« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月30日 (日)

焦げ臭い

非常にかすかなのですが、DeskTopPCの電源を入れたら抵抗器が燃えたような匂いがしました。
でも、動いています。

電源のどっかなんでしょう。
予備の電源は2つあるので、何かあっても大丈夫。

| | コメント (0)

月末です

今月は観測数の少ない月だったと思います。
今日も曇りです。

来月末からマンションの修繕工事が始まります。終了は来年の2月です。

来月はたくさん晴れて欲しいです。

| | コメント (0)

連星研究会

今年の駒場での連星・変光星・低温度星研究会は11月にあります。
ですが、11月にマレーシア出張の予定があり出席出来ません。

と思っていたら、

出張者が変更になりました。

と言う事で、参加申込をしよ~っと

| | コメント (0)

.htaccess

会社のサーバーに置いているWebページにセキュリティーをかけるように指示を受けました。
専用回線なので一般の人は閲覧出来ないのですが(それでも)セキュリティーは年々厳しくなります。

で、.htaccessの使い方を調べてみました。

会社のPCはWindowsなので、自宅のLinuxPCでファイルを作成して、月曜日に会社で動作確認してみるつもりです。
うまくゆくなか~

| | コメント (0)

DSI-Proのレデューサー

導入を楽に行うためには、より広角が欲しいです。
レンズの位置を少し対物レンズ側に移動させる事にしました。

<今までのレデューサー>

Reduce200709291_2

<新しいレデューサー>

Reduce200709292

どーーですか!倍位広くなりました。

しかし、フォーカスが合いません。直焦点ならば合います。鏡像にもならないくて按配がよいです。

Reduce20070929

でも

高度40度以上は向けられません。

AutoStarを買い直して赤道儀にしようかな~

レデューサーレンズはビクセンのE20アイピースから抜き取って使いました。
このE20は見かけ視野が70度もあって、眼視観測を行っていた頃はお気に入りのアイピースでした。

| | コメント (0)

2007年9月28日 (金)

ETX-80ATのファインダー

LPIのファインダーは撤去しました。

そして、3cmx6のファインダーをつけました。
やっぱり、これ位の物でないとイカン!
Finder20070925

| | コメント (0)

2007年9月27日 (木)

プレオネ

しっ、しまった。ニュートン買い忘れた

某、Nはりま天文台のNさわ先生からPASJの原稿が届きました。
2007Aug
週末に読みます。たのしみです。

| | コメント (0)

20070925観測

ASAS001556+0644.7の観測です。
264枚の撮影を行いましたが、235枚は雲ってしまいファイルは削除しました。
僅かに残った画像は一時間半しか無く今二つの結果になってしまった。
Asas00155606447_20070915

| | コメント (0)

10/13天体観察会での変光星図

SW Lacを観測する事にしました。
そこで、変光星図を作成しました。
しかし、銀河の中のせいか?赤い星ばかりです。赤くない星がありません。
ですから、下の星図の比較星は全部が(B-Vが1とか)赤い星です。

実際の観測はCCDによる光電測光なのですが、それでも影響があるかも知れません。幸い、天頂付近の観測です。

「sw_lac_chart.pdf」をダウンロード

Sw_lac_chart

| | コメント (0)

2007年9月26日 (水)

プレオネ

26日発売の「ニュートン」に「プレオネ」の記事が載るそうです。
帰りに品川駅の本屋で買ってみよう。

| | コメント (0)

TeX

「仕方がない、OSの再インストールをしよう」の続きです。

pLaTeX2εのインストールをしました。
毎回、よく分からないです。

年に1回位しか使わないのですが

| | コメント (0)

2007年9月25日 (火)

秋分の日

先日、平塚市博物館天体観察会で学芸員の方から秋分の日では前後を含んで腕時計と地方恒星時と一致していて便利です。と聞きました。
なるほど!
狙っている目的星の赤経を覚えていれば「今から観測出来るのか!?」すぐに分かります。

| | コメント (0)

FitsPhoto

光度曲線のデータ扱い数を1000件から3000件に増やしました。
今月、3回目の更新です。

今月のHomePageの更新は、FitsPhotoの更新しかやっていませんでした。

Internet望遠鏡のまとめをやって載せようと思っていましたが、Desktop VPNが使えなくなってしまうので計画は中止しました。

| | コメント (0)

Internet望遠鏡

で、完全に部屋へ引き上げました。
今後はサブ機として使うようになります。

20シュミカセで行っている準備の手順を当てはめると、LPIのファインダーは要りません。むしろ、ちゃんとした眼視用のファインダーが必要です。

| | コメント (0)

2007年9月24日 (月)

「PLEASY」の「@nifty会員」制度への統合

なんでしょう?これは、私は@nifty会員なんですが、(このブログは)ココログフリーを使っています。
「PLEASY」ってのが、このブログみたいです。

お知らせのメールには、「これまでの「PLEASYユーザーID」は「@niftyユーザー名」に名称を変更します。」って書いてあります。
そして、「「@nifty ID」が自動発行され、ご利用いただけます」だそうです。すでに@nifty会員なのに、もうひとつIDが増えるの??
メールアドレスが@nifmail.jpに変わるとも書いてあります。

もう、何が何だか分かりません。

ココログは、やたらとメンテナンスが多いし、今度はniftyのメールアドレスまで変わってしまうんじゃ、嫌な事ばっかりです。ココログもniftyもやめようかな。

26日以降にどうなってしまうのか。すーごく心配です。

| | コメント (0)

spectroscopic binary stars

マンションの修繕が始まったら観測が出来なくなります。
そこで、遠征して分光連星のスペクトルを撮ろうと考えました。
例年、12月のふたご群の際に静岡県函南の月光天文台に行きます。
そこでやってみよう。

日本から見える分光連星のリストを作成しました。
主星の視線速度が85K以上で6.5等より明るいものを抽出したら92星ありました。

例によって、ステナビのADFにした。

「9th_Spectroscopic_binary.adf」をダウンロード

Spbin_20070923

| | コメント (0)

FitsPhot

光度曲線を描く機能があります。1000レコード(0~999)が最大です。

これを2000にして欲しいとのご要望がありましたので3000に変える修正をはじめました。しかし、難航しています。

測光結果のファイルを読み込んでBufferに入れます。そこで、1レコードが1byte増えてしまいます。

001:のdate ⇒ 0001:のdata

大した事無いと思っていたのですが、stdファイルを作るときに、何バイト目から時刻、何バイト目は等級という作り方をしていたため、1バイトずれた事で全部見直しになりました。
これも、慎重にやればそんなに大変では無いと思ったのですが、日付時刻はFitsのヘッダーの内容と同じ構造でしたので、幾つかの種類があります。

11/10/99
2004-02-07
03/05/2007

頭の中はパニックです。

いつも、Fitsヘッダーの時刻が絡んでくると話が難しくなります。なんとかして欲しいです。特にビットラン。

| | コメント (0)

2007年9月23日 (日)

Desktop VPN

mei/nekoさん情報から、Desktop VPNが有料化される事を知りました。
Internet望遠鏡は完全に閉鎖決定です。

| | コメント (0)

スカイセンサーの不調

9/17の観測画像を見ると、観測の途中で(突然)直っていました。
何だったんでしょうね。

次に起きたときの対処法が見つかりませんでした。

| | コメント (0)

ASAS001556+0644.7

9/20の観測で光度曲線の重心から離れている物を除いたら光度曲線は部分食になりました。
9/21の観測は重心がハッキリせず、同じ手法が使えませんでした。

周期0.4日の連星ですが、二日間の観測で光度曲線が描けました。

Asas00155606447_200709

両方の極大がうまく重なっていません。副極小は主極小と同じ明るさのようですが一見して副極小が暗く見えてしまっています。

しばらく観測を続けてみます。

| | コメント (0)

2007年9月22日 (土)

20070921観測

Internet望遠鏡は閉鎖しました。大規模な改造をしないと使い物にならないです。
10月の天体観察会では、このまま使うつもりですので、それまでは改造しない。

20SCの方ですが、2日連続でガイド不調は発生しませんでした。
ASAS001556+0644.7と言う連星を観測しました。

Asas00155606447_20070920

Asas00155606447_20070921

9/20は主極小です。FLATなボトムでした。
9/21は副極小です。こちらはパーシャルな食みたいですが、もしかするとFLATかも知れません。

両日ともに25時以降の観測が異常です。ひたすら変光星が明るくなっています。
9/16の別な星の観測でも、ある時刻からひたすら変光星が明るくなっていました。

真南にマンション防犯用のライトアップがあり、その影響が出ているのだと思います。

| | コメント (0)

2007年9月21日 (金)

20070920観測

ベランダからフォーマルハウトが見えました。珍しい日でした。

20SCでASASの食連星を観測しました。
突然発生した東西方向のガイドのフラツキは無くなっていました。

望遠鏡は、電気・メカ・ソフト・光学で出来ています。
今回の症状は、電気・メカ・ソフトのいずれかになるのですが、おそらくメカの問題だと思います。
自然に治った事から、モーター部のどっかに妙なチカラがかかっていた、とかなのでしょうけれど、謎のままです。

天気が良かったので、ETX-80ATをフォーマルハウトに向けてみました。
制御はステナビです。
でも、フォーマルハウトから5~10度、西に向いています。

5日位前にアライメントをしました。その後、北極星をガイドし続けていました。
アライメント直後は、導入の問題はありませんが、数日経つとダメみたいです。

だんだん使わなくなって来ています。その原因は「導入出来ないから」です。時間が掛かり過ぎています。

Internet望遠鏡は閉鎖かな?

改善の為の大幅な改造を考えよう!

| | コメント (0)

2007年9月20日 (木)

recent_obs.txt

「食変光星の極小予報」をホームページで公開しています。

http://www.geocities.jp/nagai_kazuo/dload-1.html
「18-1.新・食変光星極小予報」です。

当日の予報結果からステラナビゲータ用のADFを作ってくれます。
ここで、recent_obs.txtに星名を記入するとマークの色が黄色になって表示します。
私はrecent_obs.txtには、(VSOLJも含めて)過去に一度でも観測した星を記述しています。

Recent_obs

これは、ステナビで表示させた時の状態です。
今から観測を始めて観測中に極小となる食連星が表示されます。
白字は今までの観測実績が無い星、黄色が観測実績のある星です。

とうぜん、recent_obs.txtをメンテナンスしないといつまでも白字です。

このメンテナンスをよく忘れます。
現状、メンテナンス忘れが何星あるのかすら分からないです。

また、予報用のマスターファイルの記述方法から
たとえば RZ Casの場合
 CASRZ
 casRZ
 CASrz
 casrz
の4つを追記します。

メモ帳で書き換えるのですが、忘れたり・間違えたりが多いです。

| | コメント (0)

2007年9月19日 (水)

仕方がない、OSの再インストールをしよう

今度のPCは、Binary Maker 3 がインストール出来た。

http://www.binarymaker.com/

どえらい嬉しいです。

| | コメント (0)

2007年9月18日 (火)

20070917観測

例によって、スッキリと晴れません。

Internet望遠鏡は操作が面倒です。
そこがネックとなって使わなくなってきました。
作業を分析して簡素化をしなければいけない。

20SCの方で観測しました。
夕方は曇っていましたので20時頃から観測を開始しました。
この時間では V356 Sgr は南中を過ぎていて観測が出来ませんでした。

東西方向にガイドがふらつく件です。

9/15は異常がなく、9/16から発生しています。
AutoGuideを止めてみましたが同じでした。
前日にスカイセンサーの電源電圧とは無関係である事を確認済みです。
モーターかスカイセンサーのトラブルかと思われます。

おおよそ10秒位の周期で、時々ガイド遅れが発生しています。
スカイセンサー特有のシャックリではありません。

さて、何なんでしょう?

| | コメント (0)

等級の定義

星の見かけの明るさは等級と言う単位(?)であらわします。
ベガを色指数0の0等級として、5等級差が明るさ100倍です。

定義が出来てから星々の等級を測定して決めていますが各星表間で差があります。しかも、無視出来ない差です。

また、一つの星表が発行されても、後からリバイスされたりして、信じられる物は少ないです。

星図を作成する際、出展を明らかにするしか方法が無いと思います。

| | コメント (0)

仕方がない、OSの再インストールをしよう

>あきらめました。

このPCは捨てました。

>そこで、以前に人からもらった「きったないPC」に変える事にしました。

XPのインストールが終わりました。
あとは、時間を掛けて元の環境に戻せば終わりです。
PCって、時々こういう無駄な時間につき合わされます。

でも、今回はお金が掛からなかったので不幸中のラッキーでした。

CPUは1.1GHzから1.6GHzになりました。Memoryは1Gで変わりません。

| | コメント (0)

2007年9月17日 (月)

仕方がない、OSの再インストールをしよう

あきらめました。
どうしても、CD-ROM Bootの途中でCD-ROMの読み込みエラーが無くなりません。
もしかすると、Mother Boardが壊れたんじゃないか?と思うようになってきました。

そこで、以前に人からもらった「きったないPC」に変える事にしました。
このPCはCD-ROM Bootが出来なくて、押入れ行きになっています。

ですが、今回の一件でわかった事があります。

私は、IDEのCD-ROM Driveを6個持っています。
全て、拾ったり、もらったりしたものです。

この中で、DVD-R/Wの類ではCD-ROM Bootが出来ない事に気が付きました。

そこで、今回は、素のCD-ROMを使って、きったないPCをCD-ROM Bootしてみました。

すると、BOOT出来ました。CDの読み込みERRORもありません。

今、横で、XPにInstall中です。

| | コメント (0)

20070916観測

この所、スッキリ晴れません。
今日も今二つってところです。でも、快曇にはなりませんでした。これだけで、ありがたいです。

外出でグッタリでしたので、20SCだけ組み立てました。

例によって V356 Sgr の撮影。ここまでは順調でした。
その後、赤道上の連星に向けて連続撮影を開始しました。

しかし、AutoGuideが不調で東西方向にハンチングします?たぶん。
症状を見ながら、色々な対策を試して見ましたが解決出来ませんでした。

疲れていたので、そのまま観測を続行し(自動観測なので)寝ました。

メインのPCが復旧しないので、画像が溜まってきました。

Kitさんから観測報告の手紙が届いています。これにも、手が付けられない。

| | コメント (0)

2007年9月16日 (日)

ETX-80ATのファインダー

やっつけ仕事で、ちょ~適当に作って、最後は例のごとく、セロテープの登場で締めくくりました。

Etx80at_finder_20070915

ファインダーはK-40に小型のファインダー接眼部挿して完成。鏡筒にくっつけて方向が定まったところでセロテープ固定です。
当面は、このままで使ってみます。

| | コメント (0)

20070915観測

日没。よく晴れています。

休止していたInternet望遠鏡を再稼動させました。
単にアライメントを行っただけですが。

早速、V356 Sgrに向けた!。つもりで、ヌンキでした。最後まで気が付かずに終~了~。

20SCの方は、V356 Sgrを撮影し、その後、ASASの食連星に向けました。が、曇ってしまいました。
望遠鏡は、そのままにしておきましたが、一向に晴れないので、と言いますか、雨でも降りそうになってきたので、撤収しました。

メインのPCが動かなくなってしまったので、予報も測光も、何もかも面倒で上手に出来ません。PCが復活するまではデータが取り出せないので困ります。

| | コメント (0)

仕方がない、OSの再インストールをしよう

例によって、お約束通りにハマってます。
このマザーボード、もともとDUAL CPUだったのですが、訳あって、今はSINGLEなんです。
そのせいか?CD-ROM BOOTでインストールすると、インストール中に読み込みERRORが何度も出ます。

結局、OSのインストールは出来ませんでした。
どうにも成らない気がしています。メインのコンピュータが使えない状態が長期化しそうです。

今日は終日外出なので作業はSTOPです

| | コメント (0)

2007年9月15日 (土)

仕方がない、OSの再インストールをしよう

我が家のPCはメタメタです。
ハードディスクのフォーマットから行って、OSを再インストールします。

しばらく、これに掛かりきりだ。

思い起こすと、毎年、こんな事になってます。

| | コメント (0)

ファインダー用部品

ETX-80ATの眼視用ファインダーを作成する為のレンズです。

Etx80at_finder_20070909

K-40(のAの部分)からレンズを抜き取ってDSI用のレデューサーにしました。

K-40には(Bの部分に)もう一個レンズが入っています。

取り出したレンズは C です。

一方。LPIファインダーは、ファインダーの接眼部をLPIに交換した物です。
よって、接眼部が余っています。
写真Dです。

レンズに十字線が入っています。まわすと、十字線のフォーカスが調整出来ます。

CとDを使うと2倍強の望遠鏡になりました。

筒を探して、CとDをくっつけてファインダーにしましょう!

※でも、これをやる時間が無い

| | コメント (0)

2007年9月14日 (金)

ウイルスバスターのインストールが出来ない

>ウイルスバスターを再インストールして下さいだって!

ウイルスバスターを削除しました。ウイルスバスター2004のCDを持っているので、これをインストールしました。
インストール直後に、「このバージョンのサービスは終了しているので、バージョンアップして」みたいなメッセージが出ます。
そのメッセージにはバージョンアップのボタンがあるので、プチッと押してオンラインでバージョンアップを開始します。

これが曲者で、自動的に作業が進み、ステップ5で「この自己解凍型ファイルは壊れています、インストールを中止します。」っとなってしまいます。
何度やっても同じです。

この場合の対処方法が紹介されています。
そこにある、全ての方法を実行してもダメです。

自動のバージョンアップはあきらめて、手動でのアージョンアップに切り替えました。
こちらは、「Patternフォルダを作成して、パターンファイルをそのフォルダにコピーしてください。」って言ってきます。
何のことでしょう?
ともかく、これも、途中で処理が中断されてしまいます。

結局、ウイルスバスターはインストール出来ませんでした。

ハードディスクをフォーマットしなおして、OSの再インストールをしたいです。
でも、3連休は出かけるので、そんな時間ないかも

| | コメント (0)

2007年9月13日 (木)

Internet望遠鏡の観測対象星

9/8の観測でプログラムスターが明るすぎる事がわかりました。

今までの選定条件
 RDが-10~-30を観測範囲
 10等以上の食連星
 変光範囲0.2等以上

今度はクラコウ星表から11等以上の食連星にしました。他は変わっていません。

観測対象星が何個あるのか数えるのが面倒で、予報プログラムのcondition.datを修正するだけにしました。

0 11  0.2 -10  -30

予報プログラムはcondition.datに書かれている条件で予報を計算します。
この場合は、変光星の明るさが0等から11等、変光範囲が0.2等以上、RDが-10から-30にある星。ってなります。

| | コメント (0)

Wake up On LAN

VAIO LoptopPCのPCG-V505E/Bで試してみました。

DesktopPCの方から起動します。
FreeSoftのwol.exe vel1.93を使いました。

結果は、失敗でした。
VAIOの方がWOLに対応していないようです。BIOSにはWOLのENABELがありますが、PCを停止させるとHUBのランプが消えます。

昔、使っていたセレロン500MHzのマザーボードを押入れから出して見て見ると、ボード上にWOLと言うコネクターがあります
どうやら、これは対応されているようです。
手持ちのLANボードがWOL対応だといいなーと思っています。

それよりも、wol.exeを動かしてからウイルスバスター2007がおかしいです。
ウイルスのスキャンをすると、スパイウエアに汚染された!っと言ってきます。
10件以上もあります。
それを削除して、スキャンをやりなおしても、スパイウエアに汚染された!っと言ってきます。
またまた、それを削除して、スキャンをやりなおしても、スパイウエアに汚染された!っと言ってきます。
しまいには、ウイルスバスターを再インストールして下さいだって!

本当にウイルスに汚染されたのか?ウイルスバスターが壊れたのか?よくわからないです。

| | コメント (0)

2007年9月12日 (水)

天体観察会での変光星観測

10月13日の平塚市博物館天体観察会で変光星を観測する話です。
この話が発端で、DSI-ProやETX-80ATを買いました。

あと一ヶ月位で観察会ですので、観測する変光星を決めました。

当日18時の空で明るく変光範囲の大きな食連星をプロットしました。
18時半から20時までに極小になる連星です。

20071013sky

この図からSW Lacを観測する事にしました。変光星図を作成したほうがいいですね。

| | コメント (0)

Wake up On LAN

Internet望遠鏡を一台のPCで操作していますが、ちょっとシンドイです。
で、二台にしたいのですが、稼働率が悪そうなので使いたい時にONさせたいです。
私はWOLに対応したPCを持っているのだろうか?と思いつつ、やってみようと考えています。

| | コメント (0)

2007年9月11日 (火)

20070908観測

DSI-ProによるIcBandの観測結果が異様に明るかったので、光度曲線を描いてみました。

どうせなら、と思い、今年のVSOLJのデータを全部使ってみました。

2007v356sgr0911

やっぱり、9/8の観測は失敗観測でした。

なんとなく、Rcの観測も変ですね。BN Pegの観測も失敗だったし。この日は、いつものタタリが出たかな??

VSOLJ-OBSに投稿してしまいましたが、データベースからの削除って、何かコマンドないのかな

でも、そんな機能が本当にあったら危険過ぎますよね。

グラフを見ると、皆さん頑張っているなーと思いました。
いい感じで観測が出来ています。

昨年は「皆でやってみよう!」って大勢で観測しましたが、観測が難しい変光星でしたので、今年は静かにしていました。しかし、こうしてみると、今年も着々とデータが溜まりつつあります。

| | コメント (2)

2007年9月10日 (月)

20070908観測

BN Pegの副極小観測の結果です。

Bn_peg_20070908

ちょうど、副極小のボトムからの光度曲線になってしまいました。

本当は、その前から撮影しているのですが、変な歪があって、とても採用出来ない結果でしたので削除しました。
もう一度、挑戦します。

| | コメント (0)

ETX-80AT

リモコンを操作してから、ステナビを操作したら、ぜんぜん明後日の方向にGOTOします。
9/9はV356 Sgrが極小なのでIcバンドでも測光したかったのですが、光学ファインダーが無いので、アライメントが出来ない。
晴れてますがベランダからの視界には星が一個も見えません。
早いこと、眼視用のファインダーをなんとかしないと!

| | コメント (0)

20070909観測

夜の天気予報は晴れのち曇りです。V356 Sgrが主極小の予報なので、それだけに絞って観測をする事にしました。
ETX-80ATがアライメントできず、戦線から脱落しました。
20SCでSV-04LEによるRc-Bandでの連続撮影にしました。
周期は8日もありますので1時間程度の観測でうまく極小が捕らえられるか分かりません。ともかく観測です。

で、結果ですが、

変光星観測結果の前に、スカイセンサーの電圧を10.0Vに下げた件ですが、東西方向のハンチングはかわりませんでした。
やや周期的っぽくガイドが流れて、星が東西方向に細長くなる現象です。
9.5Vまで下げれば解決するのでしょうけれど、南北方向のモーターが動かなくなるトラブルが出てしまうので我慢でしょうか。

観測結果の方は、雲が多くて大変でした。
180枚の撮影をしましたが、ちょっとでも薄雲が写っている物や、ガイドが流れている物を取り除いた結果、33件の測光になってしまいました。
でも、お蔭様で、極小が観測出来ました。観測中は0.06等しか変光していませんでした。

V356_sgr_20070909

Thaさんも観測されていたそうです。仲間が居ると、心強いです。

| | コメント (2)

vsnet-ecl

なんだかうまく投稿出来ません。

vsnet-ecl@kusastro.kyoto-u.ac.jp
vsnet-ecl@ooruri.kusastro.kyoto-u.ac.jp

どっちに出してもダメでした。

| | コメント (0)

2007年9月 9日 (日)

FitsPhoto

今月、2回目のアップデートをしました。Versionは4.46になりました。

訳ありで、フォルダー内のFitsファイルのFitsヘッダーのBZEROとBSCALEを一気に書き直す機能を追加しました。

ホームページは更新済みです。

http://www.geocities.jp/nagai_kazuo/dload-1.html

Fitsphoto446

| | コメント (0)

20070908観測

日没前に夜の天気予報を確認!

20070908tenki

ひっ、ひどい!
私の住んでいる、湘南が曇りになってます。

で、実際に観測をしてみると

日没時点で良く晴れています。風が強いです。
20SCの方でV356 Sgrを撮影して、BN Peg(EA型)の副極小を狙ってみました。
VSOLJでは誰もBN Pegの副極小を観測していません。
どんな形なんだろう?深い食なのか?と思いながら観測しました。
天候は23時41分から曇ってしまいました。
今朝は快晴です。

スカイセンサーの電圧を9.5Vから10.7Vに上げましたが、やっぱり、芳しくないです。
東西方向のハンチングが出ています。
今朝、10.0Vまで下げました。
効果は次の観測で確認する事になります。

次は、ETX-80ATの方です。
アライメントをしました。
夜になってしまうとベランダの大気の窓からは、明るい星が無くなってしまうので、日没前からアライメントを始めました。
当然、星なんて見えません。
星が見えないのに、アンタレスとアルタイでアライメントして、その後、木星に向けます。
木星が肉眼で確認出来たら、クランプを緩めてCCDの視野に木星を入れてクランプを固定します。
これで、完了!

問題点1:眼視用のファインダーが欲しい。木星を入れるだけでもファインダーが無いと時間が掛かる

で、手はず通り、変光星近傍の明るい星でシンクロした場合の導入精度確認の作業に入りました。
まず、ヌンキにGOTOしました。
微動操作でヌンキを中央に導入しシンクロさせて、V356 SgrへGOTOしました。
V356 Sgrは、ど真ん中に入っています。

次にδ CapでシンクロしてBQ Capを導入してみます。
これも、ど真ん中に入ってきます。

良好でした。

LPIのファインダーで星が写らない件です。
1秒露出でも星が写っています。
晴れていれば、ちゃんとLPIも星が写ります。2等星なら楽に写ります。
望遠鏡の操作をしながらなので、露出時間は1秒とか2秒が適当です。
この程度の露出時間では熱雑音は気になりません。
適当なダーク減算で大丈夫でした。
晴れた日に観測するならば、LPIのダークは季節毎に取り直す程度でよさそうです。
よってファインダーのシャッターは有っても無くても構わない。

直ぐに観測が出来るので天候の悪い日まで稼動させようとして、結果が悪かったり、判断を誤っていたようです。

次の手順に従って、プログラムスターを観測する事にしました。
この時期には、BQ Capしかありません。
この星、赤い星なのか?。やけに明るく写ります。比較星が不適切になってしまいます。

問題点2:プログラムスターの見直し。もっと暗い星も選ぶ

ガイドの精度ですが、1時間程度かな?と感じました。アライメントしてあるに何故ずれるのかは分かりません。
単に望遠鏡の特性なのかも知れません。星が視野の端に行っても、そのまま撮影を続ければ、いずれ戻って来るのかも知れません。ここは要調査です。

問題点3:現在使っているPCでは荷が重いです

いちいち、LPIとDSIを切り替えるのも効率が悪いです。DSIとStellaNavigatorを同時に動かすのですが、PC画面も狭くやりにくいです。しかも、遅いです。

と言う事で、幾つかの問題点もありますが、インターネット望遠鏡として何とか使えそうです。
あとは、もっと効率よく操作が出来ないと望遠鏡に付きっ切りになってしまいます。

前から分かっていましたが、連続撮影のまま、眠ってしまうと、望遠鏡は、どんどん西に向いてしまい、配線が絡まってしまいます。
現在は実験段階ですので、途中で観測を中断しています。
北極星に向けてガイドを続ける。が、観測の中断ですが、自動的に行って欲しいです。(これは、難しい話ですので、当面は考えない)

| | コメント (0)

2007年9月 8日 (土)

20070907観測

昨日は例によって星がぜんぜん見えませんでした。
20SC+SV04LE(RcBand)でASAS233002-1154.5を連続撮影しました。以前にも観測しています。三角形に星が集まっていて、どの星が変光星かわからない星です。案の定、すっかり、どれがどれだか忘れています。
台風の影響でケーブル類がびしょびしょに濡れています。観測を始めてしばらくするとRD方向の制御が出来なくなってしまいました。
このRD方向の動作しない問題には、時々、悩まされています。
いつもは、コネクターの接点清掃で直っていますが、今回は濡れて汚れているせいか、ぜんぜん直りません。
結局、スカイセンサーの動作電圧を9.5Vから10.7Vまで上げました。
10Vを超えるとシャックリするのですが、どうやら異常はなかったようです。
古くなってきたせいか、RDモーターのトルクが無くなってきたみたいです。
分解掃除すれば直ると思いますが、正しく組み立てられない可能性があり、当面は高い電圧で使ってみます。

次に、一旦室内に引き上げたETX-80ATをベランダに戻しました。
こちらは、ダークを取得してもLPIファインダーに星が写らなかった。
よって、アライメントが出来ず、ベランダに置いただけでの結果になってしまった。
フォーマルハウトが肉眼で見えなかったので、仕方がないのかも知れませんが、ちゃんと晴れた日でも2等星しか写らなかった記憶があり、LPIのファインダーは使い物にならないのでは?と思うようになってきました。
じゃーどうしましょう。DSI側の視野をもっと広くしてファインダーに頼らないようにしましょうか?
でも、そんな事できるの?
このInternet望遠鏡は、限りなく良く晴れた日にしか使えないのか?


つづき

ASASのサイトから233002-1154.5のMapをみました。

2330021154525600160009

ここか~

| | コメント (2)

2007年9月 7日 (金)

台風

昨夜は雨風が強くて、Internet望遠鏡を室内に片付けてしまいました。
本当は、どーなってしまうのか試さないといけないのですが。

| | コメント (0)

Cygwin

なぜか?これをインストールしました。

Cygwin2007094

今度は、こいつでIRAFに挑戦しようかな?と思ったからでした。

しかし、例によって、何をどうしてよいのやら。

X11も入れましたが、動かし方が分からない。

| | コメント (0)

2007年9月 6日 (木)

10月の食変光星予報

10月の明るい食変光星の極小予報です。


星名                  日   時刻    高度  食継続時間
AQLKO                 18   20.8      29  8.9

CASRZ                  2   19.3      30  4.9
CASRZ                  3   24.0      53  4.9
CASRZ                  4   28.7      48  4.9
CASRZ                  8   18.8      30  4.9
CASRZ                  9   23.4      52  4.9
CASRZ                 10   28.1      48  4.9
CASRZ                 14   18.2      29  4.9
CASRZ                 15   22.9      52  4.9
CASRZ                 16   27.6      49  4.9
CASRZ                 21   22.3      51  4.9
CASRZ                 22   27.0      50  4.9
CASRZ                 27   21.7      50  4.9
CASRZ                 28   26.4      51  4.9

CASTV                  2   19.6      48  7.8
CASTV                  9   25.7      53  7.8
CASTV                 11   21.2      62  7.8
CASTV                 18   27.2      37  7.8
CASTV                 20   22.7      65  7.8
CASTV                 22   18.2      46  7.8
CASTV                 27   28.7      22  7.8
CASTV                 29   24.2      54  7.8
CASTV                 31   19.7      61  7.8

CEPEK                  2   21.7      54  6.4
CEPEK                 11   18.2      52  6.4
CEPEK                 15   28.5      21  6.4
CEPEK                 24   25.1      33  6.4

CEPU                   5   28.9      37  9.0
CEPU                  10   28.6      37  9.0
CEPU                  15   28.2      37  9.0
CEPU                  20   27.9      37  9.0
CEPU                  25   27.6      37  9.0
CEPU                  30   27.2      37  9.0

CEPZZ                 10   19.8      55  6.2
CEPZZ                 12   23.2      52  6.2
CEPZZ                 14   26.6      34  6.2
CEPZZ                 25   19.6      57  6.2
CEPZZ                 27   23.1      49  6.2
CEPZZ                 29   26.4      29  6.2

CRBU                  17   18.4      28 11.6

CVNRS                 26   28.7      22 12.7

DRAAI                  2   18.3      59  5.2
DRAAI                  3   23.1      17  5.2
DRAAI                  8   18.2      57  5.2
DRAAI                  9   22.9      15  5.2
DRAAI                 14   18.0      55  5.2
DRAAI                 15   22.8      14  5.2
DRAAI                 21   22.7      12  5.2
DRAAI                 27   22.5      10  5.2

LACRT                 13   18.2      65
LACRT                 18   20.0      81
LACRT                 23   21.8      64
LACRT                 28   23.5      41

MONUX                 10   28.7      40 24.1
MONUX                 16   26.4      23 24.1

ORIV1016              25   22.2      11 15.7

PEGAW                 11   26.4      11 25.5

PERbeta                4   27.6      69  9.6
PERbeta                7   24.4      73  9.6
PERbeta               10   21.2      40  9.6
PERbeta               13   18.1      10  9.6
PERbeta               24   29.3      35  9.6
PERbeta               27   26.1      69  9.6
PERbeta               30   23.0      74  9.6

PERIZ                  9   23.6      71 10.6
PERIZ                 20   25.1      63 10.6

PUPAU                 25   28.5      10

SGEU                   4   22.3      32 13.8
SGEU                  21   20.0      47 13.8

SGRRS                 20   18.3      13  9.9

SGRV0505               6   19.6      37  5.7
SGRV0505              13   21.9      16  5.7
SGRV0505              19   19.8      31  5.7

UMATX                 16   26.4      21  8.8
UMATX                 19   28.0      38  8.8
UMATX                 22   29.5      56  8.8

UMIW                   1   22.1      34  9.4
UMIW                   6   24.6      32  9.4
UMIW                  11   27.0      31  9.4
UMIW                  13   19.9      36  9.4
UMIW                  16   29.5      33  9.4
UMIW                  18   22.3      33  9.4
UMIW                  23   24.8      32  9.4
UMIW                  28   27.3      32  9.4
UMIW                  30   20.1      34  9.4

VULRS                 21   22.9      13 15.0
VULRS                 30   21.9      19 15.0

VULZ                   6   23.3      22 10.6
VULZ                  11   21.2      45 10.6
VULZ                  16   19.0      67 10.6

name                 period     RA      RD   Type    mag 
AQLKO                2.8640   18h47m  +10゚45  EA   8.3- 9.5
CASRZ                1.1952   02h48m  +69゚38  EA   6.2- 7.7
CASTV                1.8125   00h19m  +59゚08  EA   7.2- 8.2
CEPEK                4.4277   21h41m  +69゚41  EA   8.0- 9.3
CEPU                 2.4930   01h02m  +81゚52  EA   6.8- 9.2
CEPZZ                2.1417   22h45m  +68゚07  EA   8.6- 9.6
CRBU                 3.4522   15h18m  +31゚38  EA   7.7- 8.8
CVNRS                4.7977   13h10m  +35゚56  EA   7.9- 9.1
DRAAI                1.1988   16h56m  +52゚41  EA   7.1- 8.1
LACRT                5.0738   22h01m  +43゚53  EB   8.8- 9.9
MONUX                5.9044   07h59m  -07゚30  EA   8.2- 9.2
ORIV1016            65.4328   05h35m  -05゚23  EA   6.7- 7.7
PEGAW               10.6225   21h52m  +24゚00  EA   7.4- 8.6
PERbeta              2.8673   03h08m  +40゚57  EA   2.1- 3.4
PERIZ                3.6876   01h32m  +54゚01  EA   7.8- 9.0
PUPAU                1.1263   08h17m  -41゚42  EB   8.5- 9.5
SGEU                 3.3806   19h18m  +19゚36  EA   6.5- 9.3
SGRRS                2.4156   18h17m  -34゚06  EA   6.0- 7.0
SGRV0505             1.1828   19h53m  -14゚36  EA   6.5- 7.5
UMATX                3.0632   10h45m  +45゚33  EA   7.1- 8.8
UMIW                 1.7011   16h08m  +86゚12  EA   8.5- 9.6
VULRS                4.4776   19h17m  +22゚26  EA   6.8- 7.8
VULZ                 2.4549   19h21m  +25゚34  EA   7.3- 8.9

| | コメント (0)

電磁シャッター

LPIファインダーのレンズキャップの件です。

簡単には電磁シャッターが手に入りそうにありません。
自作しますか。

でも、その前に「本当に、毎回ダークを撮れば解決するのか」を確認しなければならない。

| | コメント (0)

2007年9月 5日 (水)

電磁シャッター

LPIのダークを撮る為のレンズキャップですが、電磁シャッターが手に入るといいな~。と思っています。

一個、1000円とかで、転がっていないだろうか?
中古コンパクトカメラを1000円で買えばよいのかな?

| | コメント (0)

携帯電話でビデオ再生

HDDレコーダーでTVを録画しても時間が無くて見ていないビデオが溜まって行きます。
結局、見ないうちに古い順で削除しています。

で、通勤電車で携帯電話を使って見れないかなと思い試してみました。

携帯電話で動画を撮影すると3GPと言う拡張子のファイルになります(MP4のようです)。

要はMPEGファイルを3GPに変換できればよいのだろう!と思って、携帯動画変換君(3GP_Converter034.zip)と言うツールをダウンロードしてみました。

http://shopdd2.web.fc2.com/convenient.html

設定はリストから一つを選ぶだけなのですが、一体全体、どれを選んで良いのか分からない。

ともかく、「3GPPファイル,音声AAC形式一般設定 中身3GPP相当」を選びました。

使い方は簡単です。3GP_Converter.exeを起動し、ウインドウにmpegファイルをドラック&ドロップするだけです。
出来上がったファイルの拡張子が3G2になっていました。これを、3GPに変えて、携帯電話に書き込みました。

さっそく、電話で再生してみたら、ちゃんと動きました。

mpeg以外に、試しにFLVも変換してみたら、ちゃんと出来ました。

| | コメント (0)

2007年9月 4日 (火)

20070903の観測

帰宅するとベガが見えます。
天気予報は悪かったのでETX-80ATだけ動かしました。
と言っても、ビニール袋を外せば準備完了です。

早速、決めたプログラムスターで視界内にある星を調べたら、BQ Capの1星がありました。
手順に従って、delta CapをGOTO導入しセンターに微動してシンクロしてBQ CqpへGOTOする事にしました。
しかし、LPIでdelta Capが見えません。
恐らく、視野内にいるハズですが、ぜんぜん、写りません。
DSIの方には、星がそれなりに写っています。観測可能な程度です。
結局、1時間、星探しをしていましたが、そのうちに全天曇ってしまいました。

1.週末には、時々、アライメントをやり直す。
2.LPIは、その都度、ダークを取る

これで解決すると思います。

しかし、遠隔操作でシャッターの無いLPIのダークを毎回取得する事は工夫が必要です。

1.シャッターを取り付ける
2.温度毎に細かくダークを取っておく

どちらも簡単には行かないです。温度だって、遠隔操作で気温を調べないといけないし。
難しい課題にぶち当たりました。

CCD式のWebCamを拾ったので、これだとノイズ少ないかも知れません。
これに変える?しかし、露出時間を秒単位に出来るのか?

最大の難関がファインダーになってしまいました。

| | コメント (0)

2007年9月 3日 (月)

2007/8の観測月報

先月は良く晴れました。2061の観測をしていました。

報告は、13夜 / 14星 / 1995測光 で報告しました。

| | コメント (0)

マンションの修繕

今年はマンション修繕の年です。

マンションの周囲に白いシートを被せてしまいますので、その間は観測が出来ません。

その期間が、10月末から来年2月中まであります。
3.5ヶ月も観測が中断します。

しかも、関東では、冬場は快晴の晴天が続きます。

8月は超超久しぶりに晴れ間の多い月でした。
次のチャンスは年明けから2月中までです。しかし、観測が出来ないのか。残念です。

| | コメント (0)

Internet Telescope

これ、名前を付けたいです。分かりやすい、簡潔な名前。知らない人が聞いても、現物が想像できるような名前。

さて、
視界ですが、赤道座標で表示してみました。

I_tel_siya

この図から、どんな変光星が観測出来るのかわかります。

RDが-10~-20.5°だと、5時間の観測が出来ます。

-5~-10は、南東に居る2時間が観測チャンス。
-20.5~-30.2は南中付近で3時間位観測が出来ます。

観測できる明るさは、前回のV356 SgrのIc-bandでの観測から、せいぜい10等が極限のように思えます。

よって、
RDが-10~-30を観測範囲として、10等以上の食連星を観測対象とします。また、変光範囲0.2等以上の星を抽出する事にしました。GCVS,Hipparcas,ASAS-3から21個の食連星が見つかりました。

これらを予報用のファイルにします。
「i_star.dat」をダウンロード

予報の精度を高くしたかったので、なるべくKrakowの周期・元期に変えて有ります。

次に、ステナビ用のADFを作りました。

「i_star.adf」をダウンロード

これを使って、年間を通して、どれだけ見えているのか?をGIFアニメにしてみました。再生出来るかなか?

「i_star.gif」をダウンロード

くじら座付近には、何も無いですね。

ともかく、このオブジェクトの予報を行って観測する事にします。

| | コメント (0)

2007年9月 2日 (日)

VPN

昨日の朝は繋がらない

と思ってsoftetherを見てみたら

http://www.softether.com/jp/

こっちも繋がらない。

どういう原理か分からないけど、softetherのサーバーが止まるとVPNが使えないみたいです。

| | コメント (0)

「連星・変光星」研究会の日程

>第1日(土) 11月17日
>第2日(日) 11月18日
>第3日(月) 11月19日

だそうです。

その辺に、海外出張がありそうで、今年は行けないかも

| | コメント (0)

フラット補正

8/26の観測で再確認しました。
幾つかのパターンのフラットを作成しました。
やっぱり、ちゃんと補正出来ていれば、とんでもない結果にはならない事が確認出来ました。
むしろ。あらためて、フラット補正をしないとひどい結果になる事を再確認出来ました。

空を使ってフラットフィールドを作っていますが、空の影響で補正の結果がかわります。
やっぱり、フラット用の補正板があって安定したフラット画像が取得出来たほうが良いです。

でも、低空から観測していますので、結局は何やってもダメなのでしょうけれど。

※周辺減光のある画像は、フラット補正マストです
(マスト:船の真ん中にあるやつ)

| | コメント (0)

2007年9月 1日 (土)

FitsPhotoで測光出来ない!

>アパチャーを広くして積分した際にエラーしてしまう件です。

改造が終わりました。

メニューからPhotometry,Aperture,Integralの順で、IntegerとRealを選択出来ます。

今日中に、HomePageを更新します。Versionは、4.45になります。

「fitsphot.lzh」をダウンロード

| | コメント (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »