2021年4月17日 (土)

2021年3月の流星観測報告

平塚市博物館の流星分科会では10名が15台のカメラを使って相模湾沿岸に小規模観測ネットワークを作っています。

2021年3月のTV観測から同時流星の解析をしました。UO2でQ1で解析しました。

3月は186個の軌道が得られました。spo 179, J5_eVi 7でした。

観測者のcountは以下でした。

_ID _count
秋山 KN4_01 193
秋山 KN4_02  63
石井 KN5_02  97
岡澤 KN6_02 154
岡澤 KN6_03 291
清水 KN7_01 178
清水 KN7_02 327
鈴木 KN8_1  128
永井 KN9_01  59
永井 KN9_02  16
横関 KND_01 116
横関 KND_02  49
小林 KNF_01 102
戸村 KNH_01 270
萩原 KNI_02 128

20210417_1_all_radiant 

20210417_2_all_ground_map 

20210417_3_all_orbit__top 

20210417_4_all_orbit_side 

以下はJ5_eViです。

20210417_5_j5_evi_radiant 

20210417_6_j5_evi_trail_map 

20210417_7_j5_evi_gouund_map 

20210417_8_j5_evi_orbit_top 

 

| | コメント (0)

Some Binaries

vsolj-obs 71108までの追加作業です。

20210417lc1 

RZ Casに2/23のKaiさんの観測を追記しました。と言ってもどれだか分からないですかね。1件を除いて、全て主極小の観測です。

20210417lc2 

TW Casです。1993年にNgaが写真観測して、その後、2件の眼視観測がありましたが、ずっと放置されていました。昨年末と年始に例によってKaiさんとIohさんのコンビが突如の共同観測?をされました。

20210417lc3 

V1010 Casに10/12と1/10のIohさんの観測を追記しました。両方とも極小観測です。主と副は割と深さが同じなのですね。

 

| | コメント (0)

2021年4月16日 (金)

年末の黒点

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2021/04/post-098f25.html
これの続きです。

(単極の黒点の)偏光角を測定しました。

202104160 202104161 202104162 

どうやら、偏光角は変わらない。か、

数度以内の変化をする

のかな?

 

| | コメント (0)

Some Binaries

vsolj-obs 71108までの追加作業です。

20210416lc1 

V383 Camです。一晩でほぼすべての位相が観測されています。

20210416lc2 

V459 Camです。周期1.5日のEA型です。

20210416lc3 

どれがどれだか分かりにくいですが、DO Casに11/26,12/7のKai氏と12/17のNgaの観測を追記しました。3つ共主極小です。

 

| | コメント (0)

2021年4月15日 (木)

月旅行企画「dearMoon project」

前澤友作氏の月旅行企画「dearMoon project」は,イーロン・マスク氏のSpaceX社が開発中のスターシップを使った,民間人初の月への飛行計画です。前澤氏が確保している氏を除く8名分の席を世界中からの応募で決めます。
https://dearmoon.earth/ja/

選考は5段階で,第1次選考(STEP1)には世界249カ国約100万人が応募登録しており,私は,第2次選考(STEP2)であった書類選考に通過しまして,第3次選考(STEP3)の課題選考(3/31〆切)に進みました。現在,約100数十名(日本人は7名程度)がYouTubeに課題(1分動画)提出しています(https://www.youtube.com/hashtag/dearmooncrew)。

以下に,私の1分動画がありますので,視聴して「いいね」して(良いと思ったら^^;)、チャンネル登録もしていただけると嬉しいです。選考に関わるのか不明ですが,是非応援をよろしくお願いいたします。このメールを拡散して頂いても結構です。
https://youtu.be/hHeGeOJUk8U

5月中旬に合否が発表され第4次選考(STEP4)のオンライン面談に進み,5月下旬にSTEP5の最終面談とメディカルチェックが行われる予定です。

 

| | コメント (0)

電波流星増えて来たか

流星数は1月のしぶんぎ以降、徐々に減っていきます。

毎月毎月減って梅雨明けからドッと増えだします。

電波は様子が違うみたいで

Meteor radio observation (fc2.com)

こんな風に 4/13 ですが、エコーが増えています。

 

| | コメント (0)

平塚市博物館「天体写真展」

今日から平塚市博物館では天体観察会「天体写真展」がはじまります。
4/15~6/6
https://www.hirahaku.jp/

昨日は準備のお手伝いに行ってきました。(私は写ってません)

20210414_01 

20210414_02 

20210414_03 

20210414_04 

20210414_05 

20210414_06 

20210414_07 

写真は天体観察会の会員から募集したものです。

写真以外に天体観察会と各分科会の紹介もあります。

平塚市博物館では春の特別展「火球と隕石」(3/20~5/30)も開催中です。天文三昧です。

 

| | コメント (0)

鉄流星のプラズマ温度測定

2021/4/4に流星物理セミナーオンライン(MSSonline)に投稿しました。
http://msswg.net/mssonline/MSS19-spectrum-20210404-Nagai-FeMeteor.pdf

2021041501 

2021041502 

2021041503 

2021041504 

2021041505 

2021041506 

2021041507 

 

| | コメント (0)

Some Binaries

vsolj-obs 71108までの追加作業です。

20210415lc1 

FN Camに3/24のKaiさんの観測を追記しました。Hipparcosの発見で、発見時の要素で書いています。

20210415lc2 

SV CamにIohさんとKaiさんの観測を追記しました。2011年のSetさんが観測されて10年程度経ってから、お二方が同じ星を観測されています。

20210415lc3 

V337 Camです。Kaiさんの観測です。

 

| | コメント (0)

2021年4月14日 (水)

コルキットで木星の衛星の相互食

6年周期の木星の衛星の相互食のシーズンが始まりました!

そこで、コルキットで観測出来ないか?

4月6日朝5時の相互食で試してみました。

今回の目的はコルキットで衛星を動画撮影する事です。

202104141 

コルキットスピカに

202104142 

100円で買ったUSBカメラを付けて

木星の衛星が撮影しました。

ピントが合ってないとか、いろいろありましたが

04_53_08ser_f00013357_1 

衛星は写りました。

木星の左上にエウロパが写っています。

この日はエウロパがガニメデを隠して 0.3等 の減光だそうです。

シンチレーションが厄介ですが、

202104143 

この方法で相互食の光度曲線も作れると思います。

 

| | コメント (0)

Some Binaries

vsolj-obs 71108までの追加作業です。

20210414lc1 

AO Camに1/25のIohさんの観測を追記しました。ちょっとずつ極小が早くなっています。

20210414lc2 

AW Camです。EB型だそうです。

20210414lc3 

AZ CamにKaiさんの観測を追記しました。9年ぶりの観測でした。

20210414lc4 

CP Camと言うEB型の食連星です。

20210414lc5 

CP Camです。IohさんとKaiさんの観測です。なんとなく、この2名が新規で同じ星を観測すれ例が多いような?

 

| | コメント (0)

2021年4月13日 (火)

Some Binaries

vsolj-obs 71108までの追加作業です。

20210413lc1 

EF BooにSuzさんの3月の観測を追記したら、何が何だか分からなくなりました。

20210413lc2 

QV Booと言う暗い食連星です。

20210413lc3 

TU BOOに12/31,1/29のKisさんと3/26のKubさんの観測を追記しました。みなさんVですがわりと幅があります。

 

| | コメント (0)

年末の太陽黒点

5月に東亜天文学会東京支部会があるかも知れないので

年末の単極の黒点の解析を始めました。

202104131 

2020/12/21から2021/1/2までです。

縁からの出現から見えなくなるまで、毎日、撮影出来ました。

で、

まず、簡単な「温度」から

202104132 202104133 

黒点を正面から見ないと黒点温度は下がってしまうのがわかります。

それ以外に温度変化しているのは、Realっぽいです。

 

| | コメント (0)

2021年4月12日 (月)

流星電波エコーが減った?

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2021/01/post-91796a.html
これの続きです。

流星電波観測でノイズの原因が変光星観測に使っている全ての機器からのノイズと分かって

あちこちの配線にフェライトコアクランパーを付けまくりましたが

ぜんぜん効果が無く。

それぞれのクランパーでちょっとは効果ありますが、相手が交流なので位相が合わないと全体のノイズレベルが下がらないです。

それと

HROが福井しかなくて

この所、送信所のトラブルが続いていて

HRO観測の危機が心配です。

そこで、50M帯を、一旦、やめて、100M帯でテストしていました。

要するにVORです。

何カ所かVORを試しました。が、

ひと月以上やって

流星は一つも受信でいませんでした。

Kn9_2103142110 

また、ノイズの多少良くなった程度でした。

と、言う事で

HROに戻そうと思います。

或いはFMに変更か?

 

| | コメント (0)

Some Binaries

vsolj-obs 71108までの追加作業です。

20210412lc1 

V855 Aurと言うEW型の食連星です。Iohさんが観測されました。

20210412lc21 20210412lc22 

ZZ Aurです。2020年12月のKubさんの観測を追記しました。このKubさんの観測以前は第一極大が明るかったのですが、Kubさんの観測だけ第二極大が明るいです。

20210412lc3 

BU Booは2007年のNjhさんの観測しかありませんでした。Suzさんが2晩観測されました。

 

| | コメント (0)

«本年度の東亜天文学会東京支部会