« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月30日 (金)

WS2006の集録

届きました。CDになりました。紙って保管が面倒なので助かります。

今週は病み上がりなので「観測しない・残業しない」と決めていましたが、ベロベロに残業が多いです。今も、体がガタガタです。観測なんて出来ないくらいに忙しいです。

疲れた。今日も会社だ。そして、飲み会(幹事)だ。

今週末は、来週末からマレーシアなので準備をしないと

| | コメント (0)

2007年3月29日 (木)

地震

能登半島の地震は世界中に報道されているようです。
フロリダで変光星を観測しているAAVSOのChris Stephanさんから「大丈夫ですか?元気ですよね!」ってメールが来ました。
ありがたい事です。

| | コメント (0)

2007年3月28日 (水)

PIC

このBlogがメンテ中でした。

mixiでそめやんさんと言う方がPICマイコンを使ったインターバルタイマーの開発を進めています。
わたしも、がんばろう。「AKI-H8/3048F USB開発キット」を、もっとまじめに勉強しよう。

んー、しかし、目的が無い。もともと「電圧をUSB経由で読み取りたい」と思って買ってみたので、ちょーテキトウと言えども、達成してしまった。

さて、この先の目的を新たに見つけなければ

| | コメント (0)

2007年3月27日 (火)

Live Camera

一昨日の嵐で壊れてしまいました。

Live20070326

しばらくして、熱も下がり体も動くようになってきたので、試しにPCを再起動しました。

Live200703262

復活しました。
でも、サランラップでグルグル巻きにしてあったのですが、どこかに行っちゃった。成型品のケースも変色しているし、こんど、何かあったらダメかも

サランラップの補強はしたので、しばらくは大丈夫だろうか?

| | コメント (0)

2007年3月26日 (月)

風邪です

金曜日から、風邪でやすんでいます。

| | コメント (0)

2007年3月25日 (日)

so-netで送信出来ない

出来ました。

「サブミッションポート(Port587)を利用するための設定変更」
http://www.so-net.ne.jp/support/all/mail_set/sub/index.html

この通りにやりました。

 送信ポート番号を「25」から「587」に変更して、
 SMTP認証を「する」に変えるのでした。

| | コメント (0)

AKI-H8/3048F USB開発キット

H8のA/Dを読み取ってUSBに出力するプログラムを作りました。
秋月のサンプルプログラムを切り貼りしただけです。ちょっと手を抜きすぎでしょうか。

/*	AN0 ---> USB	*/

#include	
#include	"h83048.h"

#define	tris1	(volatile unsigned char *)0xffffc0
#define	tris2	(volatile unsigned char *)0xffffc1
#define	p1	(volatile unsigned char *)0xffffc2
#define	p2	(volatile unsigned char *)0xffffc3
#define	adcsr	(volatile unsigned char *)0xffffe8
#define	addrah	(volatile unsigned char *)0xffffe0
#define	addral	(volatile unsigned char *)0xffffe1

/* start内に定義 */
extern	void EnableInterrupt(void);
extern	void DisableInterrupt(void);

/* lcd.c */
extern	void InitLCD(void);
extern	void PrintLCD(char *fmt,...);

/* usb.c */
extern	void InitUSB(void);
extern	void DispUSBPort(void);
/* バッファ処理 */
extern	int get_inbufflen(void);
extern	int write_buff(char *p,int size);
extern	int read_buff(char *p,int size);

/* main.c内定義 */
void H8init(void);
int  wait_ad(void);

main()
{
	int		i,d;
	float		d2;
	static	char	buff[64];

	for(i=0;i<0x7fff;i++)	{}
	H8init();		/* H8 レジスタ初期化	*/
	InitLCD();		/* LCD初期化 		*/

	InitUSB();		/* USB初期化 */
	INTC.ISCR &= (-1^0x20);	/* IRQ_5 センスコントロール Active Low  */
	INTC.IER |= 0x20;	/* IRQ5 Enable */
	EnableInterrupt();	/* 割り込み許可 ccr */

	*tris1 = 0xff;		/* PD1 を出力 */
	*tris2 = 0xff;		/* PD2 を出力 */
	*adcsr = 0x08;		/*AD設定単一モード、AN0のみ使用*/
	*p1 = *p2 = 0;

	for(;;)
	{
		d = getad();
		d = (int)(((double)d * (5.0 / 1023.0) * 1000.0 ) + 0.5);
		d2= (float)d/1000;
		sprintf(buff,"\f%5.3f",d2);
		PrintLCD(buff);
		write_buff(buff,6);	/* USBへ */
	}
}

void H8init()
{
	P1.DDR = 0xff;		/* all OUT 	*/
	P2.DDR = 0xff;		/* all OUT	*/
	P2.PCR = 0x00;		/* Pull up off	*/
	P5.DDR = 0xff;		/* all OUT	*/
	P5.PCR = 0x00;		/* Pull up off	*/
	P6.DDR = 0xff;		/* all OUT	*/
	P9.DDR = 0xdf;		/* Bit5 IN	*/
	P8.DDR = 0xff;		/* all OUT	*/
	PA.DDR = 0xf0;		/* bit7..4 out , bit3..0 in	*/
	PB.DDR = 0xff;		/* bit7..0 out  */
}

int	wait_ad()		/* 変換終了=0、変換中=1を返す */
{
	return (*adcsr & 0x80) ? 0 : 1;
}

int	getad()
{
	*adcsr |= 32;		/* AD変換開始! */
	
	while(wait_ad()){};	/*変換終了を待つ*/
	
	return (int)(*addrah<<2) + (int)(*addral>>6);
}

他のobjファイルにはサンプルで付いてきたstart,lcd,usbをそのまま使いました。

PC側はVBのプログラムでPrivate Sub Timer1_Timer()の部分を一部改造し、

Text1.Text = Text1.Text & "USB>" & s
Text1.Text = Text1.Text & Chr(13) & Chr(10)

を削除し

Text1.Text = s

としました。

| | コメント (0)

フリート・ウッドマック

H8がテキトウだったのは、熱っぽくて咳が止まらないのでエドサリバンショーやフリードウッドマックを見ていたからです。

Rhiannonを熱唱するStevie Nicksさん、すごいパワーです。たまらんです。何回も見てしまいました。よけいに熱が出ます。

| | コメント (0)

2007年3月24日 (土)

so-netで送信出来ない

niftyとso-netの2つを契約しています。

niftyは@nifty光withフレッツで、家は「光」で常時接続です。

so-netのmailは、この回線を使ってpop3で送受信していました。
と言っても受信ばっかりで、最後に送信したのがいつなのか忘れました。

昨日、so-netでmailを送信してみたら、smtpサーバの応答が無いと言われました。
設定とか変えていないのですが、なぜでしょう??。受信は問題ないです。

so-netは月々1000円のコースです。もう解約しても構わないのですが

| | コメント (1)

2007年3月23日 (金)

Video SG

PCをVideoのSGとして使うprogramを作りました。
Color-barとかDotなどはFreeSoftを見つけたのですが、
全白でAPLを可変させたり、縦じまで縞の数を可変させる物がなかったので作りました。
操作方法は 8,2,4,6,5 のキーを押してみて下さい。
終了はEscキーです。

「video_sg.lzh」をダウンロード

| | コメント (0)

2007年3月22日 (木)

無線LANカード

>無線LANのルーターでも買おうかな

買いました。ヤマダ電機で。

8680円でした。
BUFFALO WHR-G54S/Pと言う物で、店頭には「広告の品」って書いてありました。

良く分からないけど、私のカードで使えるのかな~

無線LANのカードも同梱されていました。
少なくとも、このカードは使えるはず。

 :
 :

で接続作業を始めたら、案の定、うまく行きません。
まず、有線LANがダメでした。LANは良いのですが、Bフレッツに繋がらない。なんとかクリアして、いよいよ無線だ!

と言う所で、娘のキャンパス用PCが宅配で届きました。早速、動かして見ることにしました。なんだか、2つの作業を同時に行って、なにがなんだか、分け分からない状態で時間が過ぎて行きました。
娘のPCはXPがInstallされていました。PC本体にはVistaのシールが貼ってあります。
VistaのDVDを入れてInstallを始めたら、途中でDVDのDriverを外してIstallをやり直して下さいって言って来ました。

えっ!DVD DriveのDriverを外したら、DVDが読めなくなりVistaのDVDが読めないのでIstallなんて出来ないジャン。
なんじゃーこりゃー。

と言う事で、XPのまま使うことにしてもらいました。
きっと、学校で同じPCを使っている人に出会うだろうから、そいつにIsntallの状況を聞け!で。終了。

無線LANの方もなんとか繋がりましたが、セキュリティーが掛かっていない。
これも、なんとかクリアして、やれやれです。

結局、同梱していた 54Mbps のカードは未開封で、従来から使っていた 11Mbps のカードしか使いませんでした。今度の休みに交換かな。拾ったカードも動きました。

Linuxではカードを認識しませんでした。

ともかく、ベランダで無線LANが使えます。

| | コメント (0)

2007年3月21日 (水)

無線LANカード

拾いました!
無線LANカードが2枚になりました。

他に無線LANを内臓しているPCが1台あります。

最近、持ち歩く機会の増えた会社のPCにも内臓しています。

今度、娘が学校から買う「キャンパス用PC」と言う、ふつうのPCにも内臓しています。

そろそろ、無線LANのルーターでも買おうかな

| | コメント (0)

AKI-H8/3048F USB開発キット

関連するHomePageをListにしました。

http://akizukidenshi.com/catalog/items2.php?c=h8kit&s=popularity&p=1&r=1&page=#K-00172
http://homepage1.nifty.com/aida/AkiH8Usb.htm
http://homepage1.nifty.com/x6/elecmake/aki-h8-usb/index.htm
http://watson8.com/ae3052a/usbkit.html
http://hijiri3.s65.xrea.com/sorekore/develop/h8/00_aki-h8-usb.htm
http://www.kannet.ne.jp/tomaru/kenkyuushithu/hardware/h8usb/h8usb.htm
 :
 :

http://www.picfun.com/usb08.html

途中でやめました。沢山あります。
自分なりにまとめてHomePageを作ろうかなと思っていましたがやめます。
これらを参照した方が利口です。

| | コメント (0)

2007年3月20日 (火)

FitsPhoto

>Ver4.42にUpDateしました。

UpLoadしたファイルなんか変に圧縮してました。
作り直して、再UpLoadしました。

| | コメント (0)

2007年 日本天文学会春季年会

http://www.sp.u-tokai.ac.jp/universe/asj2007a/index.html

東海大学で開催だって。近いです。でも、会員じゃないので行けないのでしょうね。
だいたい、平日だし。

N沢先生は29,30,31に厚木のホテル宿泊だって。
ん~、会いに行きたい。

でも、30日は会社の送別会で幹事だし。
29日に会って飲みまくったら、30日は会社休みそうだし。

| | コメント (2)

2007年3月19日 (月)

FitsPhoto

Ver4.42にUpDateしました。

http://www.geocities.jp/nagai_kazuo/dload-1.html

光度曲線の縦軸が1等単位でしか設定出来なかったのですが、0.1等単位で設定出来るようにしました。

Fitsphoto_ver442_1

このグラフを例に当てはめると、今までですと、C-Kは「-3から-2」、V-Cは「0から1」でしたが、この様に細かく設定出来ます。

補助目盛り線を自由に設定出来るようにしました。

Fitsphoto_ver442_2

グラフをダブルクリックすると、このウインドウが表示されます。今まで縦軸のstepは入力出来ませんでしたが、この様に入力出来るようにしました。

| | コメント (1)

2007年3月18日 (日)

会誌の編集

日本変光星研究会の会誌「変光星」を編集しました。今回は250号です。
かわせみさんが事務局の頃でしたら、250などと言う切の良い数字ですと、特集号!って話になりますが、最近は火が消えたように皆さん行儀が良いです。
久しぶりに編集をした気がしていますが、最後に編集したのは247号なので中2回の休憩でした。

| | コメント (0)

3/19の日食

> 3月19日11時43分:部分日食

月曜日なので見れないと思います。先にどんな様子なのかステラナビゲータで見てみました。

Seclipse20070319

茅ヶ崎では見れません!
これ以上、近づきませんでした。

| | コメント (0)

2007年3月17日 (土)

Display

>T健一氏から19inchのLCD-Displayをもらうのですが

もらいました。
壊れていたので修理に出したのでした。修理上がり品で梱包も未開封のまま頂きました。

ですから、ちゃんと動作します。

ぉーー、もうかった!

解像度が1152x864から1280x1024にUP出来ました。
画サイズも大きくなったし、良いことバッカシです。

DVI入力もあります。

Audio入力もあり、アクティブスピーカーが不要になりました。

| | コメント (2)

今週は、ベロベロに疲れました。今も、グッタリしています。日変研の会誌の編集を立候補しようかなと思ってましたが、どーしても元気が出ないです。

日変研の掲示板、ずっと止まっています。こちらからは、何もお手伝い出来ないです。せめて、日変研から金銭的な何かを!って、提案してみようかな。

でも、n10さんにとっては、いちばん欲しいのは時間なのでしょう。

| | コメント (1)

2007年3月16日 (金)

Display

CRT Displayを使っていますが、CRTのネック部で放電するようになってきました。
かなり、やばいです。

土曜日に知り合いのT健一氏から19inchのLCD-Displayをもらうのですが、それに期待したい気分です。

ただ、氏が言うには「こわれてる」そうで、もらった途端に分解し修理かなと。思っています

| | コメント (0)

2007年3月15日 (木)

昨日の観測

外出先からの帰宅でした、いつもより早く家につきました。
観測を開始した頃は薄雲でした。
これは、逆にチャンスでIバンドでの雲の影響を知る事が出来るかも。

VY Sexを観測しました。最近、Njhさんが副極小を観測しています。今回は(たぶん)主極小の観測です。

結局、直ぐに雲は無くなってしまいました。
しかも、雲が濃すぎたみたいで、単にNoiseが多いだけの結果でした。

Sex_vy_20070314

| | コメント (2)

2007年3月14日 (水)

昨夜

きれいな晴天でしたが、帰宅が遅くて観測しませんでした。最近、仕事が忙しいです。メールも見ていないです。

| | コメント (0)

AKI-H8/3048F USB開発キット

aki_usbio.dllのVisualBasicでのDeclare文をまとめました

★USBスレッド開始

Private Declare Function usbstart Lib "aki_usbio.dll" Alias "_usbstart@8" (ByVal buffsize As Long, ByVal timer As Long) As Long

int usbstart(int buffsize,int time)
  int  buffsize   USBの送受信バッファサイズ
  int  timer      スレッドのループタイマー(ms)
  戻り値          失敗した場合、-1を返す。多分おきないと思う。

今回のUSBを利用するとき最初に呼び出します。バッファの初期化と、USBとの通信スレッドを開始します。
また、USBスレッドの多重起動はしないでください。システムがハングアップする可能性があります。

★USBスレッド終了

Private Declare Sub stopusb Lib "aki_usbio.dll" Alias "_stopusb@0" ()

void stopusb(void)

USBのスレッドを停止して、ハンドルをすべてクローズします。

★USBのスレッド状態取得

Private Declare Function getusbactive Lib "aki_usbio.dll" Alias "_getusbactive@0" () As Long

int getusbactive(void)
  戻り値    0 = スレッドが起動していない
        1 = スレッド起動中
        2 = スレッド停止待ち

★USBの状態取得その2

Private Declare Function getusbstat Lib "aki_usbio.dll" Alias "_getusbstat@0" () As Long

int getusbstat(void)
  戻り値   bit0 ... スレッド起動中
           bit1 ... 1 (予約)
           bit2 ... 1=READ Handle Open
           bit3 ... 1=WRITE Handle Open

通常起動中は、0xfになります、USBが抜かれたりした場合、0x3になります。

★USBスレッドカウンタ取得

Private Declare Function getusbcount Lib "aki_usbio.dll" Alias "_getusbcount@0" () As Long

int getusbcount(void)
  戻り値      ループカウント値

ループ毎にカウントアップします。チェック用です。

★データ送信

Private Declare Function write_buff Lib "aki_usbio.dll" Alias "_write_buff@8" (ByVal str As String, ByVal cnt As Long) As Long

int write_buff(char *buff,int size)
  char     *buff      送信するデータポインタ
  int      size       データサイズ
  戻り値              送信したサイズ

USBにデータを送信します。

★データ受信

Private Declare Function read_buff Lib "aki_usbio.dll" Alias "_read_buff@8" (ByVal buff As String, ByVal cnt As Long) As Long

int read_buff(char *buff,int size)
  char   *buff    取得するバッファ
  int    size     バッファサイズ
  戻り値          受信したサイズ

USBから受信した、受信バッファのデータを取得します。
バッファがあふれないように気をつけてください。

★受信データサイズ取得

Private Declare Function get_inbufflen Lib "aki_usbio.dll" Alias "_get_inbufflen@0" () As Long

int get_inbufflen(void)
  戻り値      受信したサイズ

USBから受信してバッファに残っているサイズを取得します。

★送信バッファデータサイズ取得

Private Declare Function get_outbufflen Lib "aki_usbio.dll" Alias "_get_outbufflen@0" () As Long

int get_outbufflen(void)
  戻り値      信バッファ残りサイズ

送信バッファに送ってUSBに未送信のデータサイズ。
初期化したタイミングで送信しているので、AKI-H8-USBが受け取らない場合などは、サイズが増えていく可能性あり。

| | コメント (0)

2007年3月13日 (火)

やっぱり、何かへんです

3/11の観測は、始めた頃天気が悪く雲の多い状態でした。極小付近は曇天です。
で、極小前の C-K ですが、曲がっています。

Sexy200703112

その結果、光度曲線が過去の観測と一致しません。

Sexy200703113

ちょっと、見にくい図ですが、減光部分が2/12の観測と一致しません。
Iバンドは、大気中の水蒸気の影響が多いのでしょうか?

思い切って、Vバンドに戻ろうか、と、悩んでいます。

※3/12は綺麗な晴天でした。ここではC-Kはまっすぐでした。

| | コメント (0)

AKI-H8/3048F USB開発キット

次はVBのProgramです。
サンプルはVB6で書かれています。
私はVisualBasic Ver5を使っていますので、VB5に書き直りました。

★Project1.vbp の内容は

Type=Exe
Form=Form1.frm
IconForm="Form1"
Startup="Form1"
Command32=""
Name="Project1"
HelpContextID="0"
CompatibleMode="0"
MajorVer=1
MinorVer=0
RevisionVer=0
AutoIncrementVer=0
ServerSupportFiles=0
CompilationType=0
OptimizationType=0
FavorPentiumPro(tm)=0
CodeViewDebugInfo=0
NoAliasing=0
BoundsCheck=0
OverflowCheck=0
FlPointCheck=0
FDIVCheck=0
UnroundedFP=0
StartMode=0
Unattended=0
ThreadPerObject=0
MaxNumberOfThreads=1

[MS Transaction Server]
AutoRefresh=1

Form1.frm の内容は変更する必要はありませんでした。

そして、同じフォルダーに aki_usbio.dll を置いて、Project1.vbp を実行します。
H8側のプログラムは、昨日から書き換えていません。

実行させると以下のようになりました。

Usb_test_vb

下の TEXT AREA に test を入力し Enter を押すと、上の TEXT AREA に test が表示されます。
PCから送信した内容とH8からUSB経由で送られてきた内容を表示します。

| | コメント (0)

2007年3月12日 (月)

ひさし

効果がありました!ちょっと驚き。8日の観測と同じ星を観測しましたが、Flatな画像が得られました。
たまたま、望遠鏡の向いていた方向が効果がある方向だったと思うのですが、少しは効果がある!という事です。
しばらく、このまま観測を続けてみようと思っています。

Sexy_20070311

望遠鏡を片付けている時にLiveCameraに月が写っていたので画像を保存しました。

Live20070312

| | コメント (0)

AKI-H8/3048F USB開発キット

>次は、USBのプログラミングに入ります。
>まずは、サンプルプログラムの理解からです。

いきなり難し過ぎるので、USBのSampleProgramを実行させる所から、おさらいです。
また、秋月のUSB DriverをInstallしておく必要もありますので、以下の作業はやっておいた方がよいでしょう。

Sampleのcc.batを実行しても良いのですが、適当に作ったフォルダーや名称がcc.batと違いすぎて手作業で行いました。

まず、一つ一つ、サンプルソースをコンパイルする

 main.c
 usb.c
 sci.c
 lcd.c

下記はmain.cをコンパイルする場合です。

del err.txt
cc38h.exe -CPU=300HA -INCLUDE=C:\H8\ASM main.c >> err.txt
type err.txt

err.txtに何も書かれなければOKです。コンパイルエラーがあると何か書かれます。

C:\H8\ASMで作業しているのですが、ヘッダーファイルも、ここにコピーしてあります。
不足しているヘッダーファイルがあれば、コンパイルエラーになります。err.txtを見てコピーして下さい。

次は start.asm のアセンブルです。

C:\H8\ASM>a38h start.asm

start.asmはH8の初期化を行っています。このSampleProgramでは、必ず必要な物です。

次はリンクです。

C:\H8\ASM>l38h -subcommand=usbtest.sub

usbtest.subの中身は以下の様になっています。

OUTPUT usbtest
PRINT usbtest
INPUT start,main,sci,lcd,usb
LIB c38hab
START R(0FFEF10),P(200),D(8000),C(9000)
ROM (D,R)
EXIT

コンパイルやアセンブルした start,main,sci,lcd,usb をリンクして usbtest と言う一つのファイルにします。
ライブラリは C38HAB.LIB です。このファイルが作業しているフォルダー(C:\H8\ASM)に無いとエラーになります。

最後は、下のように HEXファイル を作成します。

C:\H8\ASM>c38h usbtest

完成した usbtest.MOT をフラッシュライター(FLASH.EXE)を使って 232C経由で H8に書き込みます。
これで、H8側は完了!

H8 USB開発キット のボード上にあるSW501を「FLASH」と反対側に倒して RESET Switch(SW503)を押せば H8は動き始めます。
LCDに Ready!3052_ が表示されれば OK です。

さて次はWindowsにUSB DriverをInstallさせます。
DriverはCD-ROMのH8\DRIVERに入っているakiusb.sysです。

Installは、ごく普通に出来ます。H8が動作している状態でUSBケーブルを接続すると「新しい...が見つかりました」が始まりますのでakiusb.sysの入っているフォルダーを指定すれば終わります。
USB TEST DRIVER という機器になります。

最後に、(CD-ROMに入っている) USBCheck.exe を実行します。
ボード上のキーボードスイッチをプチプチ押すとPCの画面に押したスイッチの番号が表示されます。
PCのキーボードから「Hello」とタイプして「送信」ボタンを押すと、H8にHelloがUSB経由で送信され、H8はUSBとRS-232Cを使ってHelloを返してきます。同時にLCDにも表示されます。

このRS-232Cはハイパーターミナルで確認したのですが、コケてしまい、うまく行きませんでした。9600BPS 8BIT 1STOP_BIT NO-PRIです。まあ、いいか!

| | コメント (0)

天文月報

日本変光星研究会の掲示板に書こうとしましたが繋がらなかったので、こちらに書きます。
天文月報が読めるようになっています。新しいものはパスワードが必要なので、わたしにはよめませんでした。

http://www.asj.or.jp/geppou/contents/index.html

1908年が第一巻で、6月のものに「変光星観測方法」が載っています。一戸先生の記事です。
変光星観測の注意点が書かれていますが、現在のものと同じです。当時でも、こんなにもきちんとしたものだった事に驚きました。
皆さんも、ぜひ読んでみて欲しいです。そして、感想を掲示板に書きましょう!

長岡半太郎って会員だったのですね。

| | コメント (0)

memo

DeskTopPC : AMD Athlon MP 1900+ 1.21GHz, 1.00 GB RAM

| | コメント (0)

2007年3月11日 (日)

AV Pup

Spotを配置しました。

spot1
star2
colatitude 90
longitude 270
radius 15
temperture factor 0.5

i = 81
q = 0.76
f = 0.13
T1= 6550K
T2= 6450K
g = 0.32
u = 0.5
A = 0.5

Spot_model_1_1

Spot_model_2

ながながと解析作業をしていましたが、ようやく終わりました。
つぎはレポートの作成です。

| | コメント (0)

2007年3月10日 (土)

ひさし

フードに「ひさし」を付けました。

Eaves

幅、1.5cmです。外灯の影響を減らすのが目的です。

でも、こんなもので効果が有るのだろうか?疑問です。

今までの感じから、フードが無い方が良い結果が出ているように思えて来ました。

| | コメント (0)

FSPACE

スペースフォーラムは今月で終了です。ちょっと覗いてきましたが、寂しい終了のしかたです。

| | コメント (0)

2007年3月 9日 (金)

ライブカメラ

昨日、コケてました。帰宅後、Programを再起動しましたがダメでした。そのまま、連星の観測を始めました。今朝、望遠鏡の片付けが終わってPCを再起動したら復旧しました。
いや~、一時は「カメラの買い直しかな」と思ってしまいました。
http://homepage3.nifty.com/nga_star/live.jpg

Live20070309

| | コメント (0)

昨夜の観測

10日以上のBlankがありましたが、やっと観測を再開出来ました。
遮光クロスをはがした事でドーナツは写らなくなりましたが、こんどは、外灯の影響がハッキリ見えてしまいました。
これは、振り出しに戻った事になります。Icバンドなのに妙です。
Vと同じだったら、Vに戻っても良いとも思っています。

フードの先端を絞るような遮光を考えています。
また、ほんとうにVバンドに戻る事も検討したいです。明らかに(交換された)外灯は暗くなっています。(でも、見ると眩しいですが)

下は昨夜の光度曲線です。

Sex_y_20070308

| | コメント (0)

2007年3月 8日 (木)

最近、観測していない

昨夜は晴れていましたが帰宅が遅かったので観測しませんでした。
先週は「おひなさま休暇」で3晩の晴れ間を見過ごしました。
まだ、今月の観測はゼロです。

仕事が忙しく観測が出来ないトレンドです。

| | コメント (0)

2007年3月 7日 (水)

昨夜

帰宅すると晴れていました。

でも、天気予報では、「今夜は曇りのち雨」との事で、飲んで寝ました。

最近、vsolj-obsでの食の観測が多いです。と言ってもNjhさんですが。

観測結果をExcelを用いて光度曲線を描いているのですが、昨年の秋位から追いつかなくなってきました。今は、1月2月分をやっています。もうちょっとで追いつきます。

2ヶ月で2万レコードって、多くないですか!(一ヶ月一万目測って事)

| | コメント (2)

2007年3月 6日 (火)

天体観察会

今週末は平塚市天体観察会があります。年度最後の行事は必ず参加するようにしたいのですが、今回は函南の月光天文台に宿泊です。
50cmがあるのですが、一般の観望となんらかわりません。
土星シーズンなので土星観望かな。
その後、広場で天体写真撮影かな。
今ひとつ、乗り気にならないです。
本当は、出かけて行って、みなさんに変光星の幾つかを見せないといけないのでしょうけれど、やる気が出ないですし、50cmを貸してくれるなら、分光器を持って出かけますが、単に土星を見るだけで遠くまで出かける元気が無いです。

と言う事で、PASSします。

いや~、こんな事で良いのだろうか。他の変光星の方々は頑張って変光星を流布しているのに。

| | コメント (0)

2007年3月 5日 (月)

おひなさま

片付けました。
ライブカメラも再開しました。
http://homepage3.nifty.com/nga_star/live.jpg

| | コメント (0)

ATX電源

AcBel AP13PC52に交換しました。

マザーボードの補助電源コネクタはさしていません。でも、動いています。

300Wから350Wに交換したのは騒音がうるさかったからです。しかし、案の定、効果が感じられません。てか、更にうるさくなった。

また、うるさいのは、CPUクーラーでした。デュアルCPUなので2個付いています。これがうるさいのでした。

あと、気が付いたのですが、フロッピーが使えないです。認識はしています。このマザーボードに変えてから、一度もフロッピーを使っていないので、いつから使えないのか?ハッキリしません。まあ、いいか!電力がもったいないので、配線を外しました。

...しばらく使って

それにしても「うるさい!」気が狂いそうです。

元の電源に戻しました!

で、ついでにCPUクーラーのファンを取り出して油を注す事にしました。
これが失敗の始まり!!

CPUが2個なので、2つ付いています。
一つ目はうまく行きました。
2つ目の放熱器を外す際に、プラスティック成型で出来ている放熱板を固定する金属バンドがひっかるツメを割ってしまいました!

要は2つ目のCPUには放熱器が取り付けられなくなってしまいました。

散々、苦労しましたが、結局、2つ目のCPUは基板(ソケット)から外して使う事にしました。

せっかくのディアルCPUだったのですが、普通のシングルになってしまいました。かなり、悲しいです。

お蔭様で、鈴かになりました。

| | コメント (0)

2007年3月 4日 (日)

Feb/2007

2月の観測月報を名古屋事務局と富山事務局に送りました。
8夜 / 11星 / 1858目測 でした。
ライトアップに悩まされ続けて、今なお解決せず、観測し続けて8晩の観測をしていました。
3.5日に一回しか観測していないのか~、少ないっ!

| | コメント (0)

AKI-H8/3048F USB開発キット

次はCコンパイラの動作確認です。簡単なプログラムを作成しました。

作成したプログラムは、LEDがPortBに配線されていましたので、このLEDを点灯させる物です。

以下は、プログラム PBTEST.C のソースです。

#include <3048f.h>
main() {
    PB.DDR = 0xff; /* PB output */
    PB.DR.BYTE = 0;
}

コンパイルは以下のようにやりました。

C:\>del err.txt
C:\>cc38h.exe -CPU=300HA -INCLUDE=C:\H8\ASM PBTEST.C >> err.txt
C:\>type err.txt

リンケージエディタは以下のようにやりました。RESETV.OBJと言うファイルが必要です。

C:\>l38h.exe -SUBCOMMAND=PBTEST.SUB

リンクで使ったPBTEST.SUBの内容は以下です。

OUTPUT PBTEST
PRINT PBTEST
INPUT resetv,PBTEST
LIB c38hab
START P(200)
EXIT

次は、ABSファイルをMOTファイルに変換します。実際には、C38H.EXEで PBTEST.MOT を作成します。

C:\>c38h pbtest.abs

最後に、FLASH.EXEでPBTEST.MOTを書き込みます。

思惑通り、LEDは全点灯しました。ここまでで一通り確認が終わりました。

次は、USBのプログラミングに入ります。まずは、サンプルプログラムの理解からです。

| | コメント (0)

2007年3月 3日 (土)

おひなさま

今日は「おひなさま」、甘酒をのみましょう。
あすは、片付けです。明日の夜から観測再開です!さて、天候はどうでしょう。
昨日の昼頃から下り坂です。

| | コメント (0)

USB→RS232C

だいぶ前に拾った、USBportにさすRS-232CをVAIO PCG-SRX7S/Pにつけてみました。

Usb_232c

H8のFlash書込みはRS232C経由なのですが、VAIOはRS232Cとか付いてないので試みる事にしました。

まあ、大した話題じゃないのですが、Installは簡単に出来て、DefaultでCOM7になってしまうのでデバイスマネージャーでCOM1に変更して、秋月のFlashWriterSoftで書き込んで、問題なし、メデタシメデタシでした。
次にIBMの240Zにも同じことをやって見ました。しかし、COM1からCOM6まで使用中になっていてCOM1に変更出来ません。こちらは(Flash書込みは)失敗におわりました。

VAIO PCG-SRX7S/Pはメモステドライブ内臓なのですが、これで読めるメモステが殆ど無いです。ぜんぜん駄目です。他のPCや外付けドライブでは読めるメモステでも、このVAIOだけが読めないです

| | コメント (0)

2007年3月 2日 (金)

AV Pup

contactのmodelは、この値

i=81
q=0.76
f=0.13
T1=6550K
T2=6450K

これは、観測結果から左右対称の光度曲線を作って求めたモデルです。

このモデルと実際の観測結果を比較すると、どうなるでしょう。

Av_pup_obs20070302_1

まぁ~、こんな感じで。第二極大の所をスポットを配置してフィットさせる。目論見です。

| | コメント (0)

2007年3月 1日 (木)

おひなさま休暇

観測休暇中です。今週、2回目の晴天の夜でした。
反面、晴れていても落ち着いて仕事が出来ます。

| | コメント (0)

ATX電源

昨日、去年AcBelの日本代理店からサンプルでもらったATX電源を持って帰ってきました。
AcBel AP13PC52です。
SATAのコネクタも付いています。が、補助電源コネクタが付いていません。

Power06_l

これが無いと動かないのかな~?

でも、試しに交換してみるつもりです。

現在、300W電源ですが、今回の電源は350Wです。騒音を下げたいのですが、効果があるだろうか?

箱には「低騒音」って書いてあります。

| | コメント (0)

H8

まだ、Cコンパイラの確認をしていません。
この確認が出来たら、まとめの意味で、一旦整理してHomePageに載せるつもりです。

| | コメント (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »