2017年11月19日 (日)

CONTACAMが止まる

流星だけでなく

空で動いているものは

すべて録画します。

一番多いのは 雲 です。

雲が現れて、それが動いているので

じゃんじゃん録画して行きます。

やがて、録画が追いつかず メモリーフル のメッセージが出てCONTCAMが強制終了させられています。

その後、晴れてきても観測はされません。

これが結構、悲しいのです。

そこで、まやかしと思いますが

20171119

仮想メモリーをうんと増やしました。

OSはXPなので512Mが実メモリーなので

これが効果あれば大分違うと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月18日 (土)

エクセルの近似曲線

エクセルで多項式とかに近似しますよね。

Excelapproximate1

ここに表示されている数式でグラフを作るとぜんぜん違っています。

結局、自分で解いたりしていましたが、

Excelapproximate2

数式のところをダブルクリックすると

書式設定が現れて

表示形式を変えられます!

小数点3ケタも出せばピッタリフィットします。

※にしても、万能じゃない

フリーを探そうかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月17日 (金)

FLVプレイヤー

201711171

Windowsでは、FLV Player nanoを入れていたのですが

これって、再生出来ないFLVファイルの方が多いです。役立たずです。

Ubuntuのデフォルトで入っているプレイヤーで見たりしていましたが

201711172

Windowsに 5K  っていう妙な名前のを入れました。

201711173

これは再生出来ないものは無さそうで、どれもこれも再生します!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月16日 (木)

カメラが来ない

ベランダ望遠鏡の設置が終わっているのに、

注文している冷却CCDカメラが来ない。

仕方がないので、20cm用のST-402を

この15cmに付けて観測を始める事にしました。

Ngc253

NGC288です。

EQMODは調子が良く

一発でこの位置に導入してくれます。

フラットが適当なのでちゃんとしたマスターを作らないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1,620円のPC

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-ae2f.html

これの続きです。

観測用のPCをFMV C8200からNEC LL5500に変えました。

201711161

このように接続して使っていました。

でも、PCがマウスを付けないと使えなくなり、最近は起動しなくて、何度も電源入り切りしてどうにか立ち上がってましたので、

PCをNEC LL550に交換しました。

そしたら、

ST-402を認識しないんです!

室内でOKだったのに

なので

201711162

途中にリピーターを入れました。

どうやら、信号品質が良くないみたいです。ST-402が悪いのか?LL550が悪いのかはわからないですが

少なくとも、この組み合わせではアイパターンとか悪そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月15日 (水)

2018年 天文現象

だぁいぶ、気が早いですか。

2018_astro_phenomena1
2018_astro_phenomena2
2018_astro_phenomena3
2018_astro_phenomena4
2018_astro_phenomena5

「2018.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月14日 (火)

CONTACAMの動画ファイル名をUA2用のファイル名に変えるプログラム

これ、欲しい人、居ないですよね。

流星観測をしている人はUFO Captureを買って使うのが定石ですが、

2万円もするので、お金がないから

動体監視Free SoftのCANTCAMを使っています。

このソフトが作る動画ファイルのファイル名は

det_2017_11_14_23_00_00.avi

ってなります。

CONTACAMの設定を動体検出2秒前から録画にしています。

なので、流星が飛んだ時刻は 23:00:02 になります。

UA2で扱うファイルの名称は M20171114_200002.avi にする必要があり

2秒足してファイル名の変更を手作業でやっています。

まぁ、一晩に10個なんて流星写らないので手作業でもいいけど

Meteor2_rename

こんな風になるrenameソフトを作りました。

「meteor2_rename.zip」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月13日 (月)

IMC2017

URLです。

http://imc2017.imo.net/program

ここからオーラルとポスターの両方の資料がダウンロード出来ます。
マニアにはたまらんです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アプリは便利です

読めない漢字を字画から探したりしていますが

20171113

アンドロイドなら画面に指で書いて探してくれます。

便利です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月12日 (日)

SP赤道儀の活用

先日、SP赤道儀からEQ5赤道儀に交換して

「W1/4っていうネジ」も買ったので

SP赤道儀を使えるか確認しました。

まず、三脚

201711121

ここは予想通り、問題なしです。

次は鏡筒バンド

201711122

これもW1/4で解決

201711123

こんな風になります。20SCも10Lも付けられます。

遠征時に使う訳ですが、三脚が丈夫だと全体に頑丈です。

年に1回程度の出動では勿体無いか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月11日 (土)

ぜんぜん晴れません

3月4月から始まった夜が晴れない状況は

依然としてぜんぜん晴れません。

今までよりは晴れる夜は増えていますが

結局、日没から1~2時間位で曇ってしまい、連続測光が出来ないです。

昨日も曇ってしまい、雨です。

特に関東南部(千葉・神奈川)、伊豆方面がそんな感じで晴れないです。

追伸:

今朝は明け方付近は良く晴れていましたが

日の出とともに曇りだして

7時頃は滝のような雨でした。

8時には太陽が見えてきて

8時20分頃に太陽観測をしました。

Wolf_number_201711111

先週・今週と無黒点です。

今日はやけにユラユラしています。

黒点相対数ですが、私の観測では

Wolf_number_201711112

今年の初めくらいが極小です。

でも、この頃、高緯度黒点を見ていないです。

これからでしょうか?

それとも、まだ極小ではないのだろうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

何台目だろう

>20cmの方のCCDに使っているPCが起動が失敗したり
>観測中にCCDを認識しなくなったり

この不調のPCの他に、更に調子の悪い予備機が2台あるけど

20171111

1台、PCを買いました。左のです。

1,620円でした。

画面が1280x800と広いです。

右はNEC LL750で流星TV観測中、左が買ってきたNEC LL550です。

どちらも中古で、より古い機種を買ってきたみたいです。

まぁ、こんな感じで壊れたら買えば良いわけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月10日 (金)

2017年10月の変光星観測月報

先月の変光星観測は 4夜 / 3星 / 783測光でした。

極小観測数は 5件 でした。

201711101 201711102 201711103

観測数は少ないですが

15cmに6cmを乗せてAutoGuideして連続測光する観測が成功しています。

その後は望遠鏡を常設し

いよいよ新しい冷却CCDを待つ状態になりました。

CCDカメラが不足していますので

納入されるまでは、20cmの方を使うようになりました。

20cmも久しぶりの稼働で最初は戸惑ったりしましたが、

もう大丈夫です。

再稼働させたら USBケーブル の不調が見つかって

ATIK 490EX用に敷設したケーブルを使ったりして観測は継続できました。

この不調USBケーブルは最初に置いたケーブルの部類で

その後、一本づつケーブルが増えて、その度にガムテープで固定していたので

最も初期のケーブルを交換するのは何重ものガムテープをはがす必要があり

なかなか大変でした。

新しい赤道儀では自動観測が出来ないので観測数はなかなか増えないでしょう。

話は変わって

先月もお天気が悪い状態が続いて一ヶ月のほぼ全部が雨の日でした。

なので、週末しか出来ない太陽観測は10/8,10/9の2回だけでした。

一方、流星のTV観測は完全に自動観測で雨が降ろうが台風が来ようが夜になると観測を始めますので

それなりに検出が出来ています。

このCMOSカメラは平塚市博物館の流星分科会で15台とか作りましたが

稼働は2台(2名)だけであまり観測数が増えていないのです。

でも最近になってようやく稼働台数が6台(6名)になり

自分で解析出来る人も4名になりました。

流星分光の方も、このままコツコツと撮影を続ければ

分光流星もじきに検出できそうです。

新しいCCDカメラのために中古のPCを買ったばかりですが、

20cmの方のCCDに使っているPCが起動が失敗したり、観測中にCCDを認識しなくなったり

買い替え時期みたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 9日 (木)

買ったよ

平博でやっている

今月から始まる「太陽勉強会初級編(後編)」のテキスト

20171109

各自で買ってくれって事で

\2,916-

だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 8日 (水)

これだったのだった

20171108

望遠鏡とかに割とよく使われているネジ

W1/4っていうネジ

ひと袋 96円 だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«15cm反射とEQ5赤道儀の設置