« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月31日 (金)

2010/12/29 分光観測

Delta_ori_20101229

δOriです。12/27の観測を追加したとき、どーなるのか心配になりましたが

もしかして、いい感じで進んでいるかも。

Eta_ori_20101229

これは12/27と12/29のηOriです。

まだ、何とも言えないです。

δOriと同じ露出時間で撮影しています。1等級も暗いので3倍とかにしたいですが

そんな忍耐、ありません。セミ自動ガイドなんで、眼も体も疲れます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/29 変光星観測

Ru_eri_20101229

10cmで観測したRU Eriです。副極小を観測しました。食外の観測がゼンゼンありません。

そのあと、BB CMiを観測しました。当初、E?でしたが今はRRに分類されています。Eと思って観測してしまいました。

時間的に"いっかくじゅう座"や"おおいぬ座"が観測に良いのでしたが天の川の中は観測しにくいので

ちゃんと調べないでBB CMiを観測してしまいました。

それでは、みなさん、良いお年を! (^o^)/~~~~~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月30日 (木)

ホームページを更新

http://eclipsingbinary.web.fc2.com/vsnetmin.htm
Vsnet-ecl Minima Databaseを更新しました。

でも、2009年7月のデータまでです。完了までの先は遠い。

http://eclipsingbinary.web.fc2.com/link-e.htm
英語版ページのリンクに「maehara-san」を追加しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/27 変光星観測

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/20101227-3669.html
これの続きです。

δOriのHαを更新しました。

Delta_ori_20101227

位相0.5で上の方の2点です。

なんだか雲行きが怪しくなって来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/29 変光星観測

今朝から忙しいので、昨夜はちょっとだけ観測しました。

20cmでδOriとηOriの分光をやって、さっさと望遠鏡を片づけました。

10cmはRU Eriを連続撮影して、EOS Kissは「夜空の連続撮影」だけをしました。

空は26:30頃から曇っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日、New Mexicoでアルゴル極小が観測出来ます

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/new-mexico-0c-2.html
これの続きです。

>2010/12/29(水) 12:00 ○

昨日は自分でダウンロードしました。

極小前後の2時間の間、5~10分毎にダウンロードしてまして、空き時間がたくさんあったので

Kitさんの手紙11枚の手入力が出来ました。(まだ、入力しただけです)

GRASの測光は12/6のMdyさんの画像が未測光だったので、そちらを先にやりました。

Gras_20101206mdy

終わりの方は比較星の大気減光があって怪しいです。

今回のO-Cは、

beta Per 2010/12/06 n=66 by GRAS SkyCam c
O=2455536.6797 Er=0.0015
C=2455536.5806 E=3451
O-C=+0.0991

min=2445641.5135+2.8673043xE (GCVS, Samus et al., Sep.2010)

このようになりました。

現在のO-Cは、+0.10~+0.12ですので、だいぶ、いい感じになって来ました。

11/13のO-Cは異常でした。

ステライメージで測光してます。

11/13のアパチャーは測定方法「自動」にしました。

12/6はアパチャーを固定(3,6,12,5)しました。

たぶん、これが良かったのだと思います。

極小付近で光度曲線が暴れています。これはアパチャーをあてたあとに重心っぽく見えなかったので幾つか手動にしました。これが良くなかったと思います。一度決めたら最後まで同じ方法にするべきと思います。

と言う事で、

11/13, 12/6, 12/29の三日間の画像を同じ方法で再測光してみようと思います。

って簡単に言っても一日分を測光するのに数時間も掛かります。忍耐が必要です。

データが無くならないように、ここに書いておこう。

PERbeta 201012061034 2.476c Mdy
PERbeta 201012061038 2.425c Mdy
PERbeta 201012061044 2.397c Mdy
PERbeta 201012061055 2.394c Mdy
PERbeta 201012061058 2.407c Mdy
PERbeta 201012061102 2.396c Mdy
PERbeta 201012061108 2.511c Mdy
PERbeta 201012061117 2.584c Mdy
PERbeta 201012061131 2.492c Mdy
PERbeta 201012061135 2.415c Mdy
PERbeta 201012061147 2.675c Mdy
PERbeta 201012061157 2.726c Mdy
PERbeta 201012061201 2.751c Mdy
PERbeta 201012061220 2.839c Mdy
PERbeta 201012061226 2.866c Mdy
PERbeta 201012061229 2.857c Mdy
PERbeta 201012061237 2.873c Mdy
PERbeta 201012061244 2.952c Mdy
PERbeta 201012061246 2.787c Mdy
PERbeta 201012061252 2.707c Mdy
PERbeta 201012061258 2.701c Mdy
PERbeta 201012061300 2.782c Mdy
PERbeta 201012061306 2.805c Mdy
PERbeta 201012061316 2.857c Mdy
PERbeta 201012061320 2.839c Mdy
PERbeta 201012061322 2.809c Mdy
PERbeta 201012061324 2.822c Mdy
PERbeta 201012061334 2.829c Mdy
PERbeta 201012061340 2.796c Mdy
PERbeta 201012061352 2.872c Mdy
PERbeta 201012061406 2.705c Mdy
PERbeta 201012061410 2.811c Mdy
PERbeta 201012061417 2.719c Mdy
PERbeta 201012061419 2.721c Mdy
PERbeta 201012061421 2.745c Mdy
PERbeta 201012061433 2.646c Mdy
PERbeta 201012061435 2.668c Mdy
PERbeta 201012061445 2.613c Mdy
PERbeta 201012061451 2.503c Mdy
PERbeta 201012061453 2.590c Mdy
PERbeta 201012061457 2.601c Mdy
PERbeta 201012061503 2.614c Mdy
PERbeta 201012061507 2.488c Mdy
PERbeta 201012061509 2.517c Mdy
PERbeta 201012061517 2.525c Mdy
PERbeta 201012061529 2.444c Mdy
PERbeta 201012061539 2.358c Mdy
PERbeta 201012061550 2.394c Mdy
PERbeta 201012061556 2.382c Mdy
PERbeta 201012061610 2.257c Mdy
PERbeta 201012061618 2.140c Mdy
PERbeta 201012061620 2.202c Mdy
PERbeta 201012061632 2.272c Mdy
PERbeta 201012061636 2.266c Mdy
PERbeta 201012061642 2.259c Mdy
PERbeta 201012061644 2.268c Mdy
PERbeta 201012061704 2.302c Mdy
PERbeta 201012061718 2.125c Mdy
PERbeta 201012061727 2.243c Mdy
PERbeta 201012061735 2.068c Mdy
PERbeta 201012061739 2.183c Mdy
PERbeta 201012061745 2.131c Mdy
PERbeta 201012061801 2.000c Mdy
PERbeta 201012061811 2.127c Mdy
PERbeta 201012061833 2.170c Mdy
PERbeta 201012061841 2.091c Mdy

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月29日 (水)

R CrB

Iohさん、Hskさんが明るくなってきた!との事で光度曲線をかいてみました。

R_crb_20101229

たしかに若干明るくなりつつあるような。でも、暗いや

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年の重大ニュース

はやぶさの帰還、あかつきの失敗

ってのもありますが、ここは個人的な物だけにして。

でも、先に個人的でない物を3件ほど書きますと、

Mhhさんの自動サーベイデータが公開されました
http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/mhh-84e6-1.html
これは凄い!
私も、なんて思いましたが、今のEOS Kissによる撮影の実力では怪しいデータしか得られないのでやめます。Kisさんも準備中との事で楽しみです。

フェーベを使った一網打尽の解析
http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/post-9174.html
これはケプラーの物ですが、ASASのデータを使っても行われました。
自分もやってみたいとは思うものの、思うだけでやって無いです。

Observation Band DescriptionsでDSLR用の光度体系が出来ました。
今までは全部「C」にしてましたが違和感があって議論されました。
すっきりと綺麗に整理されて、今年は本当の意味でデジカメ測光元年と言えると思っています。

ここから個人的な物ですが、デジカメ測光に関連して、

まず、
簡易ポータブル赤道儀がモータードライブ化しました。
http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/post-edb0-5.html

更に、
オリンパスのレンズがEOS Kissに付けられるようになった。
http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-5810.html

重ねて、
デジカメ用フラットフィールドのために積分球ができました。
http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-234c.html

この三拍子がそろって、6~7等の変光星が観測出来るようになりました。

ところが
EOS Kissのインターバル撮影装置を作って一晩じゅう広角で「夜空の連続撮影」をするようになりました。
http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/canon-eos-kis-6.html

これによる成果も大きいのですが、望遠での観測や空き地での観測がなくなってしまいました。

そこで、年末になって2台目のEOS Kissを買いました。
http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/eos-kiss-digita.html

広角レンズが無いので当面は望遠レンズによる観測に使います。

急に話は変わって、今年もPCがよく故障しました。

電源単体での故障は電解コンデンサの全トッカエで直ったりしましたが、

PC本体の故障もありました。

分光観測に使っていたCHANDRA IIは完全にお釈迦で捨てました。
20cmの測光用Laptop PCは起動しなくなりました。
これは電源系統のようなので、いつか分解修理にチャレンジします。

外付けDVD-R/Wドライブが壊れて、今、急にDVDを焼いて下さい.って言われたら困る。

停止させたPCはDimension4700Cとロッカーに入っているファイルサーバーの2台です。

今までFMV-CR65RWをメインで使ってましたが、Intel Desktop Board D945Gntマザーボードを貰ったのを切っ掛けにIntelのボードをメインにしてCR65RWをファイルサーバー兼予備機にしました。

IntelはDimension4700Cから部品を抜き取って作成したのでこのようになりました。Dimension4700Cは壊れた状態でもらいました。EtherのICを取り除いたら動作したのですが煩くて、結局、部品抜取に使ってしまった。短命でした。

PC以外にETX-80ATも動かなくなってしまいましたが、これは修理出来ました。
http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/etx-80at-39b9.html

でも、ETX-80ATはまったく活用されませんでした。
何やってんだか。

他に、遊んでいたスーパーポラリスに予備機のSS2000PCを付けました。赤緯軸マウントが古いタイプだったのでSS2000PCが付けられなかったのですがアタッチメントを自作して装着可能にしました。
http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/post-4f0a-2.html

でも、バランスウエイトが無くて依然として休止中です。

夜のベランダは20cm・10cm・EOS Kissが2台の状態です。ここに新たにスーパーポラリスを置いて別な10cm鏡筒で食の観測を。って思ったりもしていますが

場所が無いか.

昨年は路銀不足で不参加だった連星研究会に今年は参加出来ました。ちょっと「測光連星」の元気が無かったのは反省です。

他、6月は京都で変光星観測者会議がありました。
http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/2010-7e36-3.html

11月が仙台で連星系・変光星・低温度星研究会でした。

これとは別に大学天文部との「変光星勉強会」を2回も開催出来ました。

まず、7/11は明大生田で行いました。ここでは岩本氏も駆けつけてくれました。12/23は工学院大新宿校舎で帝京大・工学院・東海OBを対象に行いました。Kisさんにはお世話になりました。

これに先立って2/6に工学院大学八王子校舎で学生さんとRZ Casのデジカメ観測を行いました。その成果があって彼らだけでRZ CasやAlgolをデジカメ測光するようになりました。
http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-f977-1.html

一方、平塚市博物館天体観察会の変光星分科会は参加者いなくて解散してしまいました。
http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/post-05cb-1.html

ですが、この変光星分科会と変光星勉強会で説明用のDVDが必要になって作りました。
これが何かと役に立ちそうです。今度、名刺代わりに持って歩こうか。

あとは、観測成果ですが、FK EriやLO Hyaの極小が観測出来た事があげられます。他にも自分的に謎だった連星の光度曲線が作れたりプチですが成果がありました。

今年の初めから中ごろにかけて「DVDによる高分散分光器の作成」を計画しました。
http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/dvd-7e40-4.html

一部だけですが作業にも入っています(現在は完全に中断していますが)。

自作しようと思ったのは、今、持っている分光器の自動ガイドにチャレンジしてましたが色々と難しくてあきらめてしまったのでした。

ところが、そのまま押入行きになって「DVD分光器」という流れになりましたが、自動ガイドを模索する中で広視野鏡が出来たので11月になって分光観測を再開したら非常にスムーズに出来るようになってました。

このまま明るい分光連星の観測を続けたいです。と言うように気持ちが変わっています。

最後は、3月に禁煙した事でしょうか。現在も続いています。不景気で小遣いが減ったので禁煙しました。不景気も悪くない(これは嘘です)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/12/27 変光星観測

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/20101227-3669.html
これの続きです。

Fk_eri_20101227

Ic andとRc bandで観測したFK Eriです。

星が昇ってから南中までしか観測出来なくて、いつも僅かな時間しか観測ができません。

Nsv02529_20101227

10cmで観測したNSV02529(ASAS053930-0808.9)です。

なぜか、CV-04が止まってて30枚しか撮影出来ていませんでした。

なんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/28 変光星観測

昨夜は雨でしたのでgt_slew自動観測だけ動かしました。

12/27の観測でCV-04との通信が途中で途絶える問題があったので

再確認の意味で自動観測だけ実行させました。

結果は、まったく問題無く動いてました。要は「再現せず」でした。

画像も、雨が降ってはいたものの、星は写っていました。

どうやら、割と早い時間に晴れだしたようです。

今朝はおとめ座の脈動星を撮影しようとベランダに出たら、ちょうど月が居たので変光星撮影はやめました。

20101228moon

この位の月でも地球照が見えるんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日、観測納め

今年の観測は今日で終わりにしようと思っています。晴れるかな。

でも、念のため、GT赤道儀の電源を入れたまま出かけよう。

赤道儀との通信をRS-232Cでやるのですが、まれに通信がコケて制御不能になります。こーなると赤道儀ハンドコントローラのUndoボタンを押さないと復帰しません。出先でそうなると望遠鏡が南に向いたままになり太陽とか危ないので家族で出かけるときはリモートはしませんでした。しかし、今回は1/1に観測したい星があるのでチャレンジしてみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日、New Mexicoでアルゴル極小が観測出来ます

GRAS(New Mexico)のSkyCamでβPerを観測するための極小予報です。
http://www.global-rent-a-scope.com/gras-skycams/

今日は自分でダウンロードしよう。

2010/12/29(水) 12:00 ○
2011/01/18(火) 13:43 ○
2011/01/21(金) 10:32 ○

| | コメント (1) | トラックバック (0)

分光でヒーヒー言ってます

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/post-aa4b.html
これの続きです。

怪しいデータの評価もしないで

ぜーーんぶプロットしました。

Delta_ori_20101225

正しいかは分かりません。

測光が上手く行けば

"正解!"ってハッキリ言えますが、

まだ、良く分かりません。

エラーも測ってあるんですが、エクセルのエラーバーの入れ方を忘れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月28日 (火)

2010/12/27 変光星観測

20cmと10cmでFK Eriを観測しました。

Fk_eri_20101227_rc

これは20cmで観測したFK Eriで自分の予報では19.9時にPrimaryでした。

ちょっと遅れて極小になったようです。

17時18時台のデータはC-Kが曲がっていたので削除かな。

今日は22.7時にSeconbaryの予報ですが23.2時位になりそうです。

私の所からは21時までしか観測できないので、もしかすると食の開始部分が観測できるかも.

その後、10cmはNSV02592(ASAS053930-0808.9)を測光して、20cmはδOriとηOriの分光をやりました。

明け方は、αVirの分光とV399 Virの撮像をして終わりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/26 変光星観測

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/20101226-ad99.html
これの続きです。

GT_Slew自動観測の導入精度が悪くてオフセットして導入するようにしたら

まー、こんなもんかなー

程度の効果がありました。

でも、どっかでアライメントをやり直さないとダメみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

分光でヒーヒー言ってます

2010/12/18,24,25の3夜で20枚の撮影をしました。

その画像から分光直線を作ります。

基準光が弱かったり、Hαが弱かったり、だので16枚の分光曲線が出来ました。

Alpha_vir_20101224284324

これは12/24早朝のαVirの一枚です。

この16枚を作るのに丸々1.5日掛かっています。

これは全ての基準が測定出来たものですが、もっと少ない物もあります。また、傾きが1.025~1.026の間に無い物もあって

そいうい物をどのように評価するかも決めないといけないです。

規格化してスペクトルを水平にするのですが、失敗して弓なりになったり怪しいプロファイルの物も含めて、そのまま作業をしています。(たぶん夜天光の影響)

今後はそれらの補正も考えないといけないです。プロファイルが傾いているとボトムの測定がオフセットされます。奥が深いです。

にしても、時間が掛かり過ぎています。

先日mei/nekoさんに会った時に「連続分光をやってみたい」って言いましたが、

やめます

あとが大変です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EOS Kiss digital 買った

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/20101225-4615.html
これの続きです。

>「夜空の連続撮影」で一晩じゅうEOS Kissが稼動してしまい
>他のデジカメ測光が出来なくなっています
>
>EOS Kissがもう一個ほしいです

Eos_kiss_201012271

って事で

「カメラのきたむら」で中古のボディーを9800円で買いました。

135mmレンズを付けて6等クラスの変光星観測に使おうと思ってます。

25mm程度のレンズも買ってεAurにも使いたいけれど金が無い。1月末の給与で買おう。εAurの皆既終了が3月なので2月から観測を再開したい。

Eps_aur_201103012100 Eps_aur_201108010300

これは「ぎょしゃ座」の位置を確認した物です。

左は2011/3/1 21時で、右は2011/8/1 3時です。

5月6月は「合」で観測できませんが食の終わりはなんとか観測出来そうです。

M42_20101227

昨夜撮影した「オリオン星雲」です。

f=135mmを付けて簡易ポタ赤で30秒露出です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SkydriveでOffice

MS-office 2010 の機能がオンラインで使えるそうで

使ってみました。

画面がシンプルで、

本当にこれで2010の機能が全部つかえるのだろうか?

でも、MSさんに

お金を払い続ける事も無くなるのだったら

うれしいですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月27日 (月)

2010/12/25 変光星観測

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/20101225-4615.html
これの続きです。

Asas03002702110_20101225

10cmで観測したASAS030027+0211.0です。二回目の観測ですが両方とも極小は観測出来ていません。

Rs_lep_20101225

次に観測したRS Lepです。副極小の増光部分が観測出来ました。

と言う事で、この日は2星観測したのに極小は観測できませんでした。

GT赤道儀による自動観測は8夜1249画像もあったのに測光できたのは68件しかありませんでした。

導入精度が悪いです。

前回のアライメントがテキトーだったのが影響しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/26 変光星観測

昨日は薄曇りだったので観測は中止

と思ったのですが、

先日までの観測で

gt_slew自動観測(GT赤道儀で自動でプログラムスターを撮影してゆくシステム)の導入精度が悪かったので

iniファイルに導入のオフセットがあるので、ちょっとだけ値を入れて

10cmによる自動観測だけ行いました。

大量に未処理の画像もあって(+薄雲だったので)観測はそれだけにしました。

で、必死に測光作業をして

測光はGRASの全天写真だけが仕掛になりました。(あっ、昨夜の自動撮影が増えてます)

今は、分光の方をやってます。

どーーもS/Nっぽくて

ダークを失敗しているみたいです。

結果が悪かったらS/Nの良くないデータを捨てるしかないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Mhhさんの自動サーベイデータが公開されました

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/mhh-84e6.html
これの続きです。

激しくセクって、どんどん進化しています。

http://www.kwasan.kyoto-u.ac.jp:8080/~maehara/VSdata.py?object=CMAR&plot=1&submit=Send+query

ついに、こんななりました。

これはR CMaですが、極小を検出してます。

この「観測からデータ公開まで」の一連のシステムは

す ご い

ですよ!

ちょっとした卒論研究、それ以上位の物です。

このシステムを、ずっと維持して欲しいです!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年12月26日 (日)

2010/12/24 変光星観測

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/20101224-32f5.html
ここで観測した食連星の報告です。

Dy_cet_20101224

10cmで観測したDY Cetです。副極小だったようです。

ボトムのところが歪んでしまいました。

V_lep_20101224

DY CetのあとにV Lepを観測しました。最初の1時間は高度が低くデータを捨てました。

この系は周期が1.07日と、ほぼ一日なので、なかなか全位相を観測出来ません。

望遠鏡とCCDがたくさん有れば見たい星の観測がじゃんじゃん出来るんですが.

12/24までにEOS Kissで撮影した変光星画像の測光が終わりました。

そこで、自身の観測だけでミラの光度曲線を作ってみました。

Mira_20101224_nga

なんだか美しいです。

ここでは光害の影響で5等が観測限界ですので

そろそろミラの観測も終わりかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/25 変光星観測

昨夜は、まれに雲があったものの、ほぼ一晩じゅう快晴でした。

ところが、EOS Kissによる「夜空の連続撮影」には、大きな月がドーーンと写っていて

測光に使えない画像が多そうです。

終わりの方の画像を見ると「おとめ座」が写りだしていて

TX Leoより東の(明るい食)変光星を探す必要がありそうです。

この「夜空の連続撮影」で一晩じゅうEOS Kissが稼動してしまい、他のデジカメ測光が出来なくなっています。

困りました。EOS Kissがもう一個ほしいです。

前日に有った分光用PCの無線LANが繋がらない問題は発生しませんでした??

とりあえず、時間がぜんぜん無いのでこのまま使おう

時間が無い所で観測報告の手紙が届きました。

レポート用紙12枚です。しばらくはホッタラカシになりそうです。

昨夜の観測は10cmでASAS030027+0211.0とRS Lepをやって、そのあと、自動観測(これが200枚以上撮影します)。

20cmは分光だけで、δOriと明け方のαVirです。

やっぱり不効率。分光は。

オリオン座付近で明るくて視線速度の大きな連星を探してobjectを増やさないとイカンと思います。

にしても、きょうも画像が増えた。

このまま年越しはマズイと思う。急がなきゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月25日 (土)

2010/12/20 変光星観測

※溜まりに溜まった画像を必死に測光中です

20cmのFK Eriの方は失敗観測で報告は中止。

10cmのYY Eriは

Yy_eri_20101220

11/11の観測とピッタリ同じで、あんまり進展なし。

今年はこれで終わりかな

年に一回は観測したいAE ForとBC Eriを、まだ観測してないです。

てか、AE Forはシーズンが終わったかな.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/12/22 変光星観測

Fk_eri_20101222

FK Eriの光度曲線ですが、これは20cmの観測だけで作ったものです。

全位相を観測!なんて、ちょっと気が遠くなってきました。

せめて、食の期間だけでも完全カバーしたいです。

V864_mon_20101222

これはFK Eriのあとに、やっとの思いで導入して観測した V864 Mon です。

お陰さまで綺麗に観測出来ました。

Asas07160804468_20101222

これは V863 Mon と同一視野に写ってた ASAS071608-0446.8 です。周期が1.4日の食連星でASAS3ではESD/ECとなっています。

どっちなんでしょう。

私の望遠鏡では限界等級です。

Asas04410601215_20101222

こちらは10cmで観測した ASAS044106-0121.5 です。EC型の食連星かδSctかわからないようです。

観測からIcで振幅が0.1等しかありません。

一方、ASAS-3 Catalogueでは0.3等(V)もあります。

って事は脈動っぽいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/24 変光星観測

昨日は一晩じゅう晴れていたのかなと

調べてみると

24時半位から曇りだして

27時過ぎまで曇ってました。

10cmではDY Cetの連続測光をやって、引き続き V Lepの連続測光をしました。あとは例によって自動でprogram starの撮影をしてました。

EOS Kissでは「夜空の連続撮影」をやって、今朝は135mmでV339 Virを撮影。

20cmは分光だけにしました。δOriを数枚撮影して、そのまま朝までホッタラカシにして、今朝はαVirを撮影しました。

まーーた、画像が貯まりました。

今日のトラブルは「分光用PCの無線LANが繋がらない」ちょっと前から時折出ていた症状で(ゴミ捨て場で拾ったLANカードなんですが)いよいよダメみたいです。ベランダで使っているPCなので無線が欲しいです。予備のカード有ったかな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月24日 (金)

変光星勉強会

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/post-879f-1.html
これの続きで

昨日、工学院大学 新宿校舎で開催されました。

午後の数時間しか時間が無い訳で、かなり詰め込み過ぎでした。

Dsc01176

ひだりは遠藤さん、右は山田さんです。

http://blog.livedoor.jp/rzcas_uori/
遠藤さんは「まめのぼやき」の人でした。

Dsc01177

これは私です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月23日 (木)

2010/12/22 変光星観測

昨夜は一晩中快晴でした。大晴れです。

10cmでASAS044106-0121.5を連続測光しました。この星は2回目の観測で1回目は失敗観測でした。

20cmではFK Eriを観測しました。この星は21時半位までしか観測できません。

20日もFK Eriを観測しました。この時は21時半でAK CMiに向けましたが視野内に入ってくれませんでした。

昨日はFK EriのあとにV864 Monに向けました。同一視野内にASAS071608-0446.8 ESD/ECが写ってくれるので嬉しいです。

が、やっぱり、導入出来ないです。

今回は外へ出て望遠鏡を確認しました。そしたらRA方向が大きく東にズレてます。

明るい星に向けてSS200PCをシンクロさせたら文句を行ってきます。シンクロ出来ないです。

仕方が無いので、電源をOffって再アライメントしました。

どーして急にこんななったのだろう。SS2000PCさんには謎が多い。きっとクレーム多かったでしょうね。だから生産をやめたのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

変光星勉強会

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/post-879f.html
変光星勉強会

本日開催です。

場所が間違えていました。A0762教室です。

「sinjyuku_map.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日、アルゴルが極小

★12月
   日    時   高度
--------------------
   23   18.4   62

★1月
   日    時   高度
--------------------
    6   26.5   16
    9   23.3   47
   12   20.1   80
   29   25.0   15

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月22日 (水)

2010/12/18 食変光星観測

その前に、昨日(12/21)の月食は雨で見れられませんでした。

Bv_eri_20101218

10cmで観測したBV Eriです。思いのほか綺麗に観測出来て感激です。

Fk_eri_20101218

20cmで観測したFK Eriです。やっぱり予報は合っていそうです。都合でボトムまで観測出来なかったのが残念です。

Lo_hya_20101218

引き続き、20cmで観測したLO Hyaです。

なんと、極小を観測してました。

明るい星ですが、この系の測光観測は殆どありません。

よって、周期・元期も良く分かっていません。

分光観測で周期約2.5日が分かっています。

以前に海外から観測依頼があって国内の何名かが観測しましたが、結局、極小は観測されませんでした。

なのに、今回、偶然、極小が観測できました。

min=2444623.7848+2.499629xE (BRNO, O-C gateway)

極小推算式はBRNOの物しかありません。

これで計算すると主極小でも副極小でもありません。

でも、これは主極小なんです。実は。

とりあえず、以下の極小推算式を導きます。

min=2455549.1422+2.499629xE (Nagai, 2010)

私の所では22時から24時まで観測出来ます。

この時間帯で次にLO Hyaの極小が観測出来るのか調べてみると

1月末まで探しても主も副も観測出来ません。

て事は、今回の極小観測は、なんとラッキーだったのでしょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月21日 (火)

今夜は月食です

http://www.astroarts.co.jp/special/20101221lunar_eclipse/index-j.shtml

17時には帰宅していないと全部を見れないです。

しかし、ベランダからは見えないので空地へ行かんといかんです。

人ごみの中で写真を撮り続けるのかー

そんな事よりも、今日の天気予報は「晴れのち雨」です。

今朝は晴れてますが透明度は悪いです。V339 Virの撮影をやめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月20日 (月)

遊佐徹さん、M33に新星を発見

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/m33-8ca3.html
これの続きです。

http://www.palette.furukawa.miyagi.jp/space/M33N2010_12a_101219.htm

大崎生涯学習センターのホームページに記事が出ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日、アルゴルが極小

★12月
   日    時   高度
--------------------
   20   21.6   81
   23   18.4   62

★1月
   日    時   高度
--------------------
    6   26.5   16
    9   23.3   47
   12   20.1   80
   29   25.0   15

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月19日 (日)

遊佐徹さん、M33に新星を発見

http://news.local-group.jp/20101219.html

これを見てビックリしました!

仙台の連星・変光星・低温度星研究会で

東北大の学食で一緒にお昼を食べた

大崎生涯学習センター遊佐徹さんです。

おめでとうございます! ヽ(´▽`)/

って、このblog見てる訳ないか

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/12/18 変光星観測

昨日は夕方になっても快晴でした。

10cmでBV Eriを撮影して、のちに自動でプログラムスターの自動観測をしてました。

EOSの「夜空の連続撮影」を見ると0時半から曇っています。

久しぶりにミラが写りました。オリオン座までは晴れていますが、うみへび座の頃にはすっかり曇っています。

20cmではFK Eriを連続撮影しました。

予報では21.7時に主極小でしたが、その時間は南中を過ぎてしまうので、観測は21時半位までしか出来そうにありませんでした。

そこで、21時前に終了して、δOriの分光をしました。

そのあと、分光器を片づけて測光に戻し、

一昨年、ひどい目にあったLO Hyaを始めました。

10cm,20cm,EOSのそれぞれが自動観測の状態になって、酒飲んで寝ました。

20101218

これは観測中に20cmの測光用PCで眺めたネットワークの様子です。

240zっていうので20cmのオートガイド用PCです。

今朝、画面を見たら、240zが何にもやってないです。

寝るときはオートガイドしていたので、どうやら、OSのUpdateがあってリブートしたみたいです。

時々ある、とほほ..です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月18日 (土)

変光星勉強会

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-879f.html
ここでお話しした「変光星勉強会」の件です。

この通りにならないかも知れませんが「時間割」が出来ました。

当日の飛び入り参加もOKです。近くに来たらばお立ち寄り下さい。

会場は地下または一階から建物に入ってエレベータで7階です。張り紙を出しますので直ぐに分かると思います。

★★ 変光星勉強会 ★★

変光星とは何かを知り測光観測について手法を理解する。

日時:12月23日 13時~17時50分
場所:工学院大学 新宿校舎 A-0726教室
http://www.kogakuin.ac.jp/map/shinjuku/index.html
講師:日本変光星研究会 清田誠一郎/永井和男

・プログラム

13:00-13:30 受付
13:30-14:00 自己紹介

14:00-14:25 変光星について - 永井
14:25-14:50 食変光星 ------- 永井

14:50-15:00 休憩

15:00-15:25 脈動変光星 ----- 清田
15:25-15:50 激変光星 ------- 清田

15:50-16:00 休憩

16:00-16:25 デジカメ測光 --- 永井
16:25-16:50 眼視観測 ------- 清田

16:50-17:00 休憩

17:00-17:25 CCD測光 -------- 清田
17:25-17:45 質疑応答 ------- 清田/永井

17:50までに片づけて懇親会へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月17日 (金)

2010/12/16 変光星観測

昨夜の空は重々しい雲で覆われていました。

10cmによる自動観測とEOSによる「夜空の自動撮影」だけ行いました。

今朝、画像を確認したら21:30頃から雲が薄くなって、23時にはすっかり晴れ上がっていました。

そのまま今朝まで大晴れです。

ずっと曇りだろうと思って酒飲んでました。

ダメなオヤジです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリオンより東の明るい食連星

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/post-021e.html
これの続きです。

早速、測光してみました。

早い時期の物は比較星が2個しか写っていませんでした。

仕方が無いので比較星2個を使って測光しました。

LEOTX 20101109283209 5.54cG Nga
LEOTX 20101129283307 5.04cG Nga
LEOTX 20101129284259 5.81cG Nga
LEOTX 20101204280457 5.38cG Nga
LEOTX 20101204281449 5.51cG Nga
LEOTX 20101204282441 5.64cG Nga

ここまでは比較星2個だけで測光したものです。

一見して怪しいデータです。

次は比較星5個を使って測光した物です。

LEOTX 20101204283431 5.58cG Nga
LEOTX 20101204284423 5.56cG Nga
LEOTX 20101209275749 5.65cG Nga

なんとなく、それっぽくなってきました。

しかし、まだ、へんな値があります。

さらに複数枚の結果を平均するようにします。

LEOTX 20101211282037 5.58cG±0.04 Nga 5枚平均

これは比較星6個を使って5枚の画像を測光し加重平均した物です。

要はいつもやっている方法です。

やっと、それっぽい値にありました。

画像のS/Nの様子を見ても分かりますが、ここの空では、これ位やらないといけないようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

δOriの光度曲線

ベランダで測光と分光をやっている連星です。

Delta_ori_lc_20101217

光度曲線をかいてみました。

あっているのか、いないのか?
先行きが心配になる結果です。

まだ、主極小の位相を観測していないので、なんとも言えないです。

Delta_ori_lc_201012172

これはvsoljの眼視観測結果から作った光度曲線です。

さすがに変光範囲が小さすぎて難しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Mhhさんの自動サーベイデータが公開されました

と言っても、あのアドレス(トンネルっぽくて)公開して良いのか心配なので

ここには書かないですが、

自分が観測している星もあります。

LEOTX 2010-11-29 19:38:50 5.653 0.004
LEOTX 2010-11-29 19:39:29 5.679 0.004
LEOTX 2010-12-01 20:03:37 5.655 0.003
LEOTX 2010-12-01 20:04:25 5.617 0.003
LEOTX 2010-12-04 20:14:25 5.670 0.003
LEOTX 2010-12-04 20:15:14 5.645 0.003
LEOTX 2010-12-05 20:10:54 5.626 0.003
LEOTX 2010-12-05 20:11:43 5.645 0.003

ORIeta 2010-11-28 16:25:52 3.856 0.001
ORIeta 2010-11-28 16:26:31 3.803 0.001
ORIeta 2010-12-04 15:40:16 3.629 0.001
ORIeta 2010-12-04 15:41:05 3.618 0.001
ORIeta 2010-12-05 15:42:24 3.708 0.001
ORIeta 2010-12-05 15:43:14 3.749 0.001

他にもたくさんあります。

こいつは使える!

ギリシャ文字の表記がGCVSの表記みたいです。

beta ではなくて bet

| | コメント (3) | トラックバック (0)

本日、アルゴルが極小

★12月
   日    時   高度
--------------------
   17   24.7   47
   20   21.6   81
   23   18.4   62

★1月
   日    時   高度
--------------------
    6   26.5   16
    9   23.3   47
   12   20.1   80
   29   25.0   15

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月の食変光星予報

2011年1月の明るい食変光星の極小予報です。
変光範囲が1等以上で10等より明るい星を予報しました。
高度は東京での高度です。

★ 1月の予報 ★

星名                  日   時刻    高度
CASRZ                  2   21.0      54  4.9
CASRZ                  3   25.7      32  4.9
CASRZ                  8   20.4      54  4.9
CASRZ                  9   25.1      33  4.9
CASRZ                 10   29.8      16  4.9
CASRZ                 14   19.9      55  4.9
CASRZ                 15   24.5      34  4.9
CASRZ                 16   29.2      16  4.9
CASRZ                 20   19.3      55  4.9
CASRZ                 21   24.0      35  4.9
CASRZ                 22   28.6      17  4.9
CASRZ                 26   18.7      55  4.9
CASRZ                 27   23.4      36  4.9
CASRZ                 28   28.1      17  4.9

CASTV                  1   25.5      15  7.8
CASTV                  3   21.0      46  7.8
CASTV                 12   22.5      30  7.8
CASTV                 14   18.0      61  7.8
CASTV                 21   24.0      16  7.8
CASTV                 23   19.5      47  7.8

CEPEK                  5   23.6      19  6.4
CEPEK                 14   20.1      31  6.4
CEPEK                 27   26.9      17  6.4

CEPU                   4   21.8      39  9.0
CEPU                   9   21.5      39  9.0
CEPU                  14   21.1      39  9.0
CEPU                  19   20.8      39  9.0
CEPU                  24   20.5      39  9.0
CEPU                  29   20.1      39  9.0

CEPZZ                  2   23.1      25  6.2
CEPZZ                  4   26.4      14  6.2
CEPZZ                  6   29.9      17  6.2
CEPZZ                 15   19.5      40  6.2
CEPZZ                 17   22.9      22  6.2
CEPZZ                 19   26.3      13  6.2
CEPZZ                 21   29.7      20  6.2
CEPZZ                 30   19.3      35  6.2

CNCRZ                 20   27.6      49 77.9

CRBU                  23   29.7      75 11.6
CRBU                  30   27.4      53 11.6

CVNRS                  4   25.1      32 12.7
CVNRS                 23   29.7      77 12.7
CVNRS                 28   24.9      47 12.7

CYGV0393              21   28.8      16 29.4

DRAAI                  4   28.6      35  5.2
DRAAI                 10   28.5      38  5.2
DRAAI                 16   28.3      40  5.2
DRAAI                 22   28.2      42  5.2
DRAAI                 28   28.1      44  5.2

HYATT                  3   25.4      17 18.4
HYATT                 10   24.2      12 18.4

LACCM                  7   20.1      28  4.2
LACCM                 15   20.6      18  4.2

LACRT                  2   21.2      21

LIBdelta               1   28.2      21 12.8
LIBdelta               8   27.8      21 12.8
LIBdelta              15   27.3      21 12.8
LIBdelta              22   26.9      21 12.8
LIBdelta              29   26.5      22 12.8

MONAU                  8   27.4      23 26.7

MONUX                  3   26.3      42 24.1
MONUX                  9   24.0      46 24.1
MONUX                 15   21.7      35 24.1
MONUX                 21   19.4      16 24.1

PEGAW                 13   19.9      15 25.5

PERbeta                6   26.4      15  9.6
PERbeta                9   23.3      46  9.6
PERbeta               12   20.1      80  9.6
PERbeta               29   25.0      15  9.6

PERIZ                  1   24.9      24 10.6
PERIZ                 16   19.0      66 10.6
PERIZ                 27   20.5      48 10.6

PUPAU                  3   24.2      11
PUPAU                 12   24.5      12
PUPAU                 21   24.8      11
PUPAU                 29   22.0      10

SGEU                  26   28.6      10 13.8

UMATX                 23   18.6      10  8.8
UMATX                 26   20.1      25  8.8
UMATX                 29   21.6      42  8.8

UMIW                   2   24.6      33  9.4
UMIW                   7   27.0      35  9.4
UMIW                   9   19.9      31  9.4
UMIW                  12   29.5      38  9.4
UMIW                  14   22.3      32  9.4
UMIW                  19   24.8      34  9.4
UMIW                  24   27.3      37  9.4
UMIW                  26   20.1      31  9.4
UMIW                  29   29.8      39  9.4
UMIW                  31   22.6      33  9.4

VULZ                   1   30.0      11 10.6

name                 period     RA      RD   Type    mag
CASRZ                1.1952    2h48m  +69゚38  EA  6.2 -7.7
CASTV                1.8125    0h19m  +59゚ 8  EA  7.2 -8.2
CEPEK                4.4277   21h41m  +69゚42  EA  8.0 -9.3
CEPU                 2.4930    1h 2m  +81゚53  EA  6.8 -9.2
CEPZZ                2.1417   22h45m  +68゚ 8  EA  8.6 -9.6
CNCRZ                21.643    8h39m  +31゚48  EA  8.7 -10.0
CRBU                 3.4522   15h18m  +31゚39  EA  7.7 -8.8
CVNRS                4.7977   13h10m  +35゚56  EA  7.9 -9.1
CYGV0393             13.633   19h58m  +43゚18  EA  9.0 -10.0
DRAAI                1.1988   16h56m  +52゚42  EA  7.1 -8.1
HYATT                6.9534   11h13m  -26゚28  EA  7.3 -9.0
LACCM                1.6046   22h 0m  +44゚33  EA  8.2 -9.2
LACRT                5.0738   22h 1m  +43゚53  EB  8.8 -9.9
LIBdelta             2.3273   15h 0m  -08゚31  EA  4.9 -5.9
MONAU                11.113    6h54m  -01゚23  EA  8.1 -9.1
MONUX                5.9044    7h59m  -07゚30  EA  8.2 -9.2
PEGAW                10.622   21h52m  +24゚ 1  EA  7.4 -8.6
PERbeta              2.8673    3h 8m  +40゚57  EA  2.1 -3.4
PERIZ                3.6876    1h32m  +54゚ 1  EA  7.8 -9.0
PUPAU                1.1263    8h17m  -41゚42  EB  8.5 -9.5
SGEU                 3.3806   19h18m  +19゚37  EA  6.5 -9.3
UMATX                3.0632   10h45m  +45゚34  EA  7.1 -8.8
UMIW                 1.7011   16h 8m  +86゚12  EA  8.5 -9.6
VULZ                 2.4549   19h21m  +25゚34  EA  7.3 -8.9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月16日 (木)

オリオンより東の明るい食連星

EOS Kiss digtalによる「夜空の連続撮影」の話です。

天の赤道を10分毎に固定で連続撮影しています。

オリオン座はδとηを測光していますが

そのまま流し撮りなので、次の「うみへび座」がたくさん写っています。

「おとめ座」はシーズン前ってところで、「うみへび座」で明るい食連星を探したいです。

Hya_var1_2

この画像中で...って探しましたが

ぜんぜん有りません!

も少し先に行って

Hya_var2_2

「ろくぶんぎ座」あたりに来ると

かろうじて、TX Leoが写っています。調べた2枚の画像で5等台より明るい食連星はTX Leoの一個だけでした。

仕方が無いので、この星を測光することにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HJDとBJDの比較

HJDからBJDに変換して、どの程度の差が出るのか調べてみました。

RA=00:00:00, RD=00d00'00"

 HJD 2455500.000000
 BJD 2455499.999976

 HJD 2455600.000000
 BJD 2455599.999976

 HJD 2455700.000000
 BJD 2455699.999977

RA=00:00:00, RD=45d00'00"

 HJD 2455500.000000
 BJD 2455499.999985

 HJD 2455600.000000
 BJD 2455599.999984

 HJD 2455700.000000
 BJD 2455699.999984

RA=06:00:00, RD=00d00'00"

 HJD 2455500.000000
 BJD 2455500.000006

 HJD 2455600.000000
 BJD 2455600.000003

 HJD 2455700.000000
 BJD 2455699.999999

計算した範囲で最大2秒の違いがありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月15日 (水)

2011年の天文現象

天文現象と言えば日食/月食です。2011年は3件あります。

その内2件が6月にあります。

6/2 部分日食、6/16 皆既月食です。

ところが、条件が悪すぎて観察は非常に難しいでしょう。

もしかすると、6/16日没時の月食は見れるかも知れませんが地平線が見える暗い所でないと無理です。

2011_gensyou1

ところが12/10(土)皆既月食は非常に好条件です。

土曜日で南中付近が食の中央です。冬なので月の高度も高いです。

こんなに高いとうちのベランダでは見にくいです。

2011_gensyou2

次は星食ですが、10月1日にδScoの食があります。

δScoは変光星な人は知っているBe星です。

星周辺に星周物質があり、そこからエミッションがあって輝線が出ています。

それを月の影部分がゆっくりと隠してゆきますので面白かも知れません。

光電管のようなリアルタイムで測光出来る装置があると良いですが

光電管はあげちゃって、今は持っていないです。

DSIでジャンジャン高速で連続撮影してみましょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

昨日、20時、ふたご座流星群極大

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/20-ecbd.html
これの続きです。

025150 033247

これって流れ星?

自宅ベランダでもEOS Kissによる連続撮影をしました。

いつもは10分間隔で撮影していますが、昨夜は3分間隔にしました。

最初は曇っていて23:42から晴れています。

以降、ずっと晴天ですが、一枚も流星は写っていませんでした。

デジカメはフィルムと違ってランニングコストがかからないのでいいですね。

今朝、レンズを見たら ドロドロ に汚れてました!

たしかに、毎日、毎日、10時間とか外へ出しっぱなしなので、もっと注意しないといけないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

USB外付けDVDドライブの不調

一台しか無い「外付けの光学ドライブ」が不調です。

USBの認識が出来たり出来なかったり

いち二カ月前からこんな調子でしたが、いよいよもって殆ど認識しなくなって来ました。

まずは自分で修理にTryしたいのですが、

ぜんぜん時間が無い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月14日 (火)

本日、20時、ふたご座流星群極大

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/1214-2db3.html
これの続きです。

本日が極大です。

http://www.global-rent-a-scope.com/gras-skycams/
ここを見る訳です。

日本時間20時の、もっと前からモニターしていると

極大時刻が分かるかも知れませね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日、アルゴルが極小

★12月
   日    時   高度
--------------------
   14   27.9   16
   17   24.7   47
   20   21.6   81
   23   18.4   62

★1月
   日    時   高度
--------------------
    6   26.5   16
    9   23.3   47
   12   20.1   80
   29   25.0   15

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月13日 (月)

δOriの分光

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/2010124-a921.html
http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/ori-1e08.html
これの続きです。

12/4に撮影したHαの波長を求めました。

delta Ori (RA=05h32m/RD -00d18')

2010/11/27 21:41:36JST phase0.230 6559.905Åhel

2010/12/04 20:31:51JST phase0.443 6561.097Åhel
2010/12/04 20:52:21JST phase0.445 6561.089Åhel 基準光弱

Delta_ori_20101204

視線速度曲線は、この様になりました。

あってんのかなー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月12日 (日)

2010/12/11 変光星観測

昨日は、日中はそこそこ晴れていて日没時は快晴になりました。

20cmで分光の準備をして、10cmはPHDGuidingの設定を始めた頃、曇り初めて直ぐに全部が曇りなりました。

ずーっと晴れるのを待ってましたが、雨でも降りそうな様子になってしまい20cmは片付けました。

結局、gt_slew自動観測とEOS Kissの「夜空の連続撮影」だけ動かして寝ました。

画像を調べてみると深夜1時頃からずっと快晴でした。

EOS Kissの方はかろうじてオリオン座が撮影できていましたが、以東の星野の観測対象を決めていないので画像の大半が無駄になってしまいます。

はやく、うみへび座の明るい食連星を探そう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FK Eriの極小予報

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/fk-eri-5341-1.html
これの続きです。

Fk_eri_20101209

12/9のFK Eriの測光観測です。

Icは10cmで、Rcは20cmです。

減光開始は同じ時刻に見えますので確実に"食"です。

以下は年内の予報です。

 12/17 18.9 S
 12/18 21.7 P
 12/19 24.4 S
 12/27 19.9 P
 12/28 22.7 S

FK Eriは観測少なくロッシュ解析もされていません。

Soydugan, E. et. at., 2006MNRAS.370.2013S に δScuti region にある Detached binaries にリストされています。

しばらく、20cmで観測を続けてデータが揃ったら解析してみよう。

もし、VSOLJでFK Eriの観測があったら、それも加えて解析しよう!

と言う事で「共同観測者大募集」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月10日 (金)

FK Eriの極小予報

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/fk-eri-5341.html
これの続きです。

 12/08 20.6 S
 12/09 23.4 P
 12/17 18.9 S
 12/18 21.7 P
 12/19 24.4 S
 12/27 19.9 P
 12/28 22.7 S

こんな予報です。

予報をしてから、なかなかチャンスが無かったのですが

昨夜、測光する事ができました。

Fk_eri_20101209_rc

これは20cmで得た光度曲線です。

観測を始める前に極小前で終了してしまう事は分かっていました。

むしろ、その通りになりました。

10cmでも同時に観測していますので、比較して同じでしたら

か ん ぜ ん に極小って事になります。

優勝した now \(^o^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RAWを保存出来るコンパクトデジカメ

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/raw-6283.html
これを更新します。

Nikon
  COOLPIX P7000
Canon
  PowerShot G10
  PowerShot G11
  PowerShot G12
  PowerShot G9
  PowerShot G1
  PowerShot Pro1
  PowerShot S95
 PowerShot S90
 PowerShot S70
Panasonic
 DMC-LX5
 DMC-GF1K
RICOH
  GR DIGITAL III
  GR DIGITAL II
  GX200
CASIO
  EX-FH100
  EX-FH25

個人的にはCanonのS90,S95が欲しいです。見た目が美しいんです。

でも、Gの方がリモコンも使えるし良いかな..

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 9日 (木)

2010/12/5 食変光星観測

Yy_eri_20101205

10cmで観測したI bandのYY Eriです。今回は位相1付近ですが副極小の様です。

天気が悪くて僅かな時間しか観測出来ませんでしたが、ちょうど極小だけ観測できました。

Hi_mon_20101205

20cmのR bandで観測したHI Monです。主極小のbottom直前で曇って観測は終了しています。

この系の極小時刻が観測されていません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日、New Mexicoでアルゴル極小が観測出来ます

今日は条件が悪いです.....

GRAS(New Mexico)のSkyCamでβPerを観測するための極小予報です。
http://www.global-rent-a-scope.com/gras-skycams/

2010/12/09(木) 10:17 ×
2010/12/29(水) 12:00 ○
2011/01/18(火) 13:43 ○
2011/01/21(金) 10:32 ○

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月14日、ふたご座流星群が極大

極大予報時刻は20時(JST)です。

この時間に"ふたご座"は昇っていません。

ところが、この時間、ニューメキシコは深夜3時で"ふたご座"は天頂付近です。

(JST18時に輻射点が天頂です)

と言う事でGRASのSkyCamで流星を観察しませんか!

http://www.global-rent-a-scope.com/gras-skycams/

たとえば、10分毎にブラウザーの更新ボタンを押して、その時写っている流星の数を数える

という観測なんかどうでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 8日 (水)

2010年、天文現象

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/2010-3aa3.html
ここで書きだした天文現象ですが

どれも見てません!

http://www.astroarts.co.jp/special/20101221lunar_eclipse/index-j.shtml
12月21日の月食が最後のチャンスです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Canon RAW Codec Ver1.8.0

http://cweb.canon.jp/drv-upd/dc/crc180upd-7l.html
上のLINKからダウンロードできます。

こいつをVISTAに入れました。

Canon_raw_codec

そしたら、このように「コンピュータ」でフォルダーを開いただけでRAWファイルのサムネイルが見えてます。

アイコンをダブルクリックしたら Windows フォトギャラリー で開いてくれます。

今まではCanonの「FileViewerUtility」を使ってましたが

これを比べると使い勝手が大きく違います。

Canon RAW Codec。とっても便利です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 7日 (火)

GCVS 4.2のUpdate

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/gcvs-42update-8.html
これの続きです。

予報用のマスターファイル(star.dat)を更新しました。

http://eclipsingbinary.web.fc2.com/dload-1.html
ここからダウンロードできます。

下記の3か所を更新しています。

16-1.新O-C計算(16bit版) Ver 3.31
16-2.新O-C計算(32bit版) Ver3.40
18-1.新・食変光星極小予報、ここの「予報用データベース star2.lzh」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛の泉

って言う、やらしい名前の共同募金が会社で始まっています。

その募金箱には外貨も入れて良いとの事で

家にある外貨を探しました。

元やドルはありませんでした。どこいったんだろー

リンギットとユーロがありました。

ユーロなんか一万円以上もあった!

でも、募金はコインだけにしよう。

海外に行って財布が一つだと日本円とゴチャゴチャになるので複数の財布を持って行きます。

その複数の財布や外貨を入れた封筒などを調べた訳ですが、日本円の千円札も一枚発掘されました!

やっ、やったーーーっ!

これだけあれば、パンが何個も食えるぞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Cartes du Ciel (skychart)

「Tycho-2でV等級が表示されない!」と言う
お話を頂き、

調べてみると

ver3以降はVTをVと言って表示しています。

ver3以降ではtycho-2のV等級を調べる事が出来ませんので注意が必要です。

一方、ver2はV,Vt,Btを表示しています。

ただ、このバージョンは、XP以前のOSでないと動かせません。

最終版はVer 2.76で、下記よりダウンロード出来ます。
http://astrosurf.com/astropc/oldversion/cartes/telecharg.html

作者にver3でもtycho-2のV等級を表示するようにお願いするのも良いかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 6日 (月)

2010/12/3 食変光星観測

この日は花粉症を風邪と間違えて自粛したため10cmでしか観測していません。

Yy_cet_20101203

YY Cetです。min=2445259.0560+0.7904596xE (1986MNRAS.218..159M) で描いた光度曲線です。

だいぶ間が空いてしまいましたが、今回も位相0.6付近に主極小が居ました。

変光範囲が1等もあって、周期が0.8日程度ですので眼視観測も楽しそうです。

Er_ori_20101203

これはER Oriです。

クラコウで予報すると副極小になります。

が、ずっと妙だとおもってます。

主と副が逆だと思います。

今回の観測で、やっぱり逆だったって事がハッキリ出来たと思ってます。

Asas05104908325_20101203

ER Ori近傍のASAS051049-0832.5です。

ちょうど副極小が終わって増光している所を観測したようです。

1/29の観測はメタメタですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/4 変光星観測

Asas02201402520_20101204

10cmで観測した ミラ近傍の ASAS022014-0252.0 です。

観測夜数が多いので2010年11月以降のデータで光度曲線を作りました。

V1363_ori_20101204

ASASの変光星のあとに観測した V1363 Ori です。

過去の観測と位相が重ならないように思えますが、2009/10/21,2010/1/17の観測とは一致していそうです。

周期変化があったか、周期が違っているのか、どちらかだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/5 変光星観測

昨日は一日中外出していました。

その間、ずっと晴れていて

日没後に帰宅しても超快晴でした。

20cmを組み立てて、10cmと20cmとEOS Kissで観測を開始!

その途端に雲が湧いてきて、観測なんか出来ません。

22時頃に晴れだして観測を再開するも、24時には曇ってしまいました。

そのまま今朝になっても曇天です。

と言った具合でぜんぜんダメでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日、New Mexicoでアルゴル極小が観測出来ます

GRAS(New Mexico)のSkyCamでβPerを観測するための極小予報です。
http://www.global-rent-a-scope.com/gras-skycams/

2010/12/06(月) 13:28 ○
2010/12/09(木) 10:17 ×
2010/12/29(水) 12:00 ○
2011/01/18(火) 13:43 ○
2011/01/21(金) 10:32 ○

今日、この時間帯は電車に乗っています。どなたか、お願い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 5日 (日)

2010/11 変光星観測月報

11月は1776測光のデータを月報としてHskさんに報告しました。

他に4件の連続測光もありましたが、これはちょっと別な機会に報告します。

vsolj-obsへは1702件の報告をしました。

2010/01 21夜 / 34星 / 2641測光
2010/02 14夜 / 19星 /  762測光
2010/03  9夜 / 20星 /  738測光
2010/04  8夜 / 16星 /  454測光
2010/05 12夜 / 23星 / 1631測光
2010/06  5夜 /  9星 /  547測光
2010/07 11夜 / 19星 / 1497測光
2010/08 18夜 / 29星 / 2747測光
2010/09 13夜 / 21星 / 1429測光
2010/10  9夜 / 16星 /  309測光
2010/11 16夜 / 32星 / 1776測光

変光星観測をしている人にとっては16夜って多くはないですが

わたし的には多かったです。

mei/nekoさんは一か月の欠測は1晩程度で、まるで黒点スケッチでもやってる人位の観測日数があります。

測光数が1776件は多いだろうか?

いま、Mhhさん、Kisさんが自前のサーベイ画像を使って自動測光する計画が軌道に乗りつつあります。

やがて、万単位の観測が、じゃんじゃん出てくる事になるのでしょう。

そんな中、わたしは今月もダラダラと観測してました。

でも、何といっても FK Eri の極小が観測出来た事が嬉しい出来事でした。

他に、ずっと中断していた分光撮影を(たった一晩ですが)実施できました。続けば良いのですが。

観測ではありませんが、連星系・変光星・低温度星研究会に出席出来ました。

昨年は資金不足で広島に行けませんでしたが、今回は若干の借金で往復出来ました。測光連星の元気がありませんでしたが得るものは多かったです。

GRASのSkyCamでβPerを観測する試みをしました。
http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/grasskycamper-5.html

この時は比較星が1つで、(SIで測光しましたが)アパチャーは自動にしました。

おそらく、その影響で光度曲線に歪みが出来てしまいました。

画像は残っていますので、別な設定で再測光してみようと思っています。

さて、今月はたくさん晴れて欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あかつきの金星を見よう

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/post-8ec7.html
これの続きです。

12/4早朝に撮影しました。

Moon_venus_20101204

月と金星です。例によってピンボケのまま撮影してます。

http://www.nec.co.jp/ad/cosmos/akatsuki/orbit.html

この時、これを見たら、まだ、周回軌道には入っていませんでした。

12/7に逆噴射して金星の周回軌道に入るそうです。

http://eclipsingbinary.web.fc2.com/wallpaper.html

ついでに撮った「地球照」を壁紙にしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/4 変光星観測

「週末は20cmで分光をしよう!」って決めたので

夕方から20cmは分光の準備をしまして、10cmの方だけで測光観測をしました。

測光はASAS022014-0252.0(ミラ横の食連星)をやってから、V1363 Oriに向けました。

空き時間でEOS Kissによる「夜空の連続撮影」をしてましたが、

分光の対象星をδOriって決めていて、夕方から準備だと撮影を開始するまでに暇が多いです。

20分露出を2枚撮影するのですが、ずっと立ったままアイピースを覗いて追尾操作しますので疲れます。

たった2枚の写真を撮って終わりで、なんとも機械の稼働率の悪い観測です。

明け方も分光をしようと思って、そのままで寝る訳ですが、そこでまた2枚なんて、やっぱり効率が悪い。

δOriの分光がおわったら、20cmは測光に切り替えよう。

12/5早朝に「あかつきの金星」を撮影しました。

Venus_saturn_20101205

撮影は5時ちょっと前です。

二日連続だと熱心さに欠けます。金星・スピカ・土星です。

Crv_20101205

ついでに「からす座」を撮影しました。が、マンションのライトアップでゴーストになってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 4日 (土)

2010/12/3 変光星観測

昨日は朝から喉が痛くてたまりませんでした。

更に、日中は鼻の調子も悪くなり、「風邪をひいた」と思いました。

夕方になっても症状は改善せず、快晴でしたが10cmだけで変光星観測をしました。

ところが、思うに、熱っぽく無いです。

今朝は3時に起きましたが、症状は変わっていません。

てか、これは花粉症の症状です。

と言う事で快晴の夜が一晩無駄になってしまいました!

とにかく、"いっかくじゅう"が南中する前にベランダから慌ててU Monの撮影をしました。

U_mon_20101203

一か月ぶりの撮影で、かなり明るくなってます。

次はδOri,ηOriを撮影したかったのですがベランダからは見えません。

そこで、空地へ行ってεAurと一緒に撮影してきました。

Eps_aur_20101203 Delta_ori_20101203

"ぎょしゃ"は画面右が地平で、光害で右が明るくなっています。"オリオン"は近くの街灯が写ってしまいました。

オリオンは使えないけど、ぎょしゃは測光してみよう。

で、今も、喉が痛くて、鼻が詰まってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FK Eriの極小予報

いや~

こんな予報、だーーれも、欲しくないでしょうね!

 12/08 20.6 S
 12/09 23.4 P
 12/17 18.9 S
 12/18 21.7 P
 12/19 24.4 S
 12/27 19.9 P
 12/28 22.7 S

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 3日 (金)

必死に測光中

月が変わって変光星観測月報を作りたいのですが、

画像が溜まってます。

と言っても、あとちょっとの所まで来ました。

Mira20101129

これは、ミラ測光中の様子です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あかつきの金星を見よう

金星キャンペーンのスタートです。(12/12までです)
http://akatsukikun.net/

日本の人工天体で金星に行ったのは、と言いますか、惑星に行ったのはこれが初めてだそうです。

夜明け前の南東の低空です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DSLRによる測光、AAVSO編

既にご存じの方も多く

「そんなの知ってるよー」って言われそうですが

有りかを書いておきます。

http://www.hposoft.com/Campaign09.html

このページの、右の下の方の「DSLR Photomerty」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 2日 (木)

2010/11/29 変光星観測

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/20101129-ea9a.html
これの続きです。

10cmで観測した星の光度曲線ができました。

Asas05104908325_20101129

ER Oriのすぐ横にいる食連星です。周期は1.6日です。主極小の深さはたったの0.13等です。

11/29の観測で浅い主極小を観測していました。

Er_ori_20101129

ER Oriの観測です。綺麗に観測できました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GCVS 4.2のUpdate

http://www.sai.msu.su/gcvs/gcvs/

9/29にバージョンが上がってました。

namelist 79が入ったそうで、他にもデータの追加とかあるそうです。

気が付いたのが遅いですね!

どっかのメールでnamelist 80って見たのでGCVSを見に行ったのですが

無いですね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 1日 (水)

2010/11/29 変光星観測

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/20101129-ea9a.html
これの続きです。

10cmのトラブルで、今回は20cmでFK Eriを観測しました。

Fk_eri_20101129

そしたら、な、なんと、極小を捕えてしまいました!

GCVSには周期の記載がありません。

ヒッパルコスとASASは同じで P=2.2323 です。

Fk_eri_201011292

これはBRNOの周期 P=2.23221 でかいた光度曲線です。(明るい方がIc、暗い方がRc)

どうやら、BRONの周期が正しそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

RAWを保存出来るコンパクトデジカメ

ちょっと調べてみました。

Nikon  COOLPIX P7000
Canon  PowerShot S95
Canon  PowerShot G12
Canon  PowerShot Pro1
Canon  PowerShot G11
Canon  PowerShot G10
Canon  PowerShot G9
Canon  PowerShot G1
Panasonic DMC-LX5
Panasonic DMC-GF1K
RICOH  GR DIGITAL III
RICOH  GR DIGITAL II
RICOH  GX200
CASIO  EX-FH100
CASIO  EX-FH25

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »