« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月30日 (火)

2010/11/29 変光星観測

昨夜は一晩じゅう、快晴でした。

帰宅後、早速、10cmをFK Eriに向けました。

そしたら、望遠鏡は地面に向きます。

もう一度、ホームポジションに戻して、座標を入れてgotoしましたが、やっぱり、地面に向かいます。

でっ、でたよ!

病気が!

このセレストロGT赤道儀はアライメントして三カ月ほどすると、こんな症状になります。

こうなると電源を切って、アライメントのやり直しをするしかないです。

仕方が無いので、20cmでFK Eriを撮影させて、そのあと、GT赤道儀のアライメントをしました。

このアライメントが、なかなかやっかいで、今回は5回もやり直しました。

最後のアライメントで成功しましたが、赤道付近の星ばかりしか選択出来なくて、あんまり良くないと思います。

この作業に2時間も掛かりました。ヘトヘトです。

20101130venus

これは今朝撮った金星・土星です。レンズはピント2mの所でセロテープ固定しているので画像はボケボケです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

δOriの分光

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/20101127-c4cc-1.html
これの続きです。

この系のシステムベロシティは幾らだろう?

その前に位相は?

クラコウの要素を使って位相を求めます。

Binary Phase = 2452505.7+5.7324682xE (Cracow, 2009.2)

上の式より 0.23 になりました。

う、わっ、視線速度は最大付近です。

で、V0をSB9で調べたら

20.4km/sだって

昨日の計算で132.7kmだったので(引いていいのかなー、って)引いてみると112.3km

正しければ、やっぱりRVのK1に近い値です。

こんなのやるの初めてです。かなり、しどろもどろです。

Delta_ori_rv_paper

さて、こんなのが描けるでしょうか...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日、アルゴルが極小

★11月
   日    時   高度
--------------------
    30   19.8   62

★12月
   日    時   高度
--------------------
   14   27.9   16
   17   24.7   47
   20   21.6   81
   23   18.4   62

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月29日 (月)

Live Cameraが不調です

ラップトップのVAIOを使っているのですが

昨日の日中は2度も勝手にRebootして

「Windows」って言うスタート画面で固まってしまいました。

http://homepage3.nifty.com/nga_star/live.jpg

このVAIO、もともと、画面が垂直方向にジッタして、ぜんぜん読めないんです。故障しているんです。画面を見たいときはVNCでつなぎます。

原因不明のRebootは、OSの再インストールでもしましょうか?

でも、リカバリーCDを持ってないです。このPCをもらった時、「そんなもの無い」って事になった。

余っているXPは無いし、2000でも入れようかな。

ダメかな

ダメだろうな

でも、やってみよう。このままじゃ捨てる事になるし

※昨夜はトラブルがありませんでした。少し、様子見だ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/28 変光星観測

昨夜も日没しても曇天でした。

観測はあきらめて他の事をして、21時頃に空を見ると「星が見えます」

あら、前日と同じパターンかな、と思いつつも

(日曜の夜なので)今から望遠鏡を組み立てるのは面倒だなと思い、

望遠鏡は10cmだけにしました。

早速、FK Eriに向けましたが星が写らないです。

低空は曇ってました。

仕方が無い、gt_slew自動観測を起動して、EOS Kissをベランダにおいて「夜空の連続撮影」をしました。

EOS Kissの画像をみると、空は全体が曇っていて測光には不向きな空でした。25時から透明度が良くなって測光可能な空になっています。

と言う事で、ろくな天気では無かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/27 変光星観測

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/20101127-c4cc.html
これの続きで、分光の方です。

案の定、うみへび座の6等星は微かにしか写っていませんでした。捨てました。

δOriの方もオペレーションを間違えていました。

レゾリューションが欲しいのでビニングしないのですが、測光用の撮像はビニングしていて、ついつい、やってしまいました。

11/27はボロボロでした。私は本当にマヌケです。阿呆です。

でも、δOriはS/Nが良かったので捨てるのは勿体ないです。

Delta_ori_20101127

これがδOriのHαです(輝線は基準光源です)。

おおよそ、6183Åから6930Åの 74.7nm が写っています。

Hαの波長は6559.818Åでした。

ヘリオセントリックな補正したら 6559.904Å になりました。

えっーー! 2.904Åもズレてます。

132.7km だっちゃ (仙台に行ったのに「だっちゃ」を聞きませんでした)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月28日 (日)

2010/11/27 変光星観測

昨夜は日没ちょっと前から曇りだして

空じゅう雨雲になりました。

遠くで雷も鳴ってます。

あきらめていたら、21時前に快晴になりました!

あわてて、10cmでFK Eriの連続撮影を始めて

EOS Kiss digitalで「夜空の連続撮影」をしました。

金・土の夜は20cmで分光をしようと思っていましたので、予定通り、分光の準備を始めました。

日中に準備したつもりでしたが、あれが無い、これはどこ、が始まって

準備だけで一時間位掛かったと思います。

EOS Kissが邪魔で分光器が置けなかったり、他にもトラブル続出でした。

昨年来より分光の自動ガイドを目指していましたが、

どうしてもタワミなどで思うように行かず、初期のセミ自動ガイドに戻しました。

要は、ずっとアイピースでガイドが外れないか確認し続ける方法です。

EOS Kissの設置場所を変えたので、ちゃんと「くじら座」が写るか心配でしたが、今朝、画像を確認すると写ってました。

10cmの方は、撮影画像をサーバーに転送する際に操作を間違えてしまい殆どの画像を削除してしまいました!

残ったのはFK Eriの後にgt_slew自動観測が撮影した画像中の明け方付近の一部だけでした。

わたしはなんてバカなんだろう。

この所、ずっと曇っていて、久しぶりの晴れで快晴だったのに、悔やまれます。この先も天気が悪そうだし。

20cmによる分光はδOriをやりました。

準備だけで一時間、撮影は40分。立ちっぱなしで疲れました。SS200PCのコントローラを持っているのも重く感じます。

δOriは明るいですね。良好なS/Nでした。

一旦、風呂に入って、酒をたらふく飲んで、寝ました。

4時に目覚ましで起きて、意識もうろうの中、うみへび座の6等星を分光しました。

こっちは、ぜんぜんダメダメだったと思います。とにかく、ガイドがうまく出来ませんでした。

ねむい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Kit氏からの手紙

20101128

レポート用紙20枚の観測報告を頂きました。

こんなにいっぱい書くのは大変だったでしょうね。

これを入力するのも大変ですが

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月27日 (土)

Solar Mass Ejection Imager

新星など、綺麗な光度曲線が得られています。

では、根こそぎ、食変光星の測光をしてしまいましょうか!

http://smei.ucsd.edu/index.html

んーーん、この画像を測光したんですよね。大変な努力が必要そうです。

http://smei.ucsd.edu/sky/sky_custom.php

Smei_2010111

ここから、Size 10000で取得した画像のペルセウス座を拡大してみました。

Smei_2010112

これで測光するんだったらGRASの方が良いです。

では、と思い、Size 20000にしたらPCがReStartしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ステラナビゲータ9

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/post-5de3.html
これの続き。
では無いですが、

ステナビ9用の「USNO-A2.0星表」が出たそうです。

http://www.astroarts.co.jp/shop/showcase/usno20full/?a002

おおよそ4000円

ステナビ9が、ますます、欲しくなりました。

でも、金が無い... Cartes du Cielで3UCが見れるからいいか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日、アルゴルが極小

★11月
   日    時   高度
--------------------
   27   23.0   81
   30   19.8   62

★12月
   日    時   高度
--------------------
   14   27.9   16
   17   24.7   47
   20   21.6   81
   23   18.4   62

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月26日 (金)

ケフェウス型変光星の謎を解明

「星が好きな人のための新着情報http://news.local-group.jp/」より

下記のご紹介です。

http://ogle.astrouw.edu.pl/cont/4_main/var/ogleiii/cep227/text.html

うわっ、

暗い!

周期310日で14等台だって。

こんなに暗いのにradial velocity curveが綺麗です。プロの世界って楽しいでしょうね。

しかし、日本からは見えません。

でも、内容は興味津津です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/24 変光星観測

この日は曇っていたので安心してました。

風呂にでも入ろうかと思った頃、ふと、ベランダを見てみると

晴れてます。

とにかく、10cmを稼動させて FK Eri を撮影しました。

Fk_eri_20101124

昨年と同じで「ぜんぜん変光しません!」

20cmを組み立てるのは面倒だったので

てきとーにEOS Kiss digitalで「夜空の連続撮影」をやりました。

これが 失敗の素

20101124_cet

こんな感じで、いつもより南に向いています。

それにしても、写りが悪いです。透明度が悪いです。

左下の光芒は高校の夜間照明です。

20101124_ori

オリオン座も南しか写ってません。左上の光芒は月かな。

結局、EOSの写真は、全部、捨てます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月25日 (木)

Mystery in the sky

http://www.aavso.org/mystery-sky-documentary

Mystery_in_the_sky

頂いてしまいました。

ありがとうございました m(_ _)m

εAurだけで、よくぞ そこまで って言うくらいに盛り上がってます。

インタビューだけでなくシチズンスカイの会場での発表風景も見たい気もしました。

C.Stephanとは写真とかやり取りしてますが、動いているお姿を始めてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Some Binaries

201011_yy_eri

2010年のYY Eriです。毎年、わりと密に観測されていますが、今年は副極小が2回だけです。

201011_z_her

Z Herです。写真、CCD、眼視、デジカメで一つづつ観測されています。

201011_pp_lac

PP Lacです。今年のIohさんの観測では若干ですが光度曲線が歪んでいるようです。

201011_sw_lac

SW Lacです。久しぶりに観測されました。

201011_sw_lyn

SW Lynです。デジカメもCCD並みに観測できています。

201011_v1125_oph

V1125 Ophです。30cm級の望遠鏡による観測で綺麗な光度曲線が得られてきました。

201011_er_ori

ER Oriです。この星も密に観測されています。cGとVが一致していますね。

201011_bn_peg

BN Pegも割と綺麗に観測されています。

201011_gp_peg

あまり観測されていないGP Pegです。

201011_u_peg

U Pegです。visualもDSLRもうまく観測出来ていない感じです。昔、写真で観測しましたが、失敗しました。この星は観測しにくいのでしょうか。

201011_v_tri

V Triです。EBですね。

201011_x_tri

X Triです。ノーフィルターで光度曲線が得られています。

201011_at_vul

AT Vulはvsoljでは初観測になります。周期が4日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月24日 (水)

astro-ph

連星系・変光星・低温度星研究会2010へ

行った人だと

「あっ!」って言うかも

http://arxiv.org/abs/1011.5092

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かなり、うれしい

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-6fb2-4.html
これの続きです。

>今回の遠征は借金3万円となり…

カバンの中を整理していたら「2万円」が出てきました!

仙台への出発前に現金の額が大きかったので小分けにしたのを忘れてました。

もっとないかなーっとサーベイしたら、500円玉も発掘されました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

連星系・変光星・低温度星研究会2010

初日、行きのバスを降りて、一緒に乗ってきた人達で「いったい現場はどこだろう?」って事になりました。

その中に、お見かけしたような方が居ました。

少しして「あっ!」と思いだしました。

NHK高校講座「地学」の先生でした。

http://www.nhk.or.jp/kokokoza/tv/chigaku/archive/chapter003.html

そこで、ちょっとだけ、ご挨拶をし、

初日の発表でT Tau BinaryのRadio fleareをお聞きして

気持ちが盛り上がってしまい

お名刺を交換してしまいました。

高校講座は「中学四年生向けに作って下さい」と言われたそうです。

他、大崎生涯学習センターの遊sさんと東北大生協食堂でお名刺を交換させて頂きました。

http://www.palette.furukawa.miyagi.jp/

RZ Casの測光など行っていましたので、かねてより関心がありました。

出会いは突然やって来ます。

20101119_2

たーーくさん、レシートがありました。捨てる前に3枚だけ記念スキャンしました。

白木屋の領収書は、なぜだか、今da先生から一万円を渡されて、7名で飲んだ時の物です。念のため、スキャンしました。お釣りの行方は不明です。

傘は2625円でした。

やっぱり、学食は安いですね。ホッケフライはいらなかったかも、満腹になりました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

Some Binaries

201011_cw_cas

CW Casです。

201011_v381_cas

V381 Casです。周期が1.7日あると全体がなかなか観測されないです。

201011_v523_cas

V523 Casです。この系は密に観測されています。

201011_v541_cas

V541 Casです。見事な観測です。副極小も見たいですね。

201011_eg_cep

EG Cepです。昔、写真で観測しましたがvsoljには報告していなかったみたいです。vsoljには2件の観測しかなくて、最初のはStmさんの眼視観測です。

201011_tt_cet

TT Cetです。観測が多いですが、あとちょっとで全部の観測ができる所にいます。

201011_cg_cyg

CG Cygです。

201011_cv_cyg

CV Cygです。

201011_dk_cyg

DK Cygです。こんなに綺麗に観測できているとは思っていませんでした。

201011_kr_cyg

KR Cygです。なんとなく全体がわかりますね。極大の明るさが知りたいところです。

201011_v401_cyg

V401 Cygです。

201011_v1034_cyg

V1034 Cygです。

201011_yy_del

YY Delです。副極小が見たいですね。

201011_ai_dra

AI Draです。光電測光のデータだけで光度曲線を描きました。まったく、観測数が少ないんですね!。むかーし、光電管で観測しましたが、これもvsoljに報告してなかったかな

201011_bv_dra

BV Draです。今年、副極小が観測されました。

201011_bw_dra

BW Draです。なんだか、シャキッとしませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日、アルゴルが極小

★11月
   日    時   高度
--------------------
   24   26.2   48
   27   23.0   81
   30   19.8   62

★12月
   日    時   高度
--------------------
   14   27.9   16
   17   24.7   47
   20   21.6   81
   23   18.4   62

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月23日 (火)

Variable Star Circular

http://www.kusastro.kyoto-u.ac.jp/vsnet/circ/cmira.html

http://www.kusastro.kyoto-u.ac.jp/vsnet/circ/

これのトップページって無いの?って

k都大学のo島さんに問い詰めたら

このページがトップだそうです。

やっ、やるな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

連星系・変光星・低温度星研究会2010

201011231

我が家で「ポスター発表」が始まりました!

け ん き ゅ う か い です。

201011232

これは「仙台市天文台」で買った「星座の雨傘」です。  2670円もしました。

今回も、ちょっとお金を使い過ぎた。今回の遠征は借金3万円となり年内には返せそうに無い。

昨日の帰りは雨でした。傘をさしました。

赤道座標の星図なので季節に関係なく使えます。

歩きながら、次の観測ターゲットの事や、必要な観測装置の事を思ったりしながら歩けます。 夢中になると道を見てません。

この傘、危ないです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月22日 (月)

連星系・変光星・低温度星研究会2010

201011221

知って驚いた事!

1.s台市天文台のk舟さんが9月に結婚して退職し、来年から京都住まいとの事でした

2.k児島大のn川さんより、蒲hさんが東京の会社に就職されたそうで、しかも2年も前だそうです。

201011222

これは、私の机の上です。

Mhhさんが作った自動測光ソフトを見せて頂きました。

欲しいです!

日変研の希望者に配布して欲しい。

.....で、測光連星ですが、

やっぱり元気が無いです。私も元気が無かったです。

g馬大のok崎先生が帰り際に「何か、別口でパ~ッとやりましょう!」って提案して下さいました。

もともと、この研究会は、そういう理由で始まった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月21日 (日)

連星・変光星・低温度星 研究会 2010、二日目

午前は脈動が多く、理論っぽい話で

実は

眠かったです。

前日の飲み疲れか?

午後の激変星は、頭の中が

急にパーッと明るくなった感じで

勉強になりました。

今日は「食」です。

懇親会の二次会でn村先生とお話していて

仕事のお題を頂きました。

来年までに仕上げて発表しろ.とも言われちゃった。

まだ、内容は書けませんが、

これは、実は(公表していませんが)巴プロジェクトの最終目的でもあります。

★重要な決定事項がありました!

岡山理科大の学生さんは、全員、ボスと同じ髪型にする.

がありました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月20日 (土)

連星・変光星・低温度星 研究会 2010、一日目

T Tauで周期がちょっと長めのBinaryが

近星点を通過するちょっと前にフレアが発生するであろう

メカニズムを確認する観測があります。

2011/2/17,18,19 に V773 Tau を観測出来る人はやってみましょう!

Vで10等位です。

RadioやX rayで急峻なピークがあり、可視光では、その直後にダラッとした増光になるそうです。

夜の仙台は「牛タンざんまい」でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月19日 (金)

連星系・変光星・低温度星研究会2010

今日から二泊三日の研究会です。

では、行ってきます!

(^ー^)ノ~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月18日 (木)

疲れました

私は、今、ベロベロに疲れています。

月・火・水と、品川の某本社にて(開発的な)技術を紹介する社内限定の展示会があって

その説明員で、3日間も突っ立てました。

すし詰めの東海道片道1時間も久しぶりで

寝たって、足の痛いのが治まりません。

こんなんで、明日から仙台とか荷物持って歩くのか~、初日は寝ちゃうかも

| | コメント (0) | トラックバック (0)

連星系・変光星・低温度星研究会2010

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-6fb2.html
これの続きです。

レジュメが来ました。

食連星は日曜の午前になってます。連星のお題が大分減っています。

参加者を見て、この人、食の人だっ!てのは、52名中、10名って所です。それなりに人数は有りますね。

あっ!

nはりまのn沢氏がおらないです!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

新星観測のすすめ -- 高校生のための天文講座

12月11日(土)に慶応義塾大学日吉キャンパスで開催されるそうです。

ここからだと、近いです。交通費もわずかですので参加可能です。

参加資格は
  高校の天文部など
  天体観測を行っているグループ
  またアマチュア天文家

との事ですので参加可能ですが

「高校生のための。。。」は行きにくいですね~
おじさんには。

やっぱり、家で布団かぶって寝てよう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

変光星勉強会

天文講座ってのが、

そーきたなら

こっちも

12月23日 13:00~17:00 工学院大学 新宿校舎にて

変光星勉強会ってのを開催します。
(終了後、懇親会)

経緯はハッキリしませんが、

どうやら、

工学院大自然研の人が何かの会で帝京大天文部の人と酒でも飲んでいたのでしょうか.

そこで、OBにNgaってのがいて、おだてれば変光星の話をしてくれる.

となって

やることになりました。

講師はNgaとKis氏で、「変光星とは」「その観測方法」について を

ながながとお話します。

大々的には宣伝はしませんが、

If もし、ご興味があれば Welcomeですので

ご連絡下さい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月17日 (水)

ホームページを更新しました

壁紙のページを作りました。
http://eclipsingbinary.web.fc2.com/wallpaper.html

自分が使っている(著作権上の問題が無い)壁紙を公開しました。

つまんない話ですね。

画像を右クリックして保存してから利用します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月16日 (火)

本日、New Mexicoでアルゴル極小が観測出来ます

GRAS(New Mexico)のSkyCamでβPerを観測するための極小予報です。
http://www.global-rent-a-scope.com/gras-skycams/

2010/11/16(火)    11:45 △
2010/12/06(月)    13:28 ○
2010/12/09(木)    10:17 ×
2010/12/29(水)    12:00 ○
2011/01/18(火)    13:43 ○
2011/01/21(金)    10:32 ○

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月15日 (月)

2010年12月の食変光星予報

2010年12月の明るい食変光星の極小予報です。
変光範囲が1等以上で10等より明るい星を予報しました。
高度は東京での高度です。

★ 12月の予報 ★

星名                  日   時刻    高度  食継続時間
AQLKO                  1   18.2      25  8.9

CASRZ                  2   19.1      50  4.9
CASRZ                  3   23.9      51  4.9
CASRZ                  4   28.5      28  4.9
CASRZ                  8   18.6      49  4.9
CASRZ                  9   23.3      52  4.9
CASRZ                 10   27.9      29  4.9
CASRZ                 14   18.0      48  4.9
CASRZ                 15   22.7      53  4.9
CASRZ                 16   27.4      30  4.9
CASRZ                 21   22.1      53  4.9
CASRZ                 22   26.8      31  4.9
CASRZ                 27   21.6      54  4.9
CASRZ                 28   26.2      32  4.9

CASTV                  3   25.5      27  7.8
CASTV                  5   21.0      60  7.8
CASTV                 12   27.0      14  7.8
CASTV                 14   22.5      45  7.8
CASTV                 23   24.0      29  7.8
CASTV                 25   19.5      61  7.8

CEPEK                  5   23.7      27  6.4
CEPEK                 14   20.2      41  6.4
CEPEK                 27   27.0      15  6.4

CEPU                   5   23.8      39  9.0
CEPU                  10   23.5      39  9.0
CEPU                  15   23.1      39  9.0
CEPU                  20   22.8      39  9.0
CEPU                  25   22.5      39  9.0
CEPU                  30   22.1      39  9.0

CEPZZ                  1   20.0      52  6.2
CEPZZ                  3   23.4      33  6.2
CEPZZ                  5   26.8      18  6.2
CEPZZ                 16   19.8      48  6.2
CEPZZ                 18   23.2      29  6.2
CEPZZ                 20   26.6      15  6.2
CEPZZ                 31   19.6      44  6.2

CNCRZ                  8   20.8      13 77.9

CRBU                  23   28.0      30 11.6
CRBU                  30   25.7      10 11.6

CVNRS                 11   25.4      18 12.7
CVNRS                 30   30.0      86 12.7

DRAAI                  3   19.8      12  5.2
DRAAI                  5   29.3      25  5.2
DRAAI                  9   19.6      11  5.2
DRAAI                 11   29.2      27  5.2
DRAAI                 17   29.1      29  5.2
DRAAI                 23   28.9      31  5.2
DRAAI                 29   28.8      33  5.2

ERIRZ                 24   26.8      10 47.1

HYATT                  6   29.8      27 18.4
HYATT                 13   28.7      27 18.4
HYATT                 20   27.6      25 18.4
HYATT                 27   26.5      21 18.4

LACCM                  1   22.3      31  4.2
LACCM                  9   22.9      20  4.2
LACCM                 14   18.4      63  4.2
LACCM                 17   23.4      11  4.2
LACCM                 22   19.0      51  4.2
LACCM                 30   19.5      39  4.2

LACRT                 28   19.4      42

LIBdelta               4   29.9      19 12.8
LIBdelta              11   29.5      20 12.8
LIBdelta              18   29.1      20 12.8
LIBdelta              25   28.6      20 12.8

MONAU                 17   22.0      35 26.7
MONAU                 28   24.7      52 26.7

MONUX                 28   28.6      25 24.1

PERbeta               14   27.9      16  9.6
PERbeta               17   24.7      47  9.6
PERbeta               20   21.6      80  9.6
PERbeta               23   18.4      62  9.6

PERIZ                 10   21.9      62 10.6
PERIZ                 21   23.4      43 10.6

PUPAU                  8   26.4      12
PUPAU                 17   26.7      12
PUPAU                 26   27.0      10

SGEU                  27   18.4      14 13.8

UMATX                 14   22.9      24  8.8
UMATX                 17   24.4      41  8.8
UMATX                 20   25.9      59  8.8
UMATX                 23   27.4      76  8.8
UMATX                 26   28.9      76  8.8

UMIW                   4   26.5      33  9.4
UMIW                   6   19.3      33  9.4
UMIW                   9   29.0      35  9.4
UMIW                  11   21.8      31  9.4
UMIW                  16   24.3      32  9.4
UMIW                  21   26.8      34  9.4
UMIW                  23   19.6      32  9.4
UMIW                  26   29.2      37  9.4
UMIW                  28   22.1      31  9.4

VULRS                  6   18.2      34 15.0

VULZ                   3   19.0      29 10.6

name                 period     RA      RD   Type    mag
AQLKO                2.8640   18h47m  +10゚46  EA  8.3 -9.5
CASRZ                1.1952    2h48m  +69゚38  EA  6.2 -7.7
CASTV                1.8125    0h19m  +59゚ 8  EA  7.2 -8.2
CEPEK                4.4277   21h41m  +69゚42  EA  8.0 -9.3
CEPU                 2.4930    1h 2m  +81゚53  EA  6.8 -9.2
CEPZZ                2.1417   22h45m  +68゚ 8  EA  8.6 -9.6
CNCRZ                21.643    8h39m  +31゚48  EA  8.7 -10.0
CRBU                 3.4522   15h18m  +31゚39  EA  7.7 -8.8
CVNRS                4.7977   13h10m  +35゚56  EA  7.9 -9.1
DRAAI                1.1988   16h56m  +52゚42  EA  7.1 -8.1
ERIRZ                39.282    4h43m  -10゚41  EA  7.7 -8.7
HYATT                6.9534   11h13m  -26゚28  EA  7.3 -9.0
LACCM                1.6046   22h 0m  +44゚33  EA  8.2 -9.2
LACRT                5.0738   22h 1m  +43゚53  EB  8.8 -9.9
LIBdelta             2.3273   15h 0m  -08゚31  EA  4.9 -5.9
MONAU                11.113    6h54m  -01゚23  EA  8.1 -9.1
MONUX                5.9044    7h59m  -07゚30  EA  8.2 -9.2
PERbeta              2.8673    3h 8m  +40゚57  EA  2.1 -3.4
PERIZ                3.6876    1h32m  +54゚ 1  EA  7.8 -9.0
PUPAU                1.1263    8h17m  -41゚42  EB  8.5 -9.5
SGEU                 3.3806   19h18m  +19゚37  EA  6.5 -9.3
UMATX                3.0632   10h45m  +45゚34  EA  7.1 -8.8
UMIW                 1.7011   16h 8m  +86゚12  EA  8.5 -9.6
VULRS                4.4776   19h17m  +22゚26  EA  6.8 -7.8
VULZ                 2.4549   19h21m  +25゚34  EA  7.3 -8.9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Some Binaries

201011_ab_and

2010年のAB AndはIohさんが観測されています・

201011_ap_and

Sizさんの観測された AP And です。

201011_bl_and

BL Andです。光度曲線の全体が何と無く分かります。

201011_lo_and

LO Andの光度曲線が美しいです。

201011_rt_and

RT Andです。眼視は除いてかきました。こうみると明るいのに観測が少ないです。

201011_v404_and

V404 Andです。ちょっと奇妙な食外の変光です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月14日 (日)

GRASのSkyCamでβPerを観測

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/new-mexico-0c4e.html
これの続きです。

外出などあってちょっとしか画像の取得が出来ませんでした。

長崎のMdyさんが10時過ぎから17時過ぎまでの十分な時間に渡って画像の取得をして下さいました。

その画像を測光してみました。

PERbeta 201011131020 2.37c GRAS
PERbeta 201011131030 2.39c GRAS
PERbeta 201011131110 2.39c GRAS
PERbeta 201011131129 2.29c GRAS
PERbeta 201011131136 2.38c GRAS
PERbeta 201011131139 2.42c GRAS
PERbeta 201011131208 2.49c GRAS
PERbeta 201011131225 2.55c GRAS
PERbeta 201011131228 2.58c GRAS
PERbeta 201011131235 2.66c GRAS
PERbeta 201011131239 2.59c GRAS
PERbeta 201011131242 2.92c GRAS
PERbeta 201011131256 2.76c GRAS
PERbeta 201011131303 3.00c GRAS
PERbeta 201011131312 3.08c GRAS
PERbeta 201011131331 3.24c GRAS
PERbeta 201011131357 3.50c GRAS
PERbeta 201011131407 3.49c GRAS
PERbeta 201011131423 3.54c GRAS
PERbeta 201011131431 3.36c GRAS
PERbeta 201011131443 3.38c GRAS
PERbeta 201011131447 3.33c GRAS
PERbeta 201011131506 3.32c GRAS
PERbeta 201011131510 3.16c GRAS
PERbeta 201011131518 3.40c GRAS
PERbeta 201011131528 3.31c GRAS
PERbeta 201011131534 3.28c GRAS
PERbeta 201011131550 3.12c GRAS
PERbeta 201011131552 3.13c GRAS
PERbeta 201011131558 3.09c GRAS
PERbeta 201011131626 3.01c GRAS
PERbeta 201011131637 2.88c GRAS
PERbeta 201011131641 2.89c GRAS
PERbeta 201011131643 2.81c GRAS
PERbeta 201011131651 2.83c GRAS
PERbeta 201011131659 2.76c GRAS

コメント:
GRASのSkyCam画像をMdyさんが取得しNgaがSI5で測光。比較星はγAnd

20101113gras_beta_per

これが光度曲線です。

観測は成功でした!!

O-Cは、

 beta Per 2010/11/13 n=36 GRAS画像より
 O=2455513.7390 Er=0.0040
 C=2455513.6422 E=3443
 O-C=+0.0968

となりました。

比較のため、2009年2010年のVSOLJによるbeta PerのO-C観測を抽出します。

3207 +0.074  vis  Tcy 2B
3207 +0.083  vis  Nto N
3208 +0.0932 V    Kis DSI-Pro-III
3297 +0.105  vis  Mdy 3B_N
3304 +0.112  vis  Kit 5B_N
3328 +0.101  vis  Iak 5B
3328 +0.096  c    Iak EOS_Kiss
3417 +0.1033 cG   Gah Canon_20D
3417 +0.114  cG   Kun Nikon_D40
3439 +0.106  cG   Kun Nikon_D80
3440 +0.1031 cG   Ium Nikon_D80

今回の観測は他の観測と比べて若干ですがO-Cが少なめです。

20101113gras_beta_per2

天頂付近に居た、赤丸の部分が暗めに測光されています。これが原因で極小時刻が早めの値になってしまっています。

あと何回か同様な観測を行って、使える値なのか調べてみたいですね!

Mdyさん、皆さま、どうぞ、ご協力をよろしくお願いします。

がんばろう! 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/11/09-12 食変光星観測

201011_asas022014025201

10cmと20cmで観測したASAS022014-0252.0です。この星はミラの近くに見えます。10cmはI band、20cmはR bandです。

201011_asas022014025202

これはVSOLJの全てのデータを使って描いた光度曲線です。

20101112_tt_cet

これはTT Cetです。11/12に20cmで観測した物を追記してあります。矢印の所です。

妙ですね?。このデータの報告はやめましょう。

20101111_yy_eri

これは10cmで観測したYY Eriです。この星はいつも綺麗な光度曲線を見せてくれるので大好きです。

今年はHskさんが観測されていますので、この観測は2番目の観測になります。

20101110_aq_psc1

これは20cmで観測したAQ Pscです。VSOLJでは観測が少ないです。発見論文の要素で描いた光度曲線です。

20101110_aq_psc2

クラコウで書き直すと、こうなります。

20101111_uv_psc

あとは、20cmで観測したUV Pscです。RS Typeとの事ですが、振幅は少ないようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月13日 (土)

2010/11/12 変光星観測

昨夜も10cm,20cmを稼動させましたが、すぐに曇ってしまいました。

EOS Kissによる「夜空の連続撮影」も、ずーっと曇ってます。

20101112mira

ミラは写ってましたが、こんなんじゃ測光なんて出来ないです。

今もまだgt_slew自動観測が動いていますが、昨夜の画像は全部捨てよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日、New Mexicoでアルゴル極小が観測出来ます

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/grasskycam-98-1.html
の続きです。

GRAS(New Mexico)のSkyCamでβPerを観測するための極小予報をしました。本日の14:56(JST)が極小です。

観測方法は、

極小時刻の1~2時間前から

http://www.global-rent-a-scope.com/gras-skycams/
ここに写るSkyCamの画像を(jpegで)保存して行きます。

画像はブラウザーの更新ボタンを押すと更新しますので、例えば5~10分毎に画像を右クリックで保存して行きます。(ブラウザーの更新をしてから画像を保存します)

ファイル名が(JSTでの)日付時刻だと、あとで分かりやすいです。

私は外出の予定があり、この観測が出来るかわかりませんが、どなたか出来る人が居ましたら画像の保存をやってみて下さい。測光作業は私が行います。

2010/11/13(土) 14:56 ○
2010/11/16(火) 11:45 △
2010/12/06(月) 13:28 ○
2010/12/09(木) 10:17 ×
2010/12/29(水) 12:00 ○
2011/01/18(火) 13:43 ○
2011/01/21(金) 10:32 ○

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月12日 (金)

2010/11/11 変光星観測

20cmでUV Psc、10cmでASAS010327-1210.4とYY Eriを観測しました。
その後、10cmは自動観測を開始してました。

EOS Kissによる「夜空の連続撮影」をみると、曇ったり晴れたりのお天気でした。

でも、曇っても薄雲で直ぐに晴れています。

20101111cet 20101111ori

これはくじら座とオリオン座です。くじら座が良い構図になった所で雲が出てしまいました。

5時にU Monを撮影しようとしたら、5時ちょっと前からベタ曇りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月11日 (木)

2010/11/10 変光星観測

昨夜は20cmでAQ Psc、10cmでASAS022014-0252.0を撮影しました。

撮影開始直後に曇ってしまい、どーしようかと思いましたが

ちょっと経ったら晴れました。

EOS Kissによる「夜空の連続撮影」も行って、画像を見ると、その晴れ以降はずっと晴れていました。

今朝になってU Monとハートレイ彗星を撮影しました。

20101110umon

これは U Mon の画像です。現像処理していますので正しい明るさは分かりませんが、だいぶ明るくなって来たようです。

※この画像は現像処理しています。画像を見て変光星が7.0等より明るく見えますが、変光星が7.0等より明るいとは言えません。

ハートレイ彗星は写っていませんでした。例によって位置を調べないで撮影したからです。

その後、空地へ行ってεAurを撮影しました。

またまた画像が溜まってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GRASのSkyCamでもアルゴルを観測しよう!

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/oao-skymonito-3.html
「OAO skymonitorでアルゴルの測光」の続き?です。

>という事で、このOAO作戦は終了します。

次はNew Mexico作戦をやってみよう!

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/grasskycam-98df.html

来年1月末までで観測条件の良い日をリストにしました。

2010/11/13(土) 14:56 ○
2010/11/16(火) 11:45 △
2010/12/06(月) 13:28 ○
2010/12/09(木) 10:17 ×
2010/12/29(水) 12:00 ○
2011/01/18(火) 13:43 ○
2011/01/21(金) 10:32 ○

○は好条件です。時刻はJSTです。

最初の11/13は午前中に用事があって出かけるんだけど出来るだけ早く帰ってきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月10日 (水)

2010/11/9 変光星観測

11/8にも変光星の連続撮影をしたのですが、すぐに曇ってしまって一晩じゅう雲の撮影をしました。

結局、全ての写真を削除しました。

ところが、昨夜は今朝になっても晴天です。

20cmのR bandと10cmのI bandでASAS022014-0252.0を撮影しました。

これがミラ横の食連星と気がつく人は"流石"です。

今朝、ベランダでU Monを撮影しました。

201011092845umon

f=135mmで30秒露出です。ピントはメモリで30mにボカしています。

U Monは、ちょっと明るくなってきましたね!

そのあと、思い出して、ハートレイ彗星を撮影しました。

f=135mmのままで、ピントを∞に合わせて30秒露出しました。

場所が分からなくて、プロキオン周辺を何枚か撮影しました。

20101110408

場所が分からないという事に気が回ってしまい、シャッターブレの対策をしないで撮影してしまいました。

ので、ブレてます。

彗星は右端中央に青く写っています。

それでもって、空地に行くのが面倒になり、アルマーズは撮影しませんでした。軟弱です。

20101109hya

EOS Kiss digitalによる「夜空の連続撮影」で本日最後の写真を見るとうみへび座がしっかりと写っています。

この付近に明るい変光星が無いか、さがしてみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

OAO skymonitorでアルゴルの測光

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/oao-skymonito-2.html
これの続きです。

こんな進捗です。

  年    月   日   時刻  高度
----------------------------
2005    8   15   29.4   84 済
2005    8   18   26.2   57 月
2005    9    7   28.0   84 雲
2005    9   10   24.8   58 雨
2005    9   27   29.7   51 雲
2005    9   30   26.5   84 薄明
2005   10    3   23.3   58 雲
2005   10   20   28.2   51 月
2005   10   23   25.0   83 月
2005   10   26   21.8   59 雨
2005   11   12   26.7   50 済
2005   11   15   23.6   83 月
2005   11   18   20.4   59 月
2005   12    5   25.3   50 薄雲
2005   12    8   22.1   83 雲
2005   12   11   18.9   60 雲
2005   12   28   23.8   50 微妙に曇り
2005   12   31   20.6   82 曇
2006    1   20   22.3   49 曇
2006    1   23   19.2   82 済

Beta_per_oao_20060123

これが2006/1/23の光度曲線です。

これの極小時刻を求めると以下のようになりました。

beta Per 2006/1/23 n=26 by Nga C
O=2453758.998 Er=0.006
C=2453758.852 E=2831
O-C=+0.146

min=2445641.5135+2.8673043xE (GCVS, Samus et al., 2009)

O-Cはこのようになりました。

一見、うまい事、光度曲線が描けて、極小時刻が観測出来たように見えます。

ところが、この年のO-Cは+0.07程度ですので1.7時間もズレてしまっています。

測光作業をしている時も、なかなか増光してこない、というか、天頂付近を通過しているのにペルセウスの星々が暗いのでした。アルゴルは見えない位に暗かったです。

今までの3晩の結果は、眼視より精度無く頂けないものでした。

という事で、このOAO作戦は終了します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日、アルゴルが極小

★11月
   日    時   高度
--------------------
   10   18.1   29
   21   29.4   17
   24   26.2   48
   27   23.0   81
   30   19.8   62

★12月
   日    時   高度
--------------------
   14   27.9   16
   17   24.7   47
   20   21.6   81
   23   18.4   62

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 9日 (火)

連星系・変光星・低温度星研究会2010

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-6fb2-1.html
これの続きです。

気の早い私は、そろそろ鉄道の切符を買いたくて仕方がありません。

ところが11/19の開始時刻が分かりません。

そこで、f大のn村先生に問い合わせてみました。

おそらく13:00受付開始で13:30講演開始。ただし、±30分との事です。

んーー、連星に例えるとデカイO-Cですね!

東北大学・青葉山キャンパスは仙台駅からバスで20分との事ですので

仙台駅から715系統「宮教大」行の12:23か12:43に乗れば丁度良さそうです。

もし、13:30受付開始の場合は719系統「動物公園循環」12:53発が良さそうです。

で、鉄道ですが、

仙台駅でお昼と食べるとして、

●北茅ケ崎
|  8:23発
|    JR相模線(普通)[茅ケ崎行]
|  8:26着
○茅ケ崎
|  8:37発
|    JR東海道本線(普通)[東京行]
|  9:36着
○東京
|  9:56発
|    こまち13号(指定席)[秋田行]
|  11:37着
■仙台

これを買ってきました!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年11月 8日 (月)

2010/11/3~11/6 変光星観測

色々と問い合わせやお題など頂き、自分の測光が遅れてました。

Ek_aqr_20101103

これは11/3に10cmで観測した EK Aqr です。赤丸の所です。I bandでの観測は初めてでした。パッとしないのでvsoljへの報告はやめて日変研にだけにしよう。

Asas00553011066_20101105

これは11/5に10cmで観測した ASAS005530-1106.6 です。この星は初めての観測です。あんまり綺麗では無いのですが副極小の時刻が観測出来ました。

Asas01032712104_201011041

これは11/4に10cmで観測した ASAS010327-1210.4 です。11/1にも観測しています。

Asas01032712104_201011042

これは11/1と11/4の観測から作った光度曲線です。どちらも主極小です。

Bv_eri_20101103

これは11/3に10cmで観測した BV Eri です。赤丸の所です。ほんの少ししか観測出来ていませんでした。

Bv_eri_20101106

これは11/6に10cmで観測した BV Eri です。赤丸の所です。11/3に続いて観測しましたが、これもすぐに観測終了してしまいました。

Dv_psc_20101106

これは11/6に10cmで観測した DV Psc です。副極小を観測しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 7日 (日)

CV-04を借りてきました

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/cv-04-8637.html
これの続きです。

いやー、荷物があるので車で行ったのですが

近所でお祭りがあって博物館の駐車場が込んでいました。

なかなか止められず、そこで20分とか待ちました。

14時からプラネなんですが、数分前に止めることが出来た。

急いで行ったら、なんとか上映に間に合いました。

20101106

上映後のプラネ記念写真は、おばさんが一人、パシャパシャと撮ってました。

他の方はそそくさと帰って行きました。

でも、私も一枚撮りました。

その後、G館長とお話してまして、館長室へ行ったらお茶が出てきました!
(職員の方が持ってきてくれました)

やっぱり、館長さんは偉いのでした。

帰宅後、早速、20cmと10cmで食変光星の連続撮影をしました。

EOS Kissによる「夜空の連続撮影」もしたのでベランダは大賑わいでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

OAO skymonitorでアルゴルの測光

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/oao-skymonitor-.html
これの続きです。

こんな進捗です。

  年    月   日   時刻  高度
----------------------------
2005    8   15   29.4   84 済
2005    8   18   26.2   57 月
2005    9    7   28.0   84 雲
2005    9   10   24.8   58 雨
2005    9   27   29.7   51 雲
2005    9   30   26.5   84 薄明
2005   10    3   23.3   58 雲
2005   10   20   28.2   51 月
2005   10   23   25.0   83 月
2005   10   26   21.8   59 雨
2005   11   12   26.7   50 済

なかなか進みません。

11/12は月が沈んでからの画像を測定しました。

Beta_per_oao_20051112

どーーですか!

ちゃんと増光しているでしょ...??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日、アルゴルが極小

★11月
   日    時   高度
--------------------
    7   21.3   61
   10   18.1   29
   21   29.4   17
   24   26.2   48
   27   23.0   81
   30   19.8   62

★12月
   日    時   高度
--------------------
   14   27.9   16
   17   24.7   47
   20   21.6   81
   23   18.4   62

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 6日 (土)

CV-04を借りてきます

今日はCV-04を借りに行ってきます。

14時のプラネタリウムを見て、そのあとにお借りします。

今、プラネでは、「ありがとう G1014」と言うイベントでプラネ後に記念写真が撮影できるそうです。
http://www.hirahaku.jp/planetarium/index.html

ちょっと余計に時間が掛かってしまいそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

OAO skymonitorでアルゴルの測光

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/oao-skymonito-1.html
これの続きです。

最初は2005/8/15です。

Optsky200508160006

これは24:06時の画像です。

私は悩みました。

星座が分からんのです。

しばらく眺めていて、これが左右逆な事に気がつきました。

気が狂いそうです。

Beta_per_oao_20050815

これが測光結果です。

αPerとの相対測光です。

極小予報は8/16の5.4時です。

赤い線は妄想の結果、降りてきた「線」です。お告げです。

難しいかの知れませんが、もしかすると極小時刻が得られるかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 5日 (金)

なんだか急に晴れましたね

11月に入ってから、ずっと晴れています。

11/1からですので4日間も夜が晴れています。

よりによって20cmが使えないのに。

でも、贅沢は言えません。

今朝は3時半に起きてU Monを135mmで撮影しました。

久しぶりのU Monですので、どこなのか分からない。

そこで、双眼鏡を持ちだしてαMonを探しました。

これは「あっ」と言う間に見つかって(双眼鏡って星がたくさん見えます)

すぐ横にU Monが見えています。

実は初めてU Monを眼視で見ました。

ちょっと感動です。

135mmはシャッターブレがある事をすっかり忘れていて、そのまま撮ってしまいました。

U_mon_20101104

でも、大丈夫でした。この画像はフラット補正しました。

そのあと、空地へ

ぎょしゃ座を見ると、そこだけ曇ってます。

そのまま撮影をしていると、徐々に雲が動いていて、やがて無くなりました。

ところで、最初にU Monを撮影したときにカメラが妙でした。

なんとカメラ設定がマニアルではなくオートになっていました。

昨日の一晩じゅう撮った写真は全部パーです。自動だと露出30秒で絞り22になってました。

んーー、まてよー

昨日だってカメラ設定はいじってません。

未処理の11/3の写真を見てみると、これも自動になってました!

だっ、ダメだ。二日分の「夜空の連続撮影」がパーになりました。

電源レバーをいじった時にでもダイアルが回ってしまったのでしょう。

手痛い授業料でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RE:業務連絡

http://d.hatena.ne.jp/meineko/20101103
ご指摘がありまして予報プログラムを修正しました。

yohou
sort/+45 < data.dat > data.sot

にしました。

http://eclipsingbinary.web.fc2.com/dload-1.html
ここの「yohou2.lzh」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

OAO skymonitor

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/oao-skymonitor.html
これの続きです。

βPerの測光をしてみます。

アーカイブは2005/8/11からあります。

まず、主極小の予報をします。予報した最低高度は広島で30度です。

  年    月   日   時刻  高度
----------------------------
2005    8   15   29.4   84
2005    8   18   26.2   57
2005    9    7   28.0   84
2005    9   10   24.8   58
2005    9   27   29.7   51
2005    9   30   26.5   84
2005   10    3   23.3   58
2005   10   20   28.2   51
2005   10   23   25.0   83
2005   10   26   21.8   59
2005   11   12   26.7   50
2005   11   15   23.6   83
2005   11   18   20.4   59
2005   12    5   25.3   50
2005   12    8   22.1   83
2005   12   11   18.9   60
2005   12   28   23.8   50
2005   12   31   20.6   82
2006    1   20   22.3   49
2006    1   23   19.2   82
2006    2   12   20.9   49
2006    3    7   19.4   48
2006    6   15   28.0   30
2006    7    5   29.7   64
2006    7    8   26.5   31
2006    7   28   28.2   64
2006    7   31   25.1   31
2006    8   17   30.0   82
2006    8   20   26.8   59
2006    9    9   28.5   82
2006    9   12   25.3   59
2006   10    2   27.0   81
2006   10    5   23.8   60
2006   10   22   28.7   49
2006   10   25   25.6   81
2006   10   28   22.4   60
2006   11   14   27.3   48
2006   11   17   24.1   81
2006   11   20   20.9   60
2006   12    7   25.8   48
2006   12   10   22.6   80
2006   12   13   19.4   61
2006   12   30   24.3   47
2007    1    2   21.2   80
2007    1   22   22.9   47
2007    1   25   19.7   80
2007    2   14   21.4   46
2007    2   17   18.2   79
2007    3    9   19.9   46
2007    4    1   18.5   45
2007    5   25   30.0   31
2007    6   17   28.5   31
2007    7   10   27.1   32
2007    7   30   28.8   65
2007    8    2   25.6   32
2007    8   22   27.3   66
2007    8   25   24.1   33
2007    9   11   29.0   76
2007    9   14   25.8   66
2007    9   17   22.7   33
2007   10    4   27.6   75
2007   10    7   24.4   67
2007   10   10   21.2   33
2007   10   24   29.3   41
2007   10   27   26.1   75
2007   10   30   22.9   67
2007   11    2   19.7   34
2007   11   16   27.8   41
2007   11   19   24.6   74
2007   11   22   21.4   68
2007   11   25   18.3   34
2007   12    9   26.3   41
2007   12   12   23.2   74
2007   12   15   20.0   68
2008    1    1   24.9   40
2008    1    4   21.7   74
2008    1    7   18.5   69
2008    1   24   23.4   40
2008    1   27   20.2   73
2008    2   16   21.9   39
2008    2   19   18.8   73
2008    3   10   20.5   39
2008    4    2   19.0   38
2008    6   18   29.1   38
2008    7   11   27.6   39
2008    7   31   29.3   73
2008    8    3   26.1   39
2008    8   23   27.8   73
2008    8   26   24.7   40
2008    9   12   29.6   69
2008    9   15   26.4   74
2008    9   18   23.2   40
2008   10    5   28.1   68
2008   10    8   24.9   74
2008   10   11   21.7   40
2008   10   25   29.8   34
2008   10   28   26.6   68
2008   10   31   23.4   74
2008   11    3   20.3   41
2008   11   17   28.3   34
2008   11   20   25.2   67
2008   11   23   22.0   75
2008   11   26   18.8   41
2008   12   10   26.9   33
2008   12   13   23.7   67
2008   12   16   20.5   75
2009    1    2   25.4   33
2009    1    5   22.2   66
2009    1    8   19.0   76
2009    1   25   23.9   33
2009    1   28   20.8   66
2009    2   17   22.5   32
2009    2   20   19.3   66
2009    3   12   21.0   32
2009    4    4   19.5   31
2009    4   27   18.1   31
2009    6   20   29.6   45
2009    7   13   28.1   46
2009    8    2   29.8   79
2009    8    5   26.6   46
2009    8   25   28.4   80
2009    8   28   25.2   47
2009    9   17   26.9   80
2009    9   20   23.7   47
2009   10    7   28.6   61
2009   10   10   25.4   80
2009   10   13   22.2   48
2009   10   30   27.1   60
2009   11    2   24.0   81
2009   11    5   20.8   48
2009   11   22   25.7   60
2009   11   25   22.5   81
2009   11   28   19.3   49
2009   12   15   24.2   60
2009   12   18   21.0   81
2010    1    7   22.7   59
2010    1   10   19.6   82
2010    1   30   21.3   59
2010    2    2   18.1   82
2010    2   22   19.8   58
2010    3   17   18.3   58
2010    7   15   28.6   53
2010    8    7   27.2   54
2010    8   27   28.9   83
2010    8   30   25.7   54
2010    9   19   27.4   83
2010    9   22   24.2   54
2010   10    9   29.1   54
2010   10   12   26.0   83
2010   10   15   22.8   55
2010   11    1   27.7   53
2010   11    4   24.5   83
2010   11    7   21.3   55
2010   11   24   26.2   53
2010   11   27   23.0   83
2010   11   30   19.8   56

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GRASのSkyCamでもアルゴルを観測しよう!

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/oao-skymonitor.html
これの続きです。

New Mexicoの画像の方がOAOの画像より美しいので、これでもアルゴルを観測したくなります。

archiveが無いのでPCの前に座って画像の保存し続ける作業が必要です。

そのためには予報しないといけないです。

「beta_per_n_mexico.xlsx」をダウンロード

そこで、エクセルで予報を作りました。

C列のE(周期回数)が1047から20周期先までの予報をしています。

極小の日時(日本時間)とニューメキシコの時間を算出します。

周期回数1047の所を違う値にすると、その値から20周期の予報をします。

Beta_per_n_mexico

さて、これを見ると11/13(土)14:56JSTが良いですね!

土曜日の午後で、アメリカは丁度、深夜で.....

ん?

高度は?

調べると、丁度、天頂です。

この辺は日本時間の23:56:12を見れば、ほぼ、同じ空なので調べやすいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 4日 (木)

ηOriのchart

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/orichart-fc05.html
の続きです。

>オリオン座が写っている写真を探して測光です

2010/10/10の撮影で3枚写っていました。

2010/10/10 変光星観測報告 by Nga
---- Variable Star Observations ----
ORIeta 20101010254707 3.30cG Nga
ORIeta 20101010260647 3.34cG Nga
ORIeta 20101010262627 3.31cG Nga
----------------------------------------------
観測は順に星名 , JST(hhmmss), 光度, 観測者略号
total: 1夜 / 1星 / 3測光
observer: K.Nagai (Kanagawa,Japan)
Instruments: Canon EOS Kiss Digital, f=28(F4), ISO 800, 30sec exp.
comment:

measured from G-channel images
magnitude references: Tycho-2 V magnitude

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/1-11/2 変光星観測

まず、「夜空の連続撮影」と空き地でのEOS Kiss digitalによる観測です。

2010/11/1,2 変光星観測報告 by Nga
---- Variable Star Observations ----
AURepsilon 20101101290433 3.76cG Nga
CETomicron 20101101212237 3.06cG Nga
ORIeta 20101101245935 3.26cG Nga
ORIeta 20101102244957 3.26cG Nga
PERbeta 20101101290659 2.96cG Nga
----------------------------------------------
観測は順に星名 , JST(hhmmss), 光度, 観測者略号
total: 2夜 / 4星 / 5測光
observer: K.Nagai (Kanagawa,Japan)
Instruments: Canon EOS Kiss Digital, f=28(F4), ISO 800, 30sec exp.
comment:

measured from G-channel images
magnitude references: Tycho-2 V magnitude

11/2は結構曇っていてeta Oriしか測光出来ませんでした。

あと、f=28mmでU Monが写っていない確認してみました。

20101101264805_u_mon

写ってました!

かなり暗いです。7.0より暗く写っています。

星が密集してしまったのと暗すぎるのとで測光はあきらめました。

この11/1の撮影を動画にしました。月が昇った所で終わってます。

http://eclipsingbinary.web.fc2.com/

YouTubeへのUp方法とか知らない(と言うか知らなくて良い)ので自分のホームページに置きました。このページの下の方です。見えるかな~

急に話は変わって、デジカメ画像をステライメージで測光しています。

星が見にくいと表示の明るさを変えたりします。

Si_level1

ヒストグラムをいじっています。

他に、飽和しているかどうかもステライメージで分かります。

Si_level2

この星は上部がペッタンコで、どえらい飽和状態です。

と思ってしまいますが、

なんと、ヒストグラムの調整によって飽和しなかったりします。

要は画面に表示されている状態を3Dグラフにしています!

では飽和状態をステライメージで知るにはどうしたらよいのでしょう?

私には、今のところ、わかりません。他のソフトで確認するようになります。不便です。

次に気になるのは、ヒストグラムの調整で測光結果も変わってしまうの?です。

Si_level3

こんな表示状態でeta Oriの比較星を測光しました。

比較星 自動調整 最大値小 最小値小
------------------------------------
1.64   -17.203   -17.203   -17.203
4.20   -14.612   -14.612   -14.612
4.46   -14.160   -14.160   -14.145
3.71   -15.220   -15.202   -15.220
2.78   -15.904   -15.904   -15.904
3.59   -15.162   -15.162   -15.162
4.13   -14.365   -14.365   -14.365
2.07   -16.641   -16.462   -16.643
1.74   -17.025   -17.025   -17.025

微妙に違うところもあります。クリックする場所でも間違えたか?それとも転記ミスか?

それにしても同じ値が測定されると思って良さそうです。

またまた、話は変わって

次は、10cmで測光した結果です。

Asas01032712104_20101101

これはASAS010327-1210.4と言う連星で、初観測になります。

明るくても10cmだと、この程度のS/Nを持ってしまいます。

Vv_cet_201011021

これはVV Cetです。自分的には一年ぶり8回目の観測です。

VSOLJでも観測は多いのですが、まだ、光度曲線の全体が見えていません。

Vv_cet_201011022

これは自分の観測だけで描いた光度曲線です。Ic bandでの観測は初めてでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

OAO skymonitor

あんまりにもεAurの観測数が少ないので OAO skymonitor の optskymonitor archive を使って測光してやろうかと考えました。
http://www.oao.nao.ac.jp/weather/skymonitor/

Oao_osm1

これは2010/1/12 21:00JSTの空です。

おー! εAur、写ってますね!

Oao_osm2

拡大してみました。

んーー。これでεAurを測光なんて無謀です。

むしろ、アルゴル(βPer)の極小時刻位なら観測出来そうです。

あと、可能性あるのは

ここかな。
http://www.global-rent-a-scope.com/gras-skycams/

New_mexico

これは New Mexico の画像を拡大したものです。

OAOより、ぜんぜん良く写ってます。

ただ、archiveが無いので、ずっとPCの前に座って画像の保存をしないいけないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日、アルゴルが極小

★11月
   日    時   高度
--------------------
    4   24.5   81
    7   21.3   61
   10   18.1   29
   21   29.4   17
   24   26.2   48
   27   23.0   81
   30   19.8   62

★12月
   日    時   高度
--------------------
   14   27.9   16
   17   24.7   47
   20   21.6   81
   23   18.4   62

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 3日 (水)

2010/11/2 変光星観測

昨夜は曇ったり晴れたりを繰り返していました。

今度の土曜日にCV-04を借りに行くまでは10cmしか使えないので10cmでVV Cetの連続撮影をしました。

また、今朝は曇っていたので空き地へは行きませんでした。

201011022519

ベランダの「夜空の連続撮影」によるハートレイ彗星は

場所的には微妙です。

ただ、予想等級が5等を下回っていますので

このシステムでは、写んないかも知れません。ピントもボカしてるし


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ηOriのchart

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/201010-3356-1.html
の続きです。

Eta_ori_chart

チャートを作成しました。

次はオリオン座が写っている写真を探して測光です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 2日 (火)

20101101 変光星観測

昨日は、超ひさしぶりに大晴れでした!

20cmが使えなくてもったいない夜でした。

10cmで食連星の連続撮影をして、EOSで「夜空の連続撮影」をしました。

今朝になっても大晴れです。

EOSを持って空地まで行き、εAurを撮影しました。

ふと気付くとアルゴルが暗いです。

Algol_20101101

そこで、記念写真を撮影。

更に気がつくと、ハートレイ彗星って、どこ?

ぎょしゃ座と双子の間かな~と思って、一枚、記念写真を撮りました。

これは大外れ。

位置を調べるともっと南でした。
http://naojcamp.nao.ac.jp/phenomena/20101014/image/position1101-14.jpg

思うに、ベランダでの「夜空の連続撮影」で写るんじゃないの?

って調べたら、今日くらいは微妙に写らない位置でした。

あす以降は写りそうです。

今晩も晴れるかな~

U Mon、撮り忘れた!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MonoDevelop 2.4

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/visual-basic--1.html
これの続きです。

mei/nekoさんが、いろいろと調べてくれました。
http://d.hatena.ne.jp/meineko/20101101

さすがです。

やっぱり私は「しどろもどろなLinuxユーザー」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Blogに書いたacerAOA150とUbuntu9.04の日記をまとめたものです

を、更新しました。

http://eclipsingbinary.web.fc2.com/linux_memo.html

acerでもUbuntu9.04でも無いのですが、、、

新しいDesktopにUbuntu10.10を入れた時のBlogを追記しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10 変光星観測月報

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/201010-3356.html
の続きです。

この時に書いた

>EOS Kiss digitalで28mmレンズで夜間10分間隔で撮影する事を始めました
>明るい変光星の中から継続観測をしたい星を選定しよう

そこで、CetからMonまでで、赤道付近の明るい変光星を探しました。

4等より明るい必要がありますが、探すと少ないので、ちょっと暗い星も含めました。

まず、一次選定で以下の4星が見つかりました。って、たったの4つです。

 δ Cet, BCep,4.05-4.10,P=0.16
 V711 Tau, RS, 5.7-5.9, P=2.8
 δ Ori, EA, 2.14-2.26, P=5.7
 η Ori, EA+BCEP, 3.31-3.60, P=8.0

更に絞り込むと、
 δCetとδOriは変光範囲が小さすぎます
 V711 Tauは近くの星と分離出来ませんでした

よって、ηOriだけです。

Eta_ori_aavso_vsp

比較星が全部変光星になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 1日 (月)

ミラ・キャンペーンが始まりました!

昨日、ミラ・キャンペーンの資料が郵便で届きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10 変光星観測月報

10月の総観測数は、たったの339測光でした。

月報としてHskさんに報告したのは309件で、

vsolj-obsへは295件の報告をしました。

2010/01 21夜 / 34星 / 2641測光
2010/02 14夜 / 19星 /  762測光
2010/03  9夜 / 20星 /  738測光
2010/04  8夜 / 16星 /  454測光
2010/05 12夜 / 23星 / 1631測光
2010/06  5夜 /  9星 /  547測光
2010/07 11夜 / 19星 / 1497測光
2010/08 18夜 / 29星 / 2747測光
2010/09 13夜 / 21星 / 1429測光
2010/10  9夜 / 16星 /  309測光

今年、最低の観測数でした。

秋雨が続いています。ぜんぜん晴れません。

望遠鏡を出して観測していた日は12夜ありましたが、3夜は星がぜんぜん写っていませんでした。

先月はこんな調子なので、何の進展もありません。

ハートレイ彗星も、まったく見てません。

ただ、EOS Kiss digitalで28mmレンズで夜間10分間隔で撮影する事を始めました。夜空の変化を見るだけで楽しいです。

今は、ミラしか測光してませんが、いずれは明るい変光星の中から継続観測をしたい星を選定しようかと思っています。

何にも天文やってないんで、いただいた Intel Desktop Board D945Gnt を組み立ててメインのPCの交換作業をしました。VISTAも入れました。

そのあと、Ubuntuを入れてから、少し、Ubuntuをいじるようになりました。

食変光星の予報から観測までと、観測後から報告までをUbuntu上で行えるようになりました。と言っても、一部、dosemuと、AVEをVirtualBoxで動かしてますが。

100% LinuxになるにはAVEを自作しないといけないです。

※AVEはKW法で極小時刻を求めるFree Soft

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日、アルゴルが極小

★11月
   日    時   高度
--------------------
    1   27.7   48
    4   24.5   81
    7   21.3   61
   10   18.1   29
   21   29.4   17
   24   26.2   48
   27   23.0   81
   30   19.8   62

★12月
   日    時   高度
--------------------
   14   27.9   16
   17   24.7   47
   20   21.6   81
   23   18.4   62

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »