« vsnet-ecl | トップページ | ETX-80AT »

2007年9月10日 (月)

20070909観測

夜の天気予報は晴れのち曇りです。V356 Sgrが主極小の予報なので、それだけに絞って観測をする事にしました。
ETX-80ATがアライメントできず、戦線から脱落しました。
20SCでSV-04LEによるRc-Bandでの連続撮影にしました。
周期は8日もありますので1時間程度の観測でうまく極小が捕らえられるか分かりません。ともかく観測です。

で、結果ですが、

変光星観測結果の前に、スカイセンサーの電圧を10.0Vに下げた件ですが、東西方向のハンチングはかわりませんでした。
やや周期的っぽくガイドが流れて、星が東西方向に細長くなる現象です。
9.5Vまで下げれば解決するのでしょうけれど、南北方向のモーターが動かなくなるトラブルが出てしまうので我慢でしょうか。

観測結果の方は、雲が多くて大変でした。
180枚の撮影をしましたが、ちょっとでも薄雲が写っている物や、ガイドが流れている物を取り除いた結果、33件の測光になってしまいました。
でも、お蔭様で、極小が観測出来ました。観測中は0.06等しか変光していませんでした。

V356_sgr_20070909

Thaさんも観測されていたそうです。仲間が居ると、心強いです。

|

« vsnet-ecl | トップページ | ETX-80AT »

コメント

あれくらい周期が長くても、きれいに極小が受かるものですね。
わたしは、極小があるとのmailを読んだのは、夜半過ぎでした。

投稿: meineko | 2007年9月10日 (月) 10時26分

私もかなり驚いています。
でも、0.06等の変化なので、こんな感じなのかも知れません。

投稿: Hey Joe | 2007年9月10日 (月) 17時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« vsnet-ecl | トップページ | ETX-80AT »