« RAWを保存出来るコンパクトデジカメ | トップページ | GCVS 4.2のUpdate »

2010年12月 1日 (水)

2010/11/29 変光星観測

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/20101129-ea9a.html
これの続きです。

10cmのトラブルで、今回は20cmでFK Eriを観測しました。

Fk_eri_20101129

そしたら、な、なんと、極小を捕えてしまいました!

GCVSには周期の記載がありません。

ヒッパルコスとASASは同じで P=2.2323 です。

Fk_eri_201011292

これはBRNOの周期 P=2.23221 でかいた光度曲線です。(明るい方がIc、暗い方がRc)

どうやら、BRONの周期が正しそうです。

|

« RAWを保存出来るコンパクトデジカメ | トップページ | GCVS 4.2のUpdate »

コメント

ASAS-3も2.23230日ですね。

投稿: meineko | 2010年12月 1日 (水) 12時22分

そうなんで、ASAS-3はヒッパルコスと周期も元期も同じなんです。
クラコウには要素は無いし
正しいと思われるBRNOは、たったの3極小で周期を求めています。

投稿: Nga | 2010年12月 1日 (水) 18時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2010/11/29 変光星観測:

« RAWを保存出来るコンパクトデジカメ | トップページ | GCVS 4.2のUpdate »