2020年4月 4日 (土)

流星アンテナ、あれれ?

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-e7b42b.html
これの続きです。

導波器を外しても流星検出数は変わりませんでした。

次に反射器も外してみました。
これは、もしかしたら減ったかも知れません。

ダイポールだけで

VORをやめて「福井」にしました。

そしたら

いきなり

Chigasaki-2003310840 

大きなエコーがありました!

他の方のログを見たら同じ物が写っています。

 

| | コメント (0)

2020年4月 3日 (金)

こんなのが写るようになりました

20cmを稼働させたら

流星TV観測に

M20200324_182803_kn9_01p 

こんなのが写るようになりました

 

| | コメント (1)

2020年4月 2日 (木)

V391 Boo

3/18に観測した V391 Boo の光度曲線です。

20200402

おおくま座W型(EW)の食連星でVSOLJ(日本変光星観測者連盟)では初観測でした。

光度曲線はGCVSの要素で作りました。

Ic bandで見た副極小の形状は皆既食で、周期は0.33日です。

これからすると sub class は type-A と言う事になります。

スペクトル型は不明ですが

Gaia DR2によると 5350K だそうです。

これって type-W となります。。

こういった疑問を自分で解決できないだろうか?と思っています。これが私のモチベーションです。

 

| | コメント (0)

2020年4月 1日 (水)

ココログ、投稿できない

このblogの事です。

インターネットエクスプローラを使っていましたが

あちこちのwebから「これは古いので。。」って言われるので

マイクロソフトエッジってのを入れました。

そしたら、ココログにペースト出来なくなりました。

20200401

Ctrl+X, +C, +V って書いてあるのでやっみたけど

何も起きない。。

「ウエブページ投稿へ移動」って移動したけど

同じくクリップボードの文章をペースト出来ない。

 

| | コメント (0)

2020年3月31日 (火)

ベランダ赤道儀の取付板が腐ってる

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-e6e16e.html
これの続きです。

いや~

技術の進歩を感じます。

導入・謎のガイド流れ・オートガイド・しゃっくり・ST-5の結露などなど

過去はたくさんの問題を持って

やっと観測していました。

これらが一斉に発生します。

ひとつひとつ対策していますが

なっかなか解決しないです。

これに直面して、今の装置は楽々で観測できている事を感じます。

 

| | コメント (0)

2020年3月30日 (月)

流星アンテナ、あれれ?

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-162781.html
これの続きです。

アンテナを改修して流星の検出が増え気がします。まだ数値化していないです。

金属の物干しから樹脂に替えたのは、増えても減ってもいない感じです。

で、

50M帯よりも

100MのVORは検出が少なくなるそうで

それにしても

50Mでは明け方の1時間に何十個も検出してて

私は、その十分の一

どーせ、私はサル知恵

試しに導波器を外してみた。

20200330

無茶苦茶してみました。

 

| | コメント (0)

2020年3月29日 (日)

彗星夏の学校2020

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-4c36eb.html
これの続きです。

みなさん、予稿を送り出しました!

予稿が必要って!知らなかった

今日は当日だけど

急いで作って送った。。今頃送っても遅いよね。

20200329comet1

20200329comet2

| | コメント (0)

よーやく分光の解析を始めようと

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-3fbe68.html
これの続きです。

>10星位確認、なので画像の色んな場所で、
>結局、以前にV888 Monの分光で得た分散量と変わっていませんでした。

解析している

なんとなくバラツキがあるような感じで

調べました。

20200329

A型星を色々なX軸に置いて分光して分散を測りました。

やっぱり、X軸上の位置では

殆ど分散は変わりませんでした。

ただ、14.58Å/pixを使って解析を始めて

違和感を持った訳で

14.55Å/pixが良さそうです。これで1%以内の誤差となります。

1%って大きいけど

今の目的には大丈夫と思う。

もし、解析している画像で分散が測れれば測る。測れなければ14.55を使う。

って事にしよう。

 

| | コメント (0)

2020年3月28日 (土)

3月24日未明のスターリンク衛星

20200328

あさ5時7分頃にかんむり座を貫くようにスターリンク衛星が見れました。

肉眼ではとても明るく見えていましたが

薄明中で星はかすかにしか見えず

星も写すために露出を長くしたので

どちらもちゃんと写りませんでした。。

 

| | コメント (0)

2020年3月27日 (金)

彗星夏の学校2020

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-2e384e.html
これの続きです。

スライドは出来ました。

3/29 15:00 永井和男 【30 分】 
 「ステラショットを用いた自動分光・測光望遠鏡 と 流星スペクトルの観測から解析まで」

発表練習してみたけど

30分で2件の発表は

無理だ!

もう、あさってだよ。。

 

| | コメント (0)

2020年3月26日 (木)

20cmSCのファインダー

シュミカセのファインダー脚が短くて

6cmサブスコープを付けると機能しません。

そこで、サブスコープに うす~い アルミ板で連結しています。

202003261 

ずーっとこの方法で20年以上も使っていたのですが、

再開すると 実に不便 て感じます。

そこで、使えそうで丈夫な「物」に変えました。

202003262 202003263

使ってみると、こっちのほうが良い。

しかし、これもやっつけ仕事

 

| | コメント (0)

2020年3月25日 (水)

ベランダ赤道儀の取付板が腐ってる

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-0f25de.html
これの続きです。

20200325 

20cmシュミカセが乗りました!

これで多色測光も・高分散分光も20cmで出来ます!

 

| | コメント (0)

2020年3月24日 (火)

ベランダ赤道儀の取付板が腐ってる

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-0c5793.html
これの続きです。

20200324 

8cmに高分散分光器を付けられるようになりました。

 

| | コメント (0)

2020年3月23日 (月)

彗星夏の学校2020

先週半ばに「発表」を頼まれまして

準備期間が10日しかなくて

今は、これにほぼ全ての時間を使っています。

20200323 

これが作成中のスライドです。。

なので、

変光星画像は撮影しっぱなし、

vsolj-obsの食の観測報告も放ったらかし

本当は、そろそろOO Leo,AW Crt, KQ Libの解析をして

日本変光星研究会の会誌「変光星」に投稿しようかと思ってたけど

ぜんぜん止まってます。

流星も、まったく解析してないのでSonotaCoに報告も出来ない。。

Blogはしばらく、中止かも。

 

| | コメント (0)

2020年3月22日 (日)

流星カメラの紫外線保護

流星TV観測用のビデオカメラは

通常は防水して、そのまま雨ざらしです。

観測ソフトは日没から日の出まで自動で撮影を開始します。

これは便利なのですが

日中はお日様に照らされて

やがて、カメラのあちこちがくたびれて来ます。

それで、黒いビニール袋を被せて、更に外側にレジ袋を被せています。

遮光と防水が目的です。

でも、黒いビニール袋では太陽光を貫通します。何枚も重ねても光が弱くなるだけです。

と悩んでいたら

ダイソーで

202003221 

強力なカメラバックが売ってました!

202003222 

これで遮光は完璧です!

この上にレジ袋を被せて

洗濯バサミで止めました。

 

| | コメント (0)

«レッドエッジ