« ホームページの更新 | トップページ | マザーボードを拾いました »

2010年6月30日 (水)

星の色を測定したい

今使っている星の温度を知る方法は恒星カタログのB-Vから算出して求めています。

BとVの2色で求めるだけでなく、低分散の分光をしてプロファイルから実測する方法を検討しました。

ベランダの6cm屈折(f=420mm)にDSI Proが付いています。これの対物部に回折レプリカを付けて撮影します。これならば9等位の暗い星でも短時間露出で撮影出来るのでは、と甘い事を考えています。

たしか、回折レプリカを持っていました。これを探して、EOSに付けてみて室内で実験してみます。

201006301

これが発見された回折格子です。15cm角もあります。3枚ありました。

201006302

この様にレンズフードの様な構造を作って先端に貼り付けます。

201006303

EOS Kiss digitalに装着した様子です。

201006304

これは波長の分かっているLEDを撮影した組写真です。

f=28mmで撮影して、0次と1次が画像の端端になっていました。

ちょっと分散が大きすぎています。

この回折格子をf=420mmのレンズにつけてEOSより小さいChipのDSI Proで撮影するなんてObjectの導入すら困難でしょう。よって、計画は中断。

|

« ホームページの更新 | トップページ | マザーボードを拾いました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 星の色を測定したい:

« ホームページの更新 | トップページ | マザーボードを拾いました »