« RCDライターのソフト | トップページ | 明大天文部変光星班と勉強会 »

2010年3月29日 (月)

ポータブル赤道儀のモータードライブ化

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/post-edb0-4.html
これの続きです。

土曜日に5:1の歯車を受け取りに博物館へ行ってきました。

日曜日に組み込みをしました。

P_eq_201003291 P_eq_201003292

手持ちの木ネジに適当な物が無くて基板を結束バンドで止めたりしています。

電池は単IIを4本(6V)にしました。

この位、電圧を下げるとモーター音が静かになります。カメラを乗せてもモーターは回転しています。

実験では3.3Vでも動作しました。

電圧を下げると電流が増えそうですが、実際には減りました。

電圧によってモーターコイルの励磁電流が変わっています。よって、電圧を下げるとトルクが下がる事になります。

|

« RCDライターのソフト | トップページ | 明大天文部変光星班と勉強会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポータブル赤道儀のモータードライブ化:

« RCDライターのソフト | トップページ | 明大天文部変光星班と勉強会 »