« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月28日 (土)

ひな祭り、観測休暇

今日はお雛様を出して飾ります。

観測用のコンピュータを片づけて、その空地にお雛様を置きます。

従って
この次期、変光星観測が出来なくなります。

| | コメント (0)

本日、RZ Casが極小

RZ Cas
日付   時刻  高度
----------------------
02/28(土)  23.2   27
03/01(日)  27.9   15
03/06(金)  22.7   28
03/07(土)  27.3   15
03/12(木)  22.1   29
03/13(金)  26.8   15
03/18(水)  21.5   29
03/19(木)  26.2   15
03/24(火)  20.9   30
03/25(水)  25.6   16
03/30(月)  20.4   31
03/31(火)  25.0   16

| | コメント (0)

2009年2月27日 (金)

本日、RZ Casが極小

RZ Cas
日付   時刻  高度
----------------------
02/27(金)  18.5   50
02/28(土)  23.2   27
03/01(日)  27.9   15
03/06(金)  22.7   28
03/07(土)  27.3   15
03/12(木)  22.1   29
03/13(金)  26.8   15
03/18(水)  21.5   29
03/19(木)  26.2   15
03/24(火)  20.9   30
03/25(水)  25.6   16
03/30(月)  20.4   31
03/31(火)  25.0   16

| | コメント (0)

V1288 Sco

EB TeamにOteroさんが投稿していました。

副極小の中央が明るくなっている食連星です。

http://www.konkoly.hu/pub/ibvs/5501/5532-f3.jpg

重力レンズ効果で食中央が明るくなる食連星があります。これもそんな連星でしょうか。

ところが、ASAS-3のデータを見たら、そんな事ないみたいで「real or not」って事になってます。

http://www.astrouw.edu.pl/cgi-asas/asas_variable/163700-4519.1,asas3,1.1088970000,0,500,0,0

min1=2452040.789+1.108897xE
min2=2454890.100+1.108897xE

8等台の明るい星ですが、RD=-45です。南中高度が10°
低いです。

| | コメント (0)

2009年2月26日 (木)

CV2000PCのCV-16対応

CV2000PCでCV-16が使えるように改造をしています。

CV2000PCは、ここにあります。
http://www.geocities.jp/nagai_kazuo/dload-1.html

作成中のCV2000PCを以下に置きます。

「CV2000PC.LZH」をダウンロード

まだ、評価中ですが完成したらホームページを更新します。

追加した機能は
1. CV-16、CU-16も選択可能にした
2. 撮影枚数を指定できるようにした

| | コメント (0)

2009年2月25日 (水)

デジカメ測光

2008年11月20日と11月21日に茅ヶ崎市の鈴木節雄が一眼デジカメでアルゴルを撮影されました。

その画像を頂いて測光の作業をしています。

今まで、Tycho2のV等級を使っていましたが、HipparcosのVt等級を使うようにしました。

するとV等級ではerrorが0.5~0.6でしたが、0.15位になりました。
ファイルはRAW画像を使っています。特にGプレーンだけみたいな事はしていません。

デジカメで「フィルター無し」の場合、比較星はVtが良いようです。

下はVt等級の星図です。

Chr_dg_beta_per_vt

| | コメント (0)

2009年2月24日 (火)

DSI Pro用レデューサー

>さーて、ピント合うでしょうか

40mmのレンズは短すぎました。ピントが合いません。

60~65mm程度のレンズがあったので、これに変えました。

しかし、取り付け方法に難があります。

Reduce_for_dsi_200902241

レンズを接眼部に落して途中で引っ掛かっているだけです。
カメラも接眼部を外して輪ゴムで固定してしました。
こんなんじゃダメです。

Reduce_for_dsi_200902242

これはレデューサーなしです。

Reduce_for_dsi_200902243

これはレデューサーありです。

おおよそ 0.77倍 のレデューサー
チップサイズは4.9x3.7mmで
対物レンズはf=400mmなので

画角は 0.45x0.35deg です。
えっ!、こんなに狭いの!

カメラの位置を、あと5mm位後ろにしてもフォーカス合います。
その状態だと更に広視野になります。

さーて、レンズとカメラをどうやって固定しよう。

| | コメント (0)

2009年2月23日 (月)

R CrB

ちょっと依頼されて R CrB の光度曲線を作りました。
VSOLJ-OBSのデータを使いました。

R_crb_lc_20090222

ずーーーっと、減光中

| | コメント (0)

2008/2/20 食変光星観測

20cmでEU Hya、10cmでASAS093547-1335.2を観測しました。
しかし、22:30位からくもってしまいEU Hyaは減光だけの観測になってしまいました。

Asas09354713352_20090220

ASAS093547-1335.2は極小が観測できました。
9.5等の変光星でError 0.025で測光出来ました。

快晴でなかったので、まずまずの結果だと思います。

2008/2/21はルーリン彗星を撮影しようとしました。
しかし、日中は快晴だったのに、日没と同時に雲量10になってしまい何も出来ませんでした。

この先の週間予報は全部曇りなのでルーリン彗星は見ないまま終わりかな。

| | コメント (2)

本日、RZ Casが極小

RZ Cas
日付   時刻  高度
----------------------
02/23(月)  28.5   15
02/27(金)  18.5   50
02/28(土)  23.2   27
03/01(日)  27.9   15
03/06(金)  22.7   28
03/07(土)  27.3   15
03/12(木)  22.1   29
03/13(金)  26.8   15
03/18(水)  21.5   29
03/19(木)  26.2   15
03/24(火)  20.9   30
03/25(水)  25.6   16
03/30(月)  20.4   31
03/31(火)  25.0   16

| | コメント (0)

2009年2月22日 (日)

2008年の食変光星極小観測

鈴木さんのアルゴル(beta Per)のデジカメ観測を除いて集計が終わりました。

VSOLJ(日本変光星観測者連盟)の観測は430件ありました(大学天文部含む)。

内訳

316件がCCD測光
114件が眼視観測

観測者別の観測数は、

・眼視
Eni 1
Hia 1
Hsk 15
Kit 82
Kta 1
Mai 1
Mdy 3
Ngi 1
Nmu 1
Nom 1
Nyu 1
Sba 1
Sns 1
Soi 1
Tcy 1
Tth 1
Ymd 1

・光電
Ioh 62
Kis 15
Mhh 1
Nga 65
Njh 173
Sac 1

星別の観測数は、

AB And	2
AD And	1
V404 And	1
S Ant	1
OO Aql	3
V1471 Aql	1
V417 Aql	1
V724 Aql	1
CX Aqr	3
DX Aqr	1
EE Aqr	1
EK Aqr	1
EL Aqr	1
SZ Ari	1
AH Aur	1
AR Aur	3
WW Aur	2
ZZ Aur	1
AR Boo	4
ET Boo	1
FI Boo	1
FY Boo	1
GC Boo	1
GM Boo	1
GN Boo	1
AQ Cap	2
AB Cas	1
CW Cas	1
LR Cas	1
RZ Cas	13
TV Cas	2
V381 Cas	1
V396 Cas	1
V459 Cas	1
WW Cep	1
CK Cet	2
CT Cet	4
DY Cet	1
EE Cet	1
RW Cet	3
SS Cet	1
TT Cet	2
TW Cet	1
TX Cet	2
TY Cet	1
WY Cet	2
XY Cet	1
YY Cet	1
CW CMa	1
EG CMa	1
FF CMa	1
FZ CMa	2
KL CMa	1
R CMa	7
RT CMa	1
TU CMa	1
AK CMi	1
BB CMi	1
CW CMi	1
YY CMi	4
HN Cnc	1
YY Cnc	1
RS Col	1
KR Com	1
LR Com	1
RZ Com	1
AS CrB	1
U CrB	1
YY CrB	2
RV Crt	1
TW Crt	1
VV Crt	1
RV Crv	5
Y Crv	1
BO CVn	1
DF CVn	1
EE CVn	1
DK Cyg	1
WW Cyg	1
FZ Del	3
MR Del	1
RR Del	1
TT Del	2
RZ Dra	1
BC Eri	3
BL Eri	1
BQ Eri	3
BV Eri	4
BZ Eri	1
HN Eri	1
RU Eri	1
TU Eri	1
YY Eri	17
AI Gem	1
OW Gem	1
TX Gem	1
U Gem	2
YY Gem	1
LT Her	1
MM Her	1
TX Her	1
u Her	3
AS Hya	2
DF Hya	1
DI Hya	1
EZ Hya	1
FG Hya	1
TT Hya	1
V358 Hya	1
VY Hya	1
V345 Lac	1
VY Lac	1
AL Leo	1
AM Leo	1
AP Leo	5
BL Leo	8
ET Leo	1
RT Leo	1
UV Leo	4
UX Leo	2
WZ Leo	1
Y Leo	1
RR Lep	1
delta Lib	1
GK Lib	1
VZ Lib	1
VW LMi	1
BP Lyn	1
RZ Lyn	1
BB Mon	1
DD Mon	1
PR Mon	1
V442 Mon	1
V453 Mon	1
V514 Mon	1
U Oph	4
V1010 Oph	5
V2553 Oph	1
V2610 Oph	1
V391 Oph	1
V502 Oph	2
CQ Ori	1
ER Ori	11
ES Ori	1
EW Ori	1
FF Ori	1
FK Ori	1
FZ Ori	4
V1363 Ori	1
V343 Ori	4
V392 Ori	1
VV Ori	9
EE Peg	1
beta Per	7
IT Per	1
KN Per	1
RW Per	1
V432 Per	1
AY Psc	1
CP Psc	2
DS Psc	1
DV Psc	4
RV Psc	1
VZ Psc	3
Y Psc	1
AV Pup	1
KW Pup	1
UZ Pup	2
CW Sct	1
FG Sct	1
AQ Ser	2
AS Ser	2
AU Ser	2
CC Ser	1
OU Ser	1
V384 Ser	1
SW Sex	1
VY Sex	1
WY Sex	1
Y Sex	1
V505 Sgr	1
AM Tau	1
CD Tau	3
EQ Tau	1
GR Tau	2
lambda Tau	3
V781 Tau	1
RV Tri	1
RW Tri	1
WW Tri	1
AA UMa	1
AW UMa	1
BM UMa	9
BS UMa	2
DW UMa	14
HX UMa	2
II UMa	1
KM UMa	1
LO UMa	1
LP UMa	17
TY UMa	1
UX UMa	1
UY UMa	3
XZ UMa	1
ZZ UMa	1
AW Vir	1
AZ Vir	2
BD Vir	1
BH Vir	3
DL Vir	1
GR Vir	1
HT Vir	1
HW Vir	10
LU Vir	1
MS Vir	1
MS Vir	1
BE Vul	1
ASAS002328-2041.8 	2
ASAS022014-0252.0 	2
ASAS071637-0700.0 	3
ASAS112723+0442.4 	1
ASAS133347+0942.0 	1
ASAS170125+0924.4 	1
ASAS223616+0600.9 	1
MisV1317 	1

| | コメント (0)

2009年2月21日 (土)

ルーリン彗星

20cmで撮影してみようかな。

と、思って

で、要素は

って、調べると

C/2007 N3 (Lulin)
http://www.cfa.harvard.edu/iau/Ephemerides/Comets/2007N3.html

ここに書いてあります。

抜書きすると、

Orbital Elements
The following orbital elements are taken from MPC 65054:
C/2007 N3 (Lulin)
Epoch 2009 Jan. 9.0 TT = JDT 2454840.5
T 2009 Jan. 10.6400 TT                                  MPC
q   1.212267             (2000.0)            P               Q
z  +0.000012       Peri.  136.8660      -0.9292047      -0.3694195
+/-0.000001       Node   338.5392      -0.3463210      +0.8606090
e   0.999986       Incl.  178.3736      -0.1289977      +0.3505443
From 1707 observations 2007 July 11-2009 Feb. 5, mean residual 0".5.

どのソフトで位置を表示させましょうか。

ステラナビゲータ だな。日本語のソフトなんで。

私のは、Ver6
すでにデータの更新サービスは終わっています。

よって、MPCのデータを手入力します。

Lulin200902211

こんななります。

さっそく、今日の22時を見てみると

Lulin200902212

ベランダから撮影出来る位置に居ます。しかも、何時間も撮影可能です。

せっかくだから(価値は分かりませんが)R bandとI bandで撮影してみようかな。

| | コメント (0)

2009年2月20日 (金)

本日、アルゴルが極小

日付   時刻  高度
----------------------
02/20(金)  19.2   61
03/12(木)  20.9   28

今月最後の観測チャンスです。
来月は1回しかチャンスがありません。しかも低空です。

ついでにRZ Casの予報もしました。
おっ!、明日、チャンスですね。薄明中(18時位)から観測を始めれば極小が観測できそうです。

RZ Cas
日付   時刻  高度
----------------------
02/21(土)  19.1   50
02/22(日)  23.8   26
02/23(月)  28.5   15
02/27(金)  18.5   50
02/28(土)  23.2   27
03/01(日)  27.9   15
03/06(金)  22.7   28
03/07(土)  27.3   15
03/12(木)  22.1   29
03/13(金)  26.8   15
03/18(水)  21.5   29
03/19(木)  26.2   15
03/24(火)  20.9   30
03/25(水)  25.6   16
03/30(月)  20.4   31
03/31(火)  25.0   16

下はAAVSOのVSPで描いたRZ Casのチャートです。

Chart_rz_cas

| | コメント (0)

2009年2月19日 (木)

DSI Pro用レデューサー

mei/nekoさんから借りているDSI Proを稼働させようと思っています。
博物館の天体観察会で3月14-15日に月光天文台へ行きます。
この日を目標に観測準備をします。

持って行く望遠鏡はETX-80ATです。
焦点距離は400mmと長いので導入に苦労する事でしょう。
要するにレデューサーが必要です。

DSI Proは2台目で1号機はGT赤道儀の自動ガイド用に使っています。
これに自作のレデューサーを使ってしまったので新たに作成する事にしました。

Reduce_for_dsi_20090215

ビクセンのEr20を分解したら40mmのレンズが出てきたので、これをフィルター枠にくっ付けました。

かっ、かんせい!

さーて、ピント合うでしょうか。

| | コメント (0)

2009年2月18日 (水)

AN Cam

12/Feb/2009に東京都の伊藤さんが測光観測されました。
22:45から25:17まで観測されましたが減光はありませんでした。

一方、茨城県のmei/nekoさんはニューメキシコのインターネット望遠鏡を使って観測されました。
http://d.hatena.ne.jp/meineko/20090214
観測からmei/nekoさんは食の期間が31.5時間以下とされています。

これは正しいので、GCVSが言う35時間は間違いとなります。

私の出した予報は、Franz Agererさんの2009年1月2-3日の復光部分の観測とGCVSの35時間を組み合わせて作ったものです。
http://homepage3.nifty.com/nga_star/an_cam.htm

ここまでで、食の開始時刻が正しく予報出来ない事が分かりました。
D=30h以下とすると、おおよそ、以下のようになりますが3/5は夜が明けてしまっています。

An_cam_20090217

日本で出来ることは2つあります。

3月6日夕方から観測を開始して、減光中か、これから減光するのか確認する事です。
もう一つは、3月6日の明け方まで観測して復光時間を求めてFranz Agererさんの観測と比較する事で周期が正しいのか確認出来ます。

3月6日は金曜日です。日没は17:40、月齢9.0です。

| | コメント (0)

2009年2月17日 (火)

何が壊れたのだろう

>PHD Guidingが単独でコケている

GT mount+DSI pro+CV04の観測用PC(HITACHI FLORA 270W NK1)を交換しました。

余っている、パラレルの付いているまともなPCはDeskTopのA7M266-Dだけです。
ケースに入れたままだと巨大なので、マザーボードだけにしてベランダの窓近傍において使う事にしました。

昨年末にメインのDeskTopにVISTAを入れる目的でA7M266-Dのメモリーを1Gから512に変えてしまったのと、よせばいいのにウイルスバスターを入れたので
遅いです。

でも、我慢してしばらく使ってみよう。

HITACHI FLORA 270W NK1は買ったときから調子が悪く、しょっちゅうブルーの画面になってました。しかもうるさいし。

| | コメント (0)

本日、アルゴルが極小

日付   時刻  高度
----------------------
02/17(火)  22.4   28
02/20(金)  19.2   61

今月は2回しか観測のチャンスがありません。
しかも、今日は低空です。

| | コメント (0)

2009年2月16日 (月)

一家に1枚光マップ

Light_map_20090215

CANの鈴木さんからもらいました。
家の廊下に貼りました。

http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/20/04/08040301.htm

| | コメント (0)

Kit氏のlambda Tau

Lambda_tau_20090215_2008

群馬県の金井さんから頂いていたλ Tauの観測報告入力が終わりました。

これで、やっと金井さんの2008年分の処理がすべて終わった事になります。

下は2006年と2007年の金井さんのλTau光度曲線です。

Lambda_tau_20090215_2006

Lambda_tau_20090215_2007

今年も、引き続き観測をして欲しいです。

| | コメント (0)

2009/3 食変光星極小予報

3月の明るい食変光星の極小予報です。
変光範囲が1等以上で10等より明るい星を予報しました。
極小時刻の算出にはCracowの2008-01-07に更新された要素を使っています。
また、極小時の高度は東京で10度以上としています。

mei/nekoさんの極小予報カレンダーでも公開されています。
http://www.google.com/calendar/embed?src=skiyotax%40ybb.ne.jp&ctz=Asia/Tokyo

★ 3月の予報 ★

星名                  日   時刻    高度
AQLKO                 22   26.9      36

CVNRS                  8   28.0      63
CVNRS                 13   23.1      61
CVNRS                 18   18.2      11

CASRZ                  1   27.9      15
CASRZ                  6   22.6      27
CASRZ                  7   27.3      15
CASRZ                 12   22.1      28
CASRZ                 13   26.8      15
CASRZ                 18   21.5      29
CASRZ                 19   26.2      15
CASRZ                 24   20.9      30
CASRZ                 25   25.6      15
CASRZ                 30   20.4      31
CASRZ                 31   25.1      15

CASTV                  3   29.2      17
CASTV                  7   20.2      21
CASTV                 16   21.8      10
CASTV                 23   27.8      16
CASTV                 27   18.8      22

CEPU                   2   19.1      37
CEPU                   7   18.8      37
CEPU                  12   18.5      37
CEPU                  17   18.1      37
CEPU                  19   30.0      33
CEPU                  24   29.6      33
CEPU                  29   29.3      33

CEPZZ                  7   20.6      18
CEPZZ                  9   24.1      14
CEPZZ                 11   27.5      24
CEPZZ                 22   20.5      16
CEPZZ                 24   23.9      15
CEPZZ                 26   27.3      28

CEPEK                  3   22.9      15
CEPEK                 12   19.5      18
CEPEK                 16   29.8      43
CEPEK                 25   26.3      28

CRBU                   7   29.8      66
CRBU                  14   27.5      85
CRBU                  21   25.2      67
CRBU                  28   22.9      45

CYGV0393              24   28.1      50

DRAAI                  5   25.3      41
DRAAI                 11   25.1      43
DRAAI                 12   29.9      71
DRAAI                 17   25.0      45
DRAAI                 18   29.8      70
DRAAI                 23   24.9      48
DRAAI                 24   29.6      69
DRAAI                 28   19.9      10
DRAAI                 29   24.7      50
DRAAI                 30   29.5      67

LACRT                  8   29.1      29

LIBdelta               4   29.8      37
LIBdelta              11   29.4      37
LIBdelta              18   29.0      37
LIBdelta              25   28.5      37

MONUX                  1   23.6      33
MONUX                  7   21.3      45
MONUX                 13   19.0      43

PEGAW                 25   29.5      39

PERIZ                  1   21.2      23

PERbeta               12   20.9      28

PUPAU                  5   22.3      10
PUPAU                 13   19.5      11
PUPAU                 22   19.8      12
PUPAU                 31   20.1      12

SGEU                   4   27.9      32
SGEU                  21   25.6      18
SGEU                  31   29.0      66

SGRRS                  5   29.4      16
SGRRS                 22   27.2      10

SGRV0505              15   28.1      14
SGRV0505              28   28.3      25

SCTRZ                 22   28.0      36

UMATX                 17   19.1      48
UMATX                 20   20.6      66
UMATX                 23   22.1      79
UMATX                 26   23.7      70
UMATX                 29   25.2      52

UMIW                   1   25.7      38
UMIW                   3   18.6      32
UMIW                   6   28.2      39
UMIW                   8   21.1      34
UMIW                  13   23.5      36
UMIW                  18   26.0      38
UMIW                  20   18.8      32
UMIW                  23   28.5      39
UMIW                  25   21.3      35
UMIW                  30   23.8      37

VULZ                  19   29.7      68
VULZ                  24   27.6      46
VULZ                  29   25.4      24

name                 period     RA      RD   Type    mag
AQLKO                2.8640   18h47m  +10゚45  EA   8.3- 9.5
CVNRS                4.7977   13h10m  +35゚56  EA   7.9- 9.1
CASRZ                1.1952   02h48m  +69゚38  EA   6.2- 7.7
CASTV                1.8125   00h19m  +59゚08  EA   7.2- 8.2
CEPU                 2.4931   01h02m  +81゚52  EA   6.8- 9.2
CEPZZ                2.1417   22h45m  +68゚07  EA   8.6- 9.6
CEPEK                4.4277   21h41m  +69゚41  EA   8.0- 9.3
CRBU                 3.4522   15h18m  +31゚38  EA   7.7- 8.8
CYGV0393             13.633   19h58m  +43゚17  EA   9.0-10.0
DRAAI                1.1988   16h56m  +52゚41  EA   7.1- 8.1
LACRT                5.0738   22h01m  +43゚53  EB   8.8- 9.9
LIBdelta             2.3273   15h00m  -08゚31  EA   4.9- 5.9
MONUX                5.9044   07h59m  -07゚30  EA   8.2- 9.2
PEGAW                10.622   21h52m  +24゚00  EA   7.4- 8.6
PERIZ                3.6876   01h32m  +54゚01  EA   7.8- 9.0
PERbeta              2.8673   03h08m  +40゚57  EA   2.1- 3.4
PUPAU                1.1263   08h17m  -41゚42  EB   8.5- 9.5
SGEU                 3.3806   19h18m  +19゚36  EA   6.5- 9.3
SGRRS                2.4156   18h17m  -34゚06  EA   6.0- 7.0
SGRV0505             1.1828   19h53m  -14゚36  EA   6.5- 7.5
SCTRZ                15.190   18h26m  -09゚12  EA   7.3- 8.8
UMATX                3.0632   10h45m  +45゚33  EA   7.1- 8.8
UMIW                 1.7011   16h08m  +86゚12  EA   8.5- 9.6
VULZ                 2.4549   19h21m  +25゚34  EA   7.3- 8.9

| | コメント (0)

2009年2月15日 (日)

博物館まつり

昨日、明け方は嵐でしたが、朝になってから急速に天気が回復し、快晴で温かい日になりました。
平塚市博物館の博物館まつりに行ってきました。

午前中の「真昼の星を見よう」では金星がよく見えました。とてもきれいです。

午後の発表会は8件の発表がありました。
私の発表は最後でした。

皆さんの発表を見ていて、非常に立派な活動報告ばかりでしたので徐々に不安になり、不安が絶頂になったところで順番がまわってきて、もー、しどろもどろ。

Mk19_20090214

写真は「相模川の生い立ちを探る会」の「丹沢のガーネット火山灰」です。
中津川渓谷で採取した火山灰(上のシャーレ)を比重分離すると、左下のガーネットが採取できたのです。

彼らは関東圏の200箇所を調査しており、上記の調査などから丹沢にあった火山の火山灰の飛散の様子を推定していました。

写真は展示を撮影したものですが、ちゃんと話を聞くと奥が深いです。

| | コメント (0)

2009年2月14日 (土)

今日は発表会

平塚市博物館は2月7日から「博物館まつり」を開催しています。
http://www.hirahaku.jp/tokubetsuten_kikakuten/index.html

今日は発表会の日です。

2月14 日(土)時間:13:00~16:30
会場:平塚市博物館講堂

無料ですよー

私は15:30ころ、天体観察会「近接連星の進化」を発表します。

15分しか無いので「近接連星」だけになりそうです。

終了後、天文メンバーで打上の宴会(18:30-20:30)があります。こちらは実費(\3000)です。

10時から屋上で「真昼の星を見よう」もやりますので、晴れていればこれに間に合うように行こう。

| | コメント (0)

2009年2月13日 (金)

Kit氏のVV Ori

Vv_ori_2008_kit

群馬県の金井さんからVV Oriの観測報告を頂きました。

他にλTauの観測報告もいただいています。
2008年の観測はこれが最後のデータだそうです。

他に頂いている2008年の観測は、
CANの鈴木さんから11/20のAlgolの画像を頂いています。
この解析には時間が掛かりそうです。

お知らせ
他に2008年の食変光星観測で未発表の物はありませんか。

| | コメント (0)

IBNews32

ちょっと遅くなりましたが

ここに置きます。

「IBNews32.pdf」をダウンロード

| | コメント (0)

2009年2月12日 (木)

AN Cam

>G Samolykさんの予報では2月7日18UTから食があるとの事です

mei/nekoさんの観測から2/7-8には食が無かった事がわかりました。
http://d.hatena.ne.jp/meineko/20090211

こちらで予報したものが正しいと思います。
http://homepage3.nifty.com/nga_star/an_cam.htm

An_cam_yohou_200902

今月の観測チャンスは1回だけです。

>副極小を計算すると phase=0.214

これはmei/nekoさんによると
「Brelstaffの観測を信じれば0.214でなくて、0.76付近のようです」

との事です。

0.76+0.214が、ほぼ1なので私の間違いみたいです。

| | コメント (0)

GR Tau

Gr_tau_2009021

これは1984年PASJの山崎・岡崎・北村のGR TauのペーパーにあるGR Tauの光度曲線です。
GR Tauは第一極大が明るくなる非対象の光度曲線です。

ところが、

Gr_tau_2009022

これは、1995年のLazaroのペーパーにある光度曲線です。
V bandではEA型のような光度曲線で食外は平坦、しかも二つの極大は同じ明るさになっています。

山崎先生らの観測とLight Curveの形状が異なっているので連星解析の結果も違います。
ここからGR Tau問題が発生しました。

光度曲線の形の違いでアジア型・ヨーロッパ型といわれるようになりました。

その後、色んな人がせっせと観測しましたがアジア型ばかりです。

解決のためには、もっともっと観測をしないといけないですが、食外が平坦となってしまう観測方法があるのでは?と言う面での調査も(そろそろ)必要な気がしています。

| | コメント (0)

何が壊れたのだろう

>CV-04制御ソフトとPHD Guidingが、どこかでぶつかり合っている

いや~、PHD Guidingが単独でコケているようにみえます。

PHD Guiding以外のSoftにかえてみよう。

DPI Pro+ASCOMでFreeの自動ガイドソフトって...

Guide Dog
http://barkosoftware.com/GuideDog/

Guidemaster
http://www.guidemaster.de/index_en.asp

MetaGuide
http://www.astrogeeks.com/Bliss/MetaGuide/

PHD Guiding
http://www.stark-labs.com/phdguiding.html

K3CCDTools
http://www.pk3.org/Astro/index.htm?k3ccdtools.htm

調べたら、殆どがWebCAM用でした。
PHD Guidingを使うしかないのか!?

| | コメント (0)

2009年2月11日 (水)

何が壊れたのだろう

>制御ソフトを修正して、しょっちゅう温度設定をするように改造しよう。

「cv04gem.exe」をダウンロード

連続撮影の時に、撮影後にCU-04へ温度設定コマンドを送信するようにしました。

あと、PHDがコケル件は、DirectXが古かったので9.0にました。これは効果無さそうです。

もしかすると、CV-04の制御ソフトがイベントを持ったままになっている箇所があって、そこでPHDが赤道儀にコマンドを送るとアベンドしている。のように、CV-04制御ソフトとPHD Guidingが、どこかでぶつかり合っているのだろうか。

| | コメント (0)

2009/2/8 食変光星観測

Pv_pup_20090208

このようにPCが絶不調の中で観測してました。

天気は良かったのですが、PHDがコケたり、冷却が止まったり、PCがReBootしたり、散々でした。

10秒露出でPV Pupを観測したました。
6等位の星でサチレーションしてました。
ぜーーんぶの画像が。

もっと暗い対象を観測してみよう。

| | コメント (0)

未読メッセージ

Cocolog_midoku_20090210

ココログにLoginすると未読メッセージ数が赤字で表示されます。
徐々に増えて、今は15件です。

全てのメッセージは目を通しているのに何故でしょう?

この画面の「未読メッセージ15件」をクリックすると、ふたたび、ココログのLogin画面になるだけで、どこをどうしたらこれをClear出来るのか
ぜんぜんわかりません。

| | コメント (0)

2009年2月10日 (火)

何が壊れたのだろう

やっと10cmの方の画像に問題が無くなくなり、「よーし、変光星観測だ!」となったのに

それの制御用コンピュータが 妙 です。

まず、CV-04の温度設定すれば、ちゃんと設定温度になるのですが、何十分かすると突然、設定が解除されてしまう症状です。
これは、もう一度、温度設定をすると、もう発生しません。

おそらく、CV-04のコントローラの問題だと思います。
制御ソフトを修正して、しょっちゅう温度設定をするように改造しよう。

あと、突然、PHD Guidingがエラーでとまります。

何度、起動しなおしてもAutoGuideをはじめて10分位でエラーで終了してしまいます。

PCを再起動でしてもダメ。

PHD GuidingのVerが上がっていたの最新版に入れ替えてもダメ。

ほかに、PCがRebootしたようです。

連続撮像とAuotGuideを始めて、やれやれと思いお風呂に入って、出てきてPC画面を見ると、ReBootしていた様子です。

PHD GuidingやASCOMに問題があるとは思えない。PCが壊れたか?

そういえば、何日か前、PCが焦げ臭かった。

一難去って、また一難。代わりのPCが無い

| | コメント (0)

2009年2月 9日 (月)

2009/2/7 食変光星観測

Asas08420701085_20090207

10cmニュートンにフードを付けて街頭から余計な光が入らなくなりました。

ASAS084207-0108.5という、ちょうど9等の星を観測しました。

観測を始める前にM42の撮影をして遊んでいました。
その頃は良かったのですが、観測を始めると透明度が急に悪くなり、近くに月もあって22時位まで結果が良くありません、
それにしても、今年になってから10cmの観測はひどい状況で光度曲線なんて作れませんでした。
それがフードを付ける事でこんなに良くなりました。

光度曲線が規則性を持って妙なリップルになっています。

これは曇の影響だけでは無く、フォーカスが合いすぎているのだと思います。

他に、南北方向のガイドがうまく出来ていません。
ガイドは出来ているのですがハンチングが大きいです。
前からそういう傾向でしたが、これも最近顕著になった気がします。

電源は十分にインピーダンスの低い物を使っていますので、今度、バランスを再調整してみよう。

| | コメント (0)

2009年2月 8日 (日)

10cmニュートン用のフード

10l_fd_20090271

近所のスーパーから段ボールを拾って来ました。

10l_fd_20090272

この様に望遠鏡に差し込みます。

CV-04にもIc filterをつけました。

M42_i_20090207

露出30秒のM42です。

GSCの星は全部写っています。変光星がたくさん写っています。なにか測光してみようと思いましたが多すぎて何を測ればよいのかわかんなくなり、やめました。

| | コメント (0)

2009年2月 7日 (土)

なぁーんにも、変わっちゃいない

>10cmにフードを付ければ解決するかも

200902061

画用紙の内側を墨汁で塗って鏡筒に巻き付けました。

200902062

これは、巻き付ける前の画像。

200902063

これは、巻き付けた後の画像。

効果がありました!

V521 Monという10等台の食連星です。

200902064

連続撮影してFlat補正もしてみました。これは失敗。

Flat補正していない画像で測光しました。

200902065

縦軸は0.1等ステップです。

まー、こんな、もんです、ここの空では。まずまずの成果でした。

これは測光フィルターを付けていません。次はIcを付けて試してみよう。

| | コメント (0)

2009年2月 6日 (金)

AN Cam

G Samolykさんの予報では2月7日18UTから食があるとの事です。

観測可能な方は今日から始めてほしいです。

http://homepage3.nifty.com/nga_star/an_cam.htm

| | コメント (3)

なぁーんにも、変わっちゃいない

Cw_cmi_200902012

あらためて見てみると雲には見えないような気がします。

10cmと20cmの望遠鏡設置位置の違いか?

Obsp9

これが10cmの設置状態です。

Obsp8

上は20cmの設置状態です。

この状態で下からライトアップされています。

10cmはベランダの手すりの格子によって変な干渉模様が出ているのかも知れません。
背景が明るいのはライトアップの影響が大きいからかも知れない。

という事は10cmにフードを付ければ解決するかも知れない。

| | コメント (2)

2009年2月 5日 (木)

なぁーんにも、変わっちゃいない

10cmでの測光にスキャッターが多いいのでフィルターを外してみました。

早速、11等台の食変光星を撮影してみました。

Cw_cmi_200902011

これが光度曲線です。
Y軸は0.5等ステップです。

I filterが付いていた時の方が良かったです。

Cw_cmi_200902012

これが画像です。
なにか、雲ような物が、つねに写ります。
I band filterの時には写っていませんでした。

Uz_pup_200902011

これは同じ時刻に20cmのR bandで、もっと低空を撮影したものです。これには雲は写っていません。

両方とも、ダーク減算だけしかしていません。

20cmの方の光度曲線は以下のようになりました。

Uz_pup_200902012

フラット補正してから測光しました。グラフは0.1等のステップです。

なんでしょうね。この違いは。
帯域が広がって街灯で照らされている雲が写りやすくなったのだろうか?
それとも、10cmだけマンションのライトアップが直接当たっているからか?

10cmに写っているカーテンのような雲は動いています。撮影の度に様子が違います。
こんなんじゃ、測光がバラツクのは当然です。

思うに冬場はいつも南北に雲だった気もする.いつの日か写らなくなって忘れていた.

しかし、なぜ20cmには雲が写っていないのか?
R bandだから?
んーー、にわかには信じられない。

今度はRフィルターを付けみよう。

あと、カウント値にえら違いがあります。

10cm sky=11000 var.=19000
20cm sky=2800  var.=14000

この大きな違いは何!?

下は20cmのフラット補正後の画像です。特に雲のような物は写っていない。

Uz_pup_200902013

| | コメント (3)

2009年2月 4日 (水)

10cm用の予報

10cm反射望遠鏡にCV-04を付けてI bandで測光観測する事をやめました。
10cmはフィルターを外して極小時刻の観測だけを行う事にしました。
どーーーしてもスキャッタが改善できないのです。

また、GT赤道儀が南中で止まってしまうのに、予報の範囲が
 高度10度以上
 極小が観測開始の45分以上あと
 極小が南中後1時間を超えない
という条件で検索しています。

20cmのスーパーポラリスの方は良いのですが、10cmのGT赤道儀の方は南中後に極小になる星を選定してしまうと(先月のように)無駄な観測の要因になってしまっています。

そこで、
 高度10度以上
 極小が観測開始の45分以上あと
 極小が南中より45分以上前にある
というプログラムを作成しました。

「fstyohou10L.exe」をダウンロード

私の作成した予報プログラムにfstyohou.exeというモジュールがありますが、それを改造したものです。

おそらく、このプログラムを必要とする人はいないと思いますが、ここに置きました。

Windows版のみです。

| | コメント (0)

2009年2月 3日 (火)

V442 Mon 測光観測

V442_mon_20090125lc

2008/1/10にIohさんが主極小を観測しています。
他に(時間が無くて光度曲線にしていませんが)2009/1/14にNjhさんも主極小を観測しています。

今回、20cmで副極小を観測しました。
他のお二方よりO-Cが大きくなってしまいましたがマズマズでした。

ついでに近傍にあったASASの食連星も測光しましたが食はありませんでした。

先月はたくさん観測しましたが10cmの観測が全滅です。O-Cが得られたのは20cmの観測だけです。

| | コメント (0)

FR Ori 測光観測

Fr_ori_20090113lc

20cmで観測したFR Oriです。これも副極小でした。

1月の観測の特徴は、副極小の観測ばかりだった事と、10cmでたくさん観測したのに全部が失敗観測だった事です。無駄な時間をどっさり使ってしまった。

| | コメント (0)

2009年1月の変光星観測月報

たくさん観測したのですが、10cmの方が画像ごと捨ててしまうような失敗観測ばかりで、以外に数がのびませんでした。

2008年12月が 15夜 / 14星 / 2964 測光 でした。

2009年1月は 8夜 / 14星 / 1706 測光 です。

しかし、精度が悪く報告出来たものは 6夜 / 11星 / 1098 測光 でした。

10cmでの測光が使い物にならない状況を何とかしないといけないです。

| | コメント (0)

2009年2月 2日 (月)

LO Hyaの測光観測

Lo_hya_200901lc

2008/12/29から2009/1/25までの観測から光度曲線を作成しました。

晴れた日はこの星を観測して極小を捕らえたいのです。

観測は10cm + CV-04 + Ic filter です。

やっぱり、どんどん測光バラツキが増えています。

フィルターを外してフォーカスを合わせるように変更します。
このままじゃ、観測してもゴミみたいなデータを作っているだけだ!

良く見ると1/10までは良くて1/13からバラツキが増えています。
外灯の様子でも変わったのかな~

| | コメント (2)

DD Monの測光観測

Dd_mon_20090116

こちらは20cm + SV-04LE + Rc bandでの観測です。

10cmと、どえらい違いがあります。

今回は副極小の観測です。
個人的には2回目の観測で、2006年の主極小観測では極小前で観測が終了していました。

| | コメント (0)

2009年2月 1日 (日)

1/12のYY Eri測光観測

Yy_eri_20090112lc

なんだか10cmでの観測が、どんどん悪くなって行く感じです。

同じ日に観測したUW CMaなんか、メタメタの光度曲線でした。
画像ファイルごと、ぜーーんぶ削除してしまいました。

どうしても10cm+CV-04+Icfilterがうまく観測できない。

フィルターを外して、フォーカスもジャストにして、極小時刻の観測専用にしようかな。
ついでに系外星雲の撮影なんかもしちゃおうかな。

| | コメント (0)

Kit氏のER Ori観測

Er_ori_2008nov_kit

2008年11月に群馬県のKitさんがEW型食連星のER Oriを眼視観測しました。
データを頂きましたので光度曲線を作成し極小時刻を求めました。

8個の極小がありました。
今回はいつもより幅の広い光度曲線になりましたが、例によって私のCCD測光より綺麗に観測できています。

ER Ori 08/11/03 n=22 by Kit 12B
O=2454774.290 Er=0.001
C=2454774.215 E=31053
O-C=+0.075

ER Ori 08/11/05 n=53 by Kit 12B
O=2454776.184 Er=0.001
C=2454776.120 E=31057.5
O-C=+0.064

ER Ori 08/11/18 n=62 by Kit 12B
O=2454789.107 Er=0.000
C=2454789.034 E=31088
O-C=+0.073

ER Ori 08/11/19 n=49 by Kit 12B
O=2454790.154 Er=0.000
C=2454790.092 E=31090.5
O-C=+0.062

ER Ori 08/11/20 n=37 by Kit 12B
O=2454791.234 Er=0.001
C=2454791.151 E=31093
O-C=+0.083

ER Ori 08/11/21 n=34 by Kit 12B
O=2454792.085 Er=0.001
C=2454791.998 E=31095
O-C=+0.087

ER Ori 08/11/22 n=26 by Kit 12B
O=2454793.139 Er=0.001
C=2454793.056 E=31097.5
O-C=+0.083

ER Ori 08/11/28 n=33 by Kit 12B
O=2454799.065 Er=0.001
C=2454798.984 E=31111.5
O-C=+0.081

| | コメント (2)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »