« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月30日 (月)

DSI Pro

IBM 240ZにInstallしました。が、動きがノロノロで使い物になりません。
娘がLaptop PCを2つ持っているので、ぜんぜん使っていない VAIO PCG-505E/Bをもらいました。
こちらは、サクサクと動きます。

IBM 240Z と LPI の組合せでは、問題なくサクサクと動きますので、ぉなじかな~と思っていましたがとんでもない。

購入を検討されている方の為にPCのスペックを示します。

IBM 240Z : Celeron 500M,Memory 128M
VAIO PCG-505E/B : Celeron 1.8G,Memory 256M

| | コメント (0)

B's Recorder GOLD5

VAIO PCG-505E/Bのハードディスクですが、1つの物理ドライブをC:とD:に分けて使っています。と言うか、そういう風にInstallされていました。
なんででしょうね。

C:の方が小さく、ProgramをInstallすると、C Driveにばっかり、どんどん書かれて行きます。Dはガラガラなのに。
お困りの人は多いかと思います。

DSI Proを使う為にMeadeのAutoStarを入れようとしましたが、もーそろそろ限界でしたので、パーティションをいじる事にしました。

幸いD Driveはデータしか入っていません。しかも数百メガしか使っていません。
DのDataをネットワーク経由で別なPCにコピーして、一気にパーティションを削除し、C Driveを、どば~っと増やしました。
やれやれ。

で、メモです。
CD-ROMイメージファイル(ISO File)をB's Recorder GOLD5で書く場合の方法です。間違えると単に巨大な(1つの)Fileが書かれるだけです。
Iso_file

| | コメント (0)

HNSKY

さて、次の星図ソフトは!

http://www.hnsky.org/software.htm

HNSKYを試す事にしました。やや疲れ気味になって来ました。

実は前にもTryしたのですが、GSCの表示が妙で、一旦、UnInstallしました。
でも、今度こそあきらめないぞ!と言う気合でReTryをしようと思っています。
(GSCの位置は正しいのですが、明るさが10000倍位違った)

今度は先にデータをDownLoadしました。
と、言いますか、現状では以下の2つしかDownLoadしていません(Program本体も、まだDownLoadしていません)

USNO UCAC2
new intermediate UCAC2 supplement to +90 degrees

USNOですが、いわゆるUSNO A2カタログはftp://cdsarc.u-strasbg.fr/0/catx/bincats/USNO_A2/からDownLoadすれば良いのですが、HNSKYで使われる.binと言うファイルは別な所からDownLoadします。
幸い、.binの方がファイルサイズが(ぜんぜん)小さいのでNetworkでのDownLoadも現実的です。
で、HNSKYで示されているftpサイトからDownLoadしようとしましたが、なんと!サイトが無くなっていました。
探したら、http://badc.lamost.org/archives/UCAC2/bindat/にありました。
ほんの1.6Gです。DownLoadに、たったの10時間ですよ。
しかも、ftpは使えないので、ひとつひとつマウスをクリックしファイル保存ってやりました。
私の三連休って、何?
これで、このファイルが使えなかったら途方も無く悲しいです。

+40~+90degのファイルはTycho-2もGSCも小さいので楽々でDownLoadできます。
Tychoの方はVT等級みたいですので、GSCだけ使った方がよいでしょう。

まぁ、GSCの等級を信じて観測する人は少ないでしょうけれど、VT等級と知っていて、それを使うよりは良い?の?かな?

| | コメント (0)

昨夜の観測

DSI Proを試したかったのですが、予定していた300mmの望遠レンズが瀕死の重傷になってしまい雲台に付かなくなってしまいました。(要は壊れた)
月も大きかったのでDSI Proのテスト撮影はやめました。てか、どの望遠鏡を使おう?って悩みが発生しました。

久しぶりに分光をやりました。スピカの(Hαの)分光だけです。今日、処理をします。

測光は(いつものシステムで)ASAS145616+0402.4を観測しました。なぜ、この星か!? 適当な位置にGCVSの星が無かっただけです。今日、処理をします。

| | コメント (0)

再び、HNSKY

DownLoadしたUCAC2は使えました。
ただ、u2index.daが無い!って言ってきます。
ですが、これは、「new intermediate UCAC2 supplement to +90 degrees」の方に有りますので、これも同じフォルダーに置けば大丈夫です。
あと、ファイル名がz001.binではダメでz001のように拡張子を削除しなければなりません。288個のファイルのファイル名を変える事になります。

で、様子を見てみると。
GSCの時と同じでした。

>(GSCの位置は正しいのですが、明るさが10000倍位違った)

-231等なんて表示します。ですから、星もデッカイです。
何が悪いんでしょうね?
GSCとUCAC2をあきらめれば良いのだろうか?

| | コメント (0)

2007年4月29日 (日)

C2A Planetarium Software

>このソフトはプラネタリウムです。星図ソフトでは無いです。
>上が「北」或いは「南」になって欲しいです。

グリッドを表示して、それを赤道座標にする

C2a_3

次に地平線を消す

C2a_4

これで、星図ソフトらしくなりました。

| | コメント (0)

Night Vision

http://home.att.net/~bsimpson/nvj.html

JAVAだそうで、Linuxでも動く。ハズ。
と言う事で試してみました。
WindowsもLinuxも動きました。
でも、「星座早見」にしか使えませんでした。

| | コメント (0)

26日の観測

今月、3晩目の観測結果ですが、211枚の撮影をしましたが天候が悪く使えた画像は29枚でした。
それを測光しましたが滅茶苦茶な結果でした。
と言う事で、この観測は無かった事になりました。

光電測光は天候の影響が大きいです。
薄雲だったので、いつもは観測しないのですが、今月は観測数が少なく、無理やり観測しました。
しかし、結果は寝る時間が減って疲れただけでした。
過去の経験通りに観測は中止すればよかった。

| | コメント (0)

2007年4月28日 (土)

Gliese 581

水があり気温が0~40度の惑星がある?母恒星(Gliese 581)を撮影してみよう!と思い位置を調べました。

HO Librae, GJ 581, BD -07°4003, LHS 394, LTT 6112, HIP 74995, Wolf 562.
Tycho-2 Object (TYC1-2-3): 5594-1093-1

赤経 15h19m27.5s(2000)
赤緯 -07゚43'19"
V等級 10.57(B-V=1.60,M5)

BY Dra型変光星だそうです(絶対等級 11.56等、0.31太陽質量、0.38太陽半径)

HO Lib(NSV07023)らしいです。
Gliese581

| | コメント (0)

2007年4月27日 (金)

昨夜の観測

今ひとつの天候でしたが、晴れました。
ちゃんと観測出来たのか不安ですが、久しぶりの観測です。
SS Libという食連星の測光観測をしました。
この星、自分では2回目の観測のようです。
しかも、一回目は20分で終了しています。
リベンジって言うやつ、でしょうか。
うまくいったかなー

| | コメント (0)

C2A Planetarium Software

このソフトはプラネタリウムです。星図ソフトでは無いです。

>GCVS名でJUMP出来ないのか?

Edit→Find で Find Object ウインドウが現れます。
Quick Search に RZ Cas をタイプして Find ボタンを押すと RZ Cas が画面中央になります。

C2a_2

他に、SDSS,DSSイメージとかオンラインで見えるのは良いです。

でもー、星図モードに切り替わって欲しいのです。
上が「北」或いは「南」になって欲しいです。

次は、どのソフトを試そう

| | コメント (0)

2007年4月26日 (木)

C2A Planetarium Software

もうちょっと、動作の確認をしてみました。

SAO,GCVS,NSVを表示した所です。

C2a_1

画面はRZ Cas付近です。GCVSやNSVはU-の表示があります。SAOの星と重なっているのですが、
星を選択してInfo.を実行するとAdditionalに追加したGCVSやNSVが優先されて選択されます。
要はU-表示の星を選択するとGCVSの内容を表示します。

基本星表はTycho-2を指定してありますが、表示する範囲が広いと自動的にSAOに切り替わります。
見た目には便利ですが、比較星のTycho2等級を調べるには不便です。

この辺も、なにか設定で変更出来るのか?
あと、星図にGCVS名を表示出来ないのか?
GCVS名でJUMP出来ないのか?

もうちょっとで変光星観測に使える?かも

| | コメント (0)

悪天候続く

いやー、ひどい天気ですねーー。
今月は2夜しか観測出来ませんでした。
しかも、一晩は観測を開始したら直ぐに曇ってしまって散々です。
寒いし

| | コメント (0)

2007年4月25日 (水)

Easy stars for beginers

http://www.as.ap.krakow.pl/gzz/mapy/stars.htm
以下の星々がリストされています。

TW And
KO Aql
V346 Aql
RS CVn
AK CMi
RZ Cas
KR Cas
U Cep
EK Cep
SW Cyg
TY Del
TW Dra
WW Dra
S Equ
RW Gem
TX Gem
SX Lyn
UZ Lyr
RW Mon
RV Oph
ST Per
IZ Per
Beta Per
U Sge
RW Tau
SV Tau
TX UMa
Z Vul

「お勧めの食変光星」をホームページに置きたいと思っていました。
まずは、これらの星の予報を掲載して、のちに星図を整備して観測を支援するようにしたいと思っています。
が、いつから始めるかは??です。

| | コメント (0)

2007年4月24日 (火)

C2A Planetarium Software

http://astrosurf.com/c2a/english/index.htm

Installしてみました。例によって、なんとなく不満です。GCVSを追加しているのにLABELが表示されない。
星を右クリックして星情報を表示できるのですが、重なっている場合は、いずれか一方しか表示しません。
GSCとGCVSを同時に表示してGSCの方しか表示されないのは困りもの。

星図ソフトは、どれも、これもパッとしません。

常に何か探していないと進歩が無くなってしまいますので、時間のある時は探しているのですが、結局、私にはWinGSC32とMegaStar2.11が良いです。

星図ソフトを観測者会議座談会のテーマにしてもらおうかな~。私の星図ソフトは、こんなに便利だ!と言う自慢をして欲しい。

| | コメント (0)

DSI Pro

帰宅すると、届いていました。昨日は、会社の行事で飲んで帰ってきましたので、今朝、箱を開けました。朝は時間が無いので中を見ておしまい。

| | コメント (0)

2007年4月23日 (月)

天体観察会

当日の出席者にペーパークラフトの天球儀が配られました。伊丹市立こども文化科学館の物です。早速、家で組み立てました。

Itami_pl1

更に、PCラックから糸で吊るしました。

Itami_pl2

手てまわすと面白いです。回転がゆっくりになると、次々と星座が変わって行き、更に面白いです。
でも、一ヵ月後にはゴミ箱行き?

| | コメント (0)

2007年4月22日 (日)

天体観察会

今年度の最初の平塚市博物館天体観察会に行って来ました。
曇り空でしたので、ガイダンスが中心でした。
行事内容を見ると10月に「変光星」があります。
今まで、この観察会では太陽系内の天体しか対象にしていませんでした。(天体写真撮影は別)
色々と準備してみようと思っています。

会員の方がマクノート彗星の写真を持ってきました。

Mcnaught

| | コメント (2)

AV Pup

変光星観測者会議で発表するために、まとめを始めました。
まず、今までのBlogを読んでみました。

これは、便利です。日記を書くのって必要ですね。今までの解析の状況が良く分かります。

資料を整理して発表の順番を決めるのですが、急げば一日で終わりそうです。
5月連休前半で完了しそうです。

| | コメント (0)

AMT

http://www.astrophoto.co.jp/index.html
営業終了だって

協栄産業の通販で「DSI-PRO」を注文しちゃった
チップサイズが小さいですね(CV-04の半分、ST-5よりは広い)

以下のお二方もDSIでの測光観測を始められました。
 Ioh DSI PRO-II <観測開始>
 Som DSI PRO    <準備段階>
Mdyさん、どんどん遅れをとっていますよ~

| | コメント (0)

宇宙図

http://www.nao.ac.jp/study/uchuzu/index.html
壁紙にしましたか~ 皆さん

しかし、何でしょうね。これは

| | コメント (0)

2007年4月21日 (土)

週末です

帰国後、ちゃんとした土日がやってきた。今日は夕方から博物館。明日は夕方からお通夜。

朝から、2006年の連星・変光星・低温度研究会の集録を見てました。
まず、写真。次に「ポスター」「連星系」と見て、疲れたので今日はこれだけ。

どれも、これも、このBlogで紹介したい位に濃い内容です。
ちょこっとだけ。

★大島修さん

IP Power 9212、私も買ってみたくなりました。

★鎌田麻里さん

BL Lac型のOJ287のSecond flareですが、2007年9月だそうです!

★鳴沢真也さん

AS Eriの分光観測から金属欠乏を検出。

oEAは25系リストされていて、2系は伴星が振動しているそうです。
すでにRZ CasがλBoo型の組成である事を確認されていますが、
ほぼ、同周期のAS Eriも金属欠乏であるがλBoo型とは断定できなかったそうです。

このoEAはHR図の特定の場所にしか居ない事が分かってきました。
この様な分光観測も始められ、将来は「なぜ?」も解明されるのでしょう。
宴会で防衛大の山崎先生とお話する機会がありましたが、
「ここ10年で、ずいぶんと色々な事が分かって来た!」と言っていました。
この勢いなら、この先の10年後は、どーーなっちゃうんでしょう。
ワクワクしませんか。

| | コメント (0)

2007年4月20日 (金)

昨日の天気予報では夜は晴れるとの事でしたが、結局、朝になっても晴れませんでした。今日の天気予報は「晴れのち曇り」ですが、今、曇っているので単に「曇り」だと思います。

| | コメント (0)

2007年4月19日 (木)

寒い

4月も後半と言うのに、冬のように寒い。しかも、晴れない。

5月連休は晴天の夜が続いて欲しい。

| | コメント (0)

2007年4月18日 (水)

忙しいです

このところ、仕事が忙しく、平日は何も出来なくなってしまいました。

色々と手を付けている仕掛が有るのですが、当面は変光星観測者会議の資料作成に絞って、一つ一つ片付けて行こうと思っています。

4月に入って、平塚市天体観察会へ継続会員申し込みをしました。今週の土曜日に最初の観察会があります。ここ数年は会員の年齢層が高くなっています。定年後の人が多いです。私が通い始めた頃は高校生が多かった。理科離れで若い人が居なくなったのと、団塊の世代の入れ替わりでしょうか。

| | コメント (0)

2007年4月16日 (月)

ST-5の乾燥

どこかのフォルダーにベーキングの条件をメモして有るのですが発掘出来ませんでした。
230℃10分でやりました。
設定温度を-40℃にして一気に冷却しましたが、ぜんぜん曇りません。

で、昨夜、早速、観測をしました。
ST-5は調子が良いのですが、天候が悪く、23時にはとうとう曇ってしまいました。
曇る前の観測もスキャッターが大きく使い物になりません。でした。

次の晴天に期待

| | コメント (0)

2007年4月15日 (日)

久しぶりの変光星観測

一ヶ月ぶりでしょうか。久しぶりに食連星の測光観測をしました。

面倒でした。よく、こんな面倒な事やってるなって思うくらいに面倒です。
クローゼットから望遠鏡や冷却CCD2台をベランダに運んで組み立てる。
そして、アライメントを行う。

組立の際にも、ウエイト棒・鏡筒の取付部・ドローチューブなど、あちこちにマジックインキで線が書いてあるのですが、どこに合わせればよいのか?思い起こせない。
これを間違えるとトラブルの原因になるは分かっていても、ちゃんとマニアル化していない。

「フィルターをVに戻して観測をしてみる」という課題があった事もわすれていました。こりゃひどい。

ガイド用のST-5のCCD面に霜が付きます。星が確認出来ない程、ひどい状況です。
確かに最後に観測した時に、少し霜が付いていた事を思い出しました。

今日は「乾燥材のベーキング」をしないといけない。
これも、条件を思い出せない「230℃10分」とか、こんな感じだった。かな

観測事態は、どんなオブジェクトでも構わない、と思って観測しました。
HW Vir にしました。ちょっと前に話題になっていたので。

いや~、もう、おとめ座が見えているのですね。
スピカの分光観測を再開しないといけない。
色々とやる事があるなーー。

まあ、明日から会社に行き、仕事がちょー忙しい状態を脱出していないので、全部、滞ってしまうのでしょう。
Virhw_20070414

| | コメント (0)

2007年4月14日 (土)

帰国しました

今回の出張は疲れました。毎日、忙しかったし、特に帰りがナイトフライで、金曜23時に出発して土曜6時半に成田です。飛行機で一泊。眠れないし、今日の一日はパーです。

今月の観測はゼロです。このままゼロで、

そろそろ、変光星観測者会議の資料作成を始めようかな。

| | コメント (0)

2007年4月 7日 (土)

TU BooのChart

人に頼まれて TU Boo の星図を作りました。

GSC2545.864 140458.08 +300000.9 (2000.0) 12.11 1
USNO1200.07289027 140456.836 +300003.87 (2000.0) 17.4 18.2
USNO1200.07289098 140458.063 +300000.38 (2000.0) 11.7 12.3
140457.9 +300001 (2000.0) BOOTU EW/KW 11.8 12.5 p 33066.404 0.3242868 - G3
140458.0 +300000 (2000.0) BOOTU * EW/KW 11.8 12.5 P 33066.404 0.3242868 - G3 R1/BOO
140457.9 +300001 (2000.0) 1162 0.57 TYC2-2545.864.1 (11.68 0.12) (12.35 0.16)
140458.0 +300001 (2000.0) ROTSE1_J140458.09+300002.0 11.58 (0.765) ew 0.324

Bootuch

| | コメント (0)

PC-IRAF のインストール

Retryしましたが、失敗でした。

一旦、userdel irafでユーザーを削除してから、

useradd -m -s /bin/csh iraf

chown iraf /usr/iraf /usr/iraf/iraf /usr/iraf/iraf/local /usr/iraf/irafbin /usr/iraf/irafbin/bin.redhat /usr/iraf/irafbin/noao.bin.redhat

su - iraf

とやりましたが、

su - irafで「cp: ファイル''/home/iraf/.jedrc''を作ることができませんでした:許可がありません」でした。

ここをクリアしないとダメなのですが、Linuxのコマンドがわからないです。

| | コメント (0)

2007年4月 6日 (金)

むちゃくちゃ、仕事が忙しいです。ぜんぜんメールも読んでないです。日曜日からマレーシアです。

| | コメント (2)

2007年4月 2日 (月)

PC-IRAF のインストール

失敗しました。

★入手したファイル

as.pcix.gen.gz
ib.rhux.x86.gx
nb.rhux.x86.gz
x11iraf-v1.3.1-bin.redhat.tar.gz

これらを/tmp/に置きました。

★ディレクトリの作成

mkdir /usr/iraf
mkdir /usr/iraf/iraf
mkdir /usr/iraf/iraf/local
mkdir /usr/iraf/irafbin
mkdir /usr/iraf/irafbin/bin.redhat
mkdir /usr/iraf/irafbin/noao.bin.redhat

★ユーザーの作成

useradd -s /bin/csh iraf
chown iraf /usr/iraf /usr/iraf/iraf /usr/iraf/iraf/local /usr/iraf/irafbin /usr/iraf/irafbin/bin.redhat /usr/iraf/irafbin/noao.bin.redhat
su iraf
setenv iraf /usr/iraf/iraf/

★ファイルの展開

cd $iraf
cat /tmp/as.* | zcat | tar -xpf -

cd $iraf/bin.redhat
cat /tmp/ib.* | zcat | tar -xpf -

cd $iraf/noao/bin.redhat
cat /tmp/nb.* | zcat | tar -xpf -

★installの実行

cd $iraf/unix/hlib
source irafuser.csh
./install -n

<<で、エラーの内容は>>

su irafで「cp: ファイル''/home/iraf/.jedrc''を作ることができませんでした:許可がありません」だって。

構わず、./install -nを実行するとたくさんFAILが出ます。

                      IRAF V2.12.1 System Installation
                      ================================

       Welcome to the IRAF installation script.  This script will first
  prompt you for several needed path names.  The system will be verified
  for proper structure before the actual install begins, all error must
  must be corrected before you will be allowed to continue.  Recommend-
  ations for fixing problems will be made but no corrective action will
  be taken directly.  Once properly installed, you will be allowed to
  do some minimal configuration.

  For each prompt: hit <CR> to accept the default value, 'q' to quit,
  or 'help' or '?' to print an explanation of the prompt.

========================================================================
=====================  Query for System Settings  ======================
========================================================================

New iraf root directory (/usr/iraf/iraf):
Default root image storage directory (/home/iraf/imdirs):
Local unix commands directory (/usr/local/bin):

========================================================================
=====================  Verifying System Settings  ======================
========================================================================

Hostname      = vine                  OS version    = Linux 2.4.31-0vl1.8
Architecture  = linux                 HSI arch      = linux
New iraf root = /usr/iraf/iraf        Old iraf root = /iraf/iraf
New imdir     = /home/iraf/imdirs     Old imdir     = /d0/imdirs
Local bin dir = /usr/local/bin

Checking definition of iraf root directory ...                  [  OK  ]
Checking iraf root and imdir directory ...                      [  OK  ]
Checking iraf directory write permissions ...                   [  OK  ]
Checking for iraf user account ...                              [  OK  ]
    Checking iraf user login directory ...                      [ FAIL ]

   ***  The iraf user login directory appears to be incorrect.
   ***  For the given iraf root this path should be '/usr/iraf/iraf/local',
   ***  please edit the /etc/passwd file to change this.

    Checking iraf user account shell ...                        [  OK  ]
Checking file ownerships ...                                    [  OK  ]
Checking file permissions ...                                   [  OK  ]
Checking proper iraf tree structure in /usr/iraf ...
    Checking for 'iraf' subdir ...                              [  OK  ]
    Checking for 'irafbin' subdir ...                           [  OK  ]
    Checking for 'irafbin/bin.linux' subdir ...                 [ FAIL ]
    Checking for 'irafbin/noao.bin.linux' subdir ...            [ FAIL ]

   ***  An error was detected in the structure of the iraf tree.
   ***  Your directory tree should look something like:
   ***
   ***                          /usr/iraf
   ***                            /  \
   ***                  (AS) /iraf  /irafbin
   ***                                /  \
   ***                  (IB) bin.linux  noao.bin.linux (NB)
   ***
   ***  The AS, IB, and NB distribution files are shown where they
   ***  should be unpacked.  Please verify the structure and the
   ***  system architecture.

Checking Core system binary directory ...                       [ FAIL ]

   ***  The core system binary directory, /usr/iraf/irafbin/bin.linux, does
   ***  not appear to contain the proper binaries.  The IB distribution
   ***  files should be unpacked in this directory.

Checking NOAO package binary directory ...                      [ FAIL ]

   ***  The NOAO package binary directory, /usr/iraf/irafbin/noao.bin.linux, does
   ***  not appear to contain the proper files.  The NB distribution
   ***  files should be unpacked in this directory.

Checking that local bin directory exists ...                    [  OK  ]

======================================================================
|   An error occured during verification.  Please take corrective    |
|          action before rerunning the install script.               |
======================================================================

ここまでで十分に疲れましたので終了。あきらめました。

| | コメント (5)

2007年4月 1日 (日)

3月の観測月報

先ほど事務局に報告しました。

4夜 / 3星 / 664 目測 です

すごく少ないです。

風邪になった事も影響していますが、それよりも、仕事が忙しい方が影響が大きいです。
今月が海外出張もあり、更に減りそうです。

| | コメント (0)

極小予報Program

Hsk先生より「月末24時以降が予報されない」との指摘があり、Programを修正しました。

24時以降は月が変わっているので「翌月」になってしまい、ちょ~っと面倒な修正でした。

「18-1.新・食変光星極小予報」http://www.geocities.jp/nagai_kazuo/dload-1.html

| | コメント (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »