ここで得られた様々な周期を使って最も光度曲線らしくなる値は43.9968日でした。

Cn_cet_03246 Cn_cet_03247

HipparocosとNagaiの光度曲線をP=43.9968日で書きました。

少し怪しい感じの光度曲線ですが、見方によっては両方共Phase0.2と0.8に食があるように見えます。

この値はエキセントリックな軌道です。

Cn_cet_03248

これはASAS-3です。P=43.9968日で書きました。

まったく違った光度曲線です。

ASAS-3のデータの周期を調べると

40.1774
41.3489
42.5736
43.8409
45.2254
46.6737
48.2605
49.9219

が良さそうなのですが、これらの周期ではHipparcosとNagaiの方が光度曲線になりません。

ここで、もう一度、P=43.9968の光度曲線を見てみると、HipparcosとNagaiの光度曲線の縦軸は1.0等級になっていますが

ASAS-3の方は3.0等級になっています。

ASAS-3で食に見える暗くなっている所は測光のエラーかも知れません。

・・・今日は、ここまで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月23日 (水)

コンピュータをもらいました

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-3fe2-2.html
これの続きです。

>VGAから出力なし、しばらくしてシャットダウン
>やっぱり、壊れているのでした

もう少し、調査しました。

まず、ビデオカードを交換

→ 変化なし

次に、PCI exにささっているたのカードを抜く

→ 変化なし

そして、SATA driveの電源・信号を抜く

→ 変化なし

最後に、メモリー抜く

→ 変化なし

ついでに、コイン電池抜き差し

→ 変化なし

どうやらマザーボードかCPUの故障らしいです。

マザーボード捨てようかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

kstarはTycho2のV等級表示するか

Cartes du CielのVer3以降でTycho2のV等級を表示せずVTをVと言って表示している件で、

他にFreeでちゃんとVを表示する物が無いか

と思い

(Linux softですが) kstarを調べてみました。

Kstar_20110322

結果は、これもVTで表示してました。

なので、

自分の知っている範囲のFree softでは、Cartes du CielのVer2だけがTycho2をVで表示してくれます。

HipparcosのVならばC2Aも表示できます。でも、Hipparcosだと明るい星しかデータがありません。

また、SkyMap Pro 11 DemoはTyoho2のVを表示してくれます。でも、Demo版だからか、暗い星を表示しません。

なかなか、ご希望のFree Softがありません。

一通り、下記を調べてみましたが、tycho2のV等級を表示する星図ソフトはありませんでした。
http://www.midnightkite.com/software.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CN Cetの変光周期

次の日本変光星研究会の会誌「変光星」に載せようと思って原稿を書き始めました。4/5が締切です。今からじゃ、間に合わないか!!

HD3748(=HIP3158)はA型スペクトルの恒星で古くはultraviolet objectとされ観測されていました(D.J.Carnohan,1983)。
当時の測光ではmV=9.859,B-V=0.129,U-B=-0.407(J.W.Menzies,1990)などがありますが変光は検出されていません。

CN CetはNAME-LIST 74th(IBVS4659,1999)でEA型の食連星とされています。
これはHipparcosの観測(ESA,1997)から変光星とされました。この時点で変光の周期は示されていません。

Cn_cet_03231

2002年にChris KoenはHipparcosの測光観測から周期が未決定の変光星の周期を求めています。

ここでCN Cetの周波数を求めていますFreq.=0.42482(d-1)(Chris Koen,2002)。
これは周期2.353938日になります。

この周期で光度曲線を書くと以下のようになります。

Cn_cet_03232

一見して周期は正しくないと思われます。また、Chris Koen(2002)は解析した変光星の光度曲線を示していますが、CN Cetは示されていません。

CN Cetの研究はこれだけです。

観測はKWS(Kyoto Wide-field Survey)とKiyota(TAO Survey)にはありませんがASAS-3(The All Sky Automated Survey)にはありました。

余談:KWSとTAOは同じテーブルを使っています。そのテーブルにCN Cetが載っていないと思われます。

Cn_cet_03233

ASAS-3では2回の食を検出しています。

次はNagai(TOMOE Observatory, gt_slew自動観測)の観測です。これは自身の観測です。

余談:TOMOE Observatoryは必要に駆られて付けた観測所名です。「gt_slew自動観測」はGT赤道儀を使った自動観測。システム名が欲しいですね。昨年の変光星観測者会議で、このシステムの報告をしました。この時までにシステム名を決めて公示すればよかった。

Cn_cet_03234

スキャッタが大きく分かりにくいですが食らしきものも見えています。

Cn_cet_03235

これは周期44日で書き直した光度曲線です。44日の根拠はありませんが食連星の光度曲線に見えます。

・・・今は、ここまで

次は、Hipparcos,ASAS-3,Nagaiのデータで周期解析します。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年3月22日 (火)

GT赤道儀用の無停電システムを変更

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-f766-2.html
このシステムを変えました。

201103221

この無停電システムは室外にあります。ベランダのGT赤道儀の横にタッパーを置いて

その中に入れてあります。

これは、並列に接続したGT赤道儀とバッテリーパックに12VのACアダプタが接続されていて、アダプタからバッテリーへの充電とGT赤道儀への電力供給を同時に行っていて、アダプタが停止したらバッテリーからGT赤道儀へ放電を始める物です。

最近の計画停電は3時間もあり、バッテリーは持ちません。

原因は

バッテリー自体の容量は十分なのですが、4cellなので16.8Vで充電しなければなりません。

ところが、GT赤道儀のACアダプタは12Vなので12Vで充電しています。

要は満充電にならないのです。

しかも、このバッテリパックの放電終始電圧が10.8Vで

停電になって放電を始めても数十分でバッテリー切れになってしまいます。

16.8Vで充電すれば良いのですが、このタッパーの中に充電回路を入れたり、放電用に16.8Vを12Vに落とす回路を入れたり

と思うと、いささか面倒です。

ちょっとしたブレーカーの遮断を想定して作ったシステムなので、これで良かったのですが、3時間もの計画停電に対応するために

201103222

乾電池に変えました! 単1が8本。

一次電池は充電してしまうと「ばくはつ」しかねないので

逆流防止のダイオードを付けました。

201103223

計画停電中は赤道儀のモーターは動かさないので、そーとー長時間耐えられるハズです。

難点は、電池交換です。

が、4月の末までの40回停電×3時間=120時間はもってくれるのでは、

って、120時間なんてダメかも!

ならば、4月10日位に電池交換かな。

計画停電が無くなったら、元のバッテリーに戻そうと思っています。元のバッテリーだと常に充電されますのでメンテナンスが不要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月21日 (月)

計画停電に備えて「天井に電球」

天井にバッテリーで光る電灯をつけました。

まず、DC-ACインバータを買いました。

メルテック(meltec) ファミリーインバーター 12V 定格130W KI-150
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%A1%E3%83%AB%E3%83%86%E3%83%83%E3%82%AF-meltec-%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%9F%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC-%E5%AE%9A%E6%A0%BC130W-KI-150/dp/B000AQYAMI

Amazonで(私が買ったときは)1900円でした。

入力はDC12V、出力はAC100/130Wです。買って分かったのですが出力は矩形波でした。

バッテリーパックは、BP-L90Aを持ってます。
http://www.sony.jp/pro/products/BP-L90A/

これを組み合わせて天井に明かりをつけます。

バッテリーパックは16.8Vで充電しますので満充電時は16.8Vが出力されます。

一方、インバータの入力は12Vで15V以上入力すると保護回路が動作してインバータは停止します。

そこで、12~16.8Vを12Vに変換する回路を作りました。

12v_reg1 12v_reg1_2

すごいテキトーな定電圧電源ですが、FETはId max=80Aを使ってあります。

Inv_201103241

これらをこの様に接続します。

「12V定電圧」と「LED電球ソケット部」のケース加工・取付は娘がやりました。

Inv_201103241_2

これが(バッテリーがありませんが)回路を収納するカゴです。

Inv_201103242

んで、これがLED電球です。

ソケットが2つあって、2個の電球がつけられます。

バッテリーは100Wh位で、回路の総合効率を80%として、LED電球(1個の)の消費電力を8Wとすると

10時間の連続点灯が出来ます。

電球2個だと5時間です。

計画停電は3時間なので十分ですね!

ところで、最初に(家族から嫌われた)電球型蛍光灯で試したのですが

点灯はしますがしばらくすると消えてしまいLED電球にしました。

きっと矩形波だとダメなんだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月20日 (日)

しかし、晴れません

今月は変光星観測数が少ないです。

停電でGT赤道儀が使えなくなったままです。

また、この計画停電で変光星観測が出来ない日もあります。

でも、やっぱり、夜の天候が曇りや雨が多くなった事の方が影響が大きいと思います。

今のところ 5夜 / 22星 / 702測光 です。

この5夜の内、1夜はデジカメでδLibの1測光ですので、実質は  4夜 / 22星 / 701測光 です。

3/20でたったの4夜は少ないです。

昨日も曇ってました。GT赤道儀のアライメントだけでもやろうとしましたが

ベランダの奥まった所にある望遠鏡では(満月の影響もあり)南中付近のアルファードしか見えません。ファインダーで3等星も見えないのでアライメント作業はあきらめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Windows 7障害

Paint Shop Pro Ver 3.2(J)の「テキストの付加」で日本語が化けます。

長いこと使ってましたが、当面はペイントを使うか。

こういうソフトは機能を追求して、次々と新しい物に変えてゆくより、長く使った使い慣れている物のほうが良いですね。

Vista UAC
http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/vista-uac.html
これに関して

Windows 7だと同じ方法では設定を変えられないです。

アクセサリー>はじめに>コンピュータに対する変更の通知を受けるタイミングの選択

が、それのようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月19日 (土)

計画停電の影響でLiveカメラ休止

毎日毎日停電続きで

そのたびにLiveカメラのPCを立ち上げるのが面倒になりました。

ので、4月末まで「Out of Service」にします。

http://homepage3.nifty.com/nga_star/live.jpg

で、このPC、VAIO Noteなのですが、通常は24時間稼動していますので

ファイルの一時置き場的な使い方のファイルサーバーにしていましたが

それも出来ないのが、ちょっと残念。

だけんど、今日は計画停電しないのだそうです。あらっ!。こっ、腰砕けです。

それとー

いつも夕方日没直後から変光星観測をはじめるのですが、計画停電のパターンを見ると5日に2晩が観測出来ないです。

GT赤道儀は使えないし、もー滅茶苦茶です!

って、これも我慢です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月18日 (金)

ホームページ更新

http://eclipsingbinary.web.fc2.com/dload-1.html

ここで「8-2.キャラクターグラフ作成」を公開していますが

実は、私は、これを使っていなくて

自分の使っている方も公開するようにしました。

「8-2-2.キャラクターグラフ作成」が該当のものです。

一度に複数のグラフを書くことが出来ます。また、JSTをUTに変換する事も可能です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月17日 (木)

2011/3/16 変光星観測

昨夜は雨でも降りそうな空模様でしたが

天気予報では翌日が晴れだったので

夜半過ぎに晴れだすと思い

EOS Kissによる「夜空の連続撮影」だけ実施しました。

結果は27:30位から晴れだしましたので

夜は殆ど曇りでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

観測用PCの故障

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/pc-73cb.html
これの続報です。

2010年9月に当時使っていたLaptopPCが壊れました。

TOSHIBA Satellite 2270 SA65C/A
http://dynabook.com/pc/catalog/satellit/010125/2270spec.htm

電源を入れても「ウンスン」なので中のFUSEでも切れたのかな

と思ってまして

それだったら直せる

と思ってましたが

ふたを開けてみると

FUSEとかは切れていませんでした。

半年、持ってましたが、ついに捨てる事にし、バラバラにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

追加する観測装置

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-691f-8.html
これの続きです。

古いスーパーポラリスにSS2000PCが取り付けられない件です。

20110317

どうにかこうにか付けられました。

赤経モーターはケースに4つのネジで固定されています。これを緩めて少しでも歯車が外側になるように締めなおします。

クラッチも歯車が噛み合いそうな物を探して交換します。

で、取り付けられました。

次は極軸を正確に合わせて、床に三脚設置用のマーキングをします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

計画停電

UQ WiMaxは繋がりました。
停電でも全域でなければ、どこかの送信機は動いているのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月16日 (水)

計画停電

昨日は実施されました。

実施されて自分がグループ1だと分かりました。

停電中は水も出ません。

3時間の停電でGT赤道儀は完全にOffしました。

停電が復帰したら「アライメントしてください」になってました。

このところ曇りなので出来ませんが、仮に晴れたとしても、停電実施の度にアライメントって事は、おそらく毎日の作業になります。

アライメントには最大で一時間掛かってましたので、事実上、毎日アライメントなんて出来ません。

って事はGT赤道儀は当面は使えないって事になります。

そーきゅーに「追加する観測装置」を立ち上げないとイカンです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コンピュータをもらいました

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-3fe2-1.html
これの続きです。

最後にATX電源を開いて中の清掃をしました。

で、PCを組み立てて通電しました。

VGAから出力なし、しばらくしてシャットダウンします。

やっぱり、壊れているのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月15日 (火)

2011/3/13 変光星観測

Asas09354713352_20110313

10cmで観測したASAS093547-1335.2_20110313です。ASAS-3の予報とよく一致しています。2009年にも観測していましたが、違う比較星を使ってしまい重ならなくなりました。

Xx_sex_20110313

こちらは20cmで観測したXX Sexです。今回は副極小を観測しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

追加する観測装置

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-691f-7.html
これの続きです。

>赤経軸モーターが取り付けられない
>モーターケースを交換してみよう

201103151 201103152

MD-6SPのケースに穴を開けてSS2000PCのモーターを取り付けました!

そしたら

201103153

一難去ってまた一難

歯車がケースからはみ出している量を見てください。

右がMD-6SPのケースに入れたSS2000PCのモーターですが、歯車はケースからはみ出していません!

ひーーっ

こんなんじゃ状況は変わりません。スーパーポラリスにつけても歯車は噛み合わないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Windows 7障害

Canon RAW Codecが使えなくなってました。

http://cweb.canon.jp/drv-upd/dc/crc180upd-7l.html

>Canon RAW Codec インストール済みのVista を Windows 7 に アップデートインストールすると、Canon RAW Codecが機能しなくなります。

まさに、この症状、この状態でした。

>この場合、いったん Canon RAW Codec をアンインストールしてから再度インストールしてください。

これで復旧しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月の食変光星予報

2011年4月の明るい食変光星の極小予報です。
変光範囲が1等以上で10等より明るい星を予報しました。
高度は東京での高度です。

★ 4月の予報 ★

星名                  日   時刻    高度  食継続時間
AQLKO                 17   29.6      62  8.9
AQLKO                 20   26.4      50  8.9
AQLKO                 23   23.1      14  8.9

CASRZ                  4   21.8      23  4.9
CASRZ                  5   26.5      15  4.9
CASRZ                 10   21.2      24  4.9
CASRZ                 11   25.9      15  4.9
CASRZ                 16   20.7      24  4.9
CASRZ                 17   25.4      15  4.9
CASRZ                 22   20.1      25  4.9
CASRZ                 23   24.8      15  4.9
CASRZ                 24   29.5      28  4.9
CASRZ                 28   19.5      26  4.9
CASRZ                 29   24.2      15  4.9
CASRZ                 30   28.9      28  4.9

CASTV                  7   27.1      17  7.8
CASTV                 11   18.1      20  7.8
CASTV                 16   28.6      31  7.8
CASTV                 27   25.6      16  7.8

CEPEK                  8   23.2      20  6.4
CEPEK                 17   19.7      15  6.4
CEPEK                 21   30.0      54  6.4
CEPEK                 30   26.5      41  6.4

CEPU                   1   28.0      31  9.0
CEPU                   6   27.7      31  9.0
CEPU                  11   27.3      31  9.0
CEPU                  16   27.0      31  9.0
CEPU                  21   26.7      31  9.0
CEPU                  26   26.3      31  9.0

CEPZZ                  2   22.0      13  6.2
CEPZZ                  4   25.4      22  6.2
CEPZZ                  6   28.8      40  6.2
CEPZZ                 15   18.4      17  6.2
CEPZZ                 17   21.8      14  6.2
CEPZZ                 19   25.2      25  6.2
CEPZZ                 21   28.6      44  6.2
CEPZZ                 30   18.2      15  6.2

CRBU                   9   28.4      57 11.6
CRBU                  16   26.1      79 11.6
CRBU                  23   23.9      76 11.6
CRBU                  30   21.6      54 11.6

CVNRS                  5   28.9      31 12.7
CVNRS                 10   24.0      85 12.7
CVNRS                 15   19.2      40 12.7
CVNRS                 29   28.6      17 12.7

CYGV0393              13   24.0      21 29.4

DRAAI                  3   21.7      26  5.2
DRAAI                  4   26.5      68  5.2
DRAAI                  9   21.6      28  5.2
DRAAI                 10   26.4      69  5.2
DRAAI                 15   21.4      30  5.2
DRAAI                 16   26.2      71  5.2
DRAAI                 21   21.3      33  5.2
DRAAI                 22   26.1      72  5.2
DRAAI                 27   21.2      35  5.2
DRAAI                 28   25.9      72  5.2

LACCM                  5   26.3      19  4.2
LACCM                 13   26.9      29  4.2
LACCM                 21   27.4      41  4.2
LACCM                 29   28.0      52  4.2

LACRT                  3   29.1      45

LIBdelta               2   22.6      24 12.8
LIBdelta               9   22.2      25 12.8
LIBdelta              16   21.7      25 12.8
LIBdelta              18   29.6      11 12.8
LIBdelta              23   21.3      25 12.8
LIBdelta              25   29.1      10 12.8
LIBdelta              30   20.9      25 12.8

LYRbeta                3   25.3      36
LYRbeta               16   23.9      30
LYRbeta               29   22.6      24

PEGAW                 29   25.3      16 25.5

PERbeta                8   20.6      14  9.6

PERIZ                  3   29.6      21 10.6

PUPAU                  9   18.1      12
PUPAU                 18   18.4      12
PUPAU                 27   18.6      11

SGEU                   7   28.4      63 13.8
SGEU                  24   26.1      50 13.8

SGRRS                  5   28.0      18  9.9
SGRRS                 17   29.9      16  9.9
SGRRS                 22   25.9      14  9.9

SGRV0505               4   26.4      11  5.7
SGRV0505              11   28.8      35  5.7
SGRV0505              17   26.7      22  5.7
SGRV0505              24   29.1      39  5.7
SGRV0505              30   27.0      32  5.7

UMIW                   2   28.4      39  9.4
UMIW                   4   21.2      35  9.4
UMIW                   9   23.7      38  9.4
UMIW                  14   26.2      39  9.4
UMIW                  16   19.0      34  9.4
UMIW                  19   28.7      38  9.4
UMIW                  21   21.5      37  9.4
UMIW                  26   24.0      39  9.4

VULRS                  1   28.2      59 15.0
VULRS                 10   27.2      54 15.0
VULRS                 19   26.1      48 15.0
VULRS                 28   25.0      42 15.0

VULZ                   2   26.0      33 10.6
VULZ                   7   23.8      12 10.6
VULZ                  24   28.2      77 10.6
VULZ                  29   26.1      56 10.6

name                 period     RA      RD   Type    mag
AQLKO                2.8640   18h47m  +10゚46  EA  8.3 -9.5
CASRZ                1.1952    2h48m  +69゚38  EA  6.2 -7.7
CASTV                1.8125    0h19m  +59゚ 8  EA  7.2 -8.2
CEPEK                4.4277   21h41m  +69゚42  EA  8.0 -9.3
CEPU                 2.4930    1h 2m  +81゚53  EA  6.8 -9.2
CEPZZ                2.1417   22h45m  +68゚ 8  EA  8.6 -9.6
CRBU                 3.4522   15h18m  +31゚39  EA  7.7 -8.8
CVNRS                4.7977   13h10m  +35゚56  EA  7.9 -9.1
CYGV0393             13.633   19h58m  +43゚18  EA  9.0 -10.0
DRAAI                1.1988   16h56m  +52゚42  EA  7.1 -8.1
LACCM                1.6046   22h 0m  +44゚33  EA  8.2 -9.2
LACRT                5.0738   22h 1m  +43゚53  EB  8.8 -9.9
LIBdelta             2.3273   15h 0m  -08゚31  EA  4.9 -5.9
LYRbeta              12.942   18h50m  +33゚22  EB  3.3 -4.4
PEGAW                10.622   21h52m  +24゚ 1  EA  7.4 -8.6
PERbeta              2.8673    3h 8m  +40゚57  EA  2.1 -3.4
PERIZ                3.6876    1h32m  +54゚ 1  EA  7.8 -9.0
PUPAU                1.1263    8h17m  -41゚42  EB  8.5 -9.5
SGEU                 3.3806   19h18m  +19゚37  EA  6.5 -9.3
SGRRS                2.4156   18h17m  -34゚ 6  EA  6.0 -7.0
SGRV0505             1.1828   19h53m  -14゚36  EA  6.5 -7.5
UMIW                 1.7011   16h 8m  +86゚12  EA  8.5 -9.6
VULRS                4.4776   19h17m  +22゚26  EA  6.8 -7.8
VULZ                 2.4549   19h21m  +25゚34  EA  7.3 -8.9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月14日 (月)

計画停電

計画停電だって

3時間停電させるそうです。

気になるのはGT赤道儀です。

電源をOff/Onさせるとアライメントのやり直しになり、復旧がとっても面倒です。

自作のUPSを付けてありますが3時間は無理だろうな~

なんて言ってられないですね!

この非常時に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Windows 7にアップグレードしました

Windows7をもらいましたので、Vistaからアップグレードしてみました。

20110314

こんな風になってやってくれません。

意味分からないのですが、DVDを入れたまま再起動してDVDからBootしてアップグレードを選択したら

すーーごい時間が掛かりましたがWindows7になってくれました。

これの前にWindows7にしても大丈夫かチェックするプログラムをMicrosoftが提供していたので実施しています。

そこではOne Segチューナー(SEG Clip)とブラザーのプリンターが「ダメかも」って言ってましたが

Windows7導入後に確認したら、何の問題もなく動作しました。

その他のプログラムが未確認の物が多いですが、きっと動かないものもあると思います。

動作しないものはリストにしてブログに書き込もうと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月13日 (日)

2011/3/11 変光星観測

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/2011311-4821.html
これの続きです。

Y_sex_20110311

10cmで観測したY Sexの副極小です。

いつもと違う比較星を使ってしまい、若干明るめになってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/3/12 変光星観測

天気予報は「晴れ」でしたが、微妙に薄雲で、

EOS Kissの「夜空の連続撮影」と10cmでgt_slew自動観測だけ実行させました。

20110313sky

これは日没から日出までを50分間隔で撮影したものです。

結局、晴れる事は無く、ずっと曇ってました。

撮影画像は全部捨てました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

追加する観測装置

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-691f-6.html
これの続きです。

>赤経軸モーターが取り付けられない
>モーターケースを交換してみよう

20110313

モーターの前にギアボックス、後ろにエンコーダが付いていて

こんなに長いのでした!

とても入らないので、ケースに穴を開けるようになります。

ちょっと大変な加工です。

にしても、本当に、古いスーパーポラリスにSS2000PCはくっ付かないのかな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月12日 (土)

2011/3/11 変光星観測

昨日は大地震でした。

電車が止まってしまい、

会社では皆さん帰れない!と騒ぎになっていました。

私は自宅の棚などが倒れていないか.とか、家の者に怪我は無いか心配になり

歩いて帰りました。

特にロッカーの上に置いてある分光器が最も心配でした。2600ドルの品物なんて、もう、一生買えない高額品ですから。

帰宅すると全員無事で、特に倒れた物も無かったそうです。

TVを見ると大事になっています。

夕方になり、とりあえず、EOS Kissの「夜空の連続撮影」と10cmで「gt_slew自動観測」だけ実行させました。

結局、一晩じゅう、快晴でした。

にしても、地震で酷い大惨事になってます。

追伸:

BRNOのZejda先生からお見舞いのメールが来ていました。こちらの状況を心配されています。

他にvsnet-chatにも安否を心配されるメールが届いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月11日 (金)

2011/3/9 変光星観測

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/201139-2906.html
これの続きです。

Asas09413702307_20110309

これが10cmで観測したASAS094137+0230.7です。

周期が10日もあると、なかなか一発目の観測ではハズレますね。

Xx_sex_20110309

これは20cmで観測したXX Sexです。GCVSの予報は正しかったです。

となるとASAS-3の方はハズレみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

追加する観測装置

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-691f-5.html
これの続きです。

赤道儀に赤緯軸を付けて、モーターもSS2000PCに交換しよう

としました。

そしたら、一難去って、また一難

赤経軸モーターが取り付けられないのでした。

20110311

赤線で示した、この僅かな長さの違いで

無理やり赤道儀にくっつけても歯車が遠ざかってしまい噛み合わないのです。

こーなったら、このモーターケースを交換してみようと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コンピュータをもらいました

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-3fe2.html
これの続きです。

毎日掃除をして

ようやくマザーボードが触れる位に汚れが落ちてきました。まだ、きったないですが、

マザーボードは P965 Neo-F です。
http://www.msi-computer.co.jp/products/MB/P965_Neo2-F.html

付いているCPUは良く分かりません。

メモリーは D2U800CT-1GBZJ と言うのが4枚ささってます。2Gか4Gかわかりません。

もしかして「故障」とか言ってましたが、このメモリーかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月10日 (木)

2011/3/9 変光星観測

お雛様休暇以来の晴れでしたので久しぶりの観測です。

昨夜は夜半前は「晴れ時々曇り」で夜半過ぎは「快晴」でした。

10cmでASAS094137+0230.7と言う連星を観測し、その後、自動で自動観測をやってましたが

26:30頃に冷却CCDのCV-04と通信が出来なくなって固まっていました。

20cmはXX Sexを観測しました。GCVSの予報では極小でしたが、ASASの予報では食外でした。Cracowの要素はありません。きっと食は観測出来ていないでしょう。

EOS Kissによる「夜空の連続撮影」は19時頃から始めたのですが、もう、オリオン座は南中を過ぎていて撮影は出来ませんでした。

昨日はδOriの主極小が18.5時だったのですが、すっかり観測シーズンは終わっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

追加する観測装置

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-691f-4.html
これの続きです。

次は~

しっかりとした三脚の準備です。

ベランダにポンと出してアライメントせずに自動導入しようと考えてますので

毎回、同じ位置に望遠鏡を置く必要があります。

それにはしっかりとした三脚が必要です。

201103101

この三脚を使うのですが、

チェーンだと頼りないです。

201103102

そこで、ステンレスの板をネジ止めしました。

もっと足を広げたほうが良かったかな.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 9日 (水)

コンピュータをもらいました

T健一と言う知っている人は知っている人物から壊れたPCをもらいました。

実際には壊れているか定かでは無いらしく不要になってので引き取ったのでした。

例によって死ぬほど汚いです。

氏からPCをもらうのは、今度で5台目ですが

どれもこれも汚染度がMAXで

抱きかかえて持ってきただけで服が汚れます。

どーーしてって言う位に中もきったないです。

とは言っても掃除をすれば良い訳で気にしていてはいけないです。むしろタダなので超感謝です。

同時に不要になったソフトももらいます。

 筆まめVer.18
 ホームページビルダー14
 MIFES for Win Ver7.0
 現代用語の基礎知識95
 現代用語の基礎知識2001
 現代用語の基礎知識2005
 現代用語の基礎知識2008
 プロアトラス SV5
 一発! OCR Pro2 for一太郎
 JUST Suite 2009
 Windows 7 Home Premium

Win7は欲しかったのでうれしいです。

気になった事があります。箱の後ろに「Home PremiumではWindows XPモードは使えない」って書いてあります。XPのソフトをたくさん使ってますのでちょっと心配です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 8日 (火)

Some Binaries

20110308_gz_and

GZ Andです。2003年と極小の位相は、それほど変わってはいないようです。

20110308_asas01093222393

ASAS010932+2239.3です。Contactだそうですが、かなり深い食に見えます。

20110308_asas02063814155

ASAS020638+1415.5です。どんな形の光度曲線なのでしょう。妙味ありますね!

20110308_asas03395903145

ASAS033959+0314.5です。16cmにEOS Kiss X3で観測したものです。11等台でこの光度曲線とは素晴らしいです。うちのCCD測光と同じ位です。もしかしたら、ASASの要素は主極小と副極小が逆なのかもしれません。

20110308_asas06153119354

ASAS061531+1935.4です。スイスのKaiさんのCCD測光観測です。おおぐま座W型の変光をしているのが良く分かります。もうちょっとで全位相の観測が達成出来るのでしょうか。

20110308_ah_aur1

AH Aurですが、もーごちゃごちゃです。

20110308_ah_aur2

2011年の観測だけで光度曲線を作ってみました。データ量が少ないですが全体の光度変化が想像できます。

20110308_lr_cam

LR Camです。

20110308_bb_cmi

BB CMiです。脈動とも思われています。

20110308_ae_for

AE Forです。

20010308_ay_gem

AY Gemは観測の少ない星です。

20110308_rw_gem

RW Gemです。VSOLJでは初観測です。ボトムはフラットになっています。

20110308_am_leo

AM Leoです。2011/1/30のKisさんの副極小を追加しました。

20110308_uz_leo

UZ Leoです。Sizさんの観測は流石です。

20110308_xz_leo

XZ Leoです。副極小はどんなでしょう。

20110308_rz_lyn

RZ Lynです。1/19のSizさんの観測を追加しました。食外の部分もあります。それを見ると照り返しが大きいように見えます。興味深い系です。

20110308_sx_lyn1

SX Lynですが、これだと良く分かりませんが、

20110308_sx_lyn2

1/20のSizさんの観測はこれです。凄いでしょ。

20110308_xz_per

XZ Perです。

20110308_mp_pup

MP Pupです。M.E.Baldwin,1994の要素でかきました。

20110308_tx_pyx

TX Pyxです。GCVSではE/KEになっています。

20110308_ah_tau

AH Tauです。2011/1のKaiさんのデータを追加しました。

20110308_rz_tau

RZ Tauです。

20110308_v1128_tau

V1128 Tauです。Kaiさんの観測だけでもほぼ全体が観測されています。

20010308_wy_tau

WY Tauです。食のシェイプはシャープです。

20110308_rv_tri

RV Triですが、こんなに観測が少ないとは思いませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 7日 (月)

追加する観測装置

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-691f-3.html
これの続きです。

>Low passの光学filterを付けると傾きが改善出来ると思います

と言う事で「PO-0」を付けました。撮影したFiledはδOphです。

Eos_kiss_color_inv4

傾きが(-0.14から)-0.03に改善されました。

これなら「ナチュラルシステムでVです」って言えますね!

同時にバラツキも減ってきました。

Eos_kiss_color_inv5

Hipparcosの等級と測定値の相関も傾きが「1」になりました。

よし、このシステムで行こう!

ん?

報告はcGなの? Vなの?

EOS Kiss digital + OMズイコー135mm + PO-0 の時は「V」で報告しよう。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年3月 6日 (日)

2011/3/5 変光星観測

昨日は一晩じゅう「曇り時々晴れ」でした。

20cmを組み立てるのは面倒でしたので

10cmとEOSの固定撮影だけにしました。

10cmは最初にFG Hya、次にVY Sexを連続撮影しましたが雲の通過が多くて

きっと失敗観測だと思います。

EOSの固定撮影の方も雲ばっかりで測光出来る物が無いかも知れません。

追伸:

そういえば、日中、お雛様を片づけたので、この観測が今月の初観測になります。

Fg_hya_20110305 Vy_sex_20110305

光度曲線が出来ました。FG Hyaは主極小の減光部分だけの観測で

VY Sexは副極小の観測でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

追加する観測装置

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-691f-2.html
これの続きです。

EOS Kiss digitalはcG等級で測光しています。

cG等級とはGプレーンをV等級の比較星で測光したものです。

特に私は複数の比較星を使って変換式を作って変光星の等級を求めています。

この投稿で言いたいことは、この話では無くて

私のcGはV等級と言えるのか?を調べた事です。

ベランダに赤道儀を置いてf=135mmを付けたEOS Kissで食連星の連続測光をしたなら、いずれはWD codeで連星の解析をしたくなります。

その時に「V bandで解析」って言えるのか調べておく必要があります。

この光学系でU Monを撮影しています(ISO800, 30sec exp)

これを使って調べました。

積分球の画像を使ってフラット補正しました。ダーク減算はしていません。

カタログはHipparcosを使いました。測光の際に変光星も測っていると思います。調べていません。

フラット補正が強く掛かってしまっている周辺の星も気にせず測定しました。また、重星も気にしないで測りました。

Eos_kiss_color_inv1

こんな結果でした。

バラツキが大きいです。

それはそれとして、

傾き-0.14でした。

ちょっと大きいですかね.

Eos_kiss_color_inv2

これはHipparcosの等級と測定値をグラフにしたものです。

30秒露出していますが、若干ピンボケなので飽和による歪みは無いようです。

傾きが1で無いのは、WBの影響でしょう。

ならば、等級の違いによって妙な偏りが出てしまったのでしょうか?

Eos_kiss_color_inv3

そこで、等級別にグラフを作り直してみました。

ぜんぜん、かわりません!

って事で、

色だけで言うなら。変光星近傍の同じcolor indexの比較星を使って差測光するのが良いって事になります。

が、

なかなか、そーも言ってられない事もあります。

最初のグラフからLow passの光学filterを付けると傾きが改善出来ると思いますので

テスト撮影してみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 5日 (土)

Search of X-ray emission from roAp stars: The case of gamma Equulei

Search of X-ray emission from roAp stars: The case of gamma Equulei
http://xxx.lanl.gov/abs/1103.0739

ROSATカタログにroApはγEriだけなのか~

さて、未知の天体は居るのかな。

gam EriをGCVSで見ると2.88~2.96等のLBだけどM0IIIだって。すごく明るいからスペクトルを撮るのは簡単です。

ついでに、IQ Aurと言う名が出てたので、これもGCVSを見てみると、5.35~5.43等でP=2.5日のACVでSpectrumはB9VpSiとの事です。ベランダからは見えないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

追加する観測装置

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-691f-1.html
これの続きです。

予備のスーパーポラリスを使うのですが

ウエイトが無い!です。

Weight_19kg

で、買っちゃいました。

1.9Kgで4000円位です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホームページ更新

CANON EOS 電源カプラーの自作記事のURLを一覧にしました。

http://eclipsingbinary.web.fc2.com/eos_power_coupler.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 4日 (金)

追加する観測装置

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-691f.html
これの続きです。

>SS2000PC用の12Vが無い

ACアダプタは12V1.5Aしか持ってませんでした。

SS2000PCに接続してみると、GOTO時などのモーター駆動時に電圧が落ちてしまってResetしてしまいます。

そこで、捜索を続けたら、以前に壊れて分解した外付けDVDドライブの電源が出てきました。ACコードとDCプラグをくっつけて

201103041

これで試すと良い感じで動きます。

201103042 201103043

タッパーに詰め込んでACアダプターの完成です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 3日 (木)

「はやぶさ」帰還カプセルの展示

3/24から3/27、湘南台文化センターで展示されます。

茅ヶ崎から遠くは無いです。

http://www.townnews.co.jp/0601/2011/02/04/91920.html

私の周囲の人の殆どがTV報道された相模原の博物館まで行って見ています。

結局、自分だけ見ていないので

「見てやろう」

と思った訳です。

が!

http://www.kodomokan.fujisawa.kanagawa.jp/hayabusa1.pdf

朝、8時に整理券をもらって、それでも何時に見学できるか分からんみたいです。

そこまでしてみたいとは思わんです。

思うに。だから、相模原にも行かなかったのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

追加する観測装置

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/eos-kiss-digita.html
これの続きです。

ベランダにもう一台の赤道儀を置く計画です。

カメラ三脚のあった場所にスーパーポラリスを置きます。

それにSS2000PCを付けて(遊んでいる)EOS Kiss digitalをのっけます。

始めのうちはPCも外に置いて無線LANでVNCで操作しようと思います。

201103031

これが接続図なんですが、SS2000PC用の(9~)12Vが無い。まぁ、これは何とかなるとして、

観測の手順を考えると以下の様になります。

1.設備をベランダに持ち出す

2.赤道儀を西水平にして電源を入れます

3.アライメントはせずにいきなりGOTOします

4.連続撮影を開始します

終了はーー

手動で止めるまで動きっぱなし。でいいか。

問題はアライメントせずに導入する所です。

赤道儀架台の水平やスタートポジションの「西水平」をきちんとやればよいのですが

なかなか。

簡単なのはカメラの視野を広くすれば解決します。

201103032

ただ80mmだと6等台までしか観測できないので、(シャッターブレの心配もありますが)135mmを使いたいです。

いずれにしても、準備が面倒なシステムは長続きしないので良く考える必要があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 2日 (水)

EOS Kiss digital 「夜空の連続撮影」

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/eos-kiss-digi-4.html
これの続きです。

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/2011222-de7b.html
これの続きでもあります。

ベランダでは20cm,10cm,EOS Kissの3機が稼動しています。

ここにもう一台の赤道儀を置こうと考えていますが

場所が無いです。

そこで!

20110302

こんなふうに

カメラ三脚をたたんでベランダの手すりにマジックテープでくっつけるようにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

画像解析ソフト Makali`i (マカリィ) バージョンアップ

3月1日、makali`iの新バージョン、ver.2.0 が配布開始となりました。

http://makalii.mtk.nao.ac.jp/index.html.ja

大きな画像が扱えるようになりました。

測光の方は、相変わらず等級を求めてくれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 1日 (火)

Lichtenknecker Database of the BAV, Rev. 4.4 available now

BAVのO-Cデータベースが更新されました。

http://www.bav-astro.de/LkDB/index.php?lang=en&sprache_dial=en

IBVS,AAVSO,VSOLJ,OEJVがメインのソースで

VSOLJは「Variable Star Bulletin No.33~No.50」との事です。

RZ Casの所を見てみます。

http://www.bavdata-astro.de/~tl/vs_out/casrz-318.html

VSB 50の引用を抽出してみると

2454842.070 +0.0579 V  ?  Y.Nakamura VSB 50
2454842.073 +0.0609 V  ?  H.Kusunoki VSB 50
2454842.075 +0.0629 V  ?  D.Entani VSB 50
2454842.075 +0.0629 V  ?  M.Yamada VSB 50
2454842.076 +0.0639 V  ?  T.Yoda VSB 50
2455093.073 +0.0591 V  ?  Y.Maeda VSB 50
2455099.055 +0.0648 V  ?  K.Kanai VSB 50
2455118.173 +0.0589 V  ?  K.Kanai VSB 50
2455122.957 +0.0619 V  ?  K.Kanai VSB 50
2455122.959 +0.0639 V  ?  K.Hirosawa VSB 50
2455124.155 +0.0646 V  ?  K.Kanai VSB 50

こんなにあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CANON EOS 電源カプラーの自作

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/canon-eos-ea3-3.html
これの続きです。

7.5Vだとカメラに表示される電池残量が満タンじゃないので気持ちが良くないです。

201103011

そこで、R1が1Kなんですが、それに8.2Kをパラ付けしました。

201103012

8.37Vになり、残量表示も満タンになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/2 変光星観測月報

2月は1196測光のデータを月報としてHskさんに報告しました。

かろうじて10夜の二桁でした。

2009/12 20夜 / 34星 / 2769測光
2010/01 21夜 / 34星 / 2641測光
2010/02 14夜 / 19星 /  762測光
2010/03  9夜 / 20星 /  738測光
2010/04  8夜 / 16星 /  454測光
2010/05 12夜 / 23星 / 1631測光
2010/06  5夜 /  9星 /  547測光
2010/07 11夜 / 19星 / 1497測光
2010/08 18夜 / 29星 / 2747測光
2010/09 13夜 / 21星 / 1429測光
2010/10  9夜 / 16星 /  309測光
2010/11 16夜 / 32星 / 1776測光
2010/12 17夜 / 37星 / 2509測光
2011/01 18夜 / 43星 / 2183測光
2011/02 10夜 / 25星 / 1196測光

2月はLO HyaとCW CMiの月でした。

でも、観測は多くは無く変光の様子は詳しくは分かりませんでした。

今月も観測出来ますので継続して追跡します。

ところで、空地の方は重機が入って土を掘り返しています。今月はεAurの第三接触ですが完全に観測場所が無くなってしまいました。

そこで、早々にあきらめて、余っているEOS Kissを使って新たにベランダ観測を始めようと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »