2019年8月25日 (日)

PHD2 Polar Drift Alignment tool

天の北極に近い星を選んで下さい。。

ってなってますが

ベランダからは南天しか見えないです。

でも、南天の星では、ぜんぜん解析してくれないのだろうか?

やってみましょうか?

1.キャリブレーションシーケンスを実行
2.北半球になっている事
3.ガイド星を選択
4.Polar Drift AlignmentのStartをクリック
5.ガイド星が赤丸に入るように極軸調整

 

| | コメント (0)

2019年8月24日 (土)

HomePage更新

球形モデルで連星の光度曲線を作るソフト(A Simple Model for Computing Light Curves)をVer2.1にしました
http://eclipsingbinary.web.fc2.com/dload-1.html

 

| | コメント (0)

2019年8月23日 (金)

PHD2、キャリブレションデータの読み込み

観測を始める際に

準備が整ってからPHD2を動かして

キャリブレーションシーケンスを実行させます。

これが、毎回やるので、この時間が勿体ないです。

ところが、

20190823 

Enter Calibration Dataで前回のキャリブレーションデータを読み込んでくれます!

おー、便利。これで時間の掛かるキャリブレーションシーケンスをスキップ出来ました。

 

| | コメント (0)

2019年8月22日 (木)

恒星の大気モデル

Spectrumと言うプログラムを使うと恒星のスペクトルを生成してくれます。

これには恒星の大気モデルを与える必要があります。

この大気モデルはATLASと言うプログラムで生成出来ます。

で、やってみた

20190822 

Teff=10000K, logg=4.0 で、太陽組成です。

 

| | コメント (0)

2019年8月21日 (水)

流星電波観測の準備

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2019/08/post-faad42.html
これの続きです。

>Acer T100TAM は MROFFT013 の録音が出来ないです。

PCを替えるしかない。。

Windows7以上である必要があるので

流星分光に使っている2台のPC(XPと7)からWin7のPC(Acer AOA150)と交換する事にしました。

Acer T100TAMは流星分光になるのでUFO captureを入れました。

で、次に Acer AOA150 にSDR#を入れて動かしたら

FM横浜がぜんぜん聞けません!音が途切れ途切れで

たまに「ザっ」って言うだけです。PCが遅すぎます!

仕方が無いので、Acer AOA150は、元の流星分光に戻して

変光星の分光・測光用望遠鏡の赤道儀制御(EQMOD)で使っているHP miniと交換する事にしました。

201908211 

まず、Acer T100TAMにEQMODを入れたのですが

201908212 

これが、超面倒でした!!

次にXPのHP miniに7をクリーンインストールで入れましたが

UPDATEで2日も掛かった

早速、SDR#をHP miniに入れたら

これも、音が途切れ途切れです。Acer AOA150よりが大分いいです。FM横浜の会話や音楽がわかります

が、観測には使えない。。

201908213 

タスクをいっぱい停止したけど、変わらない。。

 

| | コメント (1)

2019年8月20日 (火)

ぼくのコルキット

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2019/08/post-5d5bc5.html
これの続きです。

201908201 

USBカメラを分解して24.5mmのスリーブを付けました。

201908202 

直焦点で月を写しました。

201908203 

木星は露出オーバーです。

SharpCapを使いましたが、露出の替え方がわかりません。

カメラは拾い物で、
PHD2で使えるハズですので安価なオートガイドになります。

 

| | コメント (0)

2019年8月19日 (月)

EOSを導入に使う

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2019/08/post-117535.html
これの続きです。

>これで、全てのハードが整いました!!
>次はUGEMの設定。。ぜんぜん忘れてます。

ハードが整う前から、この光学系で事前撮影をしていて

UGEMの設定もせっせとやっていました。

でも、けっきょく、お助けをお願いしてしまいました。なかなかUGEM自立が出来ない。

今回は

いつも悩む FTAI はすんなりと出来ました。

コツは

FitsにWCSを付けるとFTAIはさらりと焦点距離を求めてくれて、

この値を設定してから

WCSの付いていない画像でFTAIをします。

ここで、自動はお約束の整約エラーになりますが、星図表示して手動にするとすんなりエラーは無くなります。

さあて、測光!ってやってみたら

明るめの星は測定するけど、暗めの星が測定してくれない。。

これに悩んでお助けを求めました。

結果は、測定しない星は、virlist.csvにαδが入ってませんでした!

400mmにEOS Kissで観測していたので測光エラーが大きそうな暗い星のαδを空白にしていました。

んーー、これは自分で気づいて欲しかった

何度もマニアルを読んだのに、Varlistは「間違いない!」と思い込んで読んでませんでした。

で、極大等級が12等より明るい食のαδを入れました。

 

| | コメント (0)

2019年8月18日 (日)

流星電波観測の準備

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2019/08/post-0fc020.html
これの続きです。

アンテナもSDRも準備出来て動作しているのに

MROFFT013で悩んでいます。

これはベースバンドの特定の波長の音声を録音するプログラムで

閾値を超えた物を記録します。

記録は10分毎に「絵」で記録して

その形状で流星か判定して数を数えます。

SDRはラジオです。

その音声出力をPCのスピーカー端子から出力して

オーディオケーブルを使って

PCのマイク入力に戻します。

その音をMROFFT013は記録します。

それで、流星電波用に買ったPCは Acer T100TAM と言う 2in1 のPC

側面に4極ミニプラグが付いていて、Audio out と MIC in が一緒になっています。

この4極ミニプラグには2つの規格があります。

20190818_0 

これは困りますよね!、どこがGNDでしょう?

調べるために以下のテストをしました。

20190818_1 

PCから音を出してT100TAMから音が出る接続を探したら、このようになりました。

これに相当するループバックを作ったけど

MROFFT013にSDRの音が入ってこない??

仕方が無いので

20190818_2 

4種類の組み合わせでループバック用のプラグを作った。。

けど、

MROFFT013にSDRの音が入ってこない??

AudioやMICの設定も色々と試したけど

ダメ

Acer T100TAM は MROFFT013 の録音が出来ないです。Acer T100TAM を買ったのが失敗だったみたい!

19800円もしたよ。

 

| | コメント (0)

2019年8月17日 (土)

EOSを導入に使う

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2019/08/post-43ff32.html
これの続きです。

>EOS kissのガイド鏡を240mmから300mmに替えて、ST-402の主鏡にx0.75のレデューサーを付けた。

これまでに、ガイド鏡の焦点距離を長くして、主鏡のCCDにレデューサーを付けました。

次はガイド鏡と主鏡の向きを一致させる調整です。

201908172 

これがCCD画像の中心に写った星です。レデューサーの影響で周辺減光がすごいです。

201908171 

ガイド鏡を調整して、真ん中に持ってきました!

これで、全てのハードが整いました!!

次はUGEMの設定。。ぜんぜん忘れてます。

 

| | コメント (0)

2019年8月16日 (金)

流星電波観測の準備

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2019/08/post-b7ded2.html
これの続きです。

>30゚に傾けたいけど上の階があるので15゚に傾ける事にしました。

20190816 

前に出して15度傾けました

 

| | コメント (0)

2019年8月15日 (木)

S120用の対物分光

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2019/07/post-b27bb5.html
これの続きです。

ベランダで木星・土星を撮影しました。Jが木星、Sは土星です。

ISO400 10秒

20190815_iso00400_10s 

ISO1600 4秒

20190815_iso01600_4s 

ISO3200 4秒

20190815_iso03200_4s 

ISO12800 1秒

20190815_iso12800_1s 

土星のスペクトルが写らないです

ISOを上げるなら、もっと短時間露出が良さそうです。

10秒とか長い露出だったら、街灯が入らない方向に向けるのが良いです。

 

| | コメント (0)

2019年8月14日 (水)

FreeML無くなる

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2019/08/post-e59bb3.html
これの続きです。

>投稿に連番が無いのが嫌だなー

googlegroupに連番を付ける方法がありました。

20190814 

「設定」「メールオプション」の所で

[shizen-net:%d]

と言うように、 %d をつけます。

 

| | コメント (0)

2019年8月13日 (火)

Raspberry Pi を拾った

Raspberry Pi 3 model B でした。

2018-06-27-raspbian-stretch.img をダウンロードして

これを SDカード に balenaEtcher っていうソフトで書込んだだけで

20190813 

動きます!

BT, WiFi も付いてるし

USB x4, HDMI も

そうそう、Pythonが入ってる。Python まったく手を出していなかったけど

入ってるならいじってみようかなー

※時間あるなら流星分光解析やれ! < 自分

 

| | コメント (0)

2019年8月12日 (月)

流星電波観測の準備

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2019/08/post-4109b8.html
これの続きです。

>やっとSMAケーブルが届きました。ので、
>アンテナを付けました

この時は水平に付けました。

でも、VORのロケーションや電離層からエコーの侵入角を考えました。

20190812 

30゚に傾けたいけど上の階があるので15゚に傾ける事にしました。

水平のままだとGAINが半分でした。

 

| | コメント (0)

2019年8月11日 (日)

WiMAXが使えない

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2019/08/post-1246a9.html
これの続きです。

>のページのリンクはクリック出来ますが、
>開けません。

>IDとパスワードが必要みたいです。。
>にしても、新規加入が出来ない??みたい。

どうも、このID,PWはルーターへのログインみたいです。

で、ログインしようとしました。

201908111 

説明書の方法で、、

そしたら、中古なので、すでにパスワードが設定されています!

わかんないので工場出荷設定に戻しました。

201908112 

ここまで進めます!

このIDとPWは事前にUQ WiMAXのホームページで取得出来そうです。

試しにやってみましょうか?

でも、570円の無駄使いになる。一食分のお金です。。

 

| | コメント (0)

«流星電波観測の準備