« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月31日 (木)

会費

日本変光星研究会の会費ですが、富山事務局のW誠会長より会員各人に納入状況をお伝えしているようで、私は「2008年度まで納入済」ってなっていました。

やった!ともかく今年は払わなくても良い。

昨年は無料だったのですが、無料が決定される前に2007年分を払っていたので、その分が2008年に繰り越されました。

| | コメント (0)

再び、Freeの星図soft

Sky Map Pro 11, Demonstration Versionを使うとTycho2のV等級が調べられます。

デモ版ですので起動日数に制限があります。

「smp0.exe」をダウンロード

このプログラムを実行すると起動日数をクリアする事が出来ます。

・まとめ

Sky Map Pro 11, Demonstration Versionをインストールする。
http://www.skymap.com/smp_eval.htm

スタートアップにsmp0.exeを入れておく。
(多分、Windows XP専用です)

これでデモ版が永久に使えます。

※各自の責任でご利用下さい

| | コメント (0)

2008年1月30日 (水)

2007年の食連星極小観測

mei/neko氏がvsolj-obs(http://www.cetus-net.org/ml/)に、たくさんの観測報告を投稿されました。
その整理がようやくおわりました。

「ecl2007.dvi」をダウンロード

16名
197星
336極小(眼視は110件)

16名の観測者です。

Hia   3件
Hks   1件
Hsk  22件
Ibk   2件
Ioh  33件
Kim   3件
Kis  28件
Kit  64件
Mdy   3件
Nga  42件
Njh 116件
Nom   4件
Tcy   1件
Tkc   2件
Ymd   1件
Ysj   4件

こんな星を観測されました。

AA    Cet
AB    And
AC    Boo
AD    Cnc
AF    Gem
AG    Vir
AH    Aur
AH    Tau
AH    Vir
AM    CMi
AM    Tau
AP    Leo
AQ    Mon
AR    Aur
AS    Eri
ASAS001556+0644.7
ASAS084207-0108.5
ASAS145616+0402.4
ASAS161404+1057.6
ASAS233002-1154.5
AV    Hya
AV    Pup
AW    Vir
AX    Vir
AZ    Gem
BC    Eri
beta  Per
BM    Mon
BN    Peg
BO    Mon
BQ    Eri
BX    Peg
BY    Peg
CD    Tau
CG    Vir
CN    And
CN    Lac
CW    Cas
CW    CMi
CW    Sge
CX    Aqr
CZ    Aqr
delta Lib
DF    Hya
DH    Cvn
DK    Cyg
DK    Hya
DL    Vir
DU    Boo
DU    Leo
DV    Psc
DY    Cet
EE    Cet
EG    Ori
ER    Ori
ER    Peg
ET    Leo
ET    Ori
EU    Peg
EZ    Hya
FH    Ori
FO    Hya
FO    Vir
FR    Vul
FZ    Del
GK    Hya
GR    Tau
GU    Ori
HS    Aqr
HS    Hya
HW    Aur
HW    Vir
HY    Vir
IL    Mon
IP    Peg
IZ    Mon
KR    Cyg
lambda Tau
LL    Com
LO    And
LU    Vir
MR    Del
MT    Cam
MU    Aqr
NN    Vir
NY    Vir
PP    Lac
QW    Gem
QX    And
QY    Hya
R     CMa
RR    Lyn
RS    Sct
RS    Ser
RT    And
RV    Psc
RV    Tri
RW    Leo
RW    Mon
RW    Tau
RX    Her
RY    Aqr
RZ    Cas
S     Ant
SW    Cyg
SX    Crv
SZ    Ari
SZ    Her
TW    Cet
TX    Ari
TX    Cnc
TX    UMa
TY    Boo
TY    Del
TY    Hya
TY    Pup
TY    Tau
U     Cep
U     Gem
u     Her
U     Oph
U     Sge
UU    Leo
UV    Leo
UW    LMi
UW    Ori
UW    Vir
UX    Leo
UZ    Leo
V     Crt
V1010 Oph
V1034 Cyg
V1055 Her
V1202 Ori
V1239 Tau
V1363 Ori
V1633 Ori
V1918 Cyg
V338  Her
V346  Aql
V356  Sgr
V357  Peg
V375  Cas
V384  Mon
V396  Peg
V401  Cyg
V417  Aql
V441  And
V444  And
V448  Mon
V501  Oph
V502  Oph
V505  Sgr
V523  Cas
V530  Mon
V530  Ori
V536  Mon
V640  Ori
V647  Ori
V648  Ori
V697  Aql
V753  Cyg
V781  Tau
V802  Aql
V836  Cyg
V839  Oph
V959  Cyg
VV    Eri
VV    Ori
VV    Vir
VW    Hya
VX    Cet
VY    Lac
VY    Sex
VZ    Psc
W     UMa
W     UMi
WW    Aur
WY    Tau
WZ    Cyg
WZ    Leo
X     Tri
XY    Cet
XY    Leo
XZ    And
XZ    CMi
XZ    Leo
XZ    UMa
Y     Leo
Y     Psc
Y     Sex
YY    CMi
YY    Eri
YY    Sgr
Z     Her
Z     Vul
ZZ    Cyg

| | コメント (3)

2008年1月29日 (火)

Charts

フロリダのステファンさんから変光星図の作成依頼が来ました。

SV CamとFZ Oriです。

SV CamはAAVSOのVariable Star Plotterで表示してくれます。

http://www.aavso.org/observing/charts/vsp/

しかし、ステファンさんは10.5等まで書いてほしいと言ってます。

GCVSでは9.1等までと書いてありますが、実際には10等より暗くなるのかも知れません。

結局(こんな事したらいけないのですが)VSPの星図にTycho2(V)を追記しました。

ヒッパリダス(http://www.cetus-net.org/cgi-bin/obs_search.cgi)でVSOLJのデータを調べたら一件もありませんでした。

あらまー

Sv_cam_c

| | コメント (0)

2008年1月28日 (月)

デジカメde変光星

「コンパクトデジカメを使った変光星の観測」というタイトルで書き物をはじめました。

比較星の等級を調べるためにFreeの星図ソフトを探して来ましたが、それよりも「変光星を比較星にしてはいけない」のところで、どれが変光星なのか、どうやって伝えましょうか?と言う問題にぶち当たりました。

GCVSやNSVに登録されているもの全部が比較星に使えないとは言えないし多少は変光星の事がわかっていないと判断ができないです。これを紙に書くのは難しいです。

自分が星図を作成する時に行っている事を紙に書けば良いのですが。
自分のやっている事を文章にすると、たくさんのカタログを見て「これは変光してないだろう」って直感的に感じて下さい。になります。

ダメだ。

| | コメント (0)

2008年1月27日 (日)

DK Hya

下はGCVSの周期で作った光度曲線です。
min=2431178.216+0.521951xE(GCVS_23-May-2007)

Dk_hya_gcvs_200801

下はCracowの周期で作った光度曲線です。
min=2452500.2989+0.5219207xE(J.M.Kreiner_2004AA54)

Dk_hya_cracow_200801

周期変化は無くてGCVSの要素が間違っています。

| | コメント (4)

2008年2月の食変光星予報

クラコウのデータを整理していて、突然思い出しました。月次予報をvsolj-obsに投稿していませんでした。何ケ月さぼったのかもわからない。

2月の明るい食変光星の予報をします。変光範囲が1等以上で、明るさが10等以下の星を対象とします。極小時刻の計算にはhttp://www.as.ap.krakow.pl/ephem/ephem.txtの要素を使いました。最終更新日は2008-01-07の物です。極小時の高度は10度以上としています。

★ 2月の予報 ★

星名                  日   時刻    高度  食継続時間
AQLKO                 15   27.7      16  8.9

CNCRZ                  3   25.0      70 77.9

CVNRS                  4   22.9      30 12.7
CVNRS                 23   27.5      79 12.7
CVNRS                 28   22.6      45 12.7

CASRZ                  2   22.1      41  4.9
CASRZ                  3   26.8      19  4.9
CASRZ                  8   21.5      42  4.9
CASRZ                  9   26.2      20  4.9
CASRZ                 14   21.0      43  4.9
CASRZ                 15   25.6      20  4.9
CASRZ                 20   20.4      44  4.9
CASRZ                 21   25.1      21  4.9
CASRZ                 22   29.8      16  4.9
CASRZ                 26   19.8      44  4.9
CASRZ                 27   24.5      22  4.9
CASRZ                 28   29.2      16  4.9

CASTV                  4   21.3      28  7.8
CASTV                 13   22.8      15  7.8
CASTV                 15   18.3      45  7.8
CASTV                 20   28.8      11  7.8
CASTV                 24   19.8      29  7.8

CEPU                   2   21.2      36  9.0
CEPU                   7   20.9      36  9.0
CEPU                  12   20.6      36  9.0
CEPU                  17   20.2      36  9.0
CEPU                  22   19.9      36  9.0
CEPU                  27   19.6      36  9.0

CEPZZ                  7   18.5      37  6.2
CEPZZ                  9   21.9      20  6.2
CEPZZ                 11   25.3      13  6.2
CEPZZ                 13   28.7      22  6.2
CEPZZ                 22   18.3      32  6.2
CEPZZ                 24   21.7      17  6.2
CEPZZ                 26   25.1      14  6.2
CEPZZ                 28   28.5      25  6.2

CEPEK                  3   21.2      21  6.4
CEPEK                 16   28.0      25  6.4
CEPEK                 25   24.5      16  6.4

CRBU                   4   29.7      83 11.6
CRBU                  11   27.4      62 11.6
CRBU                  18   25.1      40 11.6
CRBU                  25   22.8      19 11.6

CYGV0393               9   28.1      20 29.4

DRAAI                  1   25.1      21  5.2
DRAAI                  2   29.9      63  5.2
DRAAI                  7   24.9      23  5.2
DRAAI                  8   29.7      65  5.2
DRAAI                 13   24.8      25  5.2
DRAAI                 14   29.6      67  5.2
DRAAI                 19   24.7      27  5.2
DRAAI                 20   29.4      68  5.2
DRAAI                 25   24.5      29  5.2
DRAAI                 26   29.3      70  5.2

HYATT                  4   28.2      19 18.4
HYATT                 11   27.1      23 18.4
HYATT                 18   26.0      26 18.4
HYATT                 25   24.9      27 18.4

LACRT                 27   18.0      16

LIBdelta               7   30.0      45 12.8
LIBdelta              14   29.6      45 12.8
LIBdelta              21   29.1      45 12.8
LIBdelta              28   28.7      45 12.8

LYRbeta                6   29.0      36
LYRbeta               19   27.6      30

MONUX                 17   26.3      14 24.1
MONUX                 23   24.0      34 24.1
MONUX                 29   21.7      45 24.1

PERIZ                  4   23.8      16 10.6

PERbeta               16   21.9      35  9.6
PERbeta               19   18.7      68  9.6

PUPAU                  7   22.6      12
PUPAU                 16   22.9      12

SGEU                  16   27.7      17 13.8

SGRRS                 27   29.0      11  9.9

SCTRZ                 21   28.9      27 62.0

UMATX                 22   18.2      23  8.8
UMATX                 25   19.8      40  8.8
UMATX                 28   21.3      58  8.8

UMIW                   2   26.6      37  9.4
UMIW                   4   19.4      31  9.4
UMIW                   7   29.1      39  9.4
UMIW                   9   21.9      33  9.4
UMIW                  14   24.4      35  9.4
UMIW                  19   26.9      38  9.4
UMIW                  21   19.7      32  9.4
UMIW                  24   29.4      39  9.4
UMIW                  26   22.2      34  9.4

VULZ                   8   28.2      18 10.6

name                 period     RA      RD   Type    mag 
AQLKO                2.8640   18h47m  +10゚45  EA   8.3- 9.5
CNCRZ                21.643   08h39m  +31゚47  EA   8.7-10.0
CVNRS                4.7977   13h10m  +35゚56  EA   7.9- 9.1
CASRZ                1.1952   02h48m  +69゚38  EA   6.2- 7.7
CASTV                1.8125   00h19m  +59゚08  EA   7.2- 8.2
CEPU                 2.4931   01h02m  +81゚52  EA   6.8- 9.2
CEPZZ                2.1417   22h45m  +68゚07  EA   8.6- 9.6
CEPEK                4.4277   21h41m  +69゚41  EA   8.0- 9.3
CRBU                 3.4522   15h18m  +31゚38  EA   7.7- 8.8
CYGV0393             13.633   19h58m  +43゚17  EA   9.0-10.0
DRAAI                1.1988   16h56m  +52゚41  EA   7.1- 8.1
HYATT                6.9534   11h13m  -26゚27  EA   7.3- 9.0
LACRT                5.0738   22h01m  +43゚53  EB   8.8- 9.9
LIBdelta             2.3273   15h00m  -08゚31  EA   4.9- 5.9
LYRbeta              12.942   18h50m  +33゚21  EB   3.3- 4.4
MONUX                5.9044   07h59m  -07゚30  EA   8.2- 9.2
PERIZ                3.6876   01h32m  +54゚01  EA   7.8- 9.0
PERbeta              2.8673   03h08m  +40゚57  EA   2.1- 3.4
PUPAU                1.1263   08h17m  -41゚42  EB   8.5- 9.5
SGEU                 3.3806   19h18m  +19゚36  EA   6.5- 9.3
SGRRS                2.4156   18h17m  -34゚06  EA   6.0- 7.0
SCTRZ                15.190   18h26m  -09゚12  EA   7.3- 8.8
UMATX                3.0632   10h45m  +45゚33  EA   7.1- 8.8
UMIW                 1.7011   16h08m  +86゚12  EA   8.5- 9.6
VULZ                 2.4549   19h21m  +25゚34  EA   7.3- 8.9

| | コメント (0)

2008年1月26日 (土)

晴れているのに

マンションの修繕工事によってベランダ観測が出来なくなりました。
そして、満3か月が経過しました。

どんどん、変光星観測への意欲が減ってきています。

正月位までは晴れたら空地に行ってデジカメで変光星の写真を撮影していました。
しかし、今は(寒くなった影響もあって)やる気がおこらないです。

観測その物のアクティビティーはZEROになってしまいました。もー、私は(変光星界の)廃人だ。

| | コメント (0)

Eee PC

なぜに5万円か!?

2万で売ってくれ

| | コメント (0)

食連星極小予報用データファイル

>さて、この先はProgramの修正作業です。

Programの修正が終わりました。
今日にでも、HPで公開します。

| | コメント (0)

再び、Freeの星図soft

> xxxをしたら起動日数がクリア出来ました

このxxxをスタートアップに入れれば永久にデモ版が使えますが、その方法を公開したら犯罪だろうか?

なかなか(スペックに適合した)Freeの星図Softが見つからないので、その方法を記述してしまって「デジカメde変光星」をまとめたらイカンだろうか?

こんな感じ。

|Sky Map Pro 11, Demonstration Versionをインストールする。
|スタートアップにsmp_count0.exeを入れておく。
|
|これでデモ版が永久に使えます。
|
|※ご利用は各自の責任でお願いします。

| | コメント (0)

2008年1月25日 (金)

xgscv

次は

>天体の上で中央ボタンを押すとASAS光度曲線表示
>gscvasas.sh というユーザー定義スクリプトを呼び出す
>呼び出し第一引き数を
>http://www.astrouw.edu.pl/cgi-asas/asas_lc/$1
>として適当なブラウザを呼ぶように記述する

の挑戦です。

その前に(windows環境にて)Internet Explorerで、

http://www.astrouw.edu.pl/cgi-asas/asas_lc/$1

ここだけ試してみました。

C:>CD "C:\Program Files\Internet Explorer"
C:>iexplore http://www.astrouw.edu.pl/cgi-asas/asas_lc/000007+1844.3

なるほど、ASASの光度曲線が表示されます。

※まだ、時間があるのでLinuxで試してみます。

gscvasas.shを下記のようにしました。

/usr/bin/mozilla http://www.astrouw.edu.pl/cgi-asas/asas_lc/$1

起動して、星をマウスの中央ボタンでクリック!

おーーー、すごい!
ASASの光度曲線が表示されました。

感動です。これは便利です。

| | コメント (0)

再び、Freeの星図soft

  • Sky Map Pro 11

>Sky Map Pro 11, Demonstration Version
>http://www.skymap.com/smp_eval.htm
>
>これは良いです。でも使用日数に制限がありました。残念。

15回/日起動すると動かなくなるそうですが、そこで、再インストールしたらどうなるのでしょう?

試してみます。って、使用期間延長の方法が見つかったとして、公にして良いのだろうか?

でも、ちょっと試してみました。

再インストールしても駄目でした。でも、xxxをしたら起動日数がクリア出来ました。

  • WinStars

>WinStars
>http://www.winstars.net/version1/english/index2.html
>
>等級表示をしてくれません。

等級表示しました。星にマウスを移動し右ダブルクリックです!
あんま遭遇しないですよね!
右のダブルクリック

表示される等級は
 BSC5
 Tycho VT
 Tycho BT
です。

| | コメント (5)

食連星極小予報用データファイル

>食連星の極小予報プログラムを公開しています。
>http://www.geocities.jp/nagai_kazuo/dload-1.html
>ここの「18-1.新・食変光星極小予報」です。

新しい予報用のマスターファイルを作成しました。
今回は、出典先をハッキリするようにしました。
ファイルの書式は従来の予報ソフトと上位互換にしました。

「star2008.zip」をダウンロード

さて、この先はProgramの修正作業です。

| | コメント (0)

2008年1月24日 (木)

xgscv

SKYNAMEとtacを参照しないようにしたら動きました。

SKYNAMEとtacが何なのかはわかりません。
そこで、wingsc32と画面を比較してみました。

下はWindows版

Wingsc32_20080124

次はLinux版

Xgscv_20080124

これらは、YY Eriを表示したところです。
YY Eriのカタログの情報を表示してみると、

下はWindows版

GSC5315.1362 041208.89 -102808.0 (2000.0)  8.58 0
GSC5315.1362 041208.92 -102808.2 (2000.0)  9.28 0
GSC5315.1202 041211.37 -102808.9 (2000.0) 15.26 0 N
USNO0750.00932247 041207.175 -102804.86 (2000.0) 18.9 20.2
USNO0750.00932258 041207.311 -102805.03 (2000.0) 18.1 20.6
USNO0750.00932365 041208.912 -102808.15 (2000.0)  8.9 99.9
USNO0750.00932383 041209.176 -102805.32 (2000.0) 11.7  9.1 *
USNO0750.00932517 041210.945 -102804.71 (2000.0) 15.1 20.7
041208.9 -102808 (2000.0) 840TV3 0.67 HIP019610 plx=17.96(1.20) (0.01 0.02) P 8.30-9.00
041208.9 -102808 (2000.0) 840Vv 0.67 TYC5315.1362.1 plx=21.8(9.6) (0.01 0.02)
041209.7 -102805 (2000.0) SD-10.858 8.6
041208.4 -102759 (2000.0) 1RXS_J041208.5-102800 0.317 -0.02 0.11
041208.5 -102748 (2000.0) EMSS2 8.61sigma
041209.1 -102804 (2000.0) SAO149449 99.9 8.4 G5
041209.1 -102832 (2000.0) HD26609 8.8 9.6 G5
041209.6 -102803 (2000.0) V=8.232(94) b-y=0.422(7) m1=0.212(3) c1=0.301(7) beta=2.581(-)
041208.7 -102809 (2000.0) ERIYY EW/KW 8.1 8.80 V 41581.624 0.32149415 - G5+G5
041208.9 -102808 (2000.0) ERIYY * EW/KW 8.1 8.80 V 41581.624 0.32149415 - G5+G5 R1/ERI1
041208.7 -102809 (2000.0) 841 0.64 TYC2-5315.1362.1 (8.48 0.01) (9.24 0.02)
041208.9 -102808 (2000.0) TYC5315.1362 P 8.483V (0.377) P=0.321494 
041209.0 -102812 (2000.0) ASAS041209-1028.2 EC 8.37V (0.67) P=0.321499 YY~Eri 
041209.0 -102812 (2000.0) ASAS3_J041209-1028.2 8.37V (0.67) EC P=0.321499 YY~Eri 

次はLinux版

star name:ERIYY
GSC5315.1362 041208.89 -102808.0 (2000.0)  8.58 0
GSC5315.1362 041208.92 -102808.2 (2000.0)  9.28 0
USNO0750.00932247 041207.175 -102804.86 (2000.0) 18.9 20.2
USNO0750.00932258 041207.311 -102805.03 (2000.0) 18.1 20.6
USNO0750.00932365 041208.912 -102808.15 (2000.0)  8.9 99.9
USNO0750.00932383 041209.176 -102805.32 (2000.0) 11.7  9.1 *
041208.7 -102809 (2000.0) ERIYY EW/KW 8.1 8.80 V 41581.624 0.32149415 - G5+G5
041209.7 -102805 (2000.0) SD-10.858 8.6
041208.4 -102759 (2000.0) 1RXS_J041208.5-102800 0.317 -0.02 0.11
041208.5 -102748 (2000.0) EMSS2 8.61sigma
041209.1 -102804 (2000.0) SAO149449 99.9 8.4 G5
041209.1 -102832 (2000.0) HD26609 8.8 9.6 G5
041209.6 -102803 (2000.0) V=8.232(94) b-y=0.422(7) m1=0.212(3) c1=0.301(7) beta=2.581(-)
041208.9 -102808 (2000.0) ERIYY * EW/KW 8.1 8.80 V 41581.624 0.32149415 - G5+G5 R1/ERI1
041208.9 -102808 (2000.0) 840TV3 0.67 HIP019610 plx=17.96(1.20) (0.01 0.02) P 8.30-9.00
041208.9 -102808 (2000.0) 840Vv 0.67 TYC5315.1362.1 plx=21.8(9.6) (0.01 0.02)
041208.9 -102808 (2000.0) TYC5315.1362 P 8.483V (0.377) P=0.321494
041209.0 -102812 (2000.0) ASAS041209-1028.2 EC 8.37V (0.67) P=0.321499 YY~Eri
041209.0 -102812 (2000.0) ASAS3_J041209-1028.2 8.37V (0.67) EC P=0.321499 YY~Eri
041208.7 -102809 (2000.0) 841 0.64 TYC2-5315.1362.1 (8.48 0.01) (9.24 0.02)

Windows版の方には下記の2つが多く表示されていました。

GSC5315.1202 041211.37 -102808.9 (2000.0) 15.26 0 N
USNO0750.00932517 041210.945 -102804.71 (2000.0) 15.1 20.7

| | コメント (0)

再び、Freeの星図soft

「デジカメde変光星」をまとめるに当たって、「全てFree Softで」を目指して来ましたが、Tycho2のV等級を調べる所でステラナビゲータを使ってしまいます。(本当はステナビはヒッパルカスなんです)

Freeでは強力な「Cartes du Ciel (Sky Charts)」があるのですが、Installが少し面倒です。

もっとInstallが簡単なものは無いでしょうか?

WinStars
http://www.winstars.net/version1/english/index2.html

等級表示をしてくれません。

Heavensat
http://www.heavensat.ru/english/

十分の一等までしか表示してくれません。

EXCELでPlanetarium
http://www.astroexcel.de/softwareexcel.htm

こりゃすごい、エクセルで作ったプラネタリウムソフトです。

Sky Map Pro 11, Demonstration Version
http://www.skymap.com/smp_eval.htm

これは良いです。でも使用日数に制限がありました。残念。

Stellarium
http://www.stellarium.org/

これは、そういうSoftではありませんでした。

| | コメント (0)

AC Gem

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2007/12/some_binaries.html

検索したら自分のBlogが引っ掛かりました。

General Variable Star Search Gateway
http://var.astro.cz/gsg/index.php

これで調べてみましたが何も出てこない。

| | コメント (0)

2008年1月23日 (水)

AC Gem

Iohさんが観測をされていますが極小が見つかりません。

BRONのO-Cを見ると下のようになっています。

Ac_gem_oc2008011

min=2415101.2+1.661796xE このような式を使っています。

試しに、GCVSで書いてみると下のようになりました。

Ac_gem_oc2008012

どちらのグラフも途中で枝分かれしています。GCVSの場合はE=0から分かれています。

2008/1/19のIohさんの観測は、下側の線にフィットします。

一方、2006/1/5のHskさんの眼視観測は上側の線にフィットします。

Ac_gem_oc2008013

下側の線は光電測光ばかりで、観測された光度曲線を見ても下側が正しく思えます。

ですが、上側の線にフィットする観測は少なく無いです。単なるミスでは無いと思えます。上側の全てが眼視観測です。
眼視観測では比較星を変えながら観測します。光電測光では比較星は変えない場合が多いです。ここに差が出ているのかも知れません。要は、比較星がAC Gemと同じ様な周期の脈動でイイタイミングで増光しているとか?です。「万が一」みたいな話です。さて、どの比較星を使っているのでしょう。

| | コメント (2)

Office 2007

EXCELでグラフを描くのに苦労しています。

もー何をそーしたら良いのか?って感じです。

皆さんも、機会があればOffice 2007に慣れておいた方がよいですよ!
ぜんぜんオペレーションが違います。

| | コメント (0)

USBフラッシュメモリー

今、256Mを使っています。

一方、年に1回のペースでHDDにトラブルがあり、システムの復旧に時間が掛かっています。

そこで、8Gを買ってHDDのBackupにも役立てようと考えた事があります。
常に使っているデータだけを保存するのです。
そうする事によってPCを復旧させなくても他のPCでRoutineの作業を進められます。

しかし、先立つ物が無い。

買うと最低でも12000円位でしょうか。
メモステだと、もうちょっと高いです。

と思っていたら、SDが5000円位に値下がりを始めたそうです。
買っちゃおうかな~
私の持っているガラクタで8GのSDをR/W出来たかな?

| | コメント (0)

xgscv

>STNAME2は無視されているようです。しかし、200610は表示されています。

この件で作者の加藤先生よりご指導を受けました。

export STNAME2="......" とすれば良いとの事です。

どうやら、良いようです。

実は、今度は、「hname.tbl が無い」と言って来ます。

「[vsolj 8639] Re: xgscv」にて加藤先生より、各々のフォルダーに hname.tbl がある事を確認するようにとのご指示を頂きました。

もしかすると、HNAME.TBLとなっているのかも知れません。
全て小文字のファイルにすれば解決か?

Windows softなのですが、そのようなReNameを一気に行うSoftがありました。

http://beefway.hp.infoseek.co.jp/download.html

お~瑠璃ね~む ver2.8 

と言うソフトです。

状況を調査してから VSOLJ-ML に投稿します。

| | コメント (0)

会費

日本変光星研究会の会費ですが、今年も無料かな!!と勝手に思っていたのですが、今年は会費必要みたいです。
昨日、急なお通夜があり、財布に有ったお金は3000円でした。有り金全部を使ってしまいました。小銭が若干残っているので数百円はありそうですが、今月は会費は払えそうにない。
格差社会でしょうか。

| | コメント (0)

2008年1月22日 (火)

Office 2007

Office XP (Office 2002)を使っていましたがOffice 2007にしました。

2007で作ったファイルが他のバージョンでは(変換しないと)読めないのとMicrosoft Photo Editorが気に入っているので2007を持っていましたが使っていませんでした。

会社で少しづつ2007を使う人が出てきましたので使い方に慣れておこうと思った次第です。いざ動かしてみるとぜんぜん様子が違うので今は戸惑っています。いつか慣れるのだろう。

保存形式のデフォルトは今までの物と同じになるように変更しました。

Word 97-2003 文章(*.doc)
Excel 97-2003 ブック(*.xls)

Photo Editorは2007をインストールしたあとに、XP/2002をカスタムインストールして入れました。ちゃんとインストール出来るのか、ちょっと不安でしたが上手く行きました。

Open Office 2.3は新しい形式のファイルを読めませんでした。EXCELだけ試しました。

***.xlsは当然OKです。
2007の***.xlsxは「フィルタの選択」ウインドウが開きますが該当のフィルタが無いので開けません。

で、最後にWindowsのUpdateをするのですが、Office XP SP3とOffice 2007 SP1の両方が同時に行われます。どちらかが動かなくなるのでは?と、考えるとすーごく不安です。
でも大丈夫でした。

| | コメント (2)

ASAS071637-0700.0

FQ Mon近傍の食連星で「比較星に使わないで!」という連絡があったものです。

VSOLJのNjhさんとKisさんがFQ Monの撮影画像から測光をしましたので光度曲線を作ってみました。ASAS-3の要素を使いました。

周期がほぼ一日ですので、今シーズンは全位相の観測は無理かと思います。
Asas07163707000

| | コメント (0)

2008年1月21日 (月)

xgscv

>vsolj 8569 で紹介された xgscv を試してみました。
>http://www.cetus-net.org/ml/vsolj/200801/msg00018.html

vsolj 8589ではxgscvに必要なデータファイルが示されています。
>http://www.cetus-net.org/ml/vsolj/200801/msg00038.html

今回のリリースに伴い newvar も更新されました。ASASが追加されているそうです。
他には、USNO A1.0 のファイルが作成されました。

schですが、私が持っている物(sch)と、今回ダウンロードした schold が一致しません。
これが何の情報を持っているのかわかりませんが、これはそういう物なのかも知れません。
とりあえず、今まで使っていた sch を使うことにしました。

以前から使っていたファイルで、今回ダウンロードした物に無いファイルもありました。

bd          BDカタログ?
gcvsstn10   古いGCVS
gsc         GSC
psc         IRASポイントソース
skyname     ?
tac         ?
usnodata    変光星周辺のUSNO

まずは、wingsc32で確認しました。私のwingsc32環境変数は下のようになっています。確認と言っても追加されたASASの部分だけの確認です。

set CR=C:\WinGSC32
set gscdir2=%CR%\gsc
set iraspsc=%CR%\psc
set chartdir=%CR%\SCH
set stname2=%CR%\hiptyc4;%CR%\bd;%CR%\cat32;%CR%\200610;%CR%\gcvsstn10;%CR%\tyc2;%CR%\newvar;%CR%\skyname;%CR%\tac
set usnodir=%CR%\usnodata

set glimmag=165
set irasdescr=Y
set dispepoch=2000.0
set defepoch=2000.0
set hipdisp=150
set irasvshow=Y
set usnoshow=Y
set SYS2=C:\WinGSC32\object

USNOは職場でdownloadしましたが、まだ持ち帰っていないので確認出来ていません。

では、Linuxは?と言いますと

知識不足ですので、やっぱりダメでした。

以下は、環境変数のファイル(xgscv2008.sh)の内容です。

#!/bin/sh
export CHARTDIR=/root/xgscv/SCH
export GSCDIR2=/root/xgscv/gsc
export IRASPSC=/root/xgscv/psc
export USNODIR=/root/xgscv/usnodata
export STNAME2=/root/xgscv/200610;/root/xgscv/bd;/root/xgscv/cat32;/root/xgscv/gcvsstn10;/root/xgscv/hiptyc4;/root/xgscv/newvar;/root/xgscv/object;/root/xgscv/skyname;/root/xgscv/tac;/root/xgscv/tyc2;
export IRASDESCR=Y
export IRASVSHOW=Y
export GLIMMAG=165
export DISPEPOCH=2000.0
export DEFEPOCH=2000.0
export HIPDISP=150
./xgscv

STNAME2は無視されているようです。しかし、200610は表示されています。

GotoでObjectを選んでstar name:にERIYYって入力すると

Database open failure
DB = OBJECT.DBF
OBJECT.DBF open failed
gcvs.jmp open error

と、なります。

Screen_xgscv

Screen_xgscv2

| | コメント (0)

2008年1月20日 (日)

charts

フロリダのStephanさんから星図作成依頼が来たので作りました。

AV PupとUZ Pupの2つです。

http://homepage3.nifty.com/nga_star/pupav-ch.gif
http://homepage3.nifty.com/nga_star/pupuz-ch2.gif

Tycho2(V)sequenceです。

| | コメント (0)

Variable Star Bulletin

Texにエラーがありましたが、そのままVSOLJに投稿しました。

受付て下さったmei/nekoさんがエラーの修正をしてくれました。

l.428 ... & 5567.5 & Rc & 156 & Nga & 20SC+SV-04L&
                                                  \\

l.476 ...min=2445730.5565+0.116719582xE (Cakirli &   
                                                  Devlen (1999))\\

この2つです。

SV-04LEと書かなければならない所をSV-04L&って書いてありました。
Cakirli & Dvlenの&がイカンのでした。

そこで、自分でも分からないのか?と思い、logを見てみたらエラーの箇所が書いてあります。でも、これ以上に難しいエラーだと、やっぱり自分で解決出来ないかな。

「ecl2007.dvi」をダウンロード

発行時期は、mei/nekoさんの2007年分が未掲載ないので一ヶ月位遅らせる事にしました。

| | コメント (2)

recent_obs.txt

食連星の極小予報プログラムを公開しています。

http://www.geocities.jp/nagai_kazuo/dload-1.html

ここの「18-1.新・食変光星極小予報」です。

この中に「fstyohou.exe」と言うプログラムを更新しました。

recent_obs.txtの記述が大文字でも小文字でも同じ星と認識するようにしました。

他に、2008年版Cracow星表だけで作った予報用マスターファイルがDownload出来るようにもしました。

| | コメント (0)

怒涛の観測報告

金曜日に帰宅すると群馬県のKit氏から食変光星観測の手紙が来ていました。
今回は、4つの極小観測でした。
のんびりと処理をして返信の手紙を書いたあとにvsolj-obsとvsnet-eclという変光星のMLに解析結果を投稿しました。

すると、mei/neko氏が大量に食変光星観測報告を投稿していました!。14件です。まだあるそうです!

補足
vsolj-obsは変光星の無料MLです。vsnet-eclは食変光星の無料MLです。変光星に関心のある方は是非とも購読して欲しいと思っています。

http://www.cetus-net.org/ml/
http://ooruri.kusastro.kyoto-u.ac.jp/mailman/listinfo

| | コメント (0)

ISIS

[AAVSO-DIS] Close stars and aperture photometry で紹介されていました。

PSF測光だそうです。

IRAFのインストールが出来なかったのでDAOPhotもあきらめていました。

http://www2.iap.fr/users/alard/package.html

ここを見てみました。

ん~、例によって Linux program です。こりゃ、またダメかな。

| | コメント (0)

2008年1月19日 (土)

recent_obs.txt

食連星の極小予報プログラムを公開しています。

http://www.geocities.jp/nagai_kazuo/dload-1.html

ここの「18-1.新・食変光星極小予報」です。

この中に「fstyohou.exe」と言うプログラムがあります。
これは、指定時刻以降に極小となる星を抽出するプログラムです。

同時にステラナビゲータ用のadfを作成します。

このadfをステナビで表示すると過去に観測した物は赤い字になっています。

これは、recent_obs.txtに記述されている星を赤で表示します。

このrecent_obs.txtの記述ですが、RZ Casの場合は、

CASRZ
casRZ
CASrz
casrz

と書かなければありません。

その理由は、予報用のマスターファイル(star.dat)に上記のように4種類で書かれているからです。

星名が大文字・星座名が大文字、などで出典カタログを分類させているために、このような妙な事になっています。

また、fstyohou.exeではrecent_obs.txtを500レコードまでしか読み込みません。すでに過去の観測星は500件を超えています。

そこで、fstyohou.exeを修正して大文字も小文字も同じ星と認識するように修正しました。

よって、CASRZ の1行だけ書けば良い事になりました。

「fstyohou.exe」をダウンロード

※近々にHomePageを更新します

また、予報用マスターファイル(star.dat)に、先々、出典カタログのITEMを追加しようと思っていますが、このFormat変更にも耐えれらるようになったと思っています。

| | コメント (0)

2008年1月18日 (金)

Cracow星表

2008年版Cracow星表で予報が出来るようになりましたので、HomePageの極小予報に2008年度を載せました。

http://homepage3.nifty.com/nga_star/index-j.htm

このページの「極小予報」と言う所に、「2008年度、短周期食連星の極小予報」で公開しています。

| | コメント (0)

2008年1月17日 (木)

Cracow星表

Cracowの部分だけですが、予報用のマスターファイル(star.dat)を作成しました。

http://www.geocities.jp/nagai_kazuo/dload-1.html
 18-1.新・食変光星極小予報

上記のプログラムで読み込み可能な書式になっています。

「star_cracow2008.dat」をダウンロード

このファイルをダウンロードして、star.datにリネームすれば(2008年1月に更新された)Cracowの要素を使って予報が出来ます。

| | コメント (0)

2008年1月16日 (水)

ウイルスバスターの更新

期限が切れそうなので更新しました。
3年更新にしました。

1万1千円です!

高額出費です。

| | コメント (0)

しどろもどろな Linux user

vsolj 8569 で紹介された xgscv を試してみました。

http://www.cetus-net.org/ml/vsolj/200801/msg00018.html

でも、動かし方がわかりませんでした。
しばらくVine Linuxを触っていないせいで、もー何が何だか、ぜんぜんわかりません。

bash : xgscv : command not found って言ってきます。

種類はバイナリ・プログラムでアクセス権の実行をチェックしましたがダメでした。

GSCVデータは置いていません。
と言いますか、「環境変数」って何の事かわからないです。

こんな感じですので、ここで終了!

| | コメント (3)

2008年1月15日 (火)

マウスが壊れた

突然、上下左右で「右方向」だけ動かなくなった。

手持ちのマウスに交換しましたが、クルクル回すスクロールがない物です。

やっぱり、案配が悪いので買っちゃいました。PS2マウス。

| | コメント (0)

Cracow星表

>2008年1月7日に更新されています。

HPにある一覧表は2行単位が一つのレコードとなっています。

http://www.as.ap.krakow.pl/ephem/allstars-cat.txt

他に
 副極小の要素しな無かったり
 一つの星に複数の要素が有ったり
 RA,RDが未記入の物もあります
 昔の名前で出ています
 変光範囲がわからない物あり

そのままでは使いにくいです。

そこで、色々と手を入れて自分用にファイルを作り直しました。

変光範囲だけは、まだ追記してありません。

「cracow2008jan.txt」をダウンロード

| | コメント (0)

2008年1月14日 (月)

Variable Star Bulletin

Visual and CCD minima of eclipsing binaries during 2007 を投稿しました。
Texの文法にErrorがあるみたいでしたが、mei/nekoさんに直してもらおうと思って、そのまま送ってしまいました。

本当は BC Eri の周期について書きたかったのですが、色々と他にもやる事があって別な機会に「変光星」に投稿する事にしました。

下のファイルはTexエラー修正していません。
「ecl2007.dvi」をダウンロード

| | コメント (0)

直線に近似

OpenOfficeで散布図を直線近似(回帰)した際、近似式を表示してくれないのです。エクセルは表示出来ます。

mei/nekoさんは「R」で一次回帰を行いました。

http://d.hatena.ne.jp/meineko/ の 2008-01-11 「一次回帰」です。

コメントしたかったのですが書き込めませんでした。

Rって何?の疑問を持った事があります。でも、結局、調べていません。
そこで、私はExcelを使って最小自乗法による一次回帰を作りました。

「cyokusen.xls」をダウンロード

OpenOfficeで開いても大きな問題はありませんでした。

ここまでで、やっと、全てFreeSoftを使った「コンパクトデジカメによる変光星観測」をまとめる環境が出来ました。

| | コメント (0)

2008年1月13日 (日)

U MonのChart

変光星の眼視観測では変光星図を用います。
変光星図は変光星周辺の恒星の実視等級が書かれています。
これらを比較星とよんでいます。
しばしば、(変光星図に記載されている)比較星の等級がおかしい事が話題になります。
この問題はなかなか解決しません。

「これです!!」と言う答えがないので、ずっと問題になっています。

また、該当する変光星の星図に歴史が長く、新旧が入り乱れていることもあります。

一番良いのは、みんなのやり方を聞いて自分なりの解決方法を求めるのが良いと思っています。
あまり自分に合っていない方法は導入できない事もあるからです。

変光星図がまちまちですと、観測結果がバラツキを持ってしまいます。
ただでさえ観測にはバラツキがありますので、大勢で一つの星を共同観測する場合などは、事前に事務局にあたる人が観測用星図を作成したり指定したりします。

従いまして、U Monだけにある問題ではないのです。

比較星の選定や決定は日進月歩です。
特に信頼性の高い測光カタログが出ると一歩大きく進みます。
この事は逆に言うと完全な測光カタログが無いのかも知れません。

ヒッパルカスとチコは同じ衛星(ディテクターは違います)から作ったカタログですが値が違います。
その事で製作元に文句は行かないです。

また、何十年も前から(或いは、大凡100年前から)眼視観測は(ほぼ)アマチュアだけの物になっており、あまり学問的に眼視用変光星図の問題解決がされなくなった事もあるかも知れません。

ここまでで、単純に考えると新しい星図を使う事が有効な事がわかります。
古い天文雑誌の切り抜きを使っている人は要注意です。

これは、長年観測を続けていると使っている変光星図を更新する場合がある事も意味しています。

従いまして、観測野帳には、どの比較星を使ったのかを記録する事になっています。
そして、比較星等級が更新されたら、変光星等級の再計算を行うようになります。

反面、あまり気にしないのも手です。
眼視観測ですから±0.1等位の観測誤差があります。大勢の観測を集計すると光度曲線は大きな幅を持ちます。

観測対象の変光範囲が十分に大きい場合は比較星等級が多少異なっていても影響がわかりにくいです。

変光範囲が僅かな物は、使用する比較星は少ないので、その比較星の等級差だけが正しければ観測結果に歪などは現れない事でしょう。

その中間位のU Monだと影響が大きいかも知れません。

自分だけが妙な値とならないように(まずは)皆が使用している変光星図を使うのが良いです。反面、比較星は自分の目にあわせて校正するのも手です。
正確な観測を行っているKitさんは、全部の比較星を観測して等級を修正してから観測しているようです。
どちらが良いのかわからなくなって来たとおもいます。これは、程度問題なのかとも思っています。

測光カタログが出回っていますので、星図の自作が可能になりました。
AAVSOのVSPはヒッパルカスのV等級をプロットするシステムのようです。
ヒッパルカスが使える人は同じものが自作出来る事になります。

注意する点は出典を明らかにする事です。

私自身も星図を作ったりしますが、古い物は出典がわからなくなっている物もあります。
星図自体に記入しておくと良いでしょう。

変光星図について、日本変光星研究会の掲示板で話題にすると良いかも知れません。

http://mirahouse.dyndns.org/nhk/bbs/test/read.php/board/1154995626/l50

この問題は「どうしたらよいですか?」に対しては、千差万別の答え(?)が来て、何をしたら良いのかわからなくなるかも知れません。
或いは、「どうしたらよいですか?」に対して、まったく反応が無いかも知れません。正直「わからない」と思っている人が多いかも知れないです。

皆さんのノウハウをお聞きして、時間を掛けて自分なりの解決方法を見出すのがよいかも知れません。おそらく、多くの人が悩んでいる最中だと思います。

| | コメント (0)

博物館まつり

昨日、平塚市博物館に行きました。
しかし、「博物館まつり」の準備の日ではありませんでした。

結局、天文の先生と雑談して帰ってきました。

収蔵物に柱時計があります。最も古いものは明治時代でした。

展示するらしく準備をされていました。

Tokei20080112

| | コメント (0)

2008年1月12日 (土)

U MonのChart

霞ヶ浦天体観測隊さんのBlog

http://kasuten.blog81.fc2.com/blog-entry-394.html#blogcomment

P-chart(左の図)の星を調べてみました。

59 : NSV17502 5.5から6.8等

77 : TYC2-5396.1948.1 7.73等

74 : TYC2-5401.799.1 7.41等、B-Vが1.41なので赤い星です。IRAS天体です

75 : TYC2-5401.217.1 7.55等

67 : NSV17493 6.4から7.1等、B-Vが1.63なので赤い星です。IRAS天体です

57 : NSV17487?、B-Vが1.64なので赤い星です。IRAS天体です。TYC2-5400.4702.1で5.73等

66 : NSV17484 6.59から6.63等、この星は赤くないです

安心して使えるのは75と77だけでした。これだけじゃ寂しいです。観測出来ないじゃないですか。

あと使えそうな比較星は、74、57、66かな

66は変光範囲が小さい青い星なので、6.6等として使える感じです。

A-chart,B-chartやP-chartって何でしょう?

A,Bはスケールの違いで、Pは光電測光用のChartです。

また、霞ヶ浦天体観測隊さんの調べているのは古いほうのシステムを見ています。

http://www.aavso.org/observing/charts/

新しい、AAVSO Variable Star Plotterで表示される比較星等級とBlogに貼り付いていた左側のchartの等級が違います。

http://www.aavso.org/observing/charts/vsp/

AAVSO Variable Star PlotterのB-chartは、

59 → 59
77 → 78
74 → 74
75 → 76
67 → 66
57 → 58
66 → 66

AAVSO Variable Star Plotterはヒッパルコスから引用しています。

コメントに投稿しようかと思ってまとめていたのですが、まとまらなかったので自分のBlogに書きました。

| | コメント (3)

博物館まつり

今日は平塚市博物館にて「博物館まつり」の準備です。

ですが、
いつもながら、「本当に今日なの?」「何時にどこへ行けばいいの?」の状態です。

とにかく、13時頃に科学教室へ行ってみよう。

| | コメント (0)

pogson

>>やっぱりエクセルでいいや
>
>ご批判を受けまして、OpenOfficeも使うようにします

てか、EXCELとOpenOfficeは互換性があるので、EXCELで作った物を読み込めます。

ただ、直線近似(回帰)した際の近似式をOpenOfficeが表示してくれなかったと思います。

そこを、どうするかが問題か?

| | コメント (0)

Cracow星表

2008年1月7日に更新されています。

http://www.as.ap.krakow.pl/o-c/index.php3

自分の使っているCracow星表も古くなって来たので入れ替えようと思っています。

これは、予報用のマスターファイルの改版になります。

http://www.geocities.jp/nagai_kazuo/dload-1.html

予報用のマスターファイルは、ここのページの以下の2つのシステムで使っています。

16-1.新・O-C計算 Ver 3.20
18-1.新・食変光星極小予報

一方、以前から、このマスターファイルの(各レコードの)出展が分かりにくいと思っています。

そこで、各レコードに出展先を追記し、星名と同格位のものにしようかと考えています。

星名を2種類考える。

 R Cas
  と
 R Cas , GCVS

の2種類です。

カタログのキーは、

GCVS,Cracow,Hip,ASAS,NSVS,VSOLJ,BRNO,BAV,AAVSO,Bob Nelson,etc の様な感じです。
MISAOやBrhなども、どんどん追加出来るようにしたい。

と言った感じで夢は膨らんでいますが、カタログの書式を自分用に変換する所でウンザリしています。それ以前にカタログを集める所で躓いています。

http://www.tass-survey.org/tass/catalogs/catalogs.html

| | コメント (0)

2008年1月11日 (金)

今週は疲れます

年明け早々の月曜日、初出社でしたが、東海道線が人身事故で遅れました。
いつもより50分も多く電車に乗ってました。(50分多く立っていた事になります)
お蔭様で、月曜日の朝からドーッと疲れました。
そのままズッと疲れ続けています。

月曜、朝の通勤が2時間40分掛かりました。その間、たちっぱなしです。

今週は3回も晴れましたが、一枚も天体写真撮影をしていません。

この週末は3連休です。成人式、マンセー!

| | コメント (0)

pogson

>やっぱりエクセルでいいや。

ご批判を受けまして、OpenOfficeも使うようにします。使い方わかるかな?

まず、最新版のDownLoadから

http://ja.openoffice.org/

2.3.1ですか。

| | コメント (0)

Laptop PC、うるさい

IBM 240Zですが、バッテリーで動かすと起動時とシャットダウン時にBeep音がピーピーとうるさいです。
Beepなのでボリウムを下げても効果がありません。

(研究会とか)静かな時に起動させる際にはスピーカーを手で押さえていないと音が大きくて目立ちます。

対策ですが、単にスピーカージャックにプラグをさすだけで解決です。こんな簡単な事に今まで気が付きませんでした。なさけない。
240z_ej1 240z_ej2

| | コメント (0)

2008年1月10日 (木)

赤道儀の板を交換

このタイトルでは何の事か分かりませんね。

赤道儀をベランダの手すりに取り付けています。

http://homepage3.nifty.com/nga_star/obsp.htm

木の板で作ってありますので腐ってきます。

だいたい、年に一回のペース(梅雨明け頃)で交換しているのですが、昨年はマンションの修繕工事がある事が分かっていましたので交換しませんでした。

交換すると極軸調整の作業が発生します。面倒ですので(なるべく)交換したくないのです。

この正月に板だけ作っておくことにしました。

と言いますか、娘が工作作業を手伝ってくれると言ってくれたのでやる気を出しました。

Deranda20080105

写真手前が新しいものです。奥の物が古いものです。

古くなると、こーーなになっちゃうんです。

結局、娘がノコギリ・穴あけ・やすりカケまでやってくれました。私はニスを塗っただけです。

| | コメント (0)

Kit氏からの手紙

2007年の食の観測報告が届きました!。3つの観測報告がありました。

実は、年末に届いた分が、まだ終わってないです。14も残っています。

でも、この17個が終われば2007年分は終了です。

そしたら、ブレテンだ!

http://vsolj.cetus-net.org/

| | コメント (0)

2008年1月 9日 (水)

2008年の天文現象

2008年は特に無いようです。

8月1日のモンゴル日食は、ぜんぜん見えません。

http://www.hucc.hokudai.ac.jp/~x10553/images/20080801.gif

8月17日の月食は低空です。食なのか大気減光なのか分からなかったりして?

で、ステナビで見てみました。左上から欠けて行くので、もしかするとわかるかも知れません。それにしても超低空ですので相当に開けた場所でないと月すら見えません。

デジカメで狙ってみますか!

暦は、国立天文台・天文情報センター・暦計算室を見ると色々と分かります。
http://www.nao.ac.jp/koyomi/

まぁー予定されている天文現象以外にホームズ彗星のような突発現象もあるかも知れませんので何も無いなんて事は無いのでしょうね。

変光星の世界では、激変星・新星・超新星が突発現象なのでしょうけれど、どーーも私は食連星のような規則正しい方が性格にあっているように感じます。
規則正しく、朝昼晩と食事をして、起床・消灯も毎日同じ時刻です。ひょっとして食連星観測者は硬派?

いや!、あんな人やこんな人がそんなハズないです!

| | コメント (0)

εAur

昨日、εAurの事を書きました。2009年は第1接触と第2接触があります。
ただし、これはIBVS2748の観測結果を基にしています。

IBVS2748

1 2455057 2009/08/13
2 2455194 2009/12/28
3 2455640 2011/03/19
4 2455704 2011/05/22

Prediction

1 2455072 2009/08/28
2 2455207 2010/01/10
3 2455601 2011/02/08
4 2455742 2011/06/29

GCVSを用いて算出すると第2接触は2010年1月になります。光度曲線はハッキリしないシェイプなので「この付近でしょう」ってなるのだと思います。

2008年中にコンパクトデジカメによる観測を普及させて、来年のεAur観測キャンペーンに突入しましょうか!

また、2010年中は全部が金環食です。この間の変動にも注目したいですね!

でもー、なんだかなだ言っても(デジカメ観測は)受け入れられない観測手法だとも思っています。困りましたね!

私自身はこの天体を一度も観測した事が無いです。年齢的に「この期を逃すと」の状態ですので無視はできないイベントだと感じています。娘のデジカメが借りられたら観測してみよう。

で、チャートなんですが、2002年2月の月天に載っているそうですが、比較星はどのカタログを使っているのか?分かる人いないかな?

| | コメント (0)

pogson

>エクセルを持っていない人は、どうしましょう
>..中略..JAVAスクリプトで書きましょうか

http://homepage3.nifty.com/nga_star/pogson.htm

一応、作ってみました。

でも、この先は全ての比較星データを直線に近似して変光星等級を求めます。
更に、これを5枚の写真の分だけ行って、5点を平均します。
また、誤差を求めるために標準偏差を算出します。

私でも作れると思いますが起用にはJAVAスクリプトを扱えません。

やっぱりエクセルでいいや。

| | コメント (4)

2008年1月 8日 (火)

おみやげ

昨日から仕事が始まっています。職場に正月休みのお土産がありました。

こっ、こっ、これは~ー

Omiyage200801

期限は?

スカシカシパンより貴重品か!?

| | コメント (0)

1/5の観測

だいぶ観測に自身が持てるようになってきました。

それは、1月5日のδCepの観測結果を光度曲線にプロットした時に非常に良い位置にいたからです。

μCepのような赤い星の場合は時々大きく外れてしまいます。今までに2点の酷い観測があります。これを削除するとゆったりとした変光の様子が見えてきます。
単に5枚を撮影して平均するのではなく、大きく外れた値を採用しないようにする事で解消できると感じています。
この辺は、もう少しデータを積み上げて吟味したいと思っています。

Deltacep20080105

Mucep20080105

撮影の際に最も圧縮率の低い設定にしています。これが良い結果になっているはずです。

また、(エクセルを除いて)全てFree Softで出来るようになりましたので、早く、観測方法を公開したいとも思っています。来年のεAurにはキャンペーンでも行って(比較的、安価な)コンパクトデジカメによる観測も一つの手法として紹介できると良いかも知れません。

と言う事で、そろそろ、下記の観測結果をvsolj-obsに投稿しようかな~と思ってきました。

---- Variable Star Observations ----
CEPdelta 20071125175322 3.96C Nga
CEPdelta 20071201174938 3.92C Nga
CEPdelta 20071202180814 4.22C Nga
CEPdelta 20071205200927 3.60C Nga
CEPdelta 20071206200606 3.86C Nga
CEPdelta 20071216172602 3.68C Nga
CEPdelta 20071220193920 3.22C Nga
CEPdelta 20071224173706 4.05C Nga
CEPdelta 20071225201232 3.43C Nga
CEPdelta 20071226200548 3.35C Nga
CEPdelta 20080105182953 3.28C Nga
CEPmu 20071125175322 4.00C Nga
CEPmu 20071201174938 3.82C Nga
CEPmu 20071202180814 3.93C Nga
CEPmu 20071206200606 3.83C Nga
CEPmu 20071216172602 3.89C Nga
CEPmu 20071224173706 3.84C Nga
CEPmu 20071225201232 4.05C Nga
CEPmu 20071226200548 3.94C Nga
CEPmu 20080105182953 4.11C Nga
----------------------------------------------
観測は順に星名 , JST(hhmmss), 光度, 観測者略号
total: 11夜 / 2星 / 20 目測
observer: K.Nagai (Kanagawa,Japan)
instruments: LUMIX DMC-FX30
comment:

photometry error:
CEPdelta 2007/12/16 ±0.09
CEPdelta 2007/12/20 ±0.21
CEPdelta 2007/12/24 ±0.10
CEPdelta 2007/12/25 ±0.13
CEPdelta 2007/12/26 ±0.08
CEPdelta 2008/01/05 ±0.09
CEPmu 2007/12/16 ±0.17
CEPmu 2007/12/24 ±0.14
CEPmu 2007/12/25 ±0.29
CEPmu 2007/12/26 ±0.37
CEPmu 2008/01/05 ±0.27

comparison:
αCep   2.45
ζCep   3.39
ιCep   3.50
αLac   3.76
εCep   4.18
π2Cyg  4.23
ξCep   4.26
βLac   4.42
π1Cyg  4.69
οCep   4.75

エクセルを持っていない人は、どうしましょう。OpenOfficeですか?なんとなく、引いてしまうような気がします。JAVAスクリプトで書きましょうか。

| | コメント (2)

2008年1月 7日 (月)

jpeg → FITS

>gimpがなかなか良かったのですが単色に出来ませんでした。
>ひじょーーにおしいです。白黒になっても3Pなんです。しかも、8BITだし。

もう一度、GIMPを調べました。

http://www.gimp.org/

>白黒になっても3Pなんです。

では、ひとつのプレーンだけを測光したらどうなるのでしょう?

>しかも、8BITだし。

jpegだから8BITでいいじゃん。

で、ReTryしました。脱色(白黒に)する際に「明度」で行うとステライメージと同じ結果になる事が確認できました。

「灰色のもととなる濃淡を選択」のラジオボタンを「明度」を選択して「Desaturate」を押します。

そして、別名でFITSファイルで保存します。

マカリでOpenする際に「グレースケール画像」「第2プレーン」にしてOKボタンを押します。

この2点がポイントです。

以下はStellaImageとGIMPでFITSに変換しマカリで測光した結果です。

星名    Hip    StellaImage   GIMP G-plain
αCep   2.45   1976.686722   1976.686722
ξCep   4.26   535.9346473   535.9346473
ιCep   3.50   762.3091286   762.3091286
οCep   4.75   317.9170125   317.9170125
μCep   V      457.0145228   457.0145228
ζCep   3.39   952.8630705   952.8630705
δCep   V      1102.982365   1102.982365
εCep   4.18   469.4325726   469.4325726
αLac   3.76   843.9605809   843.9605809
βLac   4.42   437.6141079   437.6141079
π2Cyg  4.23   633.1265560   633.1265560
π1Cyg  4.69   322.1058091   322.1058091

まったく同じ結果でした。

「灰色のもととなる濃淡を選択」には「明度」以外に「光度」「平均」がありました。しかし、この2つはまったくマカリと一致しませんでした。
また、「明度」にしても、時々、Rが違っていました。

色とプレーンの関係は以下のようになっています。

R 第1プレーン
G 第2プレーン
B 第3プレーン

Rが違った結果となったのは(「重心を探す」にしていますが)目的星をクリックした位置を間違えたのだと思います。
根拠は無いのですが、念のため「第2プレーン」で測光するようにします。

| | コメント (0)

2008年1月 6日 (日)

Kit氏からの手紙

>2007年最後の(食連星の)観測報告が届きました

lambda Tauのデータ入力が終わりました。

GCVSのLight Elementを使って光度曲線を作成しました。

Lambda_tau_2007kit

こちらも見事です!

眼視観測とは思えない。神業でしょう。

47夜の観測です。全部で232の観測をしています。

ランダムに観測をして、光度曲線を作成すると、このようにEA型のライトカーブが描けてしまいます。

神だ!

| | コメント (0)

デジカメde変光星

「jpeg → FITS」をFreeSoftで行いたいのですが、なかなか見つかりません。

では、作りましょか!
えっ!自作するの??他にもやる事がたくさんあるのに!

jpegだと1色あたり8Bitだし、画像は圧縮されているし、

し か も
いつか、(自分で勧めておきながら)「デジカメ測光なんて止めなさいね」って言わないといけないし、

よって
この話は、あんまりリキみたくないですし。敷居の低~い「入門的なもの」にして収束したい。

だったら、なおさら、FreeSoftが必要か?

| | コメント (0)

ふぐを食べた

正月に河豚を食べました。生涯で2回目です。

Fugu20080103

| | コメント (0)

2008年1月 5日 (土)

Kit氏からの手紙

>2007年最後の(食連星の)観測報告が届きました

VV Oriのデータ入力が終わりました。

422目測ありました。

GCVSのLight Elementを使って光度曲線を作成しました。

Vv_ori_kanai2007

見事です! 眼視観測ですよ!

Kitさんが電子メールが出来れば、すぐにでも送りたいのですが、郵便以外に通信手段が無いので手紙に書いて伝えます。

手紙だと80円切手で何Byteの情報が送れるのでしょう?
いつも、小さい字で印刷しています。それでも、解析した物を全て送ることは出来ないので可也省略してお返事を出しています。

| | コメント (0)

1/3の観測

道路が込んでいました。いつもより、たくさん歩行者が居ました。撮影どころではありません。

でも、ミラを5枚撮影しました。δCepを1枚撮影したところで散歩のイヌが近寄って来たので逃げてきました。

δCepは雲の中です。

Delta_cep_20070103

ミラには雲はありません。以下のようになりました。

---- Variable Star Observations ----
CETomicron 20070103181440 4.43C Nga
----------------------------------------------
観測は順に星名 , JST(hhmmss), 光度, 観測者略号
total: 1星 / 1目測
observer: K.Nagai (Kanagawa,Japan)
instruments: LUMIX DMC-FX30
comment:

photometry error: ±0.28

comparison:
αCet  2.54
ηCet  3.46
γCet  3.47
θCet  3.60
ζCet  3.74
αPsc  3.82
δCet  4.08
μCet  4.27
ξ2Cet 4.30
ξ1Cet 4.36
ξPsc  4.61
χCet  4.66
λCet  4.71
νCet  4.87

| | コメント (0)

1/4の観測

21.8時に極小になるアルゴルを撮影しました。
しかし、途中で曇ってしまいました。撮影した写真をGIF動画にしました。

http://www.geocities.jp/nagai_kazuo/algol20080104.html

| | コメント (0)

ステナビ6のアップデート

すでにオンラインでのデータ更新サービスが終了しています。

今、ホームズ彗星はどこに居るのだろう?

最新のデータが欲しくなりました。

アストロアーツのHPからステナビ8用のデータがダウンロード出来ます。

http://www.astroarts.co.jp/products/stlnav8/download/index-j.shtml#elements

ここの「軌道要素更新データ(ファイル名: sn8newdata.zip サイズ: 1.0MB」です。

これを解凍するとstlmpl.eldがあります。彗星の軌道データです。

これを、C:\Program Files\AstroArts\corstl2 に上書きします。

すると、新しいデータに書き換わりました。下は1月4日のホームズ彗星です。って、今でも明るいから探せば直ぐに分かるじゃないですか!

17p_20080104

| | コメント (0)

2008年1月 4日 (金)

Iris 5.51

こちらもAstra Image 3.0 Proと同様にjpegを読み込んで、そのまま測光できます。カラーのまま測光できます。

こちらの測光結果は満足できるものです。

しかし、Irisは光度重心を求めてくれません。よって、星の中心をクリックしたつもりでも、クリックした場所が1ピクセルでもずれると結果が変わってしまいます。

また、こちらもFITSで保存してくれません。

| | コメント (0)

Kit氏からの手紙

2007年最後の(食連星の)観測報告が届きました。

レポート用紙40枚あります!

| | コメント (0)

2008年1月 3日 (木)

Astra Image 3.0 Pro

これの測光機能を評価して線形では無かったので、その旨をまとめてHome Pageに書きました。

目的星が明るくなると暗めに測光します。

しばらくすると、ぎこちない日本語で「あなたのホームページには間違いがあります」と言う内容のメールが来ました。メールの差出人は日本人の名前でした。メーカーから圧力?

私は直ぐにHomePageから削除しました。

そして、もう一度確認をする事にしました。しかし、アパチャーの条件を変えたりしましたが、何度やっても結果は同じです。目的星が明るくなると暗めに測光します。

ですが、気に入っている所はjpegを読み込んで単色に変換し(全色をコンバインし)測光出来る点です。測光結果は変わりません.。

お試し版ですので保存が出来ないです。保存出来れば、それをマカリで測光してみたかった。

| | コメント (0)

2008年1月 2日 (水)

お年賀

Miloslav Zejdaさんからお年賀のメールが来てました。IBVSにIV Casの論文を出した人です。

んーー、えらいなー。私は(海外には)誰にも出してないや。

| | コメント (0)

2007年12月の観測月報

10夜 / 4星 / 320目測 でした。

コンパクトデジカメ(LUMIX DMC-FX30)による観測方法が、少し分かって来た事でδCepの継続的な観測が出来ました。
また、たった1つですがミラの観測にも成功する事が出来ました。かろうじてキャンペーンに参加出来ました。

食連星の方は、アルゴルの極小観測をサボってしまいましたが、静岡県の月光天文台でDSI-Proを使ったCCD観測が出来ました。
機器の操作に手間取って、準備に2時間も掛かってしまいましたが、副極小の時刻を観測する事が出来ました。

今月は(空き地が使えるか心配ですが)デジカメ観測だけでも続けたいと思っています。

マンションの修繕工事が終わる2月中旬までは、こんな感じで細々とでも観測を続けたいです。

アルゴル
1月
   1日(火) 24.9時 35度
   4日(金) 21.8時 68度
   7日(月) 18.6時 75度
  24日(木) 23.5時 34度
  27日(日) 20.3時 68度
2月
  16日(土) 22.0時 34度
  19日(火) 18.8時 67度

λTau
2月
   5日(火) 24.3時 12度
   9日(土) 23.2時 22度
  13日(水) 22.1時 33度
  17日(日) 20.9時 43度
  21日(木) 19.8時 53度
  25日(月) 18.7時 61度

| | コメント (0)

2008年1月 1日 (火)

あけましておめでとうございます

Teapotsirds_winfree_big

| | コメント (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »